« カナコ嬢の涙。 | トップページ | 戻ってきましたぁ~。 »

函館の週末。

週末、われわれ一家は慌ただしく函館に出発しました。

ええ、もちろん、ダンナちゃんが函館に住みますので、その引っ越し第一弾として、です。

私とくるみは月末まで現在の住まいにいるため、主な家財一式は月末にならないと函館に届かないのです。
それまでダンナちゃんがとりあえずでも生活が出来るように、買わなければならない家電などを揃える必要もあり、もしかしたら私とくるみも住むことになるかもしれない社宅を見るために、車でブーンと函館へ。

で、到着した社宅ですが……。

まず最初に外から見てびっくりしたこと。

①勝手口がある

最近の住宅に勝手口なんてある~???この時点で社宅がいつ頃建てられたものなのか微妙に見当がつく気がするが……
おそるおそる中に入ってみてまたびっくりしたことは。

②壁が砂壁

出ました砂壁!! 最後にこの砂壁にお目にかかったのは何年前だったか…… 昔住んでた家にあった気がするので少なくとも15年くらい前に見たっきりだと思われる。
そして砂壁も湿気なのかなんなのか変色してるし……
茶の間のとなりに和室が二つあって、ひとつは四畳半というこれまたレトロすぎる間取りなんだけど、ここの四畳半は純粋な砂壁で、もうひとつの六畳の和室は砂壁っぽい表面細工のコンパネ材を上から貼ってる感じ……
なぜ?なぜゆえにそんな中途半端な改装を……?

③洗面所がない

これまた最近の物件では考えられないことで……
そしてトドメが、

④洗濯機の置き場がない

そうなんです!! 洗濯機用の給排水がまったくないんです!! たぶん風呂場のとなりの脱衣スペース(仕切り皆無、台所から丸見え)に置いて水も風呂場の蛇口から、排水も風呂場に流す、という方式しかとりようがないと思われる……

そもそも洗濯機を置くことを考えていないってあたりが、この社宅がどんだけ古いかわかるというもんです。
そういう社宅を堂々と使わせる会社側にも疑問。だってこの家、床抜けてるし、畳ぐにゃぐにゃだし。
家庭に洗濯機が置かれるようになったのなんか最近の話じゃないんですよ?! どうなってんだ?!

いっそのこと地震でも起きてあの社宅だけうまい具合に倒壊してくれないものか……なんて、不謹慎ですね、すいません。

ダンナちゃんはなんとか工夫して住みよくしようと壁紙を貼り替えるとかふすまも張り替えると言ってましたが、当然ながら費用はこっち持ち。
総務の怠慢で傷みまくったまま直されてない社宅に、なんでこっちが金銭負担までして直さにゃならんのか……
釈然としません。むむむ。

いっぺん総務とか人事とか、あと役員のお偉方とかみんな社宅に入りゃいいんだよ(怒
しかもぼろい所に。

ちなみに私、あまりアレルギー体質ではないのですが、ホコリやカビはとっても苦手。
なのにこの家、入ったとたんにかび臭さがひどくて、この家にいると頭痛がしてひどかったです。滞在中はずーっと頭痛薬を服用しましたが、あの状態では住むに住めない……。

|

« カナコ嬢の涙。 | トップページ | 戻ってきましたぁ~。 »

コメント

なかなかクラッシックな社宅のようで、昭和レトロ満載のようですね。トイレも和式とか?お風呂にシャワーなんかないんでしょうね。いろいろと大変ですね。
きっと会社としては社宅廃止の方向なんでしょうね。よくわかりませんが、その社宅の格安家賃(?)で我慢するか、いまどきのそれなりの民間のアパートに住むかは任意で千歳でも函館でも選択としてあったのではないでしょうか。
単身赴任感覚で費用節約ボロ社宅で頑張る旦那さんにエールを送りたいと思います。

投稿: | 2010.05.21 23:10

惑さんこんにちは~。
きょうは良いお天気でお出かけ日和ですね♪
けどワレワレは今日もとじこもって引っ越し作業に没頭します……とほほ。

トイレとお風呂のシャワーは、一度改装したらしくなんとかそれなりに近代的。
新しいとは決して言えませんが。。。

>きっと会社としては社宅廃止の方向なんでしょうね。よくわかりませんが、その社宅の格安家賃(?)で我慢するか、いまどきのそれなりの民間のアパートに住むかは任意で千歳でも函館でも選択としてあったのではないでしょうか。

そう!!そうなんです!!社宅廃止の方向はおっしゃるとおり。
でも、選択肢は残念ながらないんです。民間のアパートに住む選択肢はなく、「あなた社宅に入りなさいね」という命令があるだけ。
そのわりに私に対してはなんのフォローもない……というか、「好きにしなさい」とほっぽり出されたも同然なわけで、もうね、いまだ納得はいってないんですよ。むしろ会社に対する憎悪みたいな感情がメラメラと(笑)なんて。

で、今までは家賃補助があったけれども今回からは社宅になるので、転勤と同時にそのへんの届け出をちゃんとしたにもかかわらず、今月のダンナちゃんの給与明細には、先月と同じ住宅手当が……

「コレ間違ってますよね」とダンナちゃんが人事部に電話したところ、
「あ、間違ってました。来月の給与から差し引きます」
って言われておしまい。

ちなみに私は数年前、ちゃんと通勤経路の変更届を出したにもかかわらず、人事部のほうで多く通勤手当を出しており、ある日突然、
「あなたにはずっと過払いしてたことが最近になってわかったんで、過払い分20万円返してください」
って通告されたことがあります。
これが銀行の仕事かよって思いましたよ……

本部なんてそんなもんです。

最後に、ダンナちゃんに惑さんのメッセージを伝えたところ、
「暖かいご声援ありがとうございます。頑張ります」
とのことでした。

投稿: ai | 2010.05.22 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/48328377

この記事へのトラックバック一覧です: 函館の週末。:

« カナコ嬢の涙。 | トップページ | 戻ってきましたぁ~。 »