« 2013年7月 | トップページ | 2014年9月 »

どうでしょう祭に行きました。

もう一週間たちますが、ご存知!「どうでしょう祭Unite2013」に行ってきました〜。
一度目のチケット発売で買いそびれ、追加販売の抽選で土曜日のチケットを当てて、なんとか祭に参加できたのですが、行ってみて実感。
人の多さがすごい!!ジャニーズライブ並みにすごい。違う点といえば男女比がジャニーズの場合は10:0くらいなのに対してどうでしょうは6:4くらいで男が多いように見えること、でしょうか。

真駒内オープンスタジアム、というほうが私には通りのいい名前ですが、今は、セキスイハイムスタジアムなんですね〜。
昔、母に連れられてTUBEのライブに行ったのもここでしたし、札幌ドームが出来る前はSMAPもここでライブやってました。大雨の中でやったこともあったなあ。

そのときステージのあった場所に、今回のどうでしょう祭のステージがありました。

Photo

トークショー面白かった〜!!
おまけに、来月放送される新作の第一夜、第二夜も見せてくれたのです!
第二夜は、イベントの時間が遅かったので見ずに帰りましたが、第一夜だけでも面白すぎでした。
今回はどうでしょう班、海外に行きますよ!とだけ、しゃべっちゃいます。

トークショーもそうですが、基本、どうでしょう班さんを撮影したり録音したりすることはできないので、会場では別のものをいろいろ撮影しました。
で、面白かったのが、「どうでしょうが好きな漫画家さんが描くどうでしょう」という絵の数々。

展覧会のようにして展示してあったのですが、人が多すぎて入場制限がかかってしまったため、子連れの私は泣く泣く諦めました。
でも、イベント会場のあちこちにポスターのようにして貼ってあった絵は撮影出来た!

Photo_2

右上に「新連載 フィヨルドの恋人」とあるのがどうでしょうファンとしてはたまりません。ムンクさん。

Photo_3

このセリフのときの大泉さんは、魔法使いみたいな扮装をしていたような気が。
「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」ですね。このセリフはどうでミー賞でも1位を取ってました。

トークショーで大泉さんが、「ヒゲ以外は誰が誰だかわかんねぇよ!」と言っていた名画(迷画?)が、こちらです。

Photo_4

よく見たら嬉野さんはカメラのぞいてますから、やはり正面を向いているのが大泉さんで、うつむきがちなのがミスターさんですかね。

絵ではないんですが、もうひとつ心をがっちりつかまれてしまったのが、これ。

Photo_5

腹の出具合に貫禄が(笑)

余談ですが、当日つけていた万歩計は12000歩を超えていました。普段歩いてないだけに、かなり疲れました。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに!

ついに、やっと、ドコモでiPhoneを扱うことになったんですねー!

……。

私にとっては遅すぎるけど。


もう半年以上前にソフトバンクでiPhoneにしちゃったよ(´Д`) =3

ドコモは家族通話の件もあってそのままガラケー持ってるけど、それ以外では全然使ってない。
一回故障して、それがきっかけでiPhone持ったから、2台持ちのまま行くだろうし、今さらドコモでもやりますって言われてもねー。


いずれ今のiPhoneが使えなくなったら、ドコモのiPhoneにするかもしれないけど。


世界的にみればiPhoneシェアもずいぶん落ちてるようだから、昔ほどの威力はないのかもね。

もっと前からドコモでやってくれてれば、という気がとてもします(´Д`) =3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相続格差

今日のニュースでとっても関心のある話題。

「婚外子の相続格差は違憲」という判断が下された、という話です。

平たくいえば、戸籍上の「子」と、戸籍に入ってない「子」では、遺産相続のときに取り分に差があって、戸籍に入ってない「子」は、戸籍上の「子」の半分しか権利がないという決まりのこと。
差別的な表現だったらごめんなさい。ニュースにも使われている表現なのでご容赦ください。
FPは遺産相続に関する分野も勉強範囲なので、この規定については知っていたけれど、ニュースを聞いて思ったのは、

「本当に違憲判断が出たんだなぁ…」

ということ。

日経新聞でもアンケートを取ったら「格差はない方がいい」という意見が多かったようだし、先進国でこういう格差があるのは日本だけらしいし、時代の流れからいって仕方ないのかもしれないんだけど、いまいち違和感が拭えないところがあるのです。

私の違和感の根源は、今回の案件の背景にあって、ニュースで見た限りでは、亡くなった父親が生活していたのは「事実婚」の家庭で、違憲の申し立てをしたのも、事実婚の「子」。「子どもが責任をとりなさいというのはおかしい」とコメントしてる。
それに対して戸籍上の「子」は、自分たちは家庭を壊され追い出され40年間苦痛に耐えてきた、とコメントしてる。

この、「子どもが責任をとりなさいというのはおかしい」というコメントに私はすごく引っかかるのです。
相続権利が半分ということが「子どもが責任をとる」ことになるのかな?と。
確かに子どもには責任はないと思う。でもそれは相続云々じゃなくて「法律婚」の家庭の子として生まれるか、「事実婚」の家庭の子として生まれるかは選べるわけじゃないから責任がない、ということじゃないのかな、と。。。
「子どもに責任のないことで経済的不利益を被るのはおかしい」というのも、立場が変われば、本来もらえるはずの遺産が「事実婚」の家庭があるがゆえに取り分が減る!不利益だ!とかなりそうだし。。。
それに、もともとこの相続の時の決まりは、「婚外子」の権利も認めて保護しようというのが目的であって差別するのが目的じゃないはずだし。。。
まぁ、最初から差別を目的として設定する法があったら困るんですけど。
で、「真に公平な世の中が来てほしい」というけど、相続の時の格差がなくなることが「公平な世の中」なのかな、と。。。
私なら、違憲判断が正しいとも、間違っているとも、どちらとも言えないな。。。

とまぁ、こんな感じでモヤッとボールが山盛りいっぱい状態なのです。

時代の流れからいって仕方ないんだろうな、と最初にも書きましたが、結局はそういうことなんでしょうねぇ。

で、余談ですが、こういう話を聞くたびに、遺言とか保険とかで何か対策はとってなかったのか?と思う私。
仕事柄なんですけどね〜。因果だなぁ(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2014年9月 »