« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近考えてること、悩んでること

その1。

日本維新の会の橋下大阪市長が、突然どえらいことを言い出して、あちこちから攻撃されているようですが…

あまり難しいことはわかりませんが、数点の違和感が。

「個人的な意見」と言ってるけど、あの人の立場でそういうことに言及して(それも記者のいる場所で)、それを個人の一意見として扱ってもらえるわけがないことくらい、わかりそうなもんだと思うんだけど。
それでなくても注目される人なのにさ。

あと、「軍隊の猛者は性的エネルギーをコントロール出来ない」みたいなこと言ってるけど、コントロール出来ないのって問題じゃない? 人として。
コントロール出来なくて当然、みたいに言ってるように聞こえたんだけど、それって女としてものすごい恐ろしいんですけどcoldsweats02

その2。

住んでいる市の認可保育所で、アレルギー食材の「卵」「牛乳」を給食に一切使わないことにしたそうです。
そもそもは、ある保育所で立て続けに2回も、アレルギーの子どもに間違って通常食を食べさせてしまったことが原因なんですが、その対策として卵も牛乳も使わないっていうのは、危機管理対策としてなんかちがうような気が。
しかもその問題が起きた保育所だけじゃなくて、同じ市内の保育所全部っていうのが、なんつーかお役所のすることというか、事なかれ主義というか。
それより、2回もミスった保育所の体制をしっかり立て直せと思うんだけどなー。
アレルギーって、命に関わることなのに、2回もミスるって、緊張感がないとしか言えないんじゃないか???

その3。

これは悩み。

身近なところに、えーと、はっきり言うと「くさい」人がいるんです。
何が臭いのかわからないんだけど、服なのか、体臭なのか、とにかく臭くて、同じ部屋にいて何回か吐きそうになったことが(涙
推測では、服を洗ってないとか、本人自身お風呂に入ってないか、そんなことじゃないかと思うんだけど。
でもまさか本人に「臭いです」とは言えないしねー。
どうしましょう~。ううう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはすごい!!

最近、くるみがディズニーのプリンセスにハマりだした影響を受けて、関連映画を見ているのですが。

先日TVで「アラジン」を見て、まんまと私もハマってしまいました。

といってもハマったのはプリンセスではなく、

「ジーニー」

のほう。
ランプの精の、あの、青くておおきいヒゲのキャラです(笑

もっと正確に言うと、その「ジーニー」を演じている、声優の山寺宏一さんにハマったというのが正しい気が…

声色も七色どころでなく「いったいどんな喉してんの?!」という感じですが、私がハマったのはそのセリフまわしのリズム感と、圧倒的な歌唱力。
どんな小さなセリフにもそれぞれのリズム感があるのって、すごいことだと思うのです。

それだけでもじゅうぶんすごいのに、歌になるとその表現力がさらにグレードアップ。

思わずiTunes Storeで曲を探して即買いです。

どんな曲かというと、こんな曲です。

コレがもう好きで好きで、これから目覚ましソングはこれにしようと決意。

いずれ映画もiTunes Storeで買って、iPhoneに入れそうな気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

発見

「日の出岬ホテル」の温泉に行った帰り、発見。

1367663078700.jpg

ちょっと見づらいですが、野生のシカ。

人に慣れているのか、クルマが止まってもしばらく動きませんでしたが、

1367663088730.jpg


そのうち、走って行っちゃいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

紋別滞在中

昨日から、パパの実家・紋別に来ています。
明日には帰るので、あまりゆっくりはできません。

しかも、紋別はこの時期にまさかの雪。

今朝は雪ではなく雨ですが、それにしても寒い!

ということで、屋内型の施設に来ました。

1367630715200.jpg


オホーツク流氷公園です。

何回か来ているので、くるみもすぐ遊びはじめました。

しかし、来るたび思うのだけど、これだけの施設を作っておいて利用がタダ、というのはなんかもったいないというか、やることがお役所だなぁと…

せめて維持費として100円くらいとっても、じゅうぶん人は来ると思うんだけど。

5人家族で来ても500円。

それぐらいならあまり負担でもなく払えるんじゃないかな?

あ、でも、その利用料取るためのスタッフ雇うと人件費かかるか…

と、休み中なのに金の計算してしまう自分がイヤ(´Д` )


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »