« 祝*100日!!! | トップページ | ついに納車。 »

めばえ教室とBCG。

先日、市が主催する「めばえ教室」なるものに参加してきました~。

「めばえ教室」は、はじめての子どもが生まれてその子が三ヶ月になったくらいのママと赤ちゃんが集まる会。
何をするかっていえば、赤ちゃんとの簡単な体操と、離乳食についてのお話と、ママ同士の交流タイム、そして同じ時間帯に行われていた妊婦教室のプレママさんたちとの交流です。
ま、ちょっとした気分転換ってところですね。

1ヶ月健診以降、ほかの赤ちゃんというものをぜんぜん見る機会がなかったので、それもちょっと楽しみで行ってみたのですが。

やー、赤ちゃんってほんと個性的です。
みんなだいたい同じくらいに生まれた月齢の赤ちゃんなのに、えらく発育が良くて大きい子とか、髪の毛めっちゃふさふさしてる子とか、小柄で華奢な子とか。
思わずあちらこちらの赤ちゃんを観察してしまう私(;´Д`A ```

さてくーたんはどんな反応をしたかというと。
床に敷いたバスタオルの上にごろんとあおむけに寝かされたくーたんは、いつもとは別人のようにおとなしい…っていうか、動かない!!(笑)
硬直したように、目の前の私をじーっと見てました。
そのうちちょっと慣れてきて、となりを見てみたら、そこには自分と似たような生き物が!!
…と思ったかどうかはわかりませんが、となりの赤ちゃんをじーーーーーっと凝視(笑)
そして相手の赤ちゃんもくーたんをじーっと凝視。
はたから見てるとおもしろい光景でした。ひたすら見つめ合う赤ちゃんふたり。

ママ同士の交流タイムでも、気軽におしゃべりできる雰囲気だったので、いろいろ話してたんですけど。
市の職員の方がなんとなく進行役みたいにして話を進めるんだけど、「このグループの方は上手に子育てできてるみたいですねー」と言ってました。

上手、ヘタっていうのはそれぞれの子育てのやり方があるから、一概には言えないんだけど、つまりそれって「マイペースで楽しく育児ができている」ってことなんだろーなと勝手に解釈。
一日中赤ちゃんとふたりで家の中にこもってると、どうしたって多少なりともストレスを感じると思うんだけど、そのストレスをうまくコントロールできてるママが「上手に子育てできている」ってことになるんじゃないかなと。
それでなくてもいまの北海道ではお散歩もなかなかできないしねー。
逆に言えば余裕があるママさんたちが、そういうイベント事にも出てくるんだと思うんだよね。ほんとにストレスで引きこもってるママって、そういう場にも出てこられないだろうから。

さて赤ちゃんの個性といえば。

めばえ教室の翌日に、BCGの予防接種がありました。
くーたんにとっては人生初の注射です。打たれるのは自分じゃないのになぜかドキドキしてしまう母。
会場はめばえ教室と同じ場所だったので、スムーズに場所まではたどりついたんだけど、そこにいるのは愛想が1ミクロンもない市の職員のジジイふたり。
こっちは赤ちゃん抱いてこんにちはって言ってんだからさー、挨拶とかしろよっての!! しかも問診票とかどこに出したらいいのか流れがわかんなくてまごまごしてるのに声もかけてくれないし、笑顔もないし。いいかげん困って、「あのー、どういう流れになってるんですか?」って訊いたら、

「問診票持ってきてないんですか?」

――――ムカッ( ̄∩ ̄#

持ってきてるよ問診票ぐらい!!

っていうかどうして「どういう流れになってるのか」って質問に対する答えが「問診票持ってきてないのか」ってなるわけよ? 日本語オカシイだろ!! いや基本的に態度がおかしい!!

イラッときたけどとりあえず問診票渡して待合いスペースのとこに移動しましたよ。

ああいう態度で当たり前みたいな顔してるから市の職員ってキライよ。そうじゃない人ももちろんいるけど。

で、いざ問診も終わっていよいよ診察室のとなりのスペースへ移動。くーたんはもちろんこれから何が起こるかなんてわからないわけで、見慣れない場所にきょろきょろしてます。
診察室の中からは早くも赤ちゃんの泣く声が…くーたんよりもママのほうが緊張する一瞬…

「くるみちゃーん」
診察室から名前を呼ばれてさっそくお医者さんの前へ。
くーたんはどうやらお得意の「眉間にしわ」顔になっていたらしく、向かい合ったお医者さんが「おっ、なんだか難しい顔してるねぇ」と笑います。
聴診器とか当てられていきなりいやがって泣いたらどうしようと思っていたんだけど、くーたんはそれどころじゃない様子… とにかくまわりを見回してきょろきょろしているのです。
で、心音にもOKが出たので、いよいよ注射を打ってもらうことに!! ママの緊張も高まりますよ!!

腕を脱脂綿で拭いてもらう間に、ママはバッグからあるブツを取り出しました。。。

kerotto

こちら、「あかちゃんけろっとスイッチ」というおもちゃでございます。

ぐずり泣きしている赤ちゃんの気分を切り替えるメロディが流れるおもちゃ。しかもそのメロディは日本音響研究所(だったかな)が、赤ちゃんの興味を引く音というのを集めて作ってあるのだそうです。
効き目のほうも保証付き。くーたんはこれでほとんど泣きやみます。しかも最近では「顔」というものを認識しはじめたらしく、このベビープーの顔を見てにこにこ笑うのです。

ときたら、これはもう使わなきゃでしょう!!!

プーさんを目の前に持って行くと、案の定くーたんはにこにこしてプーさんを見ました。しかも手まで伸ばしそうな勢いです。
その間にちゃくちゃくと左腕にはBCG接種が……

結果、くーたんはまったく泣くことなく予防接種を終えました。
っていうかね、泣かなかったというか、ほんとに注射されたんか? って疑問になるほど平気な顔だったのですよ。
急激な副反応が出ないかどうか、接種後30分は会場にいなければならないのですが、その間ずーっと抱っこしててもらえたくーたんはむしろゴキゲン…
強いのか、鈍いのか…

ほかの赤ちゃんはけっこう泣いたりしてて、決して痛くないわけではないはずなのに、くーたんは大好きなプーさんに気を取られて注射にまで気が回らなかったのかしら。

ま、今回はママの技あり一本、ということで。

|

« 祝*100日!!! | トップページ | ついに納車。 »

コメント

ママ、やったね^^v

>ああいう態度で当たり前みたいな顔してるから市の職員ってキライよ。そうじゃない人ももちろんいるけど

勤務態度としては当然問題だけど、
三ヶ月前後という、一番可愛い頃の赤ちゃんを見ても笑顔のひとつも出ないというのは・・・
ものすごーく子供嫌いなのか・・・
それとも、辛く淋しい毎日で笑顔の余裕も持ち合わせていないのか・・・
可愛そうな大人達ね~え(´Д`)

投稿: yoshi | 2008.02.03 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/17939383

この記事へのトラックバック一覧です: めばえ教室とBCG。:

« 祝*100日!!! | トップページ | ついに納車。 »