« 「相棒-劇場版Ⅱ-」を見てきました! | トップページ | ご接待♪ »

ストレスを甘く見てはいけません。

年明け以降、あまり仕事関連のネタを書いてこなかったのですが(カナコ嬢とか、ややこしい先輩のTさんとか)。

昨年末あたりから、さらに新たなるキャラが登場しております。

それは、私の直属の上司に当たる「次長」というキャラ。

一般企業でいうと、なんだろう、部長クラスとでも言ったらいいのか。銀行ならではの、あいまいなポジションです。
しかもうちの支店だと営業課長がいないので、課長の1つ上のポジションに当たるこの「次長」が、営業課統括、つまり私の直属の上司になるわけです。

実はこの次長とはもう1年以上一緒に仕事をしてきているのだけど、なんか最近、イラッとさせられることがたびたび発生。

例えば、12月25日。一般企業なら給料日のこの日。どんなに小さい支店とは言え、うちの店だってけっこうな混雑状態になったんですよ。
順番待ち人数ももうすぐ2桁行くんじゃないかってぐらいの混雑。
これで窓口の担当が手早く仕事が出来るならいいが、窓口2つしかない上に、片方はあのカナコ嬢だから、ほっといたらどんどんお客様の待ち人数が増えることは明らか。
だから私やTさんが窓口に応援に出て、なんとか客さばこうとしてるそのとき、この次長は、人事異動の文書を広げて、自分の知ってる人の名前に蛍光マーカーで色付けてたんですよ。
「それ、今やらなきゃならない仕事か?!」
私の中にメラッと殺意が(笑)
許されるなら後頭部に怒りの鉄拳、もしくは跳び蹴りの刑です。

こいつがまた「めんどくさがりの事なかれ主義」の権化みたいなヤツで、カナコ嬢の指導に行きづまった私やTさんが「もうカナコ嬢には打つ手がない!」と訴えたら、

「まあまあ、まずは受け入れてやって」

とまったく役にも立たない、屁の突っ張りにもならない(←失礼)発言しかしない。
受け入れるとしてもさ、その次に打つべき手まで一緒に考えて欲しいってこっちは相談してんのに、そのこちらの意志さえ汲めない有様です。

さらに。

年明けの4日から、支店会議があり、営業実績について数字を詰められた私。
担当しているのが預金以外の商品を売る仕事なので、どうしてもノルマからは逃げられない運命なのですが……

本部が設定している「目標」は、あくまでも、うちの店の営業課には「職員3人いる」という前提の元に貼りつけられた数字なワケです。

しかし。

職員3人のうち、1人はカナコ嬢。
投資信託とか、保険とか、そういう商品はお客様に対してしっかり説明していなければならないんだけど、そもそもカナコ嬢はこちらの話を理解して聞き取る力がどう考えても欠けてる。
ということはお客様の話をしっかり理解できるのか? そんな子が投資信託とか売っていいのか? っていうかカナコ嬢自身が投資信託の仕組みとかちゃんとわかってんのか???
……といろいろ考えた結果、カナコ嬢は戦力外。

もうひとりのTさんですが……

この人については、もう、打つ手無しというか、昔からそうだからもうどうしようもないと思うんだけど、自分の苦手な仕事はなんだかんだと理由付けてやらないんです。
投資信託とか保険とかは、やっぱり商品性がいろいろあって複雑だったりするものもあるから、勉強は必要なんだけど。
「家のこととかやってるとね-、なかなか時間なくて……」
「カナコ嬢がしっかり仕事してくれないから、足引っぱられて、私も投資信託の勉強する時間がない」
などなど。

というわけで、結局、支店全体で達成するはずの目標はすべて私ひとりの肩に。

すっかり気が重くなっている私にさらに拍車をかけたのが次長で、

「この数字はやっぱり営業課が中心となって進めていくべきものだから……」

なんて言いやがる。

現実問題、営業課全員でやれると思うのか?アンタ。
営業課の現状を見ても、本気でソレ言えるのか?
っていうかほかの店ではけっこう次長とかが投資信託や保険販売のフォローしてくれてるみたいだけど、私いままであなたにフォローされたこと全然ないんですけど。
そもそもあなた、保険商品とかちゃんと理解してるの?

・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今考えたら、たぶんこのあたりからなんですが。

私のからだが変調をきたしまして。

2週間近くおなかが下りっぱなしとか、胃が急に痛み出したりとか、寝ても寝ても疲れが取れないとか、寝付けないとか、苦しそうに寝てるとか、歯ぎしりが異常にスゴイとか。

さらにyoshiママからの冷静な指摘……

「アンタ最近、お金を使うことに逃げてない?」

――確かに、まあ、細かいものいろいろと買ってたけど。。。。

「ちょっと、おかしいよ、最近」

その一言がぐさーっと胸に刺さりまして……

刺さったけれども、なんとなく、納得も出来るような気がしたりして。
精神的に不安定になっているのだとしたら、それが原因でおなか下ったりしてたのか……なんて。

で、ある日、体調不良で遅刻したことがあったのですが、出社直後に支店長に「ちょっと来い」と応接室に呼ばれまして。

「最近どうした? 元気ないんじゃないか?」

と言われたところから、必死に保ってきたつもりの冷静さというか、ガマンが完全崩壊。

ノルマのこと、次長への不信、その他人間関係など、苦しんでいることを泣きながら告白しました。

なんせ実の母から家での異常を指摘されてもいましたし……

というわけで、わたくし、周囲の勧めもあって、人生で初めて「心療内科」にかかりました。
ここでも、何に悩んでいるのかを説明すると、まったく涙腺がコントロールできなくなってしまう事態に……

で、診断されたのは、「抑うつ状態」であるということ。

いろんなものを買って気を紛らわしていたのは、「代償行為」というものだそうで……。
安いもの(数百円程度)のものだから、それほど大変な金額じゃないけど、まかりまちがってブランド物ばかりで代償行為に走ったら破産です。

今は安定剤を時々飲んで、気分の落ち込みをフォローしております。
睡眠導入剤も出してもらったけど、先に飲んでみた安定剤がものすごく効いて、異常にふらふらして眠くなったので、眠剤がどんだけ効くのかと思うとなんか怖くて飲めてない(笑)

自分が心療内科にかかるのも意外だったけど、「抑うつ」になるのも意外でした。

なんでもかんでもストレスを言い訳にするのは好きではなかったんだけど、あんまりストレスを否定するのもダメなのかもしれません。

ちょうど1年前に、「長い付き合い」というタイトルでTさんのことを書いているのですが、1年経った今でも彼女はまったく変わっておりません。
今回、心療内科の先生やケースワーカーさんと話をしたけど、どうも話せば話すほど、私の中に鬱積しているさまざまな悩みの種はTさんにつながっているような気がしてきたりします。
もちろん、Tさんだけが原因ではないと思うけど。

ようやくなんとかここまでの経緯を文章に出来たので、ある程度、自分の中でも整理がつきはじめたのかな、という気もしますが……

Tさんは今、連続休暇中で職場にいないので、たまたまストレスがかかってなくて楽なだけかも。

おまけに次長は急な不幸で今週いっぱい休みだし。

これでまた面子が揃ったら、私の抑うつもまた悪化しそうな気がします。

|

« 「相棒-劇場版Ⅱ-」を見てきました! | トップページ | ご接待♪ »

コメント

聞いたかぎりではメンバーチェンジもなかなか起きそうにないでしょうし、aiさんの心的物理的負担は表現しがたいものがのしかかっているのでしょうね。
でも買い物で少しでも気が晴れてくるなら、ブランド品に走るわけではないし、それがダメとか悪いとは思いませんよ。私も前任店では買い物(特に本の一気に大量買いで読まないものもある等)で解消したことはありましたよ。あとで考えると使用頻度は低いのに、そのときはええい!かっちまえ!とおもっていました。「気にしないで」とか「早く元気になって」などという安っぽい言葉をかけられるより、話をただ聞いてくれて、買い物で少しは気が晴れたほうが今の自分にあっているのではないでしょうか?
そして気晴らしのひとつとしてまた札幌に研修くる機会があれば飲みに行きましょう〜!
引っ越し片付け中&携帯ぶっ壊れて代替機種がつかいにくく、先ほど初めて「ai」と英数変換できたクドマキより

投稿: クドマキ | 2011.02.06 09:02

クドマキさんこんにちは!お疲れさまです〜。


うちの店は案の定と言うか何と言うか、人事部にもがっちりマークされてます。
それは当然だと思うんだけど、私がただひとつ懸念しているのは、私がTさんとつるんでカナコ嬢をいじめてると誤解されないかと言う点なんです。
カナコ嬢は間違いなくどんくさいし、たぶんこの仕事にも適性ないと思うんだけど、だからといってTさんのように箸の上げ下げまでヒステリックに指摘するつもりはまったくないんです。
でもまわりはそうは見てくれなくて…というのがつもりつもっての病院通いの一因なのですよ。


数百円のもの買ってストレス発散、はずっと文房具対象だったのですが、最近はマニキュアになってます。ジルスチュアートのネイルが塗りやすくて色もいいので、札幌に行くたびにちょこちょこ買って、無心でネイル塗るのがちょっとした発散。でも単価はこっちの方が高いので、そろそろやめなければと思ってます。次の発散は飲み会しかないですね!私の愚痴に付き合うお覚悟はできてますか?(笑)

投稿: ai | 2011.02.07 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/50770383

この記事へのトラックバック一覧です: ストレスを甘く見てはいけません。:

« 「相棒-劇場版Ⅱ-」を見てきました! | トップページ | ご接待♪ »