« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

無事帰還★

帰還……

って、あら、どこか行ってたの? という感じなのですが……

blogにはなんの「行ってきます」的な記事も残さず、行ってまいりました、春の横浜・東京オンナ三代ツアー!!!

日曜日21時頃に自宅に到着し、今は風呂上がりの緑茶を飲みつつ、足に8枚もサロンパス貼りつつとりあえずこの記事を書いています。
今回はあちこちに出没してきましたよ~。

♪横浜駅周辺 (迷った)
♪横浜アンパンマンミュージアム (くるみ帰りたがらず)
♪洋光台の知人宅 (くるみ2時間半熟睡する)
♪山下公園 (くるみ鳩にビビる)
♪中華街 (写真だけ撮って帰る)
♪新宿御苑 (ブロガーさんたちに初対面!!!)
♪丸ビル (南フランス生地のバッグに一目惚れしてお買い上げ)
♪新橋SL広場 (学生時代からの大親友と待ち合わせて居酒屋へ)
♪弟のお宅 (くるみ、チワワに大興奮)
♪東京都おもちゃ美術館 (くるみ、またも帰りたがらず暴れる)
♪東京タワー (サロンパス8枚の原因がココに)

写真もいろいろ撮ってきたので、ぽつぽつ載っけていこうと思ってます~。

では、とりあえず帰還の報告。
明日は荷ほどきと洗濯の一日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二連覇ばんざい!! 侍JAPAN!!!

いやー感動した!! 感動したっすよ!! ふだんあんまり「感動」とか「感激」 とか口にしないし書きもしない私ですが今日ばかりは別!!

なにがってもちろんWBCですよ!! 二連覇だもん!! これが感動せずにいられようかって話ですよ!!

…とここまですべて文末が「!!」で終わってるあたりで私の興奮ぶりもよくわかっていただけると思うのですが、 高校野球もプロ野球も大好きな私にとっては、このWBCという大会が育休中に開催されたことに対して感謝せずにはいられません。 新橋あたりの電器屋さんで、ディスプレイされたTVにむらがるオジサマサラリーマンを「仕事しろよ!!」と叱る資格は私にはありません。
だって私が同じ立場だったらなんとか都合つけて外に出ようとするだろうし、もしもすでに育休が終わって会社にいたとしたら、 ワンセグは無理でもケータイでテキスト中継してるサイトを何度も読み込みしているに違いない。実際、 駒苫が甲子園で決勝戦やってるときとかはそうしてたもんね(もちろんホントはやっちゃダメですが……)

しかし韓国は強かったですね。コールドゲームはなにかの間違いだったんじゃないかと思わざるを得ない強さ。 まぁだからこその宿敵でもあるわけですが。

以前にも発言したかもしれないですが、私個人的には、韓国の「お国柄」というか「愛国心」というものがあまり好きではないので、 スポーツに関する報道見てたりするとますます苦手になったりして……あくまで韓国の人が、ではなくて、「愛国心」が、ですけど。
もちろん、愛国心があるっていうのはすばらしいことで、 むしろ日本国民もちったぁ見習ったらどうかと思うふしもあるにはあるけど(笑)
けど愛国心というのは自分の国を愛するあまりに他国に対して失礼を働く、ということじゃないわけで、その点、原監督の謙虚さは、私、 大好きでした。

対アメリカ戦の前にも、戦えることがうれしい、アメリカの野球を尊敬している、というようなことを言っていて、ああいいなぁ、 スポーツマンというのはこうあるべきだなぁと思いました。

その反面、韓国がマウンドに国旗を立てたり、「日本は韓国が優勝するための生け贄だ」と報道してみたりというのはどーも好かん。
過去にいろいろな歴史があって、反日感情があって……というのを差し引いても、好かんねぇ。

だから、今回、真っ正面からぶつかって戦って、日本の野球を貫いて、そして優勝してくれたというのが、もう、 本当にうれしいのであります。

きょうのブログ界はおそらく8割方、WBCのことを題材にするでありましょう(笑)

さて最後に、まったく余談ではありますが、オンナ三代東京ツアーを目前に風邪を引いたくるみに続き、ワタクシも風邪を引きました…… Σ(゚Д゚||)
のどが若干痛いのと、なんとなく熱が出そうな予感のからだの痛み。
今まで飲んでた置き薬を、さらに強めの置き薬にチェンジし、 首のうしろの風邪のツボにサロンパスを貼って首にタオル巻いてしょうが紅茶飲んでます。
けどなんか、WBC二連覇で、治りそうな気がする~~♪(←天津木村の詩吟風に)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イマドキの北海道みやげ。

いよいよ、オンナ三代横浜・東京ツアーが数日後に迫りました。

準備万端……と言いたいところですが、くーたんはおとといぐらいから鼻水ズルズルの風邪引きさんになってしまいました(;´д`)トホホ
子どもってなにか予定が入っていると、狙いすましたように風邪引いたり具合悪くなったりするんですよねー。
昔々、私の弟がそうでした。

さて、くーたんは明日にでもお医者さんに診てもらうこととして。

先日、空港におみやげを買いに行きました。

「当日だっておみやげ買えるじゃない!っていうか当日必ず空港に行くのになんでわざわざおみやげだけ買いに行くの?」
と思われる方もいるかもしれませんが。
我が家は空港までほぼ道一本。車で行くと10分もかからないご近所さんなのです。
あらかじめ買っとけば、荷物として宅配便で送ることもできるし、当日も余裕があるだろうということで出かけました。
あと、紋別のお母さんに頼まれたぶんも買う、という目的もありです。

紋別のお母さんから注文があったのは「じゃがポックル」。
じゃがいもの味がするというので大人気のスナック菓子です。
けっこう前から人気なので、そろそろ人気も下火じゃないかと勝手に予想して出向いたところ。

あった。

意外と山積みだったりする……

けど、「おひとり様5箱まで」なんていう制限があるくらいだから、まだ人気なのかも。

ちなみに紋別のお母さんから発注があったのは「13箱」だったので、お店を変えて買いそろえました。

さて、ふらふら歩いているとやけに目につくのが、

どこもかしこも。

花畑牧場の生キャラメルが売れまくっているらしい様子。

私自身は、自分で買ったり(こんなに人気になる前)、友だちに頂いたりして数回食べていますが、まぁ食べてない人のほうが圧倒的に多いわけで。
さらにTVで田中義剛がやたらと自慢げに宣伝してたりするもんだから、話題性もありで、みんな「おみやげは生キャラメル」状態になっているらしいのです。
空港内の直売店は長蛇の列だし、そういえばこないだ札幌に行ったときにも、エキチカの直売店に行列できてたなー。

と思いつつ歩いていたら、とある売店のショーケースに、フツーに生キャラメルが売られているのを発見。

それもね、ほんとの、花畑牧場生キャラメル。

あまりにも自然に置かれているので、思わず手にとって確認。最近は生キャラメルクリームとか、いろんな種類が出てきちゃってるから、ほんとに生キャラメルなのか確かめたけど、どう見てもほんとに生キャラメル……

というわけで、

生キャラメル。

買っちゃいました。

旅行までには賞味期限もじゅうぶんもつので、今回、とりあえず手みやげは生キャラメルです。

旅行中の私たち一行にうまく遭遇できたら、生キャラメルがあたるかも♪(←嘘)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しい週末 その3(WF編)

週末は、家族そろってあるイベントへ行ってきました。

昨年、パパさんの英断で一式購入した「ディズニーの英語システム」。
教材は教材として、このほかに、「World Family Club」という、任意ではありますが入会しとくといろいろお得な(イベントに参加できたり、教材が壊れたら無償交換できたり)会員サービスがありまして、行ってきたのはまさにその会員対象の英語イベントなのです。

昨年以来、DVDやCDで英語に触れさせてはいるのですが、実際に生身の人間がちゃんとした英語をしゃべるケースは未経験のくーたん。
どんなもんかと、まずは試しに参加してみました。

場所は隣市の市民会館小ホール。
しょっぱなから開始時間を間違ってアセるダメママ(←私)

今回参加したのは、教材の中の歌に合わせて踊ったり動いたりしよう、というのがテーマの「DanceAlong Show」。
会話はもちろんくーたんには無理ですが、音楽に合わせて動くくらいならなんとかなるかと思ったりして……

イベントはこんな感じで、

show。

テレビのチャンネルを合わせると、いろんな歌が流れる、という趣向です。

先生はネイティブの方が3人。
始まる前に、「子どもが立っても、パパやママは指示があるまで座っていてね」みたいな事前注意をぜんぶ英語でするので、親のほうもある程度リスニングが必要です。ま、くっきりはっきり発音してくれるので、だいたいの意味はわかったけど。

始まって数分のくるみさん……

凝視。

パパのひざに座ったっきり動かず、ひたすら凝視(笑)
立たせて、手を動かしてやろうとしてもぜんぜん積極性ナシ。
初めての場所ではとにかく警戒するくーたんですが……

ノリノリ。

お気に入りの「Clap Your Hands」がかかるとすっかりノリノリになって、そのあとは歩く、歩く。
ママの手につかまってジャンプ!も、お手のものです。

最後に、参加記念品のリストバンドと、参加した記録の「My Book」に先生のスタンプをもらい、家族で記念撮影して終了でした。

全体としては1時間くらいのイベントなんだけど、くーたんがすっかりノリノリになってからは、とにかく勝手に動きたがるので、それを制止するのでたいへんでした。
普段から好き勝手に遊びたいタイプの子なので、こういうときは一苦労(汗

本人は楽しかったらしく、さんざん動き回ったところで余裕の表情です。

つかれたよ。

まぁ、楽しかったようなので、また連れて行こうとは思っていますが……

本人がもうちょっと、落ち着いて見ててくれるといいんだけどー。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しい週 その2

忙しい紋別滞在中でも、写真は撮ってみました。

くるみです。

ほっぺのあたりとかまゆげのあたりは、ダンナちゃんの子どもの頃に激似です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しい週 その1。

10日近く、まともな更新をしておりませんでした。

というのも、ここ一週間ぐらいほんとにいろいろと忙しくて、パソコンの前になんか座ってるヒマがなかったのであります(;´Д`A ```

その要因の第一が、紋別への帰省。

ダンナちゃんの休みに合わせて1月に帰るはずが、休みが取れず(忙しすぎた)2月に延期となり、2月になってもまたまた休みが取れず (まだ忙しすぎた)3月に延期になり、どうしても今年度内に1週間は休まなくてはならないキマリがある関係で、 ほとんど無理やり16日から19日までのお休みが決まったのです。
ところがこれまた忙しすぎて14日の土曜日は休日出勤になってしまいました。
おまけにダンナちゃんのお母さんは、17日から一週間程度、姪っ子の大学卒業式を見るために東京に行く予定。
となると、14日にダンナちゃんが帰ってきてから強行策で出発しても、おそらく旭川一泊して次の日に紋別、そして翌日には帰る、 というむちゃくちゃなスケジュールになるのです。

だいたいお母さんが旅行に行く直前まで私たちがいたら、旅行の準備もろくにできないじゃん!だから行くのはやめたほうがいいよ! と主張した私ですが……

孫パワーの前に屈しましたorz

旅行の準備<孫が来る

という図式の前に、結局無理やりにでも紋別に行くことになりました(笑)
ただ、さっきのプランではあまりにも無理があるので、13日に私とくーたんだけ出発してウチの車で旭川まで行き(運転手はワタシ)、 そこで紋別からバスでやって来たお父さんと落ち合って、のこりの行程はお父さんが運転して紋別に行く、というプランで決定。

で、当日、ぶじに紋別までたどり着いたワケなのですが……

肝心のお母さん、前日に食べたなにかが悪かったらしくて食あたりになり、到着したときにはお部屋で休んでいました。

そこにやってきたくーたん。
よく知らないおうちに連れてこられ、なじみのあるのはママだけというかなり不安な状況の中で、突然、 真っ暗なお部屋から声がしたのです!!

とはいっても、もちろん、声の主はお母さんなワケで、お部屋の電気を消していたからたまたま暗かっただけなんですけど……

くーたんにしたら、知らないお部屋(しかも真っ暗)からいきなり声がしたので、かなり驚いたようなのです。
飛び上がるほどビックリして、その後、大泣き……

くーたんはそれ以降、お母さんとは微妙な距離を保っていました(;´д`)トホホ

お父さんにも、親戚のおじさんやおばさんにも笑顔を見せるのに、お母さんだけには無表情を貫いてたくるみ。
ヨメとしては非常にきまずかったです。はい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママの休日

ママの休日
くーたんをパパさんに預けて、私ひとりで久々の札幌歩きです。

来月の復帰に向けて会社にご挨拶と、半年ぶりの美容院と、その他お買い物。

中華ランチを食べるべく、レストランで一休みです。

たまにはいいわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒。

ひさびさにDSのソフトを買っちゃいました。

  相棒。

大好きなドラマ「相棒」のDSソフトなのだー。じゃーん。

昨年末で、右京さん(水谷豊)の相棒だった薫ちゃん(寺脇康文)が卒業してしまい、さみしい思いをしていた相棒ファンにはたまらないこのソフト。
私はアマゾンで買ったんだけど、新品なのにちょっと安かったです~。ラッキー。

中身は、ゲームオリジナルの新事件を解決していくモードと、実際に放送されたドラマのノベライズが読めちゃうモードと、ミニゲーム、というもりだくさんなもの。
ゲームの中では、薫ちゃんがいつものように右京さんと一緒なので、なんともいえないしっくり感です。

そう思っていたら、さっきヤホーで……もといYahoo!で見つけたんですが(ナイツ風)

薫ちゃんが退職してサルウィンに行って以来、ずっとひとりだった右京さんに、ついに新しい相棒ができるというではありませんか!!

しかも、なんとなんと、新しい相棒はミッチーこと及川光博。

ミッチーの世界がわりと好きで、俳優としてのミッチーも好きな私としてはとぉぉぉーってもうれしい限りです。

相棒をイメージチェンジさせるために薫ちゃんが卒業したわけだから、同じようなキャラにはならないと思うんだけど、ではミッチーならどんなキャラになるのかなと考えたところ、ぜんぜん予測がつかない(;´д`)
ミッチーってなんというか変幻自在なので、なんでもありって感じになっちゃう。
右京さんとおんなじくらいのキャリアもあって頭も切れて、それでいて右京さんがどうしてもキライで、対決するためにみずから志願して特命係に来ちゃった変わり者とか。
逆にいいとこのぼんぼんで、いまいち現実と乖離しているおひとよしの困ったちゃんとか。

薫ちゃんとは犬猿の仲だったけどある意味認め合ってもいた、トリオ・ザ・捜一の伊丹さんとの新しい掛け合いも楽しみ~。
薫ちゃんと伊丹さんだと、どんぐりの背くらべな感じだったけど、今度の相手はミッチーだから、伊丹さんがどんなにふっかけてもミッチーは平然としてて、それがなおさらくやしくて伊丹さんがムカつく、てな感じかなー。

いずれにせよ、新しい相棒が陣川公平くんじゃなくてよかった~。ふう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たのしいひなまつり。

ことしのひなまつりは、いつも行っている子育て支援室で、行事食の試食会に参加しました。

yoshiママが働いている保育所の中にある支援室で、私が春からくーたんを預ける保育所とは別なんだけれど、これまで何カ所か行ってみた支援室の中ではいちばんよかったので、先月ぐらいから行っております。

2月からいきなり参加したりすると、たいがい、どこの支援室でもママ達の派閥っぽいものができちゃってて、そういうのがめっぽう苦手な私はすっかり「支援室嫌い」になっていたのですが。

ここの支援室はすごくフレンドリーで、ママ同士すごくフランク。
会ってすぐ仲良く話せちゃうし、なんといっても「支援室の先生」がいてくれるのが素晴らしい!!!
今までの支援室は、先生というか、保育士さんはいるんだけど、基本的に「ママ達の好きなようにやってください」な雰囲気で、くーたんを連れて行っても結局そこにあるおもちゃでただ遊ぶような感じ。もちろん、相談事とかがあれば話していいんだと思うけど、なんとなーくそういう気にもなれず。
しかしここの支援室は、先生が遊びのリードをとってくれるのです。
折り紙をしてみたり、絵を描いてみたり、年齢層もさまざまな子どもが来るので、そこをうまく遊ばせてくれるのはやっぱりプロだなぁとつくづく感心。
それに、先生自身がすごく優しくて明るくて話しやすいので、ママ達もいろんな話ができるし、その雰囲気がママ達同士も話しやすくさせているのです。

ただ、家からはちょっと離れているので、いちおう「保育園に入れる前の慣らし」な感じでお願いして、2月頃から参加しているわけです。

行事食、というのは、保育所でイベントがある日の特別メニュー。
ひなまつりなので、今回はちらしずし。

ひなまつりごはん。

ちなみにママも同じメニューなんだけど、いちごは多くて4つ付きでした。

が……食欲魔神のくーたんに2つ奪われてしまった( ノД`)シクシク…

そもそも3歳児とか4歳児とおなじ分量のごはんは、1歳児であるくーたんには多いはずなのですが、ちらしずしほとんど食べちゃったあとでいちご4つ。
末恐ろしい。

ホールにはひな人形の段飾りがありましたので、記念に一枚。

じょうきげん。

ちょっとぶれたけど、本人の大笑いのようすはわかります。

我が家のひな人形は、転勤族のため段飾りではないのですが、そちらの前でも記念に一枚。

  じょうきげんその2。

いひひひ。

ちなみに昨年のひなまつりはこんなでした。

去年。

1年でこんなに育つなんて衝撃!!!! 子どもの生命力ってすごーい!!!

にもかかわらずくーたんの髪の毛……増えないなぁ。

そして私の顔のライン……肉、増えすぎ。とほほほほほ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

保育所決定!!

先日、住んでいる市の保育課からお手紙が届きました。
中身は、「保育所入所選考結果と説明会(面接)のご案内について」というもの。
入所予定保育所は、希望していたとおりの保育所になってまして、予定と言っても面接が終われば入所決定となるので、 これで春からくーたんが保育園児になることがぶじに決まりました~。
よかった。

その一方、最近の不況で、保育所に入りたくても入れないいわゆる「待機児童」が倍増しているらしいです。
ニュースによると、

舛添要一厚生労働相は6日、認可保育園への入園を待つ待機児童が2008年10月1日時点で4万184人となり、 半年で倍増したことを明らかにした。これを受け、 政府は賃貸物件を利用する認可保育園や一定基準を満たす認可外保育園開設に対して補助する。

厚労省によると、国の基準を満たした認可保育園への待機児童は、昨年4月1日時点で1万9550人。待機児童の急増について、 厚労相は「経済情勢の悪化で、今まで専業主婦だった人がパートに出ないと家計が持たないなど、急に保育園のニーズが高まっている」 と強調した。

「急に保育園のニーズが高まっている」って言うけれど、ニーズが高いのは今にはじまった事じゃないじゃん……。
そもそも少子化対策に力を入れているというなら、この4月の時点で2万人弱もの待機児童がいるというのがおかしいはず。
4月の時点では待機児童はいませんでしたが、この不況で待機児童が発生してしまいましたっていうならともかくも、 もともといた待機児童を減らせないまま4万人も増えちゃった、っていうのはどうなんだろうねー。

結局可決されちゃった定額給付金も、あんな中途半端な額を国民にばらまくより、 2兆円使って待機児童の多いところにばんばん保育所たてるほうがよっぽどいいと思うんだけどー。
消費刺激うんぬんの前に、国民が勤労の義務をすすんで果たそうとしてるんだからそれを援助してやれよと思うのは私だけだろうか。

さらに重ねて、育児休業中のママに退職を勧める「育休切り」なる事態まで発生しているみたいだし。

不況にあえぐ企業が人件費削減のため、育児休業中の正社員を解雇する「育休切り」が広がりつつある。育児・ 介護休業法に抵触する疑いが強いが、被害者の多くは再就職の妨げになることを恐れて泣き寝入りするケースが多い。 法令が守られているはずの働いて産み育てる権利が脅かされている。

 「社員が産前休業を取りたいと言い出した。この際、解雇できないか」。東京都の社会保険労務士は2月上旬、 顧問先の会社社長からこんな相談を受けた。産前休業を理由にした解雇は男女雇用機会均等法違反だ。社労士は 「経営者がここまで人切りに走るとは思わなかった」と驚きを隠さない。

 9月以降、連合の労働相談には▽「会社が復職を受け付けず、逆に退職を勧められた」(外資系企業勤務の30代女性)▽ 「復職しようとしたら、パート勤務を命じられた」(教育関連企業勤務の30代女性)--など育休に関する悩みが多数寄せられている。

 東京労働局によると1月の育休相談は前年同期の2倍弱の73件。このうち解雇など「不利益取り扱い」 の相談は30件に及び前年の3倍に膨れあがっている。

ここまで来ると、日本ってなんて子どもに冷たい国なんだろうと思わずにはいられないね。
少子化対策だのなんだのと偉そうなことを言っていても、結局は子どもがいると仕事に不利なのが現実。自分たちだって昔は子どもだったし、 これから年取ったらどうしたって若い人に助けてもらわなきゃいけないのに、こんな世の中じゃ、今子育て中の人たちももちろん大変だけど、 その下の年代の若手たちが子どもをもとうという気にならないじゃないの。

私の場合は幸せなことに、希望どおりの保育所に子どもを預け、正社員として復帰できるんだから、 あんまり不平不満とか言っちゃいけないなとちょっと殊勝になったりしてます。

しかし……慣れない育児に追われた1年半、仕事のことなんかこれっぽっちも思いださなかったために、 仕事関連の記憶は脳のかなりすみっこに追いやられてしまいました(;´д`)
すみっこというか、もうね、記憶の在りかがよくわかりません。
用語はわかるんだけど端末操作とか一日のルーティンとか、そういう記憶は忘却の彼方。
早く戻ってきて、と先輩に言われると、嬉しい反面、プレッシャーです……ううう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iTunesのバージョンアップ。

数日前、ひさびさにiTunesをひらいてみたら、 新しいバージョンが出ているというので早速バージョンアップしようとファイルをダウンロードしました。

で、さくっとインストールしようとしたら……

できないっっっΣ(゚Д゚||)

まぁ以前にもうまくインストールできなかったことがあったので、それほど深刻に考えてもいなかったのですが、 今回はなにをどうやってもインストールできないのです。
毎回毎回、同じところで同じエラーメッセージが出るの。

このWindowsインストーラパッケージには問題があります。
このインストールを完了するのに必要なプログラムを実行できませんでした。
サポート担当者またはパッケージのベンダーに問い合わせてください。

・・・・・・・・・・・・・・。

あのさー。
これで「はいそうですかわかりました」って言える人、いると思う???
っていうかこれ、日本語かもしれないけど日本語として意味わかんないんですけど(;´д`)トホホ
問題があるってなによ?必要なプログラムってなに?サポート担当者って誰?パッケージのベンダーってどういう意味????

どーせそもそものWindowsの英文エラーメッセージをそっくりそのまま和訳したんだろうけど…… 仮に英語読めてメッセージが英文だったとしても解決はしないだろうなぁ。

とりあえず、iTunesのサイトでトラブルシューティングを見てみることに。

そしたら……このエラーメッセージ、このページの項目にはないんです!! iTunesのエラーなのに、エラーメッセージがないの。
一応、一般的なトラブルシューティングは書いてあったけど……

とにかく、やるだけやってみようと書かれたとおりにファイル等々削除してみたけれど、あいかわらずインストールできないまま。 メッセージも同じ。出るタイミングも同じ。

解決法の見つからないまま、なんとここから3日間も試行錯誤が続いたのです。

エラーメッセージで検索してみると、意外とこのエラーでiTunesインストールできずにいる人が多いことが判明。 しかもみんな苦労していることも判明。
あちこちの掲示板で救いを求める人がいるんですよねー……
しかも、どうやらこれはiTunesのファイルに問題があるわけではなく、Windows側に不具合があるらしいのです。
さらにさらに、このエラーの根本的な原因もわかっていないらしいのです。

解決策が見つかる前に、原因不明であることがわかってしまった……がっくり。

それでも、iTunesが使えないと不便なので、なんとかして解決しようと頑張った結果。
4日目にして解決をみました~!!!!! やったー!!!!

というわけで、ワタシと同じようにiTunesインストールに困り果てている人がここに迷い込んだときにお役に立てるよう、 覚え書き程度に私がとった解決策を。

*****************************************************

基本的な理屈としては、iTunesとQuicktimeを完全に削除しちゃうということなんだけど、たぶん、 このエラーメッセージが出ている人は、ふつうの削除じゃダメだと思われます。
というのも、問題はiTunesにあるのではなく、Windowsのインストーラにあるらしいから。

Windowsインストーラは便利なプログラムなのだが、 何かの拍子にインストール処理に失敗すると、ファイルとレジストリが不整合を起こし、 以後Windowsインストーラが起動時にエラーを発生するようになる場合がある。一昔前のアプリケーションと異なり、 最近のアプリケーションは、レジストリなどを正しく設定しないと実行できないことが多いので、Windowsインストーラが使えなくなると、 アプリケーションも使えないことになってしまう。

という解説がこちらのサイトにあります (詳しい解説を読みたい方はどうぞ)。
つまりレジストリの不整合を直してやらない限りはずーっとインストール時にエラーが出ると言うことになるわけで、 その不整合を修正するための無償ソフト「Windows Installer Clean Up」なるものが公開されているのです。

ダウンロードと詳しい操作方法も、上記解説と同じサイトにあります。 無償ソフトだから文句は言えないけどこのソフト英語なんで、操作方法のガイドはありがたかったっす。

で、iTunesとQuicktimeを削除するわけですが、 私の場合はこのとき思い切ってApple関連のアプリケーションはすべて削除しました。
iPod関連のアプリとか、知らないうちに入ってるもんなんですねぇ。

それから、「ファイル名を指定して実行」で、「%appdata%」を入力。
「Apple Computer」ファイルをばっさり削除(これは右クリックで削除してOK)。
「Temp」ファイルもばっさり削除。このファイルはOSによって在処が違うらしいんだけど、私の場合はXPなので「Local Settings」になりました。
この「Temp」の削除だけは、iTunesのトラブルシューティングでも解説してました。

そうそう、それと、意外に忘れがちなんだけど最新のWindowsアップデータも入手。最新版のService Packになってるかどうかも関係するみたいです。

ここまでやって再起動して、あらためてiTunesをインストールしたら成功しました。

ちなみにiTunesを削除しても音楽データは消えません。

**********************************************************

これで学んだのは、

「とりあえず今、不具合も不都合もなくiTunesが使えているならアップデートはしない」

ということ……

フリーソフトだからしょうがないけど、いざトラブルが起きたときに毎回こんなことになるんじゃたまらないもんなぁ。

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »