« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

買っちゃった!

ついに…

ついに、買ってしまいました。

iPhoneを。

初めてケータイ持って以来、キャリアといえばドコモだった私ですが、待てど暮らせどさっぱりiPhoneを導入してくれないドコモにうんざりしまして、ソフトバンクで持つことにしました。

とはいえ、身内の大半がいまだドコモユーザーで、家族通話が月6,000円無料になっていることを考えるとドコモを切るわけにも行かず、ドコモのガラケーとの2台持ちです。

今月はじめにドコモのガラケーが突如こわれて修理に出したのですが。

修理しないでスマホに変えませんか?みたいな話をされるかと思ってドキドキしつつショップに行ったら「修理ですね。すみません」とフツーに対応してもらえました。
今持っているガラケーもわりと気に入っているので、修理して持ち続けられるならそのほうがありがたい。
で、ものはついでなので、料金プランと利用状態を見てもらったら、無料通話分は全然使い切れてなくて家族間通話が6,000円分くらい使ってます、とのことでした。
とりあえずプランは1ランク安いものにしてもらったけど、これじゃやっぱりドコモを使わないわけにはいかなさそうです。

その一方で、やっぱりiPhoneが欲しい気持ちもありまして。

以前からパパに2台持ちの提案をしていたのですが、
「そんなのいる?」
と全く同意が得られず、我慢の日々が続いておりました。

しかし。
ケータイ故障事件を機に、再度交渉してみたところ、
「そうだねー。あってもいいかな」
という、前向きな反応が!!!!
なんでもパパの新しい職場では、スマホ普及率がけっこう高いらしいのです。

そこで、パパの気が変わらないように急いでアップルストアに行きました。

いつもケータイの機種変更はヨドバシとかでやっていたのですが、ネットで見たら在庫があるものとないものがあるし、ポイント還元率も低いということであえてアップルストアにGO!!

待ち時間が3時間くらいあってちょっとしんどかったですが。

セットアップまでしっかりやってもらえるし、もともとアップル製品ですから質問への回答も詳しいし早い。
持ってみて素直な感想はやっぱり「面白い」!!!
アプリを入れてどんどん自分仕様のiPhoneになっていくのが楽しいですね。
今のところは美容雑誌関連のアプリと、日経新聞アプリ、辞書アプリ等がが入ってますが。
いちばん最初に入れたのは、弟に指示されたこともあってLINEです(笑
あと、今までずっと使ってきたiTunesとの連携がさくさくとできて、音楽が共有できるのがこんなにも楽だとは!!
おそるべし、iCloud。。。

ちなみに私はすでにパソコンがMacになってたり、yoshiママがiPad持ってたりして、意外とiPhoneへのなじみは早かったのですが。
IT機器にそんなに弱くないはずのパパがこれまた意外に苦戦中です。
まぁ、慣れてしまえばさくさく使えるようになるとは思うのですが。
苦戦するパパを尻目に、なんの抵抗もなく、私のiPhoneでゲームをするくるみ…。
デジタルネイティヴってすごいねぇ、としみじみしてしまったのでした。

続きを読む "買っちゃった!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誤審と演技

結局、日本シリーズは巨人が優勝して、これっぽっちも面白くない結末を迎えましたね。

2勝ずつで並んだあたりまでは、結構面白く見ていたのだけど、その後一気に興ざめ(というかもはや嫌悪感)してしまったのは、もちろん、あの加藤の一件が原因です。

ネットでは加藤批判とか審判の批判とか果ては日ハムファンの批判とかそりゃもうえらく飛び交っていますが、突き詰めると巨人ファンvsアンチ巨人の争いになりつつあるようにも見える(笑

私は今回の件以前からアンチ巨人なので「だから巨人嫌いなんだよな!!」と巨人嫌いに拍車がかかるだけなのですが、中にはちゃんとした理論で、紳士的に今回のことを批判されてる方がいて、いろいろと勉強になりました。

私はルールとか詳しく知らないのですが、少なくとも、「当たってもいないのに痛がることで相手を退場に追い込む」ことが、ルールで禁じられていないから=問題ない、とは到底思えません。
何故ならば、そこに、野球に対する「誠意」がないからです。

社会に出たらそんなきれいごと通用しないとかいうコメントもありましたが…

だからこそプロ野球、いやプロスポーツの世界ではそんなことがあってほしくないと思うのです。

スポーツの世界ではルールブックに載っていない「品格」というものも選手には求められるわけで、当然それは試合中だけでなく普段の行いについても同様だからこそ、どこぞの球団のように「紳士たれ」という話になるんだと思うのです。 だから今回のことが冷静になって考えてみると、「巨人嫌い」という感情よりもとにかく言いようのない不快感、ということになるんだなぁと。。。

まぁ100歩譲って加藤のあの行動を不問に処するとしても、ですよ。

やっぱり審判のあの一連のジャッジはおかしいと思う。
加藤は本当はボールじゃなくバットに当たって痛がっていたとしても、監督が抗議に出てきちゃったら立場的に「やっぱり当たってませんでした」とは言えないんだと思う。
そもそも最初はファールってジャッジだったんだから、抗議されたからってあんな簡単に翻すのもどうかと思うし、危険球判定をずいぶん軽く出すじゃないか!という気もする。
おまけに試合が終わった後ですら「ヘルメットに当たってた」などと言って誤審だったとは認めないから、なおさら反感買ってる有様。

ということは、痛がってみせた加藤が悪いんではなく、痛がっているのをいいことに危険球だと文句つけた原監督が悪いってこと?!

今まで考えてなかったのが不思議になるくらい、なんか、これが事実なんじゃないかって気がしてきた。

痛がってる加藤に「当たったな?危険球だよな?そうだよな?」ぐらいのこと言ったんじゃないか?みんなで取り囲んでるとき。

わー、なんかありえそうでコワい。世間の批判は加藤と柳田にだけ向いてて、自分は大して批判もされずに済んでるんだもん。

やっぱり巨人…っつーか原監督嫌いだ、私(笑 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年日本シリーズ第5戦 大誤審

これはすごいです。
どこに当たったんだかわからないけどこのヒトえらい痛がりっぷり。
その大根役者にだまされるレベルの低い主審。
巨人ファンはこの加藤とかいう役者さんを擁護したり、日ハムのブーイングを攻撃したりしてるけど、そうじゃないんだよね〜。
当たってもないものを「当たった」って言って審判を騙す行為がおかしいじゃん、って話なんですよね〜。
超演技派の達川さんはいいのか!って言ってるヒトがいてウケたけど(笑
でもこれ日本シリーズなんですけど。
しかも王手のかかった試合で、しかも日ハムにとってはホーム戦ラストかもっていう試合なんですけど。
そういう試合でシミュレーションって、やっぱりやってほしくない。
・・・・。

続きを読む "2012年日本シリーズ第5戦 大誤審"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »