« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

日本人の質

今日、仕事中に、あきれることがありました。

ATMを操作していた男の人が、突然大声で、

「うるせえんだよ!!!!」

と怒鳴ったのです。ほんと、なんの前触れもなく、突然に。

お客さんも、それから私たちもびっくり。なにがあったのかさっぱりわからない。

そしたら、男の人は続けて何か怒鳴ったのですが、私には何を言ったのかは聞き取れませんでした。

次長が「大丈夫ですか?」と、怒鳴った男の人に声を掛けたら、その人は「大丈夫です」とわりとはっきり答えて店を出て行きました。

みんな、「今のは何だったんだ?」って感じ。というか、正直なところ、そういう微妙な人、うちの店にはよく来るので、またそういう人か、ぐらいに思ってました。

ところが。

その後、私が担当している投資信託のお客様と話していたときのこと。

話がだいたい終わって、「お仕事のほうは忙しいですか?」なんて世間話をしていたら、お客様が言ったんです。

「いやー……さっき、なんか俺、怒られちゃったんですけど。そんなに悪いこと、してましたかね?」

って。

「――さっきの?!」

びっくりでした。さっきの怒鳴った男の人は、今、私の目の前にいるお客様に向けて怒鳴っていたようなのです。

「コワイ人いるな~、って、思って」

お客様は温厚な方だったので、そう言って苦笑いされてましたけど、でも……この人がいったい何をしたと??? 私の頭の中は、?でいっぱいです。
えーと、今日は、仕事関係の振込で来店されてて、さっきの男(面倒なので男呼ばわりさせていただきます)がいたときには、ロビーで座っていただけだったはず……。

そこで、はたと気づいたことがありました。

でも、お客様にはまったく悪い点がない話なので、それは口に出さずに、不快な思いをさせてしまったことにたいしてお詫びして、お客様を送り出したのですが。

気づいた点。

それは、このお客様が風邪を引いていて、咳をしていたということ。

そうです。あのATMの男は、風邪で咳き込んでいたこのお客様に対して、「うるさい!!」と怒鳴ったのでした。

…………。

あんた何様?! うるせぇのはお前だよ!!!!

……スミマセン。取り乱しました。けど何なんだこの男。塩ぐらいまけばよかったよ。

しかもあとで先輩が言ってたけど、私が聞き取れなかった部分は、「常識わきまえろ!!」とか怒鳴っていたらしい。っつーかお前が常識とか口にするのおかしいから!! そもそもお前が非常識なんじゃ!! 怒りを通り越して呆れて、さらにそこも通り越して日本人の、そうこの国の行く末を憂う私。

他人が風邪引いて咳き込んでたら、「ツラそうだなぁ」とか思いませんか? 仮に咳き込みすぎててなんかこっちにも風邪菌飛んできそう… …とか思ったとしても、「マスクとかすればいいのに」って思うぐらいで、自分から距離とるとか、そんなもんじゃないですか? 親しい相手なら、「ちょっとぉ~、マスクぐらいしなさいよ」程度は言うかな。でも知らない人に怒鳴ったりはしない。

それをいきなり知らない相手に怒鳴るって……。

まぁたぶんこの男は自分が正しいって思ってるんですよね。常識派だと。だから「常識わきまえろ!」って怒鳴れるんですよね。

しかし……銀行という場で大声を出す(つまり関係ない人もいる)ことは、常識から逸脱しているとは思っていないわけよね。あーバカくさっ。

しかしこういう勘違い常識人以外にも最近感じるのが、人としての質を疑いたくなる人。

この前もいたんだけど、窓口がすっごい混んでるときに来て、10人待ちとかだったりすると、

「具合悪いから先にやって欲しい」

っていう人がいるんです。女なんだけど。

私が転勤してきた頃にはいなかったと思うんだけど、とにかくそういう事を言って、順番とばしてくれって要求するんですよね~。

たしかに顔色があんまり良くないので(笑)最初何回かはこっそり対応してあげたこともあったんだけど、ある日、いつものように、「具合悪いから先にやって欲しい」って要求してきたので、こそっと先に対応してあげたら、手続きが終わったところでロビーに知り合いが入って来たんです。

そしたら、その知り合いつかまえて、延々と長話をしてるんです!! しかも窓口ではいかにも調子悪そうな声で話してたのに、知り合いに対して話してる声は超デカい!! 話の内容が全部こっちにも聞こえるくらいデカい。

具合悪いって、芝居だったのかよ!!!!

それ以来、その女の「具合悪いから」発言はいっさい信じてません。こないだなんか「他の方もお待ちいただいていますので」って何回も言ってるのにしつこいの。

なんなんだろう、この、「自分さえよければ」みたいな発想とか行動。最近本当に増えたと思う。

どうなってんの?! 日本人ってこんなんじゃないよね?! 「お互い様」って考え方、今はもうないの?! こんな日本人が当たり前になっちゃったらこの国どうなんの?! 政治家の無能さが国を滅ぼす前に、民衆が国を滅ぼすのではないか?!

わりと真剣に危惧してます。どう思いますか?みなさんは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い○○に通ず?

転勤とは切っても切れないウチの会社の、7月付人事異動が発表になりました。

まぁ……我が家の単身赴任は解消されませんでしたが、だいたい予想はしていたのでそれほど落胆もしませんでした。

しかし今回は予想外の人事異動が!!

私が「ワリカンなんてありえない!!普通はそこでおごるだろ!!」とのけぞった、あのけちんぼの(笑)支店長。

着任して2年ちょいで異動になりました。

しかも、次は支店長としての赴任ではないのです。職位がよくわからないんだけど、すくなくともトップではない。

そしたら……支店長。

「オレはどんなに小さい店でも、地方でもいいから支店長でいたかった。だって、支店長の上には、誰もいないんだぞ。それを一回経験したらやめられないよ」

と……のたまった。

会社に入ってずーっと底辺をうろうろしている私にゃーわからん話ですが、きっとそうなんだろうなぁと思う。

思うけど……言うか?!普通。それも部下に。

心にとどめて置けよ!!

いままでは支店長だったから、朝からパソコンでYahoo!の芸能情報ばっか見てようが、自分が煙草吸いたいからって会社の経費で勝手に空気清浄機買ったりしようが(経費削減はどうした?!)、仕事中に何回も煙草タイムとろうが、私が準備した渉外リスト先にひとっつも行かなかろうが、支店長だったから誰も文句は言えなかったわけです。
表立っては言えなかったけど、陰では言ってたか。私とか。

しかし今度からはそんな好き放題はできません。

それにしても……私が日々こう呪いのよーに……「ほんっとに使えない!!」とか「少しは働けよ!!」とかいろいろ言っていたのが招いた結果なのではないか?とちょっと思ったりもして。

いや、呪いだと「人をのろわば穴ふたつ」てなことになって私まで妙なことになってしまいそうなので、私の念が通じたということにしておこう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

事情聴取

先日、事情聴取を受けました。

――と言っても犯罪に加担したわけではもちろんありません。そもそも事情聴取してきたのも警察ではありません。

事情聴取の相手は、当行の本部スタッフ。というかたぶんエライ人。
で、聴取された内容は、「なぜこの店はこんなにも成績が悪いのか」。

つまり、あまりにも商品が売れないので、営業推進部のお偉いさんが直々にウチの店までやってきて事情聴取、というわけです。

「銀行の成績」と言えば、ひと昔前は定期預金だったけど、今は定期預金ははっきり言ってコスト高の商品なので積極推進はしない。
推進するのは投資信託だとか、保険だとか、国債とか、まぁ、そういうものなのです。
で、私が担当しているのもそういうもの。

だから、「売れない原因は担当者の能力不足」という可能性もあるので私が事情聴取されたわけです。

この事情聴取が、なんというか憎たらしかったんだよな~!!

お偉いさんではあるけど、威圧的でも、高圧的でもない。もともとは営業店にもいたというから、さすがの人当たりの良さです。
「推進にあたって問題点があれば解決していきましょう」みたいな友好的な雰囲気ではある。

だけどね……なにが憎たらしいって、ちょいちょいかま掛けてくるんですよ!! 誘導尋問っていうの? その尋問に引っかかっていたら、「そこが違うんじゃないかな!!」ってすかさず突っ込んで来るに違いないと思わせるトーク。

しかし私、あっさり言い負かされる気はない。むしろ隙あらば勝ってやるぜ!! ぐらいの緊張感でその場に臨んでいます。だって…… ウチの店の不振を私の責任にされてはかなわないですから。「担当者のスキルアップが必要」みたいな結論に落ち着かれるのは心外。

おかげで誘導尋問も看破です。

それは投資信託のアフターフォローの話をしていたときでした。

お偉いさん 「最近は含み損抱えてるお客様も多いでしょ?」

私 「ええまぁ……ただウチの店は投信保有しているお客様の絶対数が他店に比べて少ないので、 含み損先もそんなに多くはありませんけど」

お偉いさん 「そういうお客様は、どう?最近はマーケットも変動激しいし、『いやぁ~、とりあえずそのままにしておいて!』 ってお客様もいるよね?」

私 「そうですね」

お偉いさん 「そういうときは、『わかりました~』って言ってるかい?」

この最後の一言!! これが運命のキーワードですよ!! ここで「はい」なんて答えようもんなら相手の思うつぼです。おそらくはこのあと、想定どおりの説教をお見舞いされるはめになるのです。
まぁ実際私はこういう展開になったとしたら「わかりました~」とは言わない。

私 「いいえ。言いません」

お偉いさん 「言わないの?」

私 「そのままにしたい、と考える方はたいてい含み損を取り返したいと思っているはずなので、そのあたりのことを伺います。 ただ現状では当初の水準まで戻すことはかなり難しいし時間もかかることを伝えます。その上での継続保有なのか、 またはいったん損切りしてこれ以上の損を回避するのか、逆に買い増しして単価を下げて回復までの時間を短縮させるのか、 それとも投信を乗り換えて収益を上げるか。4つの手法はかならず提案します。そのうえでの継続保有ならいいんですけどね」

お偉いさん 「あ、言ってるんだ……」

言ってるんだ、じゃねーし(怒

失礼な発言ですよ、ほんとに。

どうせそういう話もろくにしてないんだろうと相手は思っていたに違いない。けど違うんです!!  投信を扱うためにはマーケットの話だってするし、ニュースだって見てます。人生でいちばんニュースとか新聞とか見てるんじゃないかってくらい。

だから……「投信って難しいから苦手なんですぅ~」とか言ってる職員と一緒にされたくない! って話なんです。相手はそれくらいにしか思ってなかったろうけど。

もう、そういう誘導尋問とかってどーなのよ?! と内心イラッとする私。

お偉いさん 「ところで、店の協力体制はどう?みんなで協力する雰囲気はある?」

私 「営業課は、頑張ろうね!!って雰囲気はありますけど……」

お偉いさん 「上司はどうなの?困ってるときとか助けてくれる?」

私 「……助けてもらったと思ったことは1回もないです」(きっぱり)

だってそうなんだもん!! ウチの上司なんか全部私に丸投げだし。だいたい保険なんか商品内容どんだけ理解してるのかも怪しいし……。

そしたら、このお偉いさん、上司をかばうつもりだったのかなんなのかわからないけど、

お偉いさん 「まぁ、商品内容はパンフレット見ればお客さんだってわかるわけだし……」

って言い出したのです!!! なんなんだその発言!! 神経とがりまくりの私には、ちょっと聞き捨てならない発言です!!

私 「パンフレットみてわかるくらいの商品説明しかしないんだったら、職員のいる意味ありませんよね?  お客様に合わせたプラスαの説明や提案をするからコンサルティングの意味があるんじゃないですか?!」

お偉いさん 「ま、そうだけどね……」

この一言が決定打だったのか、結局お偉いさんは、

「支店の推進体制に問題があるんじゃないかなぁ」

という結論に達し、そこで私の事情聴取も終了となったのでした。

おそらく本部では今後、「あの支店には気の強い女がいる」と言われるでしょうが、いいです、それでも。だってウチの店…… 資産運用のお客様なんか来ないんだもん!! 支店の体制だの担当者のスキルだの、そういう問題じゃないんだもん!! 

私の中では、勝ち試合だったと思うのでよしとします。ふふん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疑問

先日、視聴者参加型の美容系TVを見ていたら、ある視聴者の紹介の時に、

「Aさんの目標は、娘さんと姉妹に見られることだそうです!」

というコメントがあって……ビックリしました。

それって……目標にすることなの?! 娘と姉妹に見られたらうれしいの?! 

「友だちみたいなママと娘」っていうのが流行りはじめた時でも、なんかちょっと違和感というか抵抗があったのに、今や「姉妹みたいなママと娘」が世間では流行りはじめているのかと思うと抵抗とか通り越してもはや私には理解不能。

yoshiママの娘としても、くるみのママとしても、間違われたい! とは決して思わないけど……
世の中のママと娘というのは、間違われたらうれしいものなのだろうか。

もちろん、ママがキレイ!! というのはいいことですよ。なんか、たまにいるじゃん、メイクとかヘアスタイルとか全然構ってない人…… そういうママよりキレイなママがいいのは当然。
でもそれは「年齢らしいキレイさ」なのであって、「娘にみえるぐらい若い」っていうのとは違うんじゃないか?! と。
そう!! 今書いてて気づいたけど、「年齢らしいキレイさ」じゃなく「娘に見えるくらい若い」をとりたい人の心理には、「若さがいちばん大事!!」という、若さ至上主義みたいなものがあるんではないか!!

そういう「若さ至上主義」が、単なる「若作り」になって、娘とおんなじ格好したりとか、髪型したりとか、うわべだけを追っかけていくことにもなるんではないか!!

若く見られたらそりゃ悪い気はしないけど、でもそれを自分から狙っていくのも何か違う気がする。せいぜい狙っても-5歳とか?(笑)
でも娘と姉妹となると…… -20歳くらいは必要じゃないですか!! そんなの何かが間違ってる!! 若けりゃいいのか?! なんか妖怪じみてきませんか?!

母親には母親なりの「キレイ」があるはずなのに、それを否定しているみたいで私にはぜんぜんいいとは思えないんだけど、世間一般との感覚とは違うんですかね~。

**************************************

そういえば先日東京に行って、はじめてファストファッションの「H&M」とか「Forever21」行きましたけど。

行ってみて思ったのが、「あー、もう、こういう服が着られる年齢じゃなくなったんだな……」ということでした。

なんつーの……?「チープな服」がおしゃれに見えず「安っぽい服」に見えるっつーの……? 若かったらきっとああいう薄っぺらい生地のてろんとした服でも可愛らしく見えるんだろうけど、少なくとも私にはダメでした。サイズ感の問題とかじゃなくて質感ね。
結局、「H&M」ではピアス買いました。それくらいしか使えそうなものなかったのよね。もう、ああいうお店のターゲットからは外れてるんだな、と納得でした。

でも……世の中的には、そういう若作りってもう受け入れられてるの? 「サイズも合うし、娘とも兼用できるし」みたいな理由で若作りってアリなの? 

私ならぜったいにイヤだけどな~。

だって、同じ服着たら、娘のほうが可愛くなるに決まってるじゃん!!!(爆

大人はオトナのおしゃれをすべきです。と、思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TDL☆満喫

3月にも行ったのですが、今回もやはり、行ってしまいました。

夢の王国。

ディズニーランドです。

関東では普通の天候なのかもしれませんが……暑かった。北海道なら7月、真夏頃の暑さ。

そこで紫外線対策でサングラス購入です。

いえーい。

帽子も買えばよかったかも……と後悔しつつ、通路に座って待っているのは、ちょうど開催時期だった「イースター・ワンダーランド」のパレードです。

たまたま座った場所がよくて、今回はけっこうキャラクターたちと目があった……ような気が(笑)

ティガー

その後、くるみの乗りたいアトラクションに移動。前回同様、パパは乗り物に弱いためママとくるみで乗ります。

まわすよ。

「アリスのティーパーティー」では、ものすごい勢いでカップを回されて、乗り物にはそれほど弱くない私もかなり危険な状態に。
くるみは大喜びなので、まあ、いいんですが、パパが乗ってたらもう120%の確率で再起不能になるはず。

たのし~。

背景の流れっぷりが尋常じゃないですね。

もちろん休憩もしっかり、ということで、我が家のいつもの休憩スポット「トゥモローランドカフェ」へ。
ハンバーガーとかポテトとか、軽食とりながら休憩できるのです。
私が食べたのはコレ。

ナゲット

ミッキーシェイプのチキンナゲットです。味は普通です。

夜見たパレードもよかった~。前に遮るモノがなかったので、ピノキオにピンポイントで手を振ってもらえるといううれしいおまけ付き。
何回も行ってる人なら、きっともっといいスポット知っているのでしょうが、私たちが今回見たのはこういうポジションからでした。

ドリームライツ

パパも休憩しつつ場所取りできたし、くるみのようなちびすけにも、この場所はよかったなぁと思います。

夜のシンデレラ城も幻想的で素敵。

夜のシンデレラ城

ここで結婚式したら素敵だなぁ~……とは思うのですが、お値段が750万円(確か)と聞いちゃうとね~。

それだけの資金があるなら新生活のために使うべきだよな。と、ついつい現実に引き戻されます。

さて、前回の「TDL満喫写真」はコチラでしたが。

3月

今回はグレードアップしました☆

5月

ポーズが決まってるぅ~!!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »