« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

困ったちゃん。

さて、前記事の最後で、
「しょーもないやつネタはまた次回に!!」
と予告しましたところ、各方面から、そんなこと書いて大丈夫?というご心配をいただきました。どうもありがとうございます。

とお礼を言いつつ、その舌の根も乾かぬうちにネタを書こうとしている私……

ごめんなさい。というかね、聞いて欲しいんですよ。知って欲しいの。
最近はこんな困ったちゃんがいるんですよという私の嘆きを。ううう。

困ったちゃんその1は、先日まで働いていたお店にいる、Mさん。
Mさんの年齢は、興味もなかったせいか結局最後まで正しいところがわからなかったのだけど、おそらく25歳前後かと思われます。

Mさんは私が育休中に転勤してきた人なのですが、当blogにコメントをマメに下さっているクドマキさんから、「残念なお知らせです。 aiさんのいる支店に困ったちゃんが異動になりました」とわざわざ通報があるほどの困ったちゃん。
なにが困ったちゃんなのかといいますと、

1. 会議とか勉強会と名の付くものはすべて寝る。

クドマキさんのくれた事前情報では、「システム統合の研修時に寝ていた」という話で……
いやたしかに勉強会とかで眠くなる気持ちはわかる。けどシステム統合だよ? 今後そのシステム使って日々業務をこなすんだよ?  それで寝てられるってある意味スゴイ。
で、寝てても仕事ちゃんとできてるならいいのですが、

2. 1ヶ月のうち一発で現金が合うのはほんの数日。たいがい一発で合わなくて、騒ぐ。

特段むずかしいことをやってるわけではないのに、毎日毎日合わないんですよね、と育休中に後輩が言っていたのですが、 実際復帰してみたら、ほんとに合わなかった( ノД`)
Mさんは本出納といって現金の元締めみたいなことをやってるんだけど、 システムに沿ってちゃんと端末打ってれば現金合わないなんてことはまずないようにできてるのに、合わなくって騒ぐんですな。
で、原因が判明すると、たいがいどうしようもなくくだらない凡ミスだったりして……
しかもそれを自分では見つけられずに先輩に発見されたりして……

3. 謝らない。

先輩にミスを指摘されてるのにすぐ謝らないという、変にハートが強いMさん。
「いや、私はコレが正しいと思ってこうやったんですけど……」
っていうけどそれが間違ってるから現金合わなかったんじゃん!! 正しいやり方だったら今こうして騒いでることもないじゃん!!

4. 一言多い。

で、基本的にいらんことをよくいうMさんは、ある日上司に「きょうは頑張って早く現金締めてくれよ」と言われ、「はい!!」 と言えばいいところを、
「あ、でもきょうは硬貨たくさん持ち込まれたんで時間かかるんです」ときっぱり言い切ったのであります。
なぜそんなこという必要がある……?と呆然としたあたくし。

さてここまではMさんの内面的な特徴でしたが、ここからは外見的な特徴を。

5. ファッションセンスが個性的すぎる。

真っ黒いブラウスの胸元に巨大なリボンがついてたり、 膝上ミニスカートだったりといろいろなファッションを披露しまくってたMさんですが、いちばん強烈だったのは、 うすいベビーピンクのカットソーの時。
色も「うすい」けど、生地も「うすい」んですな。
そのカットソー一枚着て、下はよりにもよって黒いブラ。
……あのー、下着、透けまくってますけど(;´д`)えーん
っていうかそれ、自分で気づかないはずないよね?  ハンパじゃなく透けてますけど!! たぶん後ろに座ってる男性課長とか困ってると思うんですけど!! いやそもそもお客様が困ると思うんですけど。 見せて欲しくないですし。
あまりにも透けてるので、見かねた先輩が注意したところ、それではじめて気づいたらしいMさんもすごい。
そんなMさんはメイクも超個性的で、目の上がいつもムラサキ色。パープルって言うよりがっちりムラサキのシャドウを塗ってるんです。
さらにリップはけっこう濃い赤というかピンク色…… メイクにもパンチ効き過ぎ!! っていうかむしろパンチされたあと?? 目の回り殴られましたか?と言いたくなるようなメイクなのです。
親とかなんにも言わないのかなぁと思っていたら、ある日Mさんが自分で、
「私、母親に『あんたは若いのに化粧が薄いねって言われるんです』
と言い出したもんだから周辺の人間はびっくり仰天。
Mさんで薄いんならお母さんはどんなメイクなんだろう……大屋政子みたいだったりして……

最近はお客様にアンケートとると「女性の身だしなみが悪い」なんて声も出ている状況。
Mさんの透けブラなんて完全アウトだよな……
ちなみにメイクはどうなんだろう。アンケート項目に入ってたりしたら恐ろしいなぁ(笑)

さて、そんな困ったちゃんのMさんとは転勤を機におさらばとなったわけですが、私ってつくづく困ったちゃんに縁があるらしく、 次の店にもいたのです、困ったちゃんが。
どんな困ったちゃんかは、次に続きます。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »