« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

新・新千歳空港に行きました☆その2

さて前回に引き続き「ドラえもん わくわくスカイパーク」の話です。

前回はひみつ道具で妄想爆発!!な話でしたが(笑)
写真の撮りどころも多くて、例えば、

いつもの空き地もある。もちろん土管3本もちゃんとある。
しかもジャイアンリサイタル開催中(笑)

本当はもっと離れて撮ると、ドラえもんのとなりにいるのび太くんも写真に収まるのですが、ほかのお客さんのことも考えてこの距離で。

床に「さわらないでね」という注意書きがあるんだけど……
これだけすぐ近くにあるから、子どもなんかぜったいさわると思う(笑)

こちらは「ビッグライト」で大きくなって、「通り抜けフープ」で壁を通り抜けてるドラえもんです。
ほんとに大きかった。

余談ですが、大長編ドラえもん「のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)」で、スモールライトを奪われてしまったミニサイズののび太たちが、同じくミニサイズの宇宙人・パピの祖国を救うために独裁者と戦う!!っていうストーリーがあるんですが。
スモールライトの解除光線を当てないと小さいままだから大変!!みたいな話なんですけど、解除光線じゃなくてもビッグライトでどうにかならんかったのか?と私はいつも思います(笑)
それとか、タイムふろしきで小さくなる前に戻るとか。

あんまりそういうこと言い出したらストーリー作れなくなるのかも。

こちらはタイムマシンです。

タイムマシンがあったら……

とりあえず過去に行ってみるかも。私の大好きな江戸時代とか行ってみたいです。
あと、「学説的にはこうなってるけど実際どうなのかはわからない」みたいな謎をいろいろ解明してみたいですね。

未来にも行ってみたいけど、なんか、すごく絶望的な未来だったりしたら、生きてくのがつらくなりそうだからイヤだ……
と、急にリアルに弱気になったりして……

せいぜいタイムマシンでちょっと先の世界に行って万馬券とか宝くじのナンバーズとかの当たり番号見るぐらいか?(笑)
ちょっと話が「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」っぽい展開ですね。

さて、こういった写真撮影の最後には、いよいよグリーティングフォトが登場。

動くドラえもんと記念撮影ができるのです。

持参したカメラだったら、1人1ショット。
入場するときに記念のブックレット1冊買うと(500円なり)、パークのカメラで撮ってくれてすぐプリントしてくれるのですが、うちはあくまで持参のカメラで。
そして当然ながら連写です。

パークはこれで終了なのですが、パークを出たところにも遊べるコーナーやおみやげショップ、ドラえもんカフェやワークショップなど、楽しめるところがいっぱいありました。
私はもちろんおみやげショップに直行!!限定クリアファイルを購入です。
最近では「クリアファイルマニア」と自ら名乗るようにしていますので(笑)

パークは有料。大人600円、子ども300円ですが、写真いろいろ撮ったりできるし、何度も行きたいな!と感じさせてくれるところでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新・新千歳空港に行きました☆その1

北海道の玄関口・新千歳空港が、このたびリニューアルオープン。

北海道ショールーム」という名前。飛行機の乗り降りだけじゃなくて、みんなに楽しい空港!というコンセプトのようです。

もともと空港は好きで、別に旅行に行くわけでもないけどぷらぷらと遊びに行ってた私としては、ぜひとも見に行かなくては!!という感じ。
しかも、今回はどうしても行っておきたい確固たる理由もある。

国際線の駐車場からエスカレーターで上がると、このような表示が……

そうです!!!

新千歳空港には、あの、ドラえもんがいるのですよ!!!!!

「ドラえもん わくわくスカイパーク」という、空港併設型のテーマパークとしては世界初という夢の世界っすよ!!!!

くるみも「大長編ドラえもん」のDVDを何度も見ていて(しかも大山のぶ代さんのほう)ひみつ道具にも詳しくなってるし、これは行ってみなくては!!
――と、オープンしてからしばらくたった先日にやっと行きました(笑)

地元紙で一面記事になるほど、オープンしたばかりの7月3連休は激混みだったらしい。
入場待ちに2時間とか書いてあったので、ちょっとほとぼりがさめた頃に行ってきました。

どんなテーマパークかというと、基本、体験型。
トリックアート多めで、写真の撮りどころが多くて、実際「ここで写真撮るといいですよ」ってお知らせポイントがある。
だからカメラはぜったい持って行った方がいいです。

入ってすぐにテンション上がるのが、

のび太の部屋!!

縮尺的に正しいのかどうかはわかりませんが、なんとなく、子どもの部屋っぽいサイズです。
ただ、床がたたみじゃなくてじゅうたんっぽいのがちょっと気になる。
たたみじゃなかったら、大長編の「宇宙開拓史」が成り立たないんですけど(笑)

これがあの有名なタケコプターですよ!!
これ欲しい!!

奥に見えるのはスモールライトです。
これが実際に存在したら、少なくとも世界の食糧問題はかなり解決されそうな気が。
ご飯食べるときにみんな小さくなったら、ちょっとの食料でみんな満腹になれるもんね。

しかし我が家に最も必要と思われるひみつ道具はスモールライトではないのだった。

これよ!!

どこでもドアさえあれば、単身赴任とは無縁。
函館にだってらくらく通えるのよ!! 欲しいよ!!

あと、アンチエイジングの最終兵器としても威力ありそうなのが、

頭からすっぽりかぶって、若い頃に戻れたら、しわだのシミだの贅肉だのとお別れできるのかも……
でも、若い頃の知能レベルに戻るとしたらそれは困る(笑)

クルマとか、家とか、そういうものに使うとずっと新車だし新築だからいいですよね~。

さらに、このアイテムもぜひ現実にあってほしいのが、

「もしもボックス」。

ただの公衆電話ではありません。
「もしも○○だったら」とこの電話に向かって話すと、それが現実になってしまうのです。

映画「のび太の魔界大冒険」では、このもしもボックスで「もしも魔法の世界だったら」と言ったことがきっかけで魔法だけじゃなくて魔界とか悪魔とかが出ちゃって地球滅亡の危機!!っていう展開になっていく重要なアイテムになってます。

もし私だったら何を話すかなぁ……
「自分だけが魔法使いだったら!それも大魔法使い!!」
なんてのはどうでしょうか。
魔法でなんでもできちゃう。放射能とかいっぺんに消し去れるし、政治家の性根を叩き直すとかもできちゃうぐらいの魔法使い。

と、中に入ったとたんに妄想がどんどん加速していく私。
子どもとはまた違った楽しみ方も可能!!と言いたい。

まだまだ楽しいポイントありましたが、続きは次回。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パパと娘のデート

さて、私が疲労に負けて爆睡している午後、パパと娘は「ママ起きないから遊びに行こうか」と言ってまたまたお出かけしていたらしい。

らしい、というのは、ぜんぜん知らずに寝ていたから(笑)

で、どこに行ってたのかというと、いつも行く「牛さんのアイス」。
牛以外でアイスってあるのか?というツッコミはなさらないよう。なぜかと言えばお店のすぐそばに牛がいるからです。
ちなみに正式名称は「函館牛乳公社」だったかな……違うかも……

たしか去年は写真撮ろうとしても抵抗されてしまったこの「牛乳パック横」。
今年は自分からくっついていって写真を撮らせたらしい。

アイスもおいしい~。

この日の夜は花火大会だったのですが、日中あまりにもアクティブに動きすぎたくるみは……

沈没(笑)

そりゃそーだ。朝からずーっとどっか行ってたんだもん。
さすがのくるみも電池切れでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館に行ってきました。

病み上がりの3連休、体調は万全にはほど遠かったですが、以前からの予定どおり函館に行ってきました。

いつもは往路で寝ることのないくるみも、さすがにそれまでの暑さからくる疲れがあったのか、長万部手前あたりで熟睡。

私もいつもはトイレ休憩ぐらいで函館まで運転していけるのですが、体調不良のため、途中のPAで30分ほど仮眠を取っていきました。

おかげで、目的地に到着するまでの所要時間は初の5時間超え。到着した日はほとんどなにもせず寝て過ごしました(笑)

翌日は、以前からパパが計画していた「いちご狩り」へ。
……のはずが、季節柄いちごは終了しており、今時期は「さくらんぼ狩り」になってました。
ずーっと昔に会社の慰安旅行でいちご狩りは経験しましたけど、さくらんぼは初めて。

どんなもんなのかしら……と入っていったら、こんな感じでした。

きれ~いヾ(@^▽^@)ノ

さくらんぼって、畑の宝石、なんて表現もされるらしいけど、確かに宝石みたい。キラキラと輝いてて、色も可愛くて、最高です。

そして、木についたまま赤くなった実って、ほんと甘くておいしいんですよね。
同じくさくらんぼ狩りにきていたどこかのおばさんが、「あ、こっち佐藤錦の木だわ~」って言ってたのを聞きつけて、速攻でそっちの木に移って食べ放題(笑)
ほんとに佐藤錦だったかどうかは謎ですが、確かに他の木の実より甘いしおいしかったです。

で、くだもの狩り自体が人生初のくるみは、最初こそ渡されたさくらんぼを食べていただけだったのが、

脚立にのぼるというワザを会得。

煙とナントカは高いところが好き、というが……

そして、実際に自分で手で取ってさくらんぼ食べ放題!!ということに気づき、そこからは脚立占領して下りてこず(笑)

今回、よほど頭がぼーっとしていたらしく(いつもか?)愛用の一眼レフもコンデジもどちらも持って行くのを忘れてしまった私。
たまたま函館にはパパがときどき仕事で使っている、古いIXYがあるので、それで撮ってもらいました。
たしか結婚前から持ってたカメラ……新婚旅行にも持って行ったっけ。液晶画面がおそろしく小さいのだけど、当時はそれで普通だと思ってたんですよね。
技術の進化ってすごいですね。

この時点では、私の手足口病は完治していなかったので、口内炎を避けながらさくらんぼ食べてました。

とはいえやっぱり体力は落ちていた私、午後は完全にお昼寝タイム。
パパとくるみが2人で遊びに行ったことさえ知らなかった……。

次回へ続く(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病に倒れる

先週ぐらいからずーっと体調が悪くて、ここ2日ぐらいでようやく復調してきた私。
体調が悪かった、と書けばそれまでの話なのですが、実は久々にツラかったですよ・・・

そもそも先週の火曜日に突然の悪寒。
いつもなら「暑い~」とまっさきにジャケット脱いで半袖姿で仕事するのに、なぜか寒気がしてきて、さらに頭がぼーっとしてきて、なんか体が痛くなってきて・・・という状態に。
スーツのジャケット着たのにまだ寒いし、昼休みになっても食欲全くなくてひたすら更衣室で横になって寝るぐらい具合が悪くなったのです。
あまりにもつらいので午後4時に早退。
帰宅してさっそく熱を測ったら・・・

39度でした。

そりゃ寒気もするよな(;´д`)トホホ

ここまで熱が出ると、もう、カラダの節々が痛い、なんていうレベルの話じゃなくてほんと全身痛くなるんですね。
指の先からつま先まで痛い。関節ないところまで痛い。痛いから寝てても熟睡できなくて、体力落ちて行くし、もう踏んだり蹴ったりです。

で、さらに今回は踏んだり蹴ったりに第二幕がありまして……

水曜日は一日会社を休んだのですが、木曜日は熱も下がったし、資格更新研修もあるため(時計台の記事を書いた日)出社しました。
で、金曜日、

「なんか……足痛い。足の裏」

と思って何気なく足の裏見たら、謎の発疹が出てまして!!
そういえば手にも発疹出てるし!!
口の奥にもなんか口内炎できてるし!!

……。


手と、足と、口に発疹……。

思い当たる病名が脳裏をよぎる。
一瞬、「あれは子どもがかかるもんじゃないのか?」という疑問がわくものの、次の瞬間、ある芸能人のブログの記事が思い出されて、あわてて病院に行くことにしました。

ええ。
かかってましたよ。

手足口病に!!!!!!! いやーん・゚・(ノД`;)・゚・

手足口病といっても要は夏風邪らしいのですが、こちらの日本医師会サイトで紹介されてる病状はまさに私の症状と同じでした。
いきなり熱が出て、下がった頃に口内炎ができてものが食べられない・・・というのが私の今回の症状だったので、ヘルパンギーナにも近い感じはしますが。
しかし足の裏に発疹が出ると、なにが困るって歩いたら痛いんですよ!!歩かないってわけにもいかないしホントつらかった。
食べるものは数日間うどん・アイス・ゼリーの3種の神器・・・。
完全夏バテスパイラルにはまりこむ食生活です。
体力落ちました・・・やっぱり。

しかし私の場合、子どもがかかっていたわけでもないので、いったいどこで感染したのかまったく不明。
我が家では私だけが感染して、その後誰も発病していないので、外部からやって来たんだと思うんですけれど。

大人がかかるとヒドい目に遭う手足口病。
次にうちの子がかかったりするようなことがあれば、丁寧に看病しようと思います、ほんとに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試験会場

試験会場
仕事上必須の資格を更新するため、時計台付近の会場に行きました。
朝から降った雨も上がり、恐ろしいほどの湿度と蒸し暑さ……

こんなの北海道じゃない!!!

でも北海道には観光客の姿があるので、これは素直に感謝したいです。
これ撮ってるときも、地図を片手に時計台を見上げていた若い女友達2人組がいましたよ。
そして、

「実際見たら大したことないよって友達に言われたんだけど、ほんとだったね」

と言って足早に立ち去って行きましたよ……

さすが、がっかり名所としても名高い時計台。
これから札幌の時計台を見に来る予定のある方は、どうか過度な期待をなさらないようお願いします。

さて、講習と試験は無事終了。
資格もあと5年更新されました。
会社に入った平成5年の春、
『これで勉強が終わっちゃうのはさみしいな。また試験とか受けて勉強したいな』
と、うかつにも口走ってしまった自分を恨みたいほど、試験だの資格だのに追い立てられる今の自分。
いや、口走ってなかったとしても結局同じ運命なんですけどね。

9月にはFP技能士の生保の試験があるし…

最近はほんとに記憶力が落ちてきてるので、一夜漬けは通用しない私(実際、春先に受けた試験は一夜漬けで挑んで玉砕)。

あきらめてまた勉強します。くすん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエット中です。

前回の記事でミスドの話をした直後に書くと、

「やる気あるのか?」

と言われてしまいそうな気もしますが、実は私、ただいまダイエット中でございます。

出産後になんと10キロも体重が増えた私。結婚してから出産までに5キロ増えたことを考えると、トータル15キロ増という恐ろしい事態になっています。

なっています、というか、半分くらいは過去の話としてもいいのではないかと!

なぜかというと、今年の2月にダイエットを始めて以来、6キロ落とすことに成功したから。成果の出たダイエット、なにをしたのかというと……

おやつを減らした。

これだけなんです。

今年に入ってから3月頃まで、人生初の心療内科通いをしていた時期がありましたが。
その頃に「精神安定剤」と言い訳しながら食べていたのが甘いお菓子。
それも量がスゴかった。自宅のデスクまわりには常にお菓子のストックがあって、これから冬眠でもするのかというくらい貯めてたんですね。

しかし、ちゃんと病院に通って、ちゃんとした安定剤を処方していただいてから、「本当にしんどくなったら薬飲めばいい」という考え方になったので、中途半端に甘いものでごまかすことがなくなって。

結果、するするっと体重が落ちて-6キロというわけです。

もちろん、結婚当時の体重に戻るまでにはあと8~9キロは落とさなくてはならないのですが、6キロ痩せただけで体って軽くなるんですね~。

体が軽くなったのを実感すると、欲が出てきて、いろいろ試してみたくなる。
そして、こまめに体重計に乗るようになる!!

実体験として思うのだけど、体重計に乗らなくなると、太るね。
あと、太ったと実感してるから体重計に乗らなくなるというのもある。「最近太ったなぁ……」と自分でなんとなく感じてはいるんだけど、体重計に乗ったら、その「なんとなく」が現実の数値として突きつけられてしまうので、コワくなっちゃって乗らない、という悪循環ね。

だから、まめに体重計に乗ってる人は、ちょっと太るとすぐ戻そうとして節制するし、発見も早いからその節制がわりと小さくてすむ。

それに気づいて、この頃はきちんと体重計に乗るようにしました。

yoshiママが先日、ポイント交換で体組成計をゲットしてくれたので、体重とか筋肉量とか体年齢とか測って、現実から目をそらさないようにしています。

おかげで2日前にはちょっと増えてた体重が、今日の時点ではなんとか戻りました。

測るだけじゃなくて、もうひとつダイエットのためにやってるのがこちら。

カーヴィーダンス

最近話題のカーヴィーダンスです。

社会人になってからずーっとダンスを細々と続けていたので、これくらいできるかな……と甘く見ていたのですが。

ぜんぜん無理だった(;´д`)

見た目かっこよく動くとか、そういうレベルにはまったく到達しない私のお粗末なカーヴィーダンスですが、それでも、脇腹の筋肉が痛くなったり、足がじんわり疲れたり、と、からだに影響が出ているのを実感。

DVD見ながらやっていますが、楽しいです。樫木先生の実際のレッスン受けてみたーい!!!

今年は9月に弟の結婚式があるし、10月にはダンスの発表会があるから、そこにむけてこつこつ努力するつもりです。

ここで宣言したら、多少は自分を追い込んで頑張れるんじゃないかと思ったりして。

まずはあと5キロマイナスを目指して頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親に似て・・・。

母と娘でミスタードーナツにてティータイム。

外食慣れしてるというか・・・

ミスドでは「買って帰る」という選択肢がなく、「くーちゃんお店で食べていく!!」と主張します。

先日、日中の仕事がヒマだったので、「今日は早く帰ってくーちゃんとお茶していこうかな~」と心の中で考えていたのですが、急に仕事が入って行けなくなったことがありました。

もちろん、自分の心の中だけで考えていたので、くるみにはなにも言ってなかったのですが。

保育所に迎えに行ったら、

「くーちゃん、ドーナツが食べたいな~」

――テレパシーか?!(笑)

ちなみにくるみは回転寿司も大好きです。
しかも、子供用の椅子にはぜったい座らず、ふつうの椅子に座ります。
カウンター席でも大丈夫。
そして、

「くーちゃんね~、イクラとたまご!!!!」

と、お気に入りのネタを注文。

家の近所の回転寿司やさんではすっかり常連になってしまい、先日はついに、
「スプーンじゃなくておはしで食べるんだよね~」
と子供用おはしを最初から出してもらいました……
ふつうはスプーンとフォークが出るのに……

親が外食好きだと、こういう子になる、という実例ですね。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »