« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

喋らない美徳

先日から風邪を引いており、病院では「扁桃腺が腫れてます」との診断を受けていたのですが、仕事上しゃべらないでいるのも無理なので、喉に力入れて喋っていたところ…

今朝から声が全く出なくなりました!coldsweats02

いつもどおり声を出そうとするのに、息しか出ないというのは、思いの外不気味。
多少の掠れ声とかいうレベルではなく、本当に出ないので、この状態で月曜日を迎えてしまったら、事務仕事しかできない…。

それより何が困るって子どもに話しかけられないし、そもそも会話が成り立たないので、間に通訳入れて意思疎通をはかる状態。
私が返事をしないので(声出ないから)、「ママ聞いてるの?!」と子どもにキレられる始末です。
なんとかボディランゲージで伝えてはいますが、不便すぎ。

もともと喋るのは大好きなので、声出ないというのはけっこう苦痛ですが、まぁせっかく声が出なくなったんだから別の視点から「喋らない」ということについて考えてみようかな…と思い立ちました。

そもそもの発端は、先日ある記事についたコメントのこと。
今までずっとスパム対策、迷惑コメント対策で、コメント入力時にはメールアドレスの入力を条件としてきたのですが、ここ最近そういうコメントが少なくなったので、アドレス入力を不要とした途端についたのです。

とっさに「また来た気持ち悪っっ!!!!」と思って削除し、記事も非表示にしておきましたが。

あとから考えたら、コメントも削除しないで、非表示だけにしておけばよかったんですよね…。

そのコメントは、当該記事の内容に対して、ご親切に「忠告」いただいたような内容だったのですが。

しかしあくまでもそれは好意的に受け取れば(または、深く考えなければ)の話で、いろいろな方向から考えると、忠告というよりは警告にもとれたし、このブログを監視しているととれたし、さらにご自身の素性も明かされてはいらっしゃらなかった点も考慮すれば、やはり「忠告」というよりは警告なり監視であると今は思っております。

「気持ち悪っっ!」と感じた第一印象については、今も間違ってはいなかったと思いますが(笑
しかしコメントを残しておけば、そこから主も辿れたのに…残念。

その記事がいったいどんな内容だったのかというと、会社の話で、その内容について口外まかりならん、お前が誰であるかなど知っている…というようなコメントが匿名でついたのです。
それはそうでしょう、こちらはほぼ実名でやってますし、子どもの写真も載せていますし。

つまり、最近の風潮もあり、SNSの類に企業も神経を尖らせているので、どんな内容であってもNGということのようです。

私としてはだいたい誰がどのような経緯でこちらのブログを監視することになったのかわからないではない…というか見当もつくので、ここ数日間ブログはほったらかしておりましたが(というかもう体調不良すぎてパソコン触る気力すらなかった)、今日、声が出なくなったことで、「喋らない」ということを改めて考えたというわけなのでした。
あー、長い前置きだったー。

あまりにも気持ち悪すぎなコメントだったので、ブログやめちゃおうかな…とも考えたのですが。

もともとこのブログは、離れて暮らしている家族間での近況報告という意味合いで始めたものでもありましたし、ブログをやっていたおかげで知り合えた方々もいらっしゃいますし(とても貴重な出会いだと思ってます)、時にはパソコンの不具合で困った方の助けにもなれているようですし、元来、文章を書くことが好きで、ブログを書くことで文章力の訓練もしていきたいと思っていましたし、何より10年以上続けてきたものをあっさりやめてしまうのはどうなんだ!という思いに至り、閉鎖はしないことに決めました。

で、加えて、子どもも来年には小学生になるので、防犯上のことも考えて、顔出し写真もそろそろNGにしようと思っています。

発端となった「お仕事絡み」な記事については、今後書くか書かないかは、明言しません(笑
なぜそう思うのかも、喋りません。
そもそも喋ることが好きで、いろんなことを口にして「伝える」ことが好き、というのが私ですが、その「喋る」ことで、誤解や偏見や、警告を招くのであれば、書くか書かないかも含めて「喋らない」のが、私にとっては善策なのではないかと考えています。
もちろん、それだけが理由かといえば…
あ、喋らない、って決めたんだった!危ない危ない(笑

今後は基本的に「物欲」「浪費」「趣味」「子育て」等についての、できるかぎり毒のないブログに終始していこうかと思っています、今のところ。
コメントについても、今までもこれからも歓迎なのですが、今回の警告のこともありますので、しばらくの間は管理者認証後の反映となりますことをご了解ください。

文章力向上のためにも、今後はできるかぎり本を読んで、その感想も書いていくようにしたいものです。
最近はiBooksという面白いツールもありますし、そのおかげでようやく最近読破できたのが太宰治の「人間失格」。
今まで読んでなかったので、ちょっと申し訳ない気がしてたんですよね(誰にだ…)
iPhoneで読むので多少目は疲れますが、なんといっても名作がずらりと並んでいてすべて無料というのがすごい。
本好きとしてはアマゾンのKindleも欲しいところですが、しばらくはiBooksでいこうと思います。

ということで、今後も当ブログをよろしくお願いしますー。

「できるかぎり毒がない」は、「人畜無害」では…ないんだよね?(笑

| | トラックバック (0)

真剣

真剣
ITガールのくるみさん。
真剣に取り組んでいるのは、難しいプログラミング…

なわけはなくて、ディズニーのゲームサイトで「シュガーラッシュ」のレースゲームをやってます。

ディズニーゲームス」という公式サイトがあって、すごいたくさんの種類のゲームが無料で遊べちゃうのです。
タイピングゲームもあって、自己流タイピングでいまだにブラインドタッチのできない私はよくここで練習していますr(^ω^*)))

しかし、iPadにもiPhoneにも、さらにMacにも抵抗なく入っていくくるみの脳って…

やわらかいんだろうな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合の結果

試合の結果

試合は2−2で引き分けでした。

やっぱり試合は生で見ると違うね〜。

シーズン戦も見に来たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日ハムオープン戦

日ハムオープン戦

札幌ドームに日ハムのオープン戦を見に来ました!

が、0-1で負けてます(T_T)

遠目に見ても、大谷くんは足が長くてスタイル抜群です〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパのブランチ

パパのブランチ
日曜の遅めの朝ごはん。
パパお手製のパンケーキです。
苦心のホイップクリームが素敵。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画ドラえもん「ひみつ道具ミュージアム」を観ました!

くるみの付き添いで行ってきました〜!
映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」。
公開から1週間経過していたのと、地元の映画館だったので、もうそんなに混んでないだろうと思いきや、館内はなかなかの混みっぷり。
ドラえもん以外の注目映画も上映されていたので(プラチナデータとか…見たかった!)、全部がドラえもん目当てではないのでしょうが、それにしてもかなりの人気でした。

今回も、藤子不二雄先生が亡くなったあとの新ストーリー。
子供の頃からのドラえもんファンとしては、新ストーリーはどうもスケール感が小さい気がしていたのですが、今回のストーリーは、私的にはけっこう楽しめました。

ストーリーそのものというより、世界観というか、「博物館」の作りこみ感が好き、という感じかも。
昔から見ていたひみつ道具がいろいろ出てきたりするのも楽しかった。

一部ネタバレになりますが、「ロボット館」に展示されてた「コピーロボット」、あれはドラえもんではなくて「パーマン」の重要アイテムではないのか?と。
元に忠実にコピーする従来型のコピーロボットだけでなく、ちょっと加工してくれる「イケメンコピーロボット」で、美形なジャイアンも登場してましたが、もともとは「女神の泉」にジャイアンが転落し、出てきた女神に「あなたが落としたのはこのきれいなジャイアンですか?」と言われたドラえもんとのび太があわてて「いーえ、もっときったないの!」と答えたら「あなたは正直ですね。このきれいなジャイアンをあげましょう」と美形のジャイアンを渡される…という名作が元。

親世代しかわからないようなポイントをちょこちょこ織り込んでいるのかも…(笑

新ストーリーになってから、たぶん作り手は意識しているんだろうと思うのですが、必ず「泣かせポイント」みたいなエピソードがあるんです。
去年は、親の愛情みたいなエピソードを急に突っ込んできたので、私としてはしらーっとしてしまいましたが、今年はドラえもんとのび太の友情話。
さらっと織り込んでるならいいんだけど、どうも、作り手の意図が見えすぎて私は嫌でした…。

全体的に昨年の「奇跡の島」より良かったと思いますが、やはり、藤子不二雄先生が作っていた頃に比べると、「SF(すこしふしぎ)」な世界観は小さくなってるな〜…と、思ってしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きなお世話

Macを購入して数ヶ月、ほとんど不満はないのですが、唯一、「う~ん…」と思っていたのが、エクセルがないことでした。

アップル製のソフトにも、似たような表計算ソフトがあり、お値段も良心的なので、試しに買ってみたけどやっぱりエクセルのほうがいい(TT)
ワードはもともとあんまり使ってなかったから、これはアップルの「Pages」で十分でした。

エクセルといっても細かい表計算とかするわけじゃないんだけど、なんというか、「表計算しないけど表を作りたい」みたいな自由度ではエクセルが上だな〜、とつくづく思っていたのです。

そんなとき発見したのが、「Office for Mac」というソフト。
MacでもWindows Officeが使えるというかしこいソフトです。
お値段は「Pages」の10倍くらいしますが(泣)
たまたま、あーちゃんが新しくMacBook Proを買ったので、シェアできるタイプのソフトを購入いたしました!

Office

同一世帯のパソコン3台まで使用可能です。
エクセルもワードも使えるし。
(欲しくない機能までインストールさせようとするのも相変わらずだ…)

ダウンロード版でも悪くはないんだけど、うちのWi-Fi環境の悪さを考えて、あえてパッケージ版を選択。
インストールも簡単に終わり、安心しておりましたら、あとになってパソコンに異変が発生したのです。

それは、何気なく「Safari」を立ち上げた瞬間のことでした。

「…???? なんか、変わってる????」

見た目の印象が違う気がしたのですが、その原因にはすぐに気がつきました。

「…フォントが変わってるやん!!!!(怒」

そうです。
それまで気に入っていたMacのフォントが、Windowsの「MSゴシック」に勝手に書き換えられていたのです!!!!

どうも、この「Office for Mac」のソフトを入れた時、Windowsのエクセルとの互換性をもたせるために、Windows系のフォントも入れるようにできてるらしいのですが、そのおかげでYahooのトップページみたいに「MSゴシック」を優先的に設定しているサイトをあけると、フォントが勝手にMSゴシックになっちゃうらしいのです。
えー…そんなことまで頼んだ覚えはないのだが。
大きなお世話だ(小声で)。

まあ、確かに、エクセルで作ったファイルは当然ながらWindowsユーザーとの共有を前提にしてるわけだから、Windowsのフォントが入ってくるのは仕方ないんでしょうけど。

しかし、Safari側にも問題があるんじゃないか?

だって、Safariは表示用のフォントの変更ができないんだもん(怒

並行して使ってるFirefoxも、開けてみたらやっぱりフォントがWindows系になっていたのですが、こっちは設定でフォントを変えられるので問題なし。
試しに今はヒラギノ丸ゴシック使用中です。

大した問題じゃないと思われるかもしれないけど、私にとっては大問題。
で、検索してみたところ、「スタイルシートで表示用のフォントの設定ができる」ことが判明。
スタイルシート…
数年前にブログにスタイルシート設定して以来、やったことないよ(TдT)

しかし、ネットには親切な方がいらっしゃいます!!
さらに検索した結果、スタイルシートを提供してくれるサイトを発見しました。
http://jeffreyfrancesco.org/weblog/2011013101
「Office for MacのインストールするフォントがWebサイトの表示にも使われてしまうのはユーザ・スタイルシートで回避できるよ、というお話」
from jeffreyFrancesco.org

この記述を拡張子cssで保存して、Safariの「環境設定」からスタイルシートで読み込ませてやれば、フォントはちゃんとヒラギノ角ゴになるのです〜!よかった!
でも、根本的には、Safariになんとかしてほしいかな〜。
ブラウザなんだから、表示フォントくらい選べるようにしてくれないと。

あと…これも仕方ないんだろうけど、「Office for Mac」入れたら立ち上がりは遅くなりましたね。
先日試しに「ATOK」のMac版をお試しで入れたら、びっくりするほど動作が遅くなったのであわてて使用中止。
で、Googleにしてみて、今使ってますが、あんまり専門用語とか使わない私には「ことえり」でもなんだかよさそうな気が…(汗

いろいろ試してみて、「いい感じの環境」が見つかるといいな〜。

まっく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトデー

Photo


じいちゃんから、ホワイトデーのお返しでケーキをいただきました。
「LINEカメラ」でトイ風に加工してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなまつり

3日の日曜日はひなまつり。

私が幼稚園の頃に着た着物を、くるみが着ました。
私が着たときは幼稚園の年長さん。丈はまだ余ってたのに、くるみが着たら、余りなしでした(^-^;

Photo_4

陽気な落語家にも見えます。

ひなまつりのケーキも買いましたよ。

Photo_5

持って帰る途中、凍った路面ですべって転びそうになり、あわてて踏ん張って耐えたのですが、ケーキは若干ゆがんでおりました…
ゆがみが見えないように撮影。

ホールケーキだからなのか、ケーキ屋さんもろうそくをくれました。
誕生日じゃないんだけど、ろうそくがあると、たてたくなるようで…

「ろうそくたてていい?」とくるみが言うので、許可したところ、こんなケーキになりました。

Photo_6

なんだかなー…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

休みっぱなし

くるみが突然熱を出し、保育所から呼び出し電話をもらってから1週間。

インフルエンザだ!!と思ったらそうではなくて気管支炎だったのですが、扁桃腺が腫れているせいで熱が高くて、当然、保育所には行けなくなりました。

で、かれこれ1週間。
きょう小児科に行って、「週明けから保育所に行ってもいいよ!」とお許しが出たので、一安心です。

なぜって、この1週間、私も一緒に休んでたんだもん。

「仕事に行きたい」と思う日が来ようとは、自分でも思わなんだ(;д;)

「行かなきゃならない」という義務感で行くことはあっても、「行きたい!」と思って行くことってあんまりなかった。

しかし…

2月の私の勤務日数、

10日。

冬休みもあったけど、それにしても、10日って…ねぇ。
さすがに仕事しなさすぎて頭がボケそうです。

今週日曜に、仕事関係の検定試験があるので、その準備の時間はたくさんもらえたけど、それにしても、とにかく休み過ぎ。
長いOL歴の間に蓄積してきた有給休暇があるのが救いです。

今回のお休みは、職場の理解なしにはとれないお休みだったので、もうほんとに心から感謝。
「くるみちゃんだって好きで熱出してるわけじゃないんだからしっかり休みなさい」
って言ってくれた先輩の言葉が、どれだけ心に染みたことか。
私も、職場でおなじように子どもの病気で休まなきゃいけなくなった人がいたら、同じように「休みなさい!仕事のほうはこっちで頑張るから!」って言ってあげたいと心底思います。
働くママの味方は、働くママでありたいなぁ。


さて、ここからは、iPhoneユーザー以外にはどうでもいいつぶやきです。

この「ココログ」にも、ブログ管理用のiPhoneアプリがあるんですけど、びっくりすることに、io6には対応してないし、対応する気もないんですと。
ニフティはアホか?と思ってしまう。
去年の8月から更新もせずほったらかしの公式アプリってなんなのさ???
うーん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »