« 1ヶ月健診に行きました。 | トップページ | 本日誕生日。 »

ドラマ『点と線』を見ました。

ずーっと楽しみにしていたドラマ『点と線』 を見ました~。

くーたんの機嫌しだいでは、落ち着いて見られない可能性もあったので、念のため録画。

正解でした。

くーたんの機嫌もそうだけど、録画を見ているときでさえ、途中で居眠りしちゃって「あれ? 話が進んでる…」と気づくことしばしば。
そのたびに記憶にあるポイントまで戻るので、見終わるまでにずいぶんかかっちゃいました。

で、その感想なんですけど……

推理モノなので、ネタバレ防止のため以下つづく。筋を知ってもかまわないよ、という方だけ続きを読んでね。

 

というわけで続きです。

私、松本清張好きなんですよね~。『点と線』はもちろんのこと、『黒革の手帳』なんかすごく好き。
好きなだけに、『黒革の手帳』を米倉涼子が演じたときは、正直、アタマに来てぜんぜん見ませんでした。

しかし今回は役者陣がスゴイ!! ちょっとしか出てこないような役にまで、主役級の俳優さんが配されてて、 なんてゼータクなドラマなんだろうと思って見てました。

――スゴイのはそれくらいかなぁ。

『点と線』はほんとに何回も読みました。文庫本で、カバーの折り返しが手ですり切れて薄くなるぐらい読みました。
それくらいのめり込んで読んだ私には、今回のドラマは、

トリックやアリバイ崩しだけが原作どおりで、あとは新しく創作した。

としか言えません……
主役のように扱われていた鳥飼刑事(テレビではビートたけし)は、原作では当初の捜査にだけ携わって、本編はほとんど警視庁の若手・三原 (ドラマでは高橋克典)が捜査を進めているんだけど、ドラマだとずーっと鳥飼刑事が出てくるし、原作にはない役柄も出てくるし、 原作にはないエピソードもばんばん出てくるし。。。
2夜連続の長さにするためにわざわざ付け加えたんだろうかって勘ぐりたくなるほどのつけ足しっぷり。
だいたい話の終わり方からして原作と違うんだもん。事件の真相を暴くのも、 ドラマではいきなり鳥飼刑事が容疑者の妻に口頭で話しちゃってるけど原作ではそうじゃないし。
考えてみたらあの『黒革の手帳』なんかもっとひどかったな~。原作のラストシーンってものすごく恐ろしいんだけど(精神的な恐ろしさ)、 ドラマはぜんぜん違う結末になっちゃってたし。

だいたい鳥飼刑事って原作ではあんなに扱いにくいおっさんじゃないんだよね。 ドラマではずいぶんと戦争のキズを引きずってたけど原作ってそうじゃなかったんだよねぇ。
それに、安田辰郎役がギバちゃんっていうのはなぜなんすか?  原作のイメージとぜんぜん違うじゃん!! まぁイメージなんて100人いたら100人が違うイメージ持つのかもしれないけど、 ギバちゃんというのはあまりにも釣り合わないのでは…。

『黒革の手帳』もテレ朝だったなぁ…

テレ朝、松本清張の小説をドラマ化するの好きみたいだけど、あんまりセンスないんじゃない?
小説が好きなだけにすごい残念。

ま、あくまで私の好みですけどね。

 

|

« 1ヶ月健診に行きました。 | トップページ | 本日誕生日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/17204871

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『点と線』を見ました。:

« 1ヶ月健診に行きました。 | トップページ | 本日誕生日。 »