« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

裁判はまだ続く。

日本中が注目した裁判の判決が、きょう、下されましたね。

山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた当時18歳の元少年(27) の差し戻し控訴審判決公判が22日、広島高裁で開かれ、楢崎康英裁判長は「死刑を回避する事情を見いだすすべもなくなった」と述べ、 死刑を言い渡した。

いろんな番組を見ていたときに、誰かが言っていたんだけど、この犯罪に対する量刑というのは、 司法関係者に言わせれば無期懲役ぐらいが妥当なんだそうです。
そこを死刑で行ったわけだから、裁判官も思いきった決断をしたなぁという気もするんだけど、やっぱ、そういう判決に持って行けたのは、 遺族の本村さんの力が大きかったんだろうなと思います。
本村さんがああやってメディアに出て、真情を吐露し、ある意味世論を喚起したことで、「やっぱ悪質に過ぎるんじゃないか?」 みたいな世間の風が吹き始めて、裁判所もそのへんを考えないわけにはいかなくなったんではないかと。
最近ではあんまり報道されてないけど、この犯人はそうやって本村さんがテレビなどで会見を開いたりしていることに対して、
「ちょーしづいてる」
と知人に宛てた手紙に書いてるんだよね。あいつはしゃべりすぎて失敗した、だから自分は(裁判に)勝った、って。
少年法が適用になれば、7年程度で出所できるようなので、そのことに対しても、
「自分は7年そこそこで地上に芽を出す」
とか言ってたし……

そういうコトを言っていながらね、6年半経っていきなり「復活の儀式」だの「ドラえもん」だのって、 なんなんだその供述は!!!
と私は怒り狂ったものですが。
その点について今回の判決では、

本村弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=への殺意などを一転否定したことを「虚偽の弁解」と断じ、 「元少年は犯した罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑を免れようと懸命になっているだけだ。反省心を欠いており、 極刑はやむを得ない」と述べた。

と断じているので、ちょっとホッとしました。
だってね~。いくら家庭環境が悪かったとしてもデスよ。12歳程度の精神年齢だったとしてもデスよ。
やっていいことわるいことの区別はつくでしょうよ。
むしろこの「一転否認」が世間からものすごい反感を買って、「そんなウソまでつくなんて許せん!!」 という風潮を作り出したんではないかと思われる。いくらなんでもドラえもんはないでしょう。

さて、死刑判決についてですが。
本村さんいわく。
「一人の死を望んだ人間としての十字架を背負っていく覚悟はできている」
というような話をしていて、この人ってスゴいなぁとあらためて思いました。

公の場で「死刑にして欲しい」と発言したことに対する責務というのをちゃんとわかっているんだなぁと。

その十字架の存在に気づいているという点で、もうこの人は事件直後に感情にまかせて「自分がこの手で犯人を殺す」 といったときの本村さんではないのだなぁと思いましたね。

誤解を恐れず言えば、私、反・死刑廃止論者です。
「世界の先進国では死刑なんて事やってない!!」と廃止論者の方々はおっしゃっているようですが、私はね、廃止に対して反対なの。
なぜかといえば、日本では、終身刑に当たる刑罰というものがないから。

無期懲役と言っても結局20年とかたてば出てきてしまうわけでしょ。表面上であっても模範囚だったら「無期」じゃないわけでしょ。
それじゃ、刑罰としてどうなんだといいたいのですよ。
なんの落ち度もなくて殺された被害者の「殺され損」じゃないか、と。
よく「加害者の人権を擁護せよ!!」っていう意見を聞くけど、じゃあ被害者の人権は? っていつも思うんだよね。

終身刑とか、禁固100年とかさ、もうこの先一生一般社会には戻れなくて、塀の内側でひたすら贖罪の日々を死ぬまで送り続ける、 というのだったら死刑は廃止してもいいと思うけど、そういう選択肢がないうちに死刑を廃止というのには賛成したくないと思ってます。

だからもし今そういう終身刑があったら、この事件に対する判決は終身刑でもよかったかなと思うのです。
もうね、ずーっと塀の中なの。絶対出さないし、死ぬまで毎日毎日そこで暮らす。毎日毎日、自分のやったこととイヤでも向き合って生きる。 ある意味、死刑と同じぐらい厳しいと思うんだけど。

ただ問題は、そういう囚人に対する費用は税金でまかなわれるってことなんだよね……
死刑が廃止になって、そのくせ厳罰化の風潮がすすんで、やたら終身刑が増えちゃったら、刑務所とか絶対足りなくなるよね。
今だって足りてないんだから。

さて。
この判決に対して、弁護側が案の定上告しましたね。
しないわけないだろうと思ってはいたけどやっぱりやったね。
いったいなんのための上告なんでしょう。またあの「ドラえもん」話を聞かされるのかと思ったらうんざりしますね。
事件となんのかかわりもない私がうんざりするんだからご遺族はほんとにうんざりでしょうね。

それにしても、ここまではっきりと断罪しておきながら最高裁でそれをひるがえしたりしたら、また世論が黙っちゃいないだろうな… 自分含め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しパニック。

最初に明かしますと、この記事書いてる現在は朝の4時です。

そんな時間に何やってるかといえば、今週末に迫った引っ越しの準備です。

もちろん、梱包とかそーゆー大変なことは業者に任せてしまおうとは思っているのですけれど。
「いるもの」
「いらないもの」
を分類するのは、業者さんではムリなので、今こうしてやってるわけなのですよ。

「なぜ…なぜ日中にやらない?! そんな時間に起きてまで…」

と思われる方もごくごく少数いらっしゃるかもしれない。まぁ大半は私の引っ越しなんてどーでもいーことなんで興味もないでしょうけど…

なんて思わずネガティブになってしまうのも、どうか許していただきたい。

あのねぇ、赤ちゃんがいるとね、昼間ってホントなーんにもできないのよ。 日常の家事でさえくーたんをだましだましやってるぐらいなのに、「引っ越しを機に荷物の大幅削減」を狙っているとなるとね、 これはもう昼間なんてムリなんですよね。
ムリだなーとあきらめているので映画とか見に行っちゃったりして。とりあえず目の前に山積しているものからちょっと逃避したくなってる私。

それでも作業はどうしてもしなきゃいけないとわかっているので、やれるときにやろうと自分を叱咤激励。
だからどうしてもこういう時間になる。くーたんにとりあえず添い寝して、ついでに自分も3時間くらい寝てからやる。 起きてから大スキな紅茶とか飲んじゃうからガッチリ目が冴える。

「じゃーblogなんか書いてないでさっさと作業したらどうなんだ!!」

と思われる方も奇跡的少数いらっしゃるかもしれない。いないだろうけど。

それについてはまったく正論なので言い訳はナシ(;´д`)

ただねぇ、いかんせん古アパートの2DKっすよ。夜中にガタガタ物音立てればご近所迷惑。 というかちょっとしたガサガサ音でもとなりの部屋で寝ているくーたんが起きちゃうし……狭い部屋ってこれだから……

その反動で次に住む部屋はいっきにレベルUPの3LDK!! 築10年なのでピカピカ感はありませんが、 新婚当初からそれまでのダンナちゃんの住まいに転がり込んだ私としてはなんかもう初の新居な気分なのですよ。
だから荷物も極力減らしたい。いらないものとかガンガン捨ててしまいたい。

ただ平日の昼間だとなかなかそういう大がかりなことがしづらい。くーたんの面倒を見る、という主たる任務があるもので。

だから土日にダンナちゃんにくーたんを見てもらって作業したかったのですが……

「引っ越し前の休日出勤はやめて欲しい」
と今月の初めくらいにお願いしていたにもかかわらず、引っ越し前最後の週末に、彼は仕事に行きました……

――――――。。。。

同じ職場にいたので仕事の大変さもわかってるしダンナちゃんの支店がとても忙しいことはわかってるんだけど。
お願いした直後の週末にも休日出勤するというので、「やめてって言ったよね」と私が言うと、「言われてすぐになんてムリだ」 と言い返されたので、そのときはそうだなぁと思っていたんだけど。
今回はね……

前にも、年末に実家(紋別)に里帰りするのにギリギリまで仕事だったために年越し関連のことがなにもできず、 ヒステリックになったことがある私ですが、今回もそれに近い感じです。
ちなみに私がこの時間に起きていろいろと作業していてもダンナちゃんは大いびきで寝ています。

あーもう、とりあえず引っ越ししちゃいたい。っていうか早いとここのイライラから解放されたい。
精神的なものが影響してるのか、それともただ単にそういうタイミングだったのか、母乳の出もいちじるしく低下していまして、 くーたんのお食事ほぼミルクです。もう6ヶ月だし、母乳、このままフェイドアウトなんだろうか。

ふだんは「捨てられない」女の私ですが、いまは「なにもかもを捨てたい」という危険な状態。
だいじな書類とかを捨てないように気をつけなくては……ふー。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画を観てきました。

くーたんが生まれてから初めて、映画館で映画を観てまいりました~。
なにを見たかというと、こちらです。

魔法にかけられて

前々から見たい見たいと思っていて、いまだに行っていなかった(;´д`)

3/14公開なので、ほぼ一ヶ月が過ぎております。

そのせいか、はたまた平日木曜日の真っ昼間だったせいか、それとも地元の穴場的映画館だったせいか、行ってみたらなんと観客は私とyoshiママとくーたん以外に女性がお二人。
かぎりなく貸し切りに近い状態。
そもそもくーたんを観客に数えていいのかも疑問。数えなかったらなんとその回はお客さん4人っすよ。採算とれないのでは?と無用な心配をしてしまったりして…

公開前にCMもばんばん流れてたし、制作中から「めざましテレビ」などでエンタメ情報として取り上げていたこともあって、だいたいのストーリーは知ってました。

魔法の王国「アンダレーシア」の森に暮らす主人公ジゼルが、その歌声にひかれてやってきた王子さまと即結婚することになるのだけど、夢にまで見たその結婚式当日、王位を王子に渡したくない王妃がジゼルをだまして世にもオソロシイ世界へ追放してしまう… という出だしなんですけれど。
その「世にもオソロシイ世界」というのが現代のニューヨークなんですな(笑)
「ディズニー映画のプリンセス」の王道のような主人公なので、なにかっちゃー歌うし踊るし、歌声で動物を呼べば、ネズミやらハエやらゴキブリやらが大集結するありさま…
「現実の世界」にプリンセスが存在したらこんなにすっとんきょうなのか、と思わず笑ってしまったりして。
そもそも、「いかにもディズニー」的な設定をおちょくるというか、皮肉るというか、そういう設定をディズニー自らがやっちゃってるのが面白い。

追放されたジゼルを追っかけて、アンダレーシアの王子・エドワードもニューヨークにやってきて一騒動起こすのですが。
おなじすっとんきょうでも、ジゼルのほうは天真爛漫な感じがするのに、王子のほうはなぜか「おバカ」なにおいがぷんぷんするのはなぜなのでしょーか(笑)
しかもアニメならそんなに感じないのに、実写になってしまうととたんに単細胞キャラに見えてしまう不思議。
ジゼルもエドワードも「おとぎの国の住人」なのだ、と思って見ても、やっぱり王子だけはおバカちゃんに見えるんだよなぁ。
アンダレーシアからはそのほかに王妃、王妃の手下、森に住むリスがニューヨークにやってくる(つまり実写になる)のだけれど、おバカちゃんに見えたのは王子だけでした。。。(;´д`)

ストーリーはほんとに罪がなくて、やっぱりディズニーらしいな、という感じなのですが、見ててそれがなんだか安心できるのがよかったです。

ちなみにくーたん、映画館に行くまでお昼寝をさせずに連れて行きました。
もちろん、映画館の暗がりで寝てもらうためなのですが。
予告編が始まるなり、目をまん丸くしてからだに力を入れてスクリーンに見入っておりました。予告編って映像も音もハデだし、たまたまその予告が「スパイダーウィックの謎」だったもんで、ますます興味をひかれたんではないかと(笑)
ずーっとyoshiママにだっこしてもらっていたくーたんですが、平和な本編が始まってしばらくして眠りに。そのまま、映画が終わるまで眠り姫でした。

次に見に行く予定なのは、5/1公開の「相棒」なんですけど、これは今回の映画と違って爆発やらなんやらハデそうなので、くーたんがまた眠ってくれるかどうかはわからないんですが…

けどいっつも家のテレビから「相棒」流れてるから、意外と聞き慣れててだいじょうぶかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深刻化……。

出産後、半年が経過しようとしているわけですが。

ここにきていろいろな問題が露呈してきております。

この「問題」とは、あくまで母であるワタシ限定の話です。おかげさまでくーたんは元気そのもの。 6ヶ月を目前にしていまだ風邪ひとつひくこともなく毎日お風呂に入ってはばしゃばしゃとバスタイムを堪能している赤ん坊です。

ではその問題とはなんなのか。

まーだいたい察しもつきそうな感じですが。

ズバリ、産後太りです!!!!

ほんとにね…シャレにならないところまで深刻化してしまった私の体重。

ここで決心しました。
blogで自分の体重とか体脂肪率とか少しずつ報告するようにしたら、追い込まれて痩せざるを得なくなるんではないかと!!

とはいうものの…
具体的な数値はあまりに恥ずかしく情けないので書けません。が、結婚当初の体重比でプラス16㎏です。16㎏ですよ?! 10㎏の米袋1つと5㎏の米袋1つ抱えたってまだ足りないんですよ?! 我ながらもう情けなくって仕方ありません。
だいたい出産直後に体重はかったときは今よりも6㎏痩せてたんです。瞬間風速的な数値かもしれないんですけど。
そして若かりし頃、ダンスの舞台に出るために週5日レッスンしてた時期に比べれば現在プラス18㎏です。 仕事しながらレッスンに通って土曜日は一日中踊ってた頃はほんとに体しまってたし細かったんだよ…今の私とは別人のように。

っていうか今が「別人」なの!! 過去の私が本当の私でなくちゃ困る。 今の私が基準になってしまうことだけは避けなくてはなりません!!

だいたい着る服がないんです。独身~妊娠前までの服はみなきつい。かといってゆるゆるな服を着てると肉はどんどん増えていく。 それにこの体型に合わせて服買うなんて絶対にイヤ。だってもっと痩せるつもりなんだもん!! 痩せないと来春職場に復帰したとき着る服がない。札幌の街を歩くオシャレなワーキングママ、という私の理想像には近づけない。

産後太りはわりと誰しも経験する悩みらしく、いろいろとガードルやらサポーターやら売られておりまして、 私もそれらのいくつかに手は出したのですが。
まずね、ガードルもサポーターもサイズ展開が小さすぎるのですよ!! もともと腰張り体型で独身時代から服のサイズに苦しんできた私。 なのに出産のせいで骨盤がいっきに広がってしまったのでほんとにサイズが大きくなっちゃったんですね。
そんな私にメーカーのサイズ展開は無情すぎる。 っていうかもともと細い人より私みたいに妊娠前からちょっとヤバめな人のほうが悩みは深刻なハズなんです。 なのにどーして私向きなサイズってないのでしょうか。おかしいと思う。
腰に骨盤ベルト巻いて札幌大丸でショッピングしてたらマジックテープがいきなりはずれてあわてたこともありましたよ。 アヤシイ歩き方でお手洗いに逃げ込みましたけど。きつく締めたいからぎゅっと締めてるのに歩くだけではずれるんじゃ意味ないじゃん!! しかもいちばん大きいサイズのベルトだったのに……
そしてガードルってどうしてあんなに肌かゆくなるんでしょうか。 出産前後ってやっぱり肌も敏感になってると思うんですけどそのへんに対する配慮ってないのか? すっごくかゆくなってガードル嫌いに…

えーえー、どうせ私が悪いんですよ!! 腰が張ってて産後に骨盤ひらいちゃってさらに太った私が悪いんです(←本気で投げやりに)。

でもね…わかってもいるんですよ。
ここでほんとに投げやりになって、「もういいよ…どうせ私はもとから腰張ってたんだし太ったところでモテなくなろうがどうしようが別にいい… 」となってしまったら女としては失格なんだと。ママとしても奥さんとしてもです。

なので!!

とにかく痩せます。今までいろんなところで培ったダイエット知識をフル動員して痩せます。

自らのblogで自らを追いつめる、崖っぷちダイエット(いま命名した)を敢行します!!

目標はマイナス16㎏です!! ここに宣言しますよ!! 体脂肪率はマイナス15% を目標に!!

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相棒復活!!そして懐かしの古本。

帰ってきました~!!!!

私の相棒・DELLパソコンちゃんが。

モニターは取っ替えられてあざやかに見やすくなっており、ポッキリ折れていたカードスロット部分の棒はちゃんと直されており、 買った当初から浮き上がっていたキーボード部分の板(ベゼルと言うらしい)も新しくなっていて、ちょっと新品な雰囲気です。

パソコンがいなくなって初めてわかる、日頃のパソコン依存度。

blogぐらいならケータイでも書けますのでなんとかしのげますが、本当に困るのは、
「ネットで情報収集したい!!」
ってときだと思うんですよね。

実は、このパソコン不在の2週間ぐらいの間に、引っ越すことになったのです。

特に転勤があったわけではないのですが、来春、くーたんを保育所に預けて職場復帰することなど考慮した結果のお引っ越し。
札幌からは遠くなるんですけど、駅にして3つ分離れるだけだし、意外といまの駅から乗るより座れる確率もupしますので、 遠くなることのデメリットはあまりないのです。

で、引っ越すことを決めて、さぁ部屋探しだ!! ってなったときに、パソコンがないのって超不便でしたよ… (;´д`)トホホ

そのかわりパソコンがないとネットショッピングができないので歯止めにはなりました。 ついついパソコン立ち上げて楽天とか見ちゃって気がついたらバッグとかくーたんのものとか買ってしまう自分。
くーたんがいない頃は化粧品とかすごい買ってて、「子ども産まれたらもう買いません!!」って言ってました… 実際その頃に比べたら半分以下の購入ペースですが、そのぶん子育てグッズにお金が流れただけ、という気もします。ううう。 引っ越ししたら家賃は一気に3万円UPなので、もう無駄遣いはできないのですが、やっぱり買っちゃいそうでコワイ。

さてパソコンが帰ってきて最初に買ったもの。
それは、Yahoo!オークションにて購入しました古本です。引っ越ししようとしているこのタイミングでなぜ古本なんか… とお思いの方も多いでしょうが、でもね、これはどうしても欲しかったんですよ!!

昔々、私が中学生の頃に読んでいたコバルト文庫なのですが、最近では絶版になってしまっているらしくどこの本屋にもないの。 楽天ブックスにもないの。Amazonなら古本あるけどシリーズものなのにばら売り。一冊ずつ買ってたら送料かかりすぎるし。
ググってみるとヒットするのは「懐かしいよね~」という懐古的記事ばかりで、実物につながる記事は全くなし。

ところが今回、ふと思い出してYahoo!オークションをのぞいてみたところ、 あったのですよ!! しかもシリーズ全巻セットで文庫18冊分ですよ!! せっかくこないだ不要な本をブックオフに売ったというのにまた増えた… yoshiママのあきれ顔が目に浮かぶ…でも欲しい!! ずっと探してきたんだもん!! これ買わなかったら絶対後悔する!!

意気込んで入札!! そして落札!! いやっほーい!!

そんなにまでして欲しかった本とは、知る人ぞ知る「まんが家マリナ」 シリーズです(笑)
私と同じくらいの年代の方は知ってる人いるんじゃないかな~? けっこう熱狂的なファンがいた作品ですし。 ググって知ったんだけど小説なのにイメージアルバムとかカセットやら(時代を感じさせるな…カセットだもん) かなり出てたみたいでびっくりですよ。

とりあえず手元においといて、引っ越し落ち着いたら読みます。ええ、 引っ越し終わるまでは手をつけません!! 一回読み出したらたぶん、全巻読破するまでとまらないと思うので…くすん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

子供服。

ニュース見てたらやってました。

『乳幼児用Tシャツにホルムアルデヒド』

って。

今やこういうコトではおなじみになりつつある、中国製のTシャツだそうですが、何がびっくりって、そのTシャツ、ネット見ながら買おうかなーってぼーっと考えてたTシャツだったからですよ!
世のオシャレママならきっと知ってる『BABY DOLL』のTシャツだったのですよ!

まぁ、きょうび中国製以外の服でも買おうもんなら子供服でもウン千円は投資しないと買えないわけですから、中国製の服は買いません!とは言えないんですけど。
けどね、そろそろいい加減にしたらどうか、と私は言いたいわけですよ。
あの冷凍ギョーザ事件は言うまでもなく、それより前にも、子供用のおもちゃから鉛が!とかさんざんあったわけですから。
品質に対するモラルとかさ、そのへんを国家レベルで一から叩き直したらどうかと。

ブログはいろんな人が読みますので、あまり過激なことは書かないようにしているつもりですが(これでも気はつけてるんだよ!!)いろいろ含めて、どうなんだ中国!!と言いたいね、私は。

中国の話題はパソコンが帰ってきたらまたします。たぶん。

さて、冒頭で話題にしたBABY DOLLのTシャツは、目のさめるような真っ黄色にこれまた鮮やかな真っ赤のロゴがプリントされた派手なTシャツ。
ビビッドなデザイン。
デニムにあわせたら可愛いかな、て感じ。

……………。

っていうかそれ以外に着回しようがなくないっすか?!

あのさーどうして子供服ってやたら柄とか色とか多用したがるわけ?!
きのう近所に子供服の専門店がオープンしたっていうからちょっと見に行って、卒倒しそうになったね…だって、赤と青と黄色いっぺんに使ったうえにわけわかんない柄とかついてんのよ!!自分が着るとしたら絶対着ないであろうデザインのオンパレードっすよ!!自分が着たくない服をなぜ愛する娘に着させられようかっっ!!

とぜいぜいしながらその店を出たのですが。

いやまぁ確かに安かったので、成長とともにすぐ着られなくなることを考えればアリなのかもしれませんけど。

でもね、私が娘に着せたい服っていうのはもっとシンプルでおとなしめな服なのです。イメージとしてはオーガニックな感じの。カントリーというとピンクハウスのエッセンスが入りそうだけどそこは入れずにナチュラルなテイストで。
子供なのでデニムズボンとかはくとしてもトップスはナチュラルに。希望は白だけどそれだと汚れがついたら貧乏くさくなりそうなのでベージュとか、シックな赤とか。げんに今愛用中のニット帽はシックな赤とナチュラルベージュです。

昔々、『全身トータルして使っていいのは2色まで!あと足すなら差し色のみ!』とyoshiママに言われて以来、わりと忠実に教えを守ってきた私。
そのルールって子供服にも適合すると思うんだよね。色って何色も使えばいいってもんじゃないし。
かといってモノクロに白黒とかはイヤ。赤ちゃんに黒とか着せたくない。
おとなしめな色合いで、なおかつ可愛らしくて品がよくて、っていうBaby服ってないのだろうか。
っていうか、そこまでこだわるなら自分で作って着せろ!という話になりそうなのであまり言わないことにしようかな(ミシン買ったのに出産以降は指一本触れてないからね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の連ドラ。

私の相棒・DELLパソコンちゃんがまだ入院中なので、今回はダラっと書かずに短めで。

『ちりとてちん』が終わってしまい、朝がさみしくなりました(ノд<。)゜。
毎朝すごく楽しみでした。最終回もよかったな。特に四草兄さんが子供ひきとって育てちゃうってエピソードはよかった。ただ、格好いい四草兄さんがあんな女の人と付き合ってたってのがちょっと×××でしたが(´Д`)

『ちりとてちん』があまりに好きだったせいか、今週から始まった『瞳』もちょっと期待しつつ見てみました。

( Д|||)ガーーーン

ねぇ見ました?!みなさん!!
最初のシーンは札幌の設定だったんだけど、もうね、腹立ちましたよ!!
窓のそとの雪がものすごくチャチなの!!最近あんないいかげんな雪はじめて見ましたよ。ひどいのなんのってあなた、天下のNHKがあの程度しかできないわけないだろうっての!!

しかももっとひどいのが、主人公がしゃべってた北海道弁!!

誰だよあんな台詞書いた奴!!そしてその台詞に違和感感じなかった制作側!!
いまどき札幌で「したっけ」なんて言ってる女の子いないから!!しかも百万歩ゆずって「したっけ」って言ってたとしても使い方おかしいし。文法間違ってるし。

というわけで、なんか北海道のシーンが少ないから適当に扱われた感じがしたため朝ドラ見るのやめました。

感じ悪かったな、あそこまで変な北海道弁使われると。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »