« 2012年日本シリーズ第5戦 大誤審 | トップページ | 買っちゃった! »

誤審と演技

結局、日本シリーズは巨人が優勝して、これっぽっちも面白くない結末を迎えましたね。

2勝ずつで並んだあたりまでは、結構面白く見ていたのだけど、その後一気に興ざめ(というかもはや嫌悪感)してしまったのは、もちろん、あの加藤の一件が原因です。

ネットでは加藤批判とか審判の批判とか果ては日ハムファンの批判とかそりゃもうえらく飛び交っていますが、突き詰めると巨人ファンvsアンチ巨人の争いになりつつあるようにも見える(笑

私は今回の件以前からアンチ巨人なので「だから巨人嫌いなんだよな!!」と巨人嫌いに拍車がかかるだけなのですが、中にはちゃんとした理論で、紳士的に今回のことを批判されてる方がいて、いろいろと勉強になりました。

私はルールとか詳しく知らないのですが、少なくとも、「当たってもいないのに痛がることで相手を退場に追い込む」ことが、ルールで禁じられていないから=問題ない、とは到底思えません。
何故ならば、そこに、野球に対する「誠意」がないからです。

社会に出たらそんなきれいごと通用しないとかいうコメントもありましたが…

だからこそプロ野球、いやプロスポーツの世界ではそんなことがあってほしくないと思うのです。

スポーツの世界ではルールブックに載っていない「品格」というものも選手には求められるわけで、当然それは試合中だけでなく普段の行いについても同様だからこそ、どこぞの球団のように「紳士たれ」という話になるんだと思うのです。 だから今回のことが冷静になって考えてみると、「巨人嫌い」という感情よりもとにかく言いようのない不快感、ということになるんだなぁと。。。

まぁ100歩譲って加藤のあの行動を不問に処するとしても、ですよ。

やっぱり審判のあの一連のジャッジはおかしいと思う。
加藤は本当はボールじゃなくバットに当たって痛がっていたとしても、監督が抗議に出てきちゃったら立場的に「やっぱり当たってませんでした」とは言えないんだと思う。
そもそも最初はファールってジャッジだったんだから、抗議されたからってあんな簡単に翻すのもどうかと思うし、危険球判定をずいぶん軽く出すじゃないか!という気もする。
おまけに試合が終わった後ですら「ヘルメットに当たってた」などと言って誤審だったとは認めないから、なおさら反感買ってる有様。

ということは、痛がってみせた加藤が悪いんではなく、痛がっているのをいいことに危険球だと文句つけた原監督が悪いってこと?!

今まで考えてなかったのが不思議になるくらい、なんか、これが事実なんじゃないかって気がしてきた。

痛がってる加藤に「当たったな?危険球だよな?そうだよな?」ぐらいのこと言ったんじゃないか?みんなで取り囲んでるとき。

わー、なんかありえそうでコワい。世間の批判は加藤と柳田にだけ向いてて、自分は大して批判もされずに済んでるんだもん。

やっぱり巨人…っつーか原監督嫌いだ、私(笑 

|

« 2012年日本シリーズ第5戦 大誤審 | トップページ | 買っちゃった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/56056400

この記事へのトラックバック一覧です: 誤審と演技:

« 2012年日本シリーズ第5戦 大誤審 | トップページ | 買っちゃった! »