« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

買ったもののこと。

今年もいよいよ残すところ3日ですねー。

ここ数日、来年の予定をメモしようと思って手帳を開いたときに、「あ、来月の予定は新しい手帳に書かなくちゃいけないんだ!」って気づいて、あらためて年末を実感したりしております。
育児休暇中だから手帳に書くことあんまりないかも…と思いきや、仕事してたときよりマメにメモるようになったわたくし。
「書いとかないと忘れる」という現象が頻度を増している今、手帳というのはかなり大切な存在なのです。

で、もともとの文房具好きもそこに拍車をかけまして、10月はじめにはすでに2009年の手帳をゲットしていたのでありました。

こちらです。

手帳たち。

2年前から買い続けている「ほぼ日手帳」なのですが……

手帳バカ全開の、なんと3冊買いです。あたりまえですがぜんぶ2009年度版ですよ。

左の黒表紙が、「マキノ・モノトーンチェック」。
上になってるベージュのカバーのが、「ベージュ・ドット」。
その下にある大きめのが、「ほぼ日手帳カズン マロン&ブラック

ベージュ・ドットは、本来レースはついていないのですが、ちょっとカワイくしたくて自分なりにカスタマイズしてみました。

それで3冊もいったい何に使うのかとお思いでしょうから、ご説明(言い訳か)しますと、まずベージュ・ドットがメインの手帳。スケジュールやメモはコレに書きます。
仕事に復帰すれば会議の予定なども全てコレに。
黒のモノトーンチェックは、秋からはじめた資格勉強のための持ち運び勉強用に。
(これがいちばん、使いこなせるか自信がなかったりする……)
そして、大きめA5版のカズンは、家計簿というか、マネー管理というか、ま、家庭の記録帳みたいな感じで使う予定です。
家計簿は何度も挑戦して失敗した過去があるので、こうなったら家計簿じゃないものにレシート貼ったり書き込んだりしてやろうと!!
なんにも考えずにお金使うよりはいいだろう……たぶん……

ベージュ・ドットとカズンには、徐々に書き込みがなされているにもかかわらず、モノトーンチェックにはまったく書き込みがないというのも、来年を暗示しているようで不安だー。

家計簿に今度こそ挑戦しようとしている理由は、共働き・子どもは保育園、という、生活の激変期を迎えるからでもありますが。

夏頃に、でっかい買い物をしてしまったからなのであります。
夏の買い物を今ごろ話題にしようとしている自分もどうかと思うけど、ま、それはそれとして……

買ったのはコレです。

投資。

じゃっかん画像が荒くて見づらいのですが……
これ、すべて教材なのですよ。

知る人ぞ知る!!

ディズニーの英語システム

です。

どんなシステムかは、サイトを見ていただくと詳しくわかると思うのですが、まぁ要は小さい頃から正しい英語に触れて育つことで、最終的には英語が話せるようになるよ、という趣旨のもの。

で、サイトを見てもわからないようになっているのが、こちらのお値段です。

うちが買ったのは、0歳児から始められるプログラム含む基本的なところ、プラス、歌メインで構成されたプログラム。
3歳ぐらいまでは、おもちゃで遊びながら英語に触れて、大きくなって行くにつれ本を見たりカードを見たりという、まあ自分で言うのもなんなんですがほんとにぜんぶ使いこなせるのか? と思わずにいられないもりだくさんなプログラムです。
本とCDとDVDがあるのですが、ぜんぶリンクしていて、内容もすこしずつステップアップするようにできてます。
それでもフルコースではないわけなので、ぜんぶ買ったらどうなるのかとちょっと思ったりして……

うちが買った上記一式。
なんと、中古の車なら1台は買えるであろうお値段です。

いやほんと、かなりの決心がいりましたよ…

はじめは、歌メインのプログラムだけって思ってて、それはダンナちゃんに相談しないで私が決めちゃったんですけどね。
自分自身の経験で、「英語は耳が重要!!」って思っていたもので。
小さい頃からyoshiママの影響を受けて、カーペンターズをよく聴いていたせいか、高校時代の英検、ヒアリングはなんとほぼ満点だったのです。
だから歌だけでも正しい発音のを聴いてたら、将来、英語に対してもいい影響になると思いまして。

けど、この英語システムの説明をアドバイザーさんから聞かされたダンナちゃんは。

なんと、私の決断を上回る投資を英断したのでありました。

このシステムは結構有名らしく、ママ友のあいだでも知らぬ人はいないってぐらいの認知度。
そしてお値段についてもかなりの認知度。

で、ママ友の共通認識が、

「これをきちんと子どもにやらせようとしたら、子どもより先に自分が英語しゃべれるようになるだろう」

だったりもします……(笑)

実際、子どもに歌を歌ってあげるためには自分がまず英語詞を覚えなくちゃいけないわけだし、テキトーな発音とかしてちゃいけないわけですから、親としても頑張らざるを得ないわけで。
現在、この英語システムで初歩的な学習をしつつ、NHKの「リトル・チャロ」のテキストも買って、はからずも英語学習中です……
英語やる前に資格の勉強しないとならないんだけど。

そんな高額投資とは知るよしもないくるみ嬢。
棚からDVDをどさーっと落として遊ぶことのほうが楽しいようです(涙)

しかし……子どもの脳とはすごいもので、まだ日本語もしゃべれない彼女、英単語をひとつ覚えてしまったのです。
生まれて初めて覚えた単語。

「Clap」

です。手を叩く、というやつですね。
もともとアドバイザーさんが家に来て教材の説明をしていたときから、この単語に対する反応はよかったのですが、いつも見せているDVDにこんな歌があるのです。

Clap your hands now-
Clap,clap,clap!
Turn yourself around!
Put your hands up in the air!
Bend down to the ground!
Touch your head and touch your toes!
Stand up straight and touch your nose!
Clap your hands now-
Clap,clap,clap!
Now jump uo and down,
And turn yourself around!
Turn yourself around!

はい、みなさん、意味はおわかりですか?
体を動かす歌ですよ。歌詞どおりにできるかやってみましょう。

で、くるみができるようになったのは、この歌に合わせて「Clap」すること。
オトナが考えるように、Clapと聞いて「拍手だな」といったん日本語に置き換えたりはせず、そのまま動作に出せるというのがうらやましい。
最近では、「Touch your head」もわかりつつあるらしく、日本語で言うところの「おつむてんてん」らしき動作を繰り出しております。

このままうまいこと成長して、英語と日本語両方できる子になってくれればと欲張る母……

というか、高い投資だったのでモトを取りたいと願ってしまう貧乏人根性のほうが強いかも(;´д`)トホホ

高い買い物は分割払いなので、ほぼ日手帳で家計の管理をしていかなければ!!
と、無理やり話に関連性を持たせる年の暮れなのでした……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風邪でダウンしてました。

えー。

くるみがくれた誕生日プレゼントですが、それは時限爆弾のようにわたくしに襲いかかりました……。

風邪です。
しかも、すごいやつ。

まぁそんな人はいないと思いますけど、お食事しながらこれを読んでいる奇特な方がいらっしゃいましたら気をつけて。
食べてるときには読みたくないであろう話題が出てきます。

で、話を続けますが、この前の記事を書いたまさにその日。11/30の夕方から、急に胃の具合が悪くなりました。
晩ごはんもぜんぜん食べられず、しだいに体を起こしているのもおっくうになり、横になっていたのですが。

もう、記憶も定かではありませんが、とにかく夜遅い時間にその爆弾は爆発しました。

もうね!! 信じられないほどの吐き気ですよ。晩ごはんだって食べてないんだから吐くものないはずなのに、 怒濤のように襲いかかる吐き気。津波です。つわりのときだってこんなじゃなかったぞ、というくらい、間隔開けずに襲ってくる吐き気。
さらに情けないことに、吐き気だけでなくおなかの調子も急降下ですよ。吐いてる最中におなかが痛くなって、 便座に腰掛けたとたんにまた吐き気…そして急降下を続けるおなか…
トイレから出ることもできなくなりました。
酔っぱらったときでさえとったことのない体勢、つまり便器を抱え込んで座り込むというポジションから動こうとしない私の姿に、 ダンナちゃんは実家へのヘルプコールを決意。駆けつけたyoshiママとじーたんにすすめられ、夜間救急のお世話になりました……( ノД`)

吐き気どめの注射を打ってもらい帰宅しましたが、ダメージはなかなか回復せず、結局そこから約3日間寝込みました。
起きる時間が長くなった4日目以降は、微熱と頭痛に襲われてました。
その間ずーっと、yoshiママに家事のほとんどをやってもらったわけで……これで近くに住んでなかったら、 私とくーたんはどうなっていたのだろう……考えたくない……

木曜日あたりになってようやく熱が下がってきたのですが、今度は貧血から来るらしいめまいが私に襲いかかりまして、 いまだ復調とは言えず。
ふだんが100なら、現在、45くらいでしょうか。ヒットポイントかなり減…… ベホイミ一発ではMAXに戻らないんじゃないかってぐらいのやられっぷりです。

そして……そしてね。
今思い返してもくやしい、というか、ショックというか、キズが生々しいのですがね。

この、寝込んでいた3日間に、私がずーっと前から楽しみにしていたイベントが入っていたのです。

それは、

SMAPのコンサート。

えぇ…もちろんあきらめましたよ。

だって熱はあるしめまいはするし…吐き気とおなかピーがおさまっただけで体力は回復していないのに、あのコンサートに行ったら、 我を忘れて盛り上がって、消耗しすぎて具合悪くなって帰ってこられなくなるかもしれない(大げさでなく)。
かなりギリギリまで悩んだけれど、冷静に考えて、行きませんでした。

あーあ…あんなに一生懸命アルバム聴いて楽しみにしてたのに…平日のライブでも今の私なら行けるぞって思ってすごく嬉しかったのに… 妊娠中もコドモが1歳になる前にも来なかったSMAPが、このタイミングで来てくれるなんて夢みたいだったのに… いつもいつも札幌はコンサートツアー初日だったりしてけっこうデキが甘かったりしたんだけど今回はなんと最終公演、 さぞかしすばらしい公演のはず!! ってめっちゃ楽しみにしてたのに……

うわーん・゚・(ノД`;)・゚・

急だったのでチケットの譲渡先も見つからず。
悔しさを忘れないために(笑)もぎりのついたままのチケットは手帳に貼りました。

さて今回の風邪で思ったこと……

それは、自分の普段の食生活が健康を作るんだ、という、ごくごくあたりまえの事実でした。

くーたんの食事には、野菜とタンパク質と乳製品と、なんて考えていろいろ作っているのですが、自分のごはんとなると、 これがまあお手軽というかお粗末なもので、「かんたんにレトルトですませちゃおう」みたいな日がほとんど。
朝は忙しくて食べなかったりとか……

そういう食生活が、風邪菌に対する免疫力とか抵抗力を低下させてて、そこにくるみからの時限爆弾をもらってしまったわけですから、 寝込んであたりまえ、な結末だったのです。

ほんと、健康は食べものが作るんですよね。痛感しました。

そんな私、今のところおかゆやそうめんというヘルシーメニューで生活しております。 このままヘルシーメニューの生活をしばらく続けたら、胃もちょっとは小さくなって、「ちゃんとした食事を適量食べる」 っていう正しい食生活になれるんじゃないかと思ってます。
ほんとね、あまりにジャンクな食生活だったから、やせなかったんじゃないかと思うのです。からだ自体、 リンパの流れが悪くなってる感じがするし。

まずは健康な体と食生活。ダイエットはその次だな、といまさらのように開眼してしまったのでありました。

これをご覧の皆さまも、お体にはくれぐれも気をつけて。イベント目白押しの師走にダウンすると、いいことないですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »