« 旅のはじまり | トップページ | お迎え »

発症

3月の終わり頃にひいた風邪。

なかなか治らない…というか、咳がずーっと続いていて、気にはなってました。

時々、ものすごい勢いで咳き込んで、咳のしすぎでおえっとなるくらい。
咳止めの配置薬は飲んでるんだけど、あんまり効かない気がしたりして。

で、あんまりにもひどいのと、会社の先輩に「配置薬なんて効かないんだから、病院に行きなさい‼」
と本気で叱られ(笑)

いよいよ病院に行きました。

そしたら、渡されたお薬が、これ。


1366110929071.jpg


これに見覚えのある方は、仲間ですねー。

何の薬かというと、ぜんそくなんですよ。

ぜんそく‼

まさかのぜんそく(しつこい)。

私、咳ぜんそくだそうです。

yoshiママも危惧していた、咳ぜんそく。

で、お医者さんに、
「アレルギー体質じゃない?」
と訊かれて、違うと思うんですけど…たまにホコリっぽいところで目がかゆくなるくらいで…と答えたら、
「それ、アレルギーだよ。結膜炎とかならないかい?」
とのこと。

結膜炎!
なぜわかるんですか先生!
と思わず身を乗り出しかけるくらいのビンゴなご指摘。

そう。私は結膜炎持ちなのです。
仕事がきつくて体力が限界に近づいてくると、ブレーカーが落ちるようにある朝突然結膜炎、というのがお決まりのパターン。

慢性だと思ってたけど、アレルギー体質によるものだったとは…

そう言えば8年ほど前、前任店に転勤したばかりの頃に、今と同じような咳が出て、おさまるまでに半年弱かかったっけ、と思っていたら、

「風邪の咳が3週間も続くことなんてないんだよ」

と、お医者さんはさらりとおっしゃる。

…っつーことは、8年前からすでにぜんそくだったのか!((((;゚Д゚)))))))

知らないということは、恐ろしいですね…


で、このカタツムリみたいなお薬は、飲むのではなくて「吸う」お薬。
吸い方を習ってきましたが、劇的に咳が止まる薬ではなくて、出る前に予防的措置として吸う薬なんだそうです。

確かに咳がびたっと止まることはなかったけど、咳したときに胸のあたりで響くような強烈な咳はなくなったかな、という気がします。

アレルギー体質なんて自分には関係ないと思ってたけど、あるんですね、しっかり、関係が。

そう考えると、体質は遺伝しているようで、実はくるみがアトピー性皮膚炎。
私にもパパにもアレルギー要因がないと思ってたから、アトピー性皮膚炎だとも思ってなくて、病院で指摘された時にはびっくりでした。

それにしても咳だけでもけっこうしんどいのですが、今、扁桃腺あたりがものすごい痛くて、食べ物はもちろん、唾飲んでも激痛。
早いとここの痛みだけでも治ってくれないかなー…ほんとにしんどいよー。


|

« 旅のはじまり | トップページ | お迎え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/57186794

この記事へのトラックバック一覧です: 発症:

« 旅のはじまり | トップページ | お迎え »