将来は・・・。

発売日に買った「THIS IS IT」のDVDは、くるみもお気に入りなのですが。

ダンスのシーンと同じくらい反応したのが、ギタリスト・オリアンティのシーン。

映像を見ながら、エアギターやってました。びっくり。

で、パパが早速買ってくれたのが……

ギターデビュー。

アンパンマンのギターです。

持ち方を教えるのですが、やっぱり、ストラップがないと持ちづらいらしく……

個性的。

いきなり、オリジナリティあふれる弾き方に。

くるみの将来はギタリストか?(←親バカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子羊帽子。

yoshiママからプレゼントをいただきました。

子ヒツジぼうし

小岩井農場特製、羊毛でできた羊のぼうし。
かっ、カワイイ~!!!

というわけで、くるみにかぶせて写真撮影しようとしたら、なぜかいやがる困ったモデル。
仕方ないので、好物のチーズパンを渡してモデルのご機嫌取りに走る母。

その結果……

子ヒツジ。

んメェ~。 (←お約束)

結局かぶってくれたのはこのときだけで、その後はぜんぜんかぶりたがらないのです。

私「おねがーい、この帽子かぶってー! カワイイからさー!」
くるみ「やだ! 帽子ちょーだい!」

いつもの毛糸の帽子を要求。
この子ヒツジ帽子は「帽子」のうちにも入れてもらってないらしい。

可愛いんだけどなー。
帽子が。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たのしいひなまつり。

ことしのひなまつりは、いつも行っている子育て支援室で、行事食の試食会に参加しました。

yoshiママが働いている保育所の中にある支援室で、私が春からくーたんを預ける保育所とは別なんだけれど、これまで何カ所か行ってみた支援室の中ではいちばんよかったので、先月ぐらいから行っております。

2月からいきなり参加したりすると、たいがい、どこの支援室でもママ達の派閥っぽいものができちゃってて、そういうのがめっぽう苦手な私はすっかり「支援室嫌い」になっていたのですが。

ここの支援室はすごくフレンドリーで、ママ同士すごくフランク。
会ってすぐ仲良く話せちゃうし、なんといっても「支援室の先生」がいてくれるのが素晴らしい!!!
今までの支援室は、先生というか、保育士さんはいるんだけど、基本的に「ママ達の好きなようにやってください」な雰囲気で、くーたんを連れて行っても結局そこにあるおもちゃでただ遊ぶような感じ。もちろん、相談事とかがあれば話していいんだと思うけど、なんとなーくそういう気にもなれず。
しかしここの支援室は、先生が遊びのリードをとってくれるのです。
折り紙をしてみたり、絵を描いてみたり、年齢層もさまざまな子どもが来るので、そこをうまく遊ばせてくれるのはやっぱりプロだなぁとつくづく感心。
それに、先生自身がすごく優しくて明るくて話しやすいので、ママ達もいろんな話ができるし、その雰囲気がママ達同士も話しやすくさせているのです。

ただ、家からはちょっと離れているので、いちおう「保育園に入れる前の慣らし」な感じでお願いして、2月頃から参加しているわけです。

行事食、というのは、保育所でイベントがある日の特別メニュー。
ひなまつりなので、今回はちらしずし。

ひなまつりごはん。

ちなみにママも同じメニューなんだけど、いちごは多くて4つ付きでした。

が……食欲魔神のくーたんに2つ奪われてしまった( ノД`)シクシク…

そもそも3歳児とか4歳児とおなじ分量のごはんは、1歳児であるくーたんには多いはずなのですが、ちらしずしほとんど食べちゃったあとでいちご4つ。
末恐ろしい。

ホールにはひな人形の段飾りがありましたので、記念に一枚。

じょうきげん。

ちょっとぶれたけど、本人の大笑いのようすはわかります。

我が家のひな人形は、転勤族のため段飾りではないのですが、そちらの前でも記念に一枚。

  じょうきげんその2。

いひひひ。

ちなみに昨年のひなまつりはこんなでした。

去年。

1年でこんなに育つなんて衝撃!!!! 子どもの生命力ってすごーい!!!

にもかかわらずくーたんの髪の毛……増えないなぁ。

そして私の顔のライン……肉、増えすぎ。とほほほほほ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

保育所決定!!

先日、住んでいる市の保育課からお手紙が届きました。
中身は、「保育所入所選考結果と説明会(面接)のご案内について」というもの。
入所予定保育所は、希望していたとおりの保育所になってまして、予定と言っても面接が終われば入所決定となるので、 これで春からくーたんが保育園児になることがぶじに決まりました~。
よかった。

その一方、最近の不況で、保育所に入りたくても入れないいわゆる「待機児童」が倍増しているらしいです。
ニュースによると、

舛添要一厚生労働相は6日、認可保育園への入園を待つ待機児童が2008年10月1日時点で4万184人となり、 半年で倍増したことを明らかにした。これを受け、 政府は賃貸物件を利用する認可保育園や一定基準を満たす認可外保育園開設に対して補助する。

厚労省によると、国の基準を満たした認可保育園への待機児童は、昨年4月1日時点で1万9550人。待機児童の急増について、 厚労相は「経済情勢の悪化で、今まで専業主婦だった人がパートに出ないと家計が持たないなど、急に保育園のニーズが高まっている」 と強調した。

「急に保育園のニーズが高まっている」って言うけれど、ニーズが高いのは今にはじまった事じゃないじゃん……。
そもそも少子化対策に力を入れているというなら、この4月の時点で2万人弱もの待機児童がいるというのがおかしいはず。
4月の時点では待機児童はいませんでしたが、この不況で待機児童が発生してしまいましたっていうならともかくも、 もともといた待機児童を減らせないまま4万人も増えちゃった、っていうのはどうなんだろうねー。

結局可決されちゃった定額給付金も、あんな中途半端な額を国民にばらまくより、 2兆円使って待機児童の多いところにばんばん保育所たてるほうがよっぽどいいと思うんだけどー。
消費刺激うんぬんの前に、国民が勤労の義務をすすんで果たそうとしてるんだからそれを援助してやれよと思うのは私だけだろうか。

さらに重ねて、育児休業中のママに退職を勧める「育休切り」なる事態まで発生しているみたいだし。

不況にあえぐ企業が人件費削減のため、育児休業中の正社員を解雇する「育休切り」が広がりつつある。育児・ 介護休業法に抵触する疑いが強いが、被害者の多くは再就職の妨げになることを恐れて泣き寝入りするケースが多い。 法令が守られているはずの働いて産み育てる権利が脅かされている。

 「社員が産前休業を取りたいと言い出した。この際、解雇できないか」。東京都の社会保険労務士は2月上旬、 顧問先の会社社長からこんな相談を受けた。産前休業を理由にした解雇は男女雇用機会均等法違反だ。社労士は 「経営者がここまで人切りに走るとは思わなかった」と驚きを隠さない。

 9月以降、連合の労働相談には▽「会社が復職を受け付けず、逆に退職を勧められた」(外資系企業勤務の30代女性)▽ 「復職しようとしたら、パート勤務を命じられた」(教育関連企業勤務の30代女性)--など育休に関する悩みが多数寄せられている。

 東京労働局によると1月の育休相談は前年同期の2倍弱の73件。このうち解雇など「不利益取り扱い」 の相談は30件に及び前年の3倍に膨れあがっている。

ここまで来ると、日本ってなんて子どもに冷たい国なんだろうと思わずにはいられないね。
少子化対策だのなんだのと偉そうなことを言っていても、結局は子どもがいると仕事に不利なのが現実。自分たちだって昔は子どもだったし、 これから年取ったらどうしたって若い人に助けてもらわなきゃいけないのに、こんな世の中じゃ、今子育て中の人たちももちろん大変だけど、 その下の年代の若手たちが子どもをもとうという気にならないじゃないの。

私の場合は幸せなことに、希望どおりの保育所に子どもを預け、正社員として復帰できるんだから、 あんまり不平不満とか言っちゃいけないなとちょっと殊勝になったりしてます。

しかし……慣れない育児に追われた1年半、仕事のことなんかこれっぽっちも思いださなかったために、 仕事関連の記憶は脳のかなりすみっこに追いやられてしまいました(;´д`)
すみっこというか、もうね、記憶の在りかがよくわかりません。
用語はわかるんだけど端末操作とか一日のルーティンとか、そういう記憶は忘却の彼方。
早く戻ってきて、と先輩に言われると、嬉しい反面、プレッシャーです……ううう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くるみ発熱。

  ぐったり。

こんにちは、くるみです。
あのね、くるみはいま、ねつがあるんですよ。
だからこんなにぼーっとしたかおなんですよ。
みなさんは、かぜ、ひかないようにね。

というわけで、我が家のあばれんぼう娘は、昨日の夜から不調なのです。
昨日の午後からお友だちの家に遊びに行ったのですが、そのときはいつもどおりの元気娘だったくーたん。お部屋に置いてあったアンパンマンのジャングルジムとすべり台で、しつこいほど遊びまくり、ソファによじ登っては頭を下にして下りるのをくり返し、とにかく動き回っていたのですが、帰ってきてから様子が変化。
食べたおやつをリバースしてしまい、いつも心配になるほど食欲あるのに夕飯を食べたがらず……

とりあえず、ミルクを飲ませて寝かせたのですが、深夜、それもリバース。

朝になってパジャマを着替えさせるのに体を触ったら、熱い!!
しかもぜんぜん元気がない。
いつもだったらおむつを替えたとたんにダーッと逃げ出して、おむつ一丁で逃げ回るのに、今朝はぐたーっとしたまま。
熱を測ったら……

38度3分ありましたっっ(゚ロ゚屮)屮

昼前の空いてそうな時間を狙って、いつものかかりつけ医に行ってきました。
診察の間もボーッとして、看護婦さんに「目に力がないもんね。くるみちゃんにしてはおとなしいよね」と言われる始末…… 考えてみれば予防接種と健診以外で病院にお世話になったことなかったから、今までのくーたんて病院でも元気だったのです(笑)

診断の結果、風邪菌が胃腸にも感染したらしいということになり、風邪薬と胃腸薬、吐き気止めと熱冷ましの座薬を処方してもらいました。

いつもは「ちょっとはおとなしくしてたらどうでしょうっっ」と思うのに、いざほんとにおとなしくなってしまうと、「元気に走り回ってくれぇぇ~」と思ってしまう親の勝手な心理……

やっぱ、手がかかってもうるさくても、子どもは元気なのがいちばんだわ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

となりのおかあさん。

最近、いよいよというか、ついにというか、
「くーたんを叱る」
という機会が増えてまいりました。

その主な原因としては、「わざと指をのどに突っ込んでオエッとする」という、なんとも困った遊びにめざめちゃったからなのです。

最初はすごく悩みまして、なにか子育てに問題でもあるんじゃないかとyoshiママに相談したりもしたのですが。

そういう行為をするのはくーたんだけなのだろうか。
よそのお宅の子どもはしないのだろうか。
と思いまして、以前から登録しているベネッセの「ウィメンズパーク」で調べてみました。

そしたら、わりと普通にそういう子がいまして(笑)
くーたんだけではなかった、とわかって、とりあえずほっとしたのです……が……

私が見たところ、この「わざとオエッとする」という行為には2種類あって、ひとつは、ママが妊娠中だったり、忙しかったりして、 自分をかまってくれないので気をひくためにやる「オエッ」。
もうひとつは、手遊びの延長線上で、本人は遊びのつもりでやってる「オエッ」。

くーたんの場合、私は妊娠中でもないし、忙しいわけでもないので、手遊びの延長線上だと思うのです。
しいて言うなら、私が夕飯の支度をするために台所に入っているときに多くやってる気がするので、「たそがれ泣き」の一種なのかもしれません。 昼間はひとりで夢中になって遊んでいるのに、夕方になってくるとやけに私にくっつきたがるので。

しかし。
手遊びのひとつとはいえ、実際にオエッと涙目になったりしてるし、本当に吐いちゃったりすることもあるので、 どう考えてもからだにはよくない。

それで、その手遊びをやめさせるために「叱る」ということが必要になってくるわけです。

でもねー…
言葉で言ったところで1歳児ですから完ぺきに理解はできないし。
とりあえず今できるとしたら、手をぎゅうっと握ってコワイ顔をして「だめっ!!」ということぐらいでしょうか。
しかも私、コワイ顔してるつもりなんですけどくーたんがいないいないばあと勘違いして遊ぼうとするのでついつい笑ってしまう……だめじゃん… …(;´д`)トホホ

さすがに何回もくり返されると、こちらも仏じゃないので、イラッとくるわけで。
「ダメだって言ってるでしょッ」とコトバもキツくなってしまうし、思わず、ぺしっと叩きたくもなったりするし…

そんなとき、思いとどまるひとつの要因が

「となりのおかあさん」

なのです。

去年の夏頃だったか、お隣の部屋に越してきたご家族なのですが。
引っ越しの挨拶をしにきてくれたとき、私ったらノーメイクで、髪は適当に結ってたし(っていうかバサバサだった……)ジャージにエプロン、 という、100%所帯じみたママの姿だったのです。
で、そのことばかりが気になって、今となってはそのおかあさんの雰囲気もあまりよく覚えていないのですが、ひとつだけ、
「うち、子どもが小さいので、(うるさくて)ご迷惑おかけしちゃうかもしれません」
と私が言うと、おかあさんが、
「うちにもいますから」と言って、「おいくつなんですか?」と訊いてきたのです。
「10ヶ月です」
と答えますと、おかあさんはしみじみと、
「あー、いちばんいい頃ですねぇ……」
と言ったのでした。

で、なぜ、そのおかあさんが私を思いとどまらせるかというと。

このおかあさん、子どもをすっごく怒鳴りつけるんです。かなりヒステリックに。しかも口ぎたなく。
なんでわかるかというと、その声があまりに大きすぎて、壁越しにぜんぶ聞こえて来ちゃうんです……

「なんで言うこときけないんだオマエはー!!」
というのはわりといいほうで、
「だからいっただろうがー!! なんでできないんだよ!!!」
とののしることもあり……
全般的に、男言葉というか、おかあさんの叱り方としてはかなりコワイ。

そういう叱り方を聞いてしまうと、自分はそうはなりたくないと思うので、くーたんを叱るときにも、 どこか冷静に自分を見ている自分がいるようになりました。
腹立たしいから、叱っているんじゃないか?
イライラをぶつけるために怒っているんじゃないか?
くーたんに、「これはいけないことなんだ」とわからせるのが目的なのであって、そのためにはどうしたらいいのか?

それを、怒りのパワーを押し殺しつつ、瞬時に考えてタイミングよく叱らなくちゃいけない……

叱るって難しー……
甘やかすほうがずっと楽ですな(笑)そうするつもりはないけど。

ところで今日、クルマの雪下ろしをしているときに、アパートの駐車場でこのお母さんと子どもに遭遇したのですが、やっぱり… そこでも怒ってました。

子育て方針に口出しはしないけど、あんまり、壁越しに聞こえちゃうような大声で怒らないでほしいものです。
聞かされてるこっちが不快になるので……

ちなみに、ここの前に住んでたアパートは1階だったんですが、 そこでは2階に住んでる家族のお父さんが怒鳴りまくりで不快でした(;´д`)
そのお父さんは口調が完ぺきヤンキーだったので、叱るというよりケンカ売ってる感じ。
一度なんか、夏の熱い夜に窓開けて子どもをすごい怒鳴ってたので、ほかの家のお父さんから「うるせぇ!!!」って怒鳴り返されてたぐらい……

そういう、環境の悪さにも嫌気がさして引っ越したというのに(しかもわざわざ2階に)、今度は隣からとは。

ついてないなぁと思う反面、そういう叱り方をする親が増えてるってことなのか?と思ったりもして……

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場を激写。

犯罪の瞬間を激写!!

現場写真1

あっ。
みつかっちゃったー。

罪名 : 窃盗 (ママのバッグからこそーっとお財布を抜き取ったため)

とったものを返せば、罪は軽くなるんだぞ!! おふくろさんが郷里で泣いてるぞ!! (←泣いてもいないしそばにいますが)

現場写真2

おさいふ、かえしますので、かんべんしてくださーい。

財布以外にとったものも返しなさい!! まだ、あるだろう!!

現場写真3

あっ、はい…クレジットカードを1枚…

ほかに、とったカードはないか?!

現場写真4

……これもとりました。

それは、ボーネルンド(おもちゃ屋さん)のメンバーズカードだ!! それだけ持ってても、こどもは買い物できないんだぞ!!

*************************************************

かくして、窃盗犯は釈放されました。

ママ警察は、これからも、おうちの平和を守るため、日々目を光らせていくのだ!!v(・ω´・+)キラ─ンッ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

くるみからのプレゼント?

11/29は、わたくしaiの誕生日でございましたー!! わー。
何回目かはもちろんヒミツです。

で、誕生日前日、ダンナちゃんが、
「ママの誕生日には、あーちゃん(yoshiママ)にくーたんを預けて、外でお食事しようか?」
と言ってくれました。
なので私、あれこれ考えて、前から行きたかったすすきののあるお店に行こうと思っていたのです。

いたのです、が……。

なんとなんと、生まれてこのかたたいした風邪も引かず熱も出さず、健康優良児だったくるみさんがこの日に限って朝から不調。
なんとなく食欲がいつもよりない感じなのです。
午前中、習い事から帰ってきてくーたんを抱っこすると、これまたいつもよりほんのり温かい気が…ってコレ発熱か?!
熱を測ってみるとやっぱり、いつもより1、2度は高いのです。

というわけでママのお誕生日記念、「パパとススキノでお食事」イベントはあっさり中止となりました~。ははは。

「くーたんはパパとママにおいて行かれたくなかったんだよね~」
とパパはのんきに言っておりましたが、私もそれには同感。
というか、コドモってヤツは往々にして、親が、親のみでなにか楽しもうとすると、敏感にそれを察知して具合悪くなったりするんですよね~。
なにか予定を立てると、それを中止させようと、タイミング合わせて具合悪くなるのがものすごく上手(笑)

そんなふうに余裕で笑い飛ばせる理由は、実は、私の弟にあるのです。

いちばん下の弟は、不思議なほど、親の予定を中止させるのがうまかった(笑)
小さい頃は私もあまり覚えてないんですが、小学校、さらには中学校に上がってからも、「明日パパとママでおでかけしてくるね~」 なんて話をしていると決まってその日は熱を出したり、風邪を引いたりしてました。
私が学校から帰ってくると、出かけてるはずの両親が家にいて、「あれっ、出かけなかったの?!」ってびっくりするとたいてい理由はその弟。
わざとじゃないか、って疑いたくなるほどタイミングよく風邪を引いたり熱出したりしてたので、くーたんが今回不調になっても、「おー、 ついに来たか!」てな感じでコドモの神通力を楽しんだりしていたわけなのです。

で、そんなくるみさんはといいますと、いつもの食欲はどこへやら。
すっかり食欲を失って元気がなかったのですが、夜にかけて徐々に復調し、 yoshiママの買ってくれたプリンをうれしそうに食べていたのですが。

ママもパパもすっかり熟睡していた深夜、やりましたよ……

リバースを。

プリンの甘い香りのする、アロハオエーでした。

実は以前から不安に思っていたことがありまして、私、他人がオエーッてなると自分もつられてアロハオエーになるタイプ。
コドモがそうなったとき、オエーをもらわずに対応できるか不安だったのです。

しかし今回、香りがプリンだったせいか、それとも初のくるみリバースにいい意味でパニクったのか(笑)
そんな不安はすっかり消し飛び、別室で寝ていたパパをたたき起こして協力してもらい、着替えさせたり体を拭いたり、 汚れたパジャマをつけ置きしたりと働きました。
出すもの出してくーたんは落ち着いたのか、すやすやと寝ておりますが、すっかり頭に血の上った私は寝るに寝られず、 こうしてblogを書いているのであります(笑)

くーたんが私にくれたもの…
それは、コドモが具合悪くなって、オエーっとなっても、なんとか対応できた!! という、経験値かもしれません。

ま、次のレベルにあがるまでには、まだまだ経験値が足りないでしょうけどねー。ふふふ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

箱入り娘。

めでたく1歳になったくるみさん。

最近のブームは、こちら。

まったり。

箱にはいること。

おもちゃを入れるようにと思ってあけておいた箱なのですが、おもちゃは入らず、本人が入ってます。

かと思えば、

じゃまなんだよね。

おもちゃ箱のなかに入って、おもちゃをどんどん外に出しております。

せまいなら、入らなきゃいいのにねぇ。

そしてなにやら、難しげな顔をして思案中。

むむむ。

ピアノのおもちゃなんですが……何か不具合でもあったのでしょうか。

そしてまたある日は、

  なあに?

帽子かぶって箱に入り、おもちゃのバナナをかじる、くるみさん……

ちなみに帽子は自分でかぶってました。

子どもの毎日はおもしろいですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶりです。

みなさーん!!!

お久しぶりでーす!!! キャー!!!

あまりの更新のなさに、「あの親子はいったいなにをしているのだろう…まさか夜逃げ…?」なんて思っちゃったかたもいるのではないでしょうか。

違うか。

あ、ここ、最近話題の芸人「ものいい」風に読んでくださいね。わからない方はスルーしてください。ごめんね。

************************************************

なんて、もうまったくもってblogの文章テンポが狂っちゃってる私。
だいたい1ヶ月もあいだ開けちゃうのが悪いんですけどね。

おーい。

そうだよー。

くーたんだって、とうじょうするの、まちづかれしちゃったよ。

まってるあいだに1さいになっちゃったよ。

そうなんですよ!!!
1年前、私のおなかからじゃーんと登場してきたくるみ嬢は、おかげさまで1年間生き延びることができました。
1年前はこんなだったくるみさんですが……

1年前。

1年後はこんなです。

dc110773

先日、郵便局で学資保険のパンフレットもらったときに言われたんですけど、こどもの保険って1歳過ぎると安くなるんですって~。
1歳になるまでって、いろいろとあって、1年間を生き延びるってことはわりと大変なことらしいのですよ。
その点、うちのくるみは結局2回しか風邪を引かずに乗り切りました。
ありがたいっす。

で、記念すべき最初のお誕生日ということで、紋別のじいじ&ばあばもやってきたので、みんなで写真屋さんに記念写真を撮りに行きました。

集合写真のほうは、オトナが写っているので掲載しないこととして…
(修正がめんどくさかった)

くるみがどんなかんじで写真におさまったかと言いますと。

こんなです。

おひめさまです!

いやー…

びっくりでした。

なにがびっくりって、この子、モデルになれるんじゃないかと思いました(容姿は関係なく…)。

時間帯的に、かなり眠かったはずなんですけど、まったくぐずらないのです。
衣装も4着ぐらい着替えたので、それだけでも疲れるであろうと思うのですが、着替えるときもぜんぜんいやがらず、されるがまま。
普段なら気にしてとってしまう髪飾りも、ぜんぜんはずさない。
衣装選びの時からして、顔に衣装をあててもらうと、その気になってじっとしてるし、普段ならすぐ脱いでしまう靴下も、ぜんぜん脱ごうとしない。

そして、カメラの前に出ると、写真を撮ってくれるお姉さんが笑顔を引き出そうとしていろいろあやしてくれるのですが、それがうれしくてニコニコし続け。

いつもならすぐハイハイしたり、つたい歩きしたりするのに、動きもしない。

そして、ぜんぶ撮影が終わったところで、これまたぐずることなくじいじに抱かさって寝てしまいました。

その結果がコレ↑ですよ。

写真屋さんもびっくりしてました。
1歳児って、写真撮るのいちばん大変なんだそうです。
人見知りするし、飽きちゃうし、言葉がちゃんと通じるわけではないから言うこと聞かないし、着替えるの大嫌いだし。

その点、くるみさん、すべて問題なしでした。

さて、今回初めて子どもの写真を写真館で撮ってもらって、台紙に収めたわけですが。
その相場がまったくわからなかった私、お会計の段になって目ん玉飛び出そうになりましたよ……

5カット入る台紙と、あとL判の写真10枚くらいと、2L判の写真数枚で、

5万円。

キャー――――Σ(゚Д゚ノ)ノ 

たっ…高いっすね…写真屋さん…

それでもまあ、1年目の記念日だし、いいこととしよう!!
と自分をなだめた私ですが。

その半月後、さらに高い買い物を(くるみのために)することになるとは、いまだ夢にも思っていないのでした…とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧