« 引っ越しパニック。 | トップページ | 引っ越しました~。 »

裁判はまだ続く。

日本中が注目した裁判の判決が、きょう、下されましたね。

山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた当時18歳の元少年(27) の差し戻し控訴審判決公判が22日、広島高裁で開かれ、楢崎康英裁判長は「死刑を回避する事情を見いだすすべもなくなった」と述べ、 死刑を言い渡した。

いろんな番組を見ていたときに、誰かが言っていたんだけど、この犯罪に対する量刑というのは、 司法関係者に言わせれば無期懲役ぐらいが妥当なんだそうです。
そこを死刑で行ったわけだから、裁判官も思いきった決断をしたなぁという気もするんだけど、やっぱ、そういう判決に持って行けたのは、 遺族の本村さんの力が大きかったんだろうなと思います。
本村さんがああやってメディアに出て、真情を吐露し、ある意味世論を喚起したことで、「やっぱ悪質に過ぎるんじゃないか?」 みたいな世間の風が吹き始めて、裁判所もそのへんを考えないわけにはいかなくなったんではないかと。
最近ではあんまり報道されてないけど、この犯人はそうやって本村さんがテレビなどで会見を開いたりしていることに対して、
「ちょーしづいてる」
と知人に宛てた手紙に書いてるんだよね。あいつはしゃべりすぎて失敗した、だから自分は(裁判に)勝った、って。
少年法が適用になれば、7年程度で出所できるようなので、そのことに対しても、
「自分は7年そこそこで地上に芽を出す」
とか言ってたし……

そういうコトを言っていながらね、6年半経っていきなり「復活の儀式」だの「ドラえもん」だのって、 なんなんだその供述は!!!
と私は怒り狂ったものですが。
その点について今回の判決では、

本村弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=への殺意などを一転否定したことを「虚偽の弁解」と断じ、 「元少年は犯した罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑を免れようと懸命になっているだけだ。反省心を欠いており、 極刑はやむを得ない」と述べた。

と断じているので、ちょっとホッとしました。
だってね~。いくら家庭環境が悪かったとしてもデスよ。12歳程度の精神年齢だったとしてもデスよ。
やっていいことわるいことの区別はつくでしょうよ。
むしろこの「一転否認」が世間からものすごい反感を買って、「そんなウソまでつくなんて許せん!!」 という風潮を作り出したんではないかと思われる。いくらなんでもドラえもんはないでしょう。

さて、死刑判決についてですが。
本村さんいわく。
「一人の死を望んだ人間としての十字架を背負っていく覚悟はできている」
というような話をしていて、この人ってスゴいなぁとあらためて思いました。

公の場で「死刑にして欲しい」と発言したことに対する責務というのをちゃんとわかっているんだなぁと。

その十字架の存在に気づいているという点で、もうこの人は事件直後に感情にまかせて「自分がこの手で犯人を殺す」 といったときの本村さんではないのだなぁと思いましたね。

誤解を恐れず言えば、私、反・死刑廃止論者です。
「世界の先進国では死刑なんて事やってない!!」と廃止論者の方々はおっしゃっているようですが、私はね、廃止に対して反対なの。
なぜかといえば、日本では、終身刑に当たる刑罰というものがないから。

無期懲役と言っても結局20年とかたてば出てきてしまうわけでしょ。表面上であっても模範囚だったら「無期」じゃないわけでしょ。
それじゃ、刑罰としてどうなんだといいたいのですよ。
なんの落ち度もなくて殺された被害者の「殺され損」じゃないか、と。
よく「加害者の人権を擁護せよ!!」っていう意見を聞くけど、じゃあ被害者の人権は? っていつも思うんだよね。

終身刑とか、禁固100年とかさ、もうこの先一生一般社会には戻れなくて、塀の内側でひたすら贖罪の日々を死ぬまで送り続ける、 というのだったら死刑は廃止してもいいと思うけど、そういう選択肢がないうちに死刑を廃止というのには賛成したくないと思ってます。

だからもし今そういう終身刑があったら、この事件に対する判決は終身刑でもよかったかなと思うのです。
もうね、ずーっと塀の中なの。絶対出さないし、死ぬまで毎日毎日そこで暮らす。毎日毎日、自分のやったこととイヤでも向き合って生きる。 ある意味、死刑と同じぐらい厳しいと思うんだけど。

ただ問題は、そういう囚人に対する費用は税金でまかなわれるってことなんだよね……
死刑が廃止になって、そのくせ厳罰化の風潮がすすんで、やたら終身刑が増えちゃったら、刑務所とか絶対足りなくなるよね。
今だって足りてないんだから。

さて。
この判決に対して、弁護側が案の定上告しましたね。
しないわけないだろうと思ってはいたけどやっぱりやったね。
いったいなんのための上告なんでしょう。またあの「ドラえもん」話を聞かされるのかと思ったらうんざりしますね。
事件となんのかかわりもない私がうんざりするんだからご遺族はほんとにうんざりでしょうね。

それにしても、ここまではっきりと断罪しておきながら最高裁でそれをひるがえしたりしたら、また世論が黙っちゃいないだろうな… 自分含め。

|

« 引っ越しパニック。 | トップページ | 引っ越しました~。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/40963602

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判はまだ続く。:

« 引っ越しパニック。 | トップページ | 引っ越しました~。 »