« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

ツアー報告最終回 & 最新近況報告☆

東京から帰ってはや一ヶ月……

というのに、そのオンナ三代ツアーの締めくくりもしないまま一ヶ月(;´д`)トホホ

遅筆にも程がある。読んでくださってる皆さま、ごめんなさいね。
というのも、言い訳のようですがワタクシ、今ものすごく忙しいです。なぜかと言えば…ま、それはこの記事の最後でね。

さてさて、一ヶ月前のオンナ三代ツアーですが、最終日に行きたかったところが2カ所ありまして、ひとつは『東京おもちゃ美術館』。
日本の伝統的なおもちゃはもちろん、世界のおもちゃ、木でできたおもちゃに実際に触って遊べるおもちゃなどなど、たくさんの展示のあるスポットなのです。
もともとは、新宿区立四谷第四小学校の校舎だったとのことで、玄関とか、廊下とかもノスタルジックでイイ感じ。
ここには、皇室でも使われていた木のおもちゃが展示されているということで、そりゃぜひうちのくるみにも触らせたいもんだと思いまして……

木の砂場。

木枠の中に、木でできた玉がいっぱいつまっているのです。
足突っ込むと、健康器具みたいできもちいい~。

堪能中。

おもしろいです。

部屋の中には木でできた階段もあるのですが……

しんけん。

上っていくと、大人の目の高さぐらいに広い空間があるだけなのですが、なぜかくるみはそこが気に入ったらしく、何度も何度も上り下りをくり返し……

「リハビリ?」

と、同行していた私の弟に言われる始末(笑)

もうひとつ、めちゃくちゃ夢中になっていたおもちゃがありまして、
木の穴に入っている虫をひっぱりだすというものなのですが……

むちゅうになりすぎ。

夢中になりすぎて口も閉じなくなっているくるみさん。

木の節に見立てた穴に、ちいさい磁石をつけた虫が隠れていて、くるみが持っている棒の先にも磁石がついているのでそれでひっつけて取り出す、という何ともシンプルなおもちゃなのですが、コレが意外にもおとなも楽しめる(笑)
ちなみにおもちゃ名は「ひっつきむし」というそうで、完全手作りなので、ミュージアムショップに入荷してもすぐ売り切れてしまうそうです。
面白いおもちゃなので、コレについての記事はまたべつに書けたらなと思っております。

さて、それともうひとつ行きたかった場所が、おのぼりさんにとっては定番とも言える観光スポット、『東京タワー』。

道案内兼荷物持ちで招集した下の弟、てっちゃんもいっしょに行ってくれました。

うちのダンナちゃんは高所恐怖症で、以前、六本木ヒルズの展望台に上ったら忍者のように壁から離れず汗だくになっていてカワイソウだったので、行くなら今回しかないだろうと思いまして。

ところがいざ着いてみると、エレベーターでびゅーんと上るコースは1時間待ちの大行列!!! Σ(゚Д゚||)

それじゃ飛行機に間に合わない……と泣く泣く断念し、せめて気分だけでも味わおうとおみやげショップのエリアへ行ってみました。
そしたら、まあ、なんと、そこからもタワー展望台にのぼるコースがあるじゃないですか!!!

……ただし、階段ですけどね。

けど、階段コースの入り口には、預けられたらしいベビーカーが数台。
「じゃ、意外と行けんじゃないの? 子ども連れでも」
という私の発言に、てっちゃんも、
「行ってみる? 行くんだったら、オレ、チケット買ってあげるけど」
と乗っかってきて、二人の視線はyoshiママに……(笑)

で、結果、なんとくるみさん(約10kg)を交代で抱えて、階段コースで展望台を目指すことになったのです!!!!!
さすがおのぼりさん!! 無謀です!!

最初のうちは交代交代で、yoshiママもくーたんを抱えて上っていたのだけど、途中で心臓がものすごくばくばくしはじめたということで、くーたんはもっぱらてっちゃんが抱えてのぼることになりました。
息も絶え絶えなyoshiママの前に、ふと現れたのがこんな看板。

見えてたのか?

そこのオカン=yoshiママ

タイミング良すぎるなぁ(笑)

で、汗だくになって上りきったところでいただきました、こちら。

やったね。

600段を登りきったもののみが手にできる認定証ですよ!!
ちなみにこのあいだの番号「659994」はてっちゃんが持っております。

東京タワー展望台といえば、やはり見てみたいのは「ルックダウンウィンドウ」ですね。床がガラスばりで下が見えるというアレです。
私はそれほど怖くないのですが、くるみはどうかと思って試しに連れて行ってみましたら、

たかい・・・

下を見ることは見るんだけど、ぜったい、この上には乗りませんでした(笑)
私がちょっと押したら、足踏ん張って動くまいとしたから、コドモなりに危険を察知した様子です。

ちなみにその後、下りるのも階段なんですよー。
上がるときにくるみを抱っこしなかったyoshiママは、せめて下りるときぐらいはと頑張ってひとりで抱っこし続けたのですが、その後、足ががくがくになったそうです。
無理しなきゃいいのに……歳なんだから……ププッ

空港までは、上の弟・だいちゃんがクルマで送ってくれました。

私がおみやげを買いに行く間、くーたんはだいちゃんの奥さん・izuさんと空港内をおさんぽ。

いいかんじ。

当然のように手をつなぐくーたん……
前回会ったときは、人見知りMAXだったので、今回は仲良くしてもらえてよかったわ。

というわけで、ぶじ、北海道に帰ってきたオンナ三代なのでしたー。

******************************************************

その後はyoshiママのblogにもちょこっと書いてあるとおり、くーたんが保育所デビューをしております。

そして私はと言いますと、ついに、産休・育休が終わりを告げ、職場復帰しております。

20日からの復帰だったので、なんとか一週間が過ぎたわけですが、上司以外のメンツがほとんど知った顔なので、とりあえずそこはラッキーだったんですけれど。
「あのね、私、1年半も仕事から離れてたんだけど、わかってる?」と確認したくなるほど、フツーに働かされてます(笑)
そして、たぶん2年以上前(古いものだと4年くらい前?)に私が作った手順書とかチェックリストがいまだ更新もされずに使われていることに衝撃を受けたりして。
さっそく、チェックリスト1つ新しく作り直しましたよ……

そう考えるとむしろ仕事のほうがスムーズにいってるかもしれません。
問題は、朝7時に家を出て、帰ってくるのが夕方6時ってこと!!
ちなみに朝は4時半から5時の間に起床しています。
残業を免除してもらって大急ぎで帰ってきても夕方6時、そこからくーたんを保育所に迎えに行って、いっしょに帰ってきてからごはんつくってお風呂入れて9時には寝かせる……

わかってたことだけど、いざとなると、大変だ!!!

今はまだyoshiママがたくさん手伝ってくれているし、なんとなく自分の中のアドレナリンが出っぱなし(つまりテンション上がりっぱなし)なのもあってなんとか毎日過ぎてるけど、これからどうなっていくのだろう……

くーたんが風邪引いて熱を出したので、かかりつけの小児科に行ったら、「ママも熱測ってみたら?」と軽く言われて測ってみたら微熱だったりして(;´д`)
風邪引いてる自覚さえなかったよー。わーん。

そんなわけでblogの更新も輪をかけて遅くなると思いますけど、読んでくださってる皆さん、どうかときどきのぞいてやってくださいね。

では、また!

《追記》 当記事に迷惑コメントがやたらつくので、こちらのコメント欄は閲覧のみになっています。ごめんなさいね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ツアー報告第3弾・新宿御苑の巻。

さて今回は東京滞在2日目の記録です。

この日、わたくし実はちょっとドキドキしておりました。
なぜって、ぶんぶんさんのblogでいつも見ていて「いいなぁ」と思っていた『お江戸オフ』に、ちょこっとだけですが参加できることになっていたからですー。
うほほ。

ただ残念ながら、当初はどんぴしゃで満開だったはずの桜が、寒さのせいで開花が遅れていたこと……

「笑っていいとも」の増刊号で、北海道出身のタカアンドトシや里田まいちゃんが言っていたとおり、北海道人というものは、本州人と比べるとあまり花見に対して燃えません。
かくいう私もそのひとりで、過去、「これぞ花見だ!!」というものを体験した記憶がないのです。
北海道はGWごろに桜が咲くのですが、本州のように桜だけがまず咲いてそのあと葉桜、ではなく、葉っぱも花もいっぺんに咲くし、桜並木ってもの自体が少ない(と思う…これは私の主観)。

なので、内心、むわーっと咲く桜(表現がおかしくてスミマセン。でもそういうイメージなんだもん)を楽しみにしていたのですが、寒冷前線の妨害にあって残念ながら満開には至りませんでした。

待ち合わせ場所は、新宿御苑。

桜。

大木戸門のまえにあった桜は、イイ感じに咲いてましたー。
もうこれだけで、春!! って感じ満開です。

門の前にて。

大木戸門の前で、おさんぽ中のわんこを見つけるたびによろこぶくるみ。

乗るの?

ベビーカーに乗せられて、仏頂面。

でも桜はきれいでしたよー。

桜2。

桜3。

咲いてる桜があると、そこにむらがる花見客のみなさん。

桜4。

その後、芝生で待ってくださっていたぶんぶんさんTompeiさんTOKIKOさん、ゆれいさん、Leafさんアリスさん天国ななおさんにお会いしました~!!
ななおさんはずいぶん前からblogにコメントしてくださってて、いったいどんな方なのだろうとものすごく興味津々で行ったのですが、イメージどおりのステキな方でした!!
知的な香りのするダンディって感じです。
ご挨拶だけだったんですけれど、もし次の機会があれば、いろいろとお話ししてみたーい。

その後、くるみを連れて「おもちゃ美術館」に行く予定だったのですが、新宿御苑を出たときにはなんと閉館時刻を過ぎているというハプニングが!!Σ(゚Д゚||)

どこに行こうか迷った結果、丸ビルに行ってひと休みすることになりました。

ひと休みといえど、ショッピングエリアに立ち入ろうものなら、むくむくと湧いてくる私の物欲……

で、物欲に押し切られた結果。

バッグとくま。

買っちゃいました……(;´д`)トホホ
意志、弱し。

LES TOILES DU SOLEIL」というお店のバッグなのです。
色合いがステキでしょ?
南フランスの手織り生地を使って作られているもので、ものすごく軽くてポケットも多くて容量大。
しかも汚れたら丸洗いも可なのですよ!!
カタロニア地方の伝統的な生地なんだそうです。

ちなみに、となりにいるくまは、エアドゥのくまさんです。
あまりの可愛さに、帰りの機内で購入しました……
バッグ撮影にゲスト出演していただきました(笑)

その日の夜は、yoshiママと弟のTちゃん、くるみを引き連れ、新橋SL広場である人と待ち合わせ。

ある人とは、高校時代の部活メンバーで、いちばんの親友と言ってもいいOちゃんです。

Oちゃんはもともと地元で働いていたんだけど、働きをかわれて札幌へ異動し、そこでヘッドハンティングのような形で東京に引き抜かれたというお仕事人間。
すきあらば楽をしようとする私のような人間と違って(笑)Oちゃんはとにかく働くのです。
もちろん仕事もバリバリできる。

なのに、勤め先の事情が変わって、このご時世に自宅待機になってしまったのです。
所属していた部門が別会社に売られて、出向という形にされたらしいのですが……

そんなOちゃんとひさびさ再会しました。
たしか最後に会ったのは去年の夏だったと思うのですが、そんなブランクいっさい感じず、の再会でした。

旅行に行く前日に電話してきたOちゃんが、あまりに元気だったので、やけっぱちになっていないかと心配になってもいたのですが、 Oちゃんはほんとに元気でした。
「もう就活始めてるよー」と明るく言うあたり、ほんと、頭が下がります。
まったく、Oちゃんみたいにバリバリ働く人がどうして職にあぶれて、ろくに仕事もしない輩が正社員でのさばっているのかしら(うちの会社にはそういうのいっぱいいるぞ)。

ちなみに、新橋の居酒屋でそんな話をしている間中、くるみさんはベビーカーで爆睡していました。
子どもを連れて歩く時間じゃないことはじゅうじゅう承知の上です、すみません。でもOちゃん、心配だったのよ……元気でよかったけど。

新橋で解散後、ゆりかもめでホテルに戻りましたが、このホテルが便利なことにゆりかもめの駅直結だったんですよ。
子連れにはとっても助かりました。
しかもお部屋がすばらしくいい眺め。

夜景もステキ~。

東京の夜。

遠くに見える東京タワー……

次の日は、この東京タワーへ行ったのですが、そのお話はまた次で☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ツアー報告第2弾 東京観光編・わんこの巻。

さてさて、前記事に続きましての旅行記ですが、今回は横浜を発ちまして東京に着いたところから。

東京でまず目指すのは、弟夫婦の住むマンション。

ワタクシ、三人きょうだいの長女でして、弟ふたりいるんです。
ふたりとも東京に暮らしておりますが、今回訪ねるのは上の弟。
フリーのWEBデザイナー(だと思ったけど…)をやっておりまして、お台場に近いところで奥さんとわんこ3匹と暮らしているのです。

yoshiママが以前に訪ねたとき、すごく豪華なマンションだったと話してくれて以来、どうしても見てみたかったのですが。

それよりなにより、今回はやはり、
「くるみとわんこのご対面」
というのが楽しみだった私。

去年に一度、わんこを連れて帰ってきたときには、くるみはまだわんこというものを認識していなかったのですが、最近のくるみはそこから大幅に成長。
わんこを見て、「わんわん!」と言うようになっているのですよ。
まあ、ネコを見ても、クマを見ても、「わんわん!」と言いますけれどもね。。。

で、実際、対面してどうだったかと言いますと。

ご対面。
(Photo : yoshiママ)

物怖じしないどころか、「わんわん!わんわん!わんわーん!」と大興奮でわんこを追いかけ回す始末。
しまいには、わんこのほうから、「がうがうっ(訳:もう近づかないでよ!)」と拒絶される結果に……(笑)
白くてふわふわのわんこ、むぎちゃんは、くるみに抱っこされそうになり、恐怖のあまりもともと丸い目がさらにまん丸になっておりました。
わんこが引きつる瞬間というのを初めて見ました(笑)

わんこに拒絶されたくるみは……

気になって。
(Photo : yoshiママ)

わんこハウスが気になってしまい……

侵入。
(Photo : yoshiママ)

入っちゃった……

そして、

わーん。

ぎゅう。ぎゅう。

出られなくなってみたりして……

この後、yoshiママに救出され、ほっと一息のくるみさんなのでした。

次回、「新宿御苑でお花見の巻」へ続きますー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツアー報告第1弾 横浜観光編。

3泊4日の日程で、横浜・東京に遊びに行ってまいりました。

まず、横浜での目的は、「アンパンマンミュージアム」に行くことと、洋光台に住むyoshiママの古い知人に会いに行くことでございました。

羽田に着いてからバスで横浜駅まで行き、まずはホテルに荷物を預けて……と思っていたのですが、いきなりつまづく我々一行。

なぜってねぇ……

横浜駅の東口にバスが着いたのですが、ホテルがあるのは西口。
東から西に行くだけなのに、その道のりの遠いこと遠いこと!! 
おまけにこっちはベビーカーと荷物をくくりつけたカートを引いているので、エスカレーターには乗れず、エレベーターを探し歩いたんだけど、横浜駅って「駅のエレベーター」というのが極端に少ないのね。というか、ないに等しい。
じゃあどうするかというと、地下街とか、駅ビル(商業施設)のエレベーターを使うことになるわけで、そのぶんえらく多く歩かされるし、だいたいインフォメーションのおねえちゃんでさえもエレベーターを使って行く道筋の説明があいまい。「ここまで行ったらまたあらためて訊いてみてください」って、結果丸投げじゃん!! みたいな説明をされたりして……
ベビーカーや荷物のカートを使ってて、不便だ!! と感じるって事は、車椅子の人もそう感じるって事だよね。
横浜駅、改善の余地有りです。

それで歩いてて思ったんだけれど、ベビーカーを押しているママの数は、決して少なくないのですよ。
北海道に比べたらだんぜん多い。
で、北海道ではまったく見ない光景なのですが、横浜ママは平気でベビーカー押してエスカレーターに乗っちゃうんですよね。
もちろん危険なので、本来、しちゃいけないことだとは思うんだけど。
でも、みなさん慣れた手つきでスイスイとベビーカー押してエスカレーターに乗っちゃう。

たしかに、目の前にエスカレーターがあって、それに乗ったらすぐ目的地に向かえるのに、わざわざ遠回りしてエレベーター探すなんてめんどくさいといえばめんどくさいし。

というわけで、私も何度か滞在中にはベビーカー押してエスカレーターに乗ってみました。
それで気づいたことは、「エスカレーター乗るなら、ハンドルの高いベビーカーがよい」ということ(決してエスカレーター乗りを推奨しているわけではありませんが)。
今回私が使ったのは、超軽量のアンブレラストローラーだったので、ハンドルの位置は低めだったのですが、できればハンドルが高い方がエスカレーターでは安定します(笑)
だからなのかどうなのか、街中で見かけるベビーカーはかなりの割合で「マクラーレン」でした。
私もふだん使ってるのはマクラーレンだから、使い心地もわかるんだけど、おそらくエスカレーターではマクラーレンがいいと思います。

さて話は元に戻りますが、どうにかこうにかホテルまでたどり着いたところでぶんぶんさんと合流。私たちがさまよえる道産子と化してる間、ずーっとロビーでお待たせしてしまったのです。
ぶんぶんさん、ごめんなさい。

yoshiママはぶんぶんさんとお会いしたの初めてじゃないけど、私は初対面。
なのになぜだか初対面とは思えない親しみ感!!(感じてたのは私だけかもしれませんが…)

で、そこから4人で「横浜アンパンマンこどもミュージアム」へ行ってきました。

入場料が1歳以上1,000円で、おとな料金とかこども料金とかの設定がないので、「ほんとに1歳児でも楽しめるんだろうな~」と2、3ミリは疑っていた私ですが。
結論から言うと、1歳児でも楽しめました。
少なくともくるみさんは満喫していた模様です。

真剣。

さらに、

夢中。

まずは3階まで上がって、そこから順々に下りてくるスタイルなのですが、まずこの3階のスペースから動かない。
こんなに楽しそうなジオラマがあるのに……

おでむかえ。

じっとしていないから、写真が撮れない(;´д`)トホホ
ちなみにアンパンマン前は順番待ちのできる人気撮影スポット。

時間の都合もあるので、いやがる(暴れる)くるみを抱きかかえて次の階に行くと、そこには乳幼児向けのエリアがありまして。

くるみはさっそくおもちゃがいっぱいおいてあるプレイスペースに突撃!!

いっしょにね。

知らない子がきても、かまわず遊び続ける根性もあり……

だいどころ。
(PHOTO:yoshiママ)

火加減を見る余裕もあり。

真剣。
(PHOTO:yoshiママ)

かき氷の出来に真剣になってみたり。

おとなでも楽しめる仕掛けが多かったので、1,000円の価値は大ありでした。

翌日には、yoshiママの古い知人を訪ねたあとでシーバスに乗ってみました。
横浜初体験の私なので、シーバスも初めてだったのですが、一生懸命写真撮ってたらあっという間に着いちゃった!!
なんか……もうちょっと味わいたかったかも……シーバス……

ま、くるみは上機嫌だったからいいんですけどね。

わーい。

山下公園を散策したあと、中華街へも行ってみました。

ちなみに……山下公園って意外と小さかった……大通公園のほうが大きいかもしれないと思っちゃいました。

門ですね。

そしてお約束のお買いものも。

大きいです。

これまた時間の制約があって、お食事も何もできなかったのですが……
中華街って、なんでもかんでも高い( ノД`)

そして赤と黄色と金色の氾濫する街……

もっと時間があったら、横道に入り込むような観光をしたかったです。

で、この後、一路東京目指して出発したワレワレなのでした☆

次は東京観光編へ続きます。

いつ更新できるか不明ですが……ふうう……

| | コメント (6)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »