« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

1ヶ月のご無沙汰。

1ヶ月ぶりの更新……

みなさまお久しぶりです。

っていうか……コレ読んでくれてる人いるんだろうか?1ヶ月も放置してたら閉鎖と誤解されたりしてないかしら。
まぁ、更新マメにしないのが悪いんですけどね。

1ヶ月も更新できなかったのには理由がありまして、この1ヶ月間に、私の周辺環境が激変したのであります。

そう。

転勤になっちゃいました~。わおー。

約6年間の札幌市内店勤務を終えて、次に行くことになったのは、なんと地元の支店。
保育所を経由して(くーたんを送り届けて)支店に行っても、20分あればじゅうぶん、というご近所店舗なのです。
子育てママにはありがたい限りの異動命令であります。

とはいうものの、転勤当初、マイカー通勤の打診をしたら、
「札幌には公共交通機関で通えてたのに、千歳市内だとなんでマイカー通勤になるのさ?」
という……とんちんかんな反応が人事部からかえってきて、あ然。
あのねぇ、札幌と千歳じゃ交通機関網が全然違うの!! バスだって家の近くからはぜんぜん出てないの!! 支店までバスで行くことになれば、 くるみを保育所に送り届けてからいったん家に戻って徒歩で駅まで行って、 そこからバスで支店に行かなきゃならなくなるの!! マイカーよりも30分はロスするんですよ!!
というようなことを主張するために、今年新設された「女性活躍支援室」という部署と相談しつつ、なんとか申請をあげて、 最終的にはマイカー通勤の許可を勝ち得たのであります。

この交渉をしていたときにはまだ転勤前の札幌の支店にいたんだけど、千歳に土地勘のある先輩のひとりが、
「歩いていける距離じゃん。歩いたってチャリだって行けるじゃん。マイカー通勤あきらめて歩きなさい」
と言い出して、ワタクシ内心ものすごく憤慨しました。
歩けば20分ぐらいの距離でしょ、って言われたけど、1歳のコドモ連れて歩くこと考えてないでしょ?  チャリは天気のいい日は乗れるかもしれないけど雨降ったらどうすんの? っていうか冬はどうなのさ?  私ひとりで通うワケじゃないんです!! だいたいバスなんか30分に1本しかこないっつーのに……
もうひとり、3歳の子どもがいる先輩も、「そこまでねばってでもマイカーで通いたいの?」って言ったんですけど、 この先輩はご主人の両親と同居していて、送り迎えは100%ご両親にお任せしているのだそうで……

口には出さなかったけど、心の中で、思ってました。
「ウチの状況がわかんないやつは口出さないで!!」
と。

さて、ウチの銀行は現在、3つの銀行が合体してできあがった寄り合い所帯なのですが、 そもそも私はずーっと同じ看板で仕事をしている派。
それが、初めての転勤で異動した札幌市内店は、合併によって看板を「かけ替えた」支店。つまりもともとは別の銀行だった支店なのです。
しかも当時は40人近い支店人員の中で、同じ看板で仕事している派は私ふくめたったの2人だけでした。
完全アウェイ状態。
しかも、システムや事務規定はすべて「かけ替えた」派の取扱に合わせていたから、私の立場、ものすごい弱かったのです。
おまけに当時はあの伝説のW女史なんかもご健在で、はっきりいって精神的にかなりしんどかったです。

そして今回、2度目の転勤で異動することになった支店は、新たに看板を「かけ替えたばっかり」派。そう、 今までとはまた違って新たに合体してきた銀行で、やっぱり、もともとは違う銀行だった支店なのです。
つまり、ワタクシ、うちの銀行を構成している3つの銀行派すべてを網羅してしまったことになるのです~!!
ま、なんの自慢にもなりませんけどね。
これで次の異動が本部だったら完全コンプリートだわ。

その新しい世界にとびこんで、もうすぐ1ヶ月経つわけですが、きょう、同い年のパートさんに、
「なんかもう3年くらいココにいそうな気がする~」
と言われるほどの存在感を発揮しております……
馴染みすぎだな。

今までいた支店は、パートさん含め総勢40人だったのですが、今度の支店は全員で8人というアットホームなお店。
なんでも、合併前までは、廃止するかもしれない支店だったらしく……
それが、看板掛け替えてみると、以前からもともとの銀行の通帳持ってて近所に住んでたひとたちが、「近くに支店ができた~」 ってみんな来るようになっちゃったから、純粋にウチの支店のお客さんよりも他の支店のお客さんのほうが多かったりするのです。
で、来店客数も2倍近くになっちゃって、人手が足りなくって「誰か回してくれ!!」と支店長が要望したところに、「家の近くがいいな~」 って言ってた人(←アタシ)がタイミングよく送り込まれたわけなのです。

ここ4年間(産休・育休除く)は、役所とか会社とか相手に仕事してたようなもんなんで、 顧客層も自然とそういうひとたちになっていたんだけど、こっちの店に来てまず思ったのは、「年寄りばっかじゃん……」ということ。
それと、今までの店ではほとんどお目にかからなかった、 グレーのスウェット着てビーサンつっかけてパーカーのフードかぶって目の回り真っ黒に囲みメイクしているギャルとかが毎日ひとりは来るということ。
さらに本日、「あぁ、こりゃ認知症だな……」というおばあちゃんが来たりして、なんかひさびさに「マチの銀行」を味わったりしております。

まあ、つまり、新しい環境でも頑張ってますよ!! ということなんですけどね。

けどね。

けど……

なんつーか、どこの店にも必ずひとりはいるものなのか。
ここの店にも、いたんですよ。
どーしようもないやつが。。。。。。。

実は、転勤前の札幌市内店にも「どーしようもないやつ」はおりまして、 あまりにもどーしようもないのでぜったいblogネタにしてやろうと思っていたんですよ。
それが、ネタにして記事書く前に転勤になっちゃって、転勤した先にも「どーしようもないやつ」がいた、という、 ありがたくない展開になってしまいました。

さあ、その「どーしようもないやつ」とは、いったいどんな人物なのか?!

……それは、次の記事でご紹介いたしますね。
だって、あまりにすごすぎて、ネタありすぎて、簡潔にまとめられないくらいなんですもの……(;´д`)トホホ

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »