« クライマックスシリーズはじまる。 | トップページ | 居座りに終止符。 »

出産とお金。

予定日過ぎてもいっこうに出てこようとしないこっこちゃん。
本日も、あいかわらずおなかのなかでのほほんとしているわけで。
今のうちに書くもの書いてしまおう!! と思い立って、各種手当てを申請する書類に目を通しはじめました。
ちょっと、遅い気もするけど。まあ、それはこのさいよしとする。

それにしても…

なんで、子どもひとり産むだけで、 こんなにお金がかかるのさっ!!! ヾ(*`Д´*)ノ"ムキーッ

ほーんと、実際に自分が妊婦になってみてつくづく実感。
「育てる」コトをこの際置いといたとしても、「産む」だけでえらいお金がかかるんだよね。
1回1回の健診費なんか、ほんと、なんでこんなにかかるんだろうって思わずにはいられません。臨月入ったら毎週健診あって、そのたびに7、 8千円近くの現金が持ってかれるわけです。こうなるとね、会計待ってるときに「××番の患者さんは今日の費用はかかりません」 なんてアナウンスが流れるとムカッと来るよね。私が通院してる病院は総合病院なので、外科も内科もぜんぶ入ってるから、 お年寄りとかも来てるんだけど。

会計はいつも会計窓口で渡される番号カードで呼び出されるので、個人名はわからないようになってるんだけど…
たいがい見てると「費用はかかりません」って言われてるのはお年寄り。
いいなぁ。

だけどさ、今まで日本を支えるためがんばってきたお年寄りを手厚く保護するのはいいけどさ。
これからの日本を支えるべき立場の私たち世代とか、その世代が産み育てようとしている子どもに対する保護ってどうなってるんだろう。
だいたい妊婦健診に保険が適用されないっていうのもおかしいと思うんだよね。医療行為とどう違うんだって言いたいもん。 出産だって自然分娩なら適用外だけど帝王切開だったら医療行為で保険の適用内です、っていうのもなんかへりくつっぽい感じするし。 病院にかかってるのは同じでしょ? 自然分娩=ほっぽっといても生まれる、ってわけじゃないんだからさ~。

ひとり産むだけでこんなに医療費かかるんだよ?
この「格差社会」でさ、産むだけのお金だせない人だっていると思うよ。
せめて「子供を産むためにかかる費用は国が負担します」ぐらいのことはして欲しいと思うね。保険適用するとかさ。
少子化対策だ、なんつって、たしかに出産一時金の金額は30万円から35万円に上がったかもしれないけど、 出産に至るまでの健診料っていうのはあいかわらず保険適用外でしょ。
産むまでにかかる費用のこととかも考えて初めて少子化対策じゃないのだろうか。

ちょっと前に妊婦が救急搬送でたらい回しになったってニュースがあって、そのときに、「かかりつけ医がいない」 ってニュースですごく取り上げてて。
私としてはもちろん、自分が妊娠したのに病院にも行かない母親なんてとんでもないと今でも思うけど、でも、この 「出産までの費用がバカみたいに高い」という現実も確かにあると思うんだよね。
働いても働いても暮らしがらくにならない「ワーキングプア」なんてコトバまでできてるご時世だから、「病院に行かない母親が悪い」 って100%決めつけることもできないなぁ…と。
そう思ってたらさ、出産で入院して、いざ子どもも生まれて退院! ってときに、
「今はお金がありません」
って払わないで退院しちゃって、じゃあ出産一時金で払ってもらおうと病院がそのひとの自宅に行ったら、
「パチンコで使っちゃったのでありません」
って言われたりとか、もっとひどいのは引っ越しかなんかしていなくなってた、ってことがあるらしい。
ひどいよね~。日本人のモラルってどうなってるんだよ、とあきれてしまう。そんな母親がいるから、 少子化対策で費用の問題とかを深くつっこめないんではないのかしら。

そういう背景があるからでしょう。
私のかかりつけの病院では、念書とられましたよ(笑)
入院する本人と、配偶者と、あと連帯保証人。
「退院時に一括して支払います」
って文言の入った書類を書かされました…。うむむ。

で、取られるお金がある以上、取り返せるお金は取り返しましょう、ということで各種手当てのもらい方をいろいろ調べているわけですが…

なんなの、 この面倒くささは!!!! キーッ(`Д´)

銀行も基本的に書類で動く世界なので、多少の書類のやりとりには慣れているつもりなんですけど、 それでも面倒だと思うんだからかなりでしょう。
私の場合は育児休暇取得で、自分自身がまだ会社の健保組合の被保険者。会社の健保組合のホームページから必要書類をDLすればいいんだけど、 面倒なのが「育児休業給付金」。どんな感じで申請するのかなぁって思って検索してみたら…

難しすぎてわけわかんない。

○支給申請手続き(事業所の所在地を管轄する公共職業安定所に提出)
  (1) 事業主は、雇用している被保険者が1歳(支給対象期間の延長に該当する場合は1歳6か月) 未満の子を養育するための休業を開始したときに、休業を開始した日の翌日から10日以内に、休業開始時賃金月額証明書を、 事業所の所在地を管轄するハローワークに提出しなければなりません。また、同時に「育児休業給付受給資格確認票・(初回) 育児休業基本給付金支給申請書」を育児休業給付受給資格確認票として提出して下さい。 (2)の支給申請手続を被保険者の方に代わって事業主の方が行う場合、この手続きについては、「育児休業給付受給資格確認票・(初回) 育児休業基本給付金支給申請書」を使用して、育児休業基本給付金の初回支給申請を併せて行うことも可能です。この場合、賃金台帳、 出勤簿などの記載内容を証明する書類と被保険者の母子健康手帳などの育児の事実を確認できる書類の写しを添付して下さい。

ってさぁ。
これ、一回読んで「ふーん、そうかそうか。よくわかりました」って言う人、いる?
年金とかもそうだけど、この、「申請しないともらえない」っていうお金の手続きって、わざとめんどくさくしているとしか思えない。 かんたんに説明しようと思えば、ぜったい、もっとかんたんにできるはずなのに、わざと小難しく書いて「あー、 もうわかんない!! めんどくさいからもういいや!!」って思うように仕組んでるんじゃないだろうか。
しかもこれ、初回の申請だけではダメで、このあとも2ヶ月に一回は申請しないといけないらしい。
生まれたばっかの子どもがいるっちゅーねん。そうそう出かけてられるかい!! 

と言ってはいるが…行かないとお金がもらえないのであれば行くしかないっす(;´д`)
私の場合はダンナちゃんが同じ会社なので、会社でもらう書類なんかもかんたんに手にはいるわけですが (なんせ支店間徒歩5分くらいの距離だからね)、そうでなかったらけっこうキツイと思うな~。

それを思うと、やっぱり、今のニッポンって子ども産みづらいし育てづらいよね。
その現状を、少子化対策x2って言いまくってる国会議員のセンセイ方がぜんぜんわかってない、というのも、イラッとくる母なのでした。



  

|

« クライマックスシリーズはじまる。 | トップページ | 居座りに終止符。 »

コメント

人ひとり産むのってそんなにかかるんですね‥。たしかに病ではないかもしれないけど、これだけ少子化対策がさけばれているのに、毎週7、8千円飛んでくのはイタイ! 少子化対策の焦点も産後の育児にかかる費用ばかりで、産前の費用についてはあまり着目されていないイメージでしたねたしかに。そのくせ森喜朗の「今の女性は結婚もせず子供も産まず我が世の春を謳歌し好き勝手やってる」とか、あのムカつく前厚生大臣なんて「産む機械が足りない」とか言ってさ、産みたくても産めない状況をまるでわかってない!
そんなにかかるのであれば、ホントにかかりつけの医者がいなくなる状態も頷けますなぁ

投稿: クドマキ | 2007.10.14 19:25

結婚しないの子ども持たないのも選択肢のうちのひとつだと思うし、「産む機械」発言の柳沢のオッサンも現状認識がぜんぜんなってないとしか言えません。そういうオヤジがトップにいるから状況がよくならないのよね。
産前の費用がこんなにもかかるなんて私も妊娠して初めて知ったので、むしろその事実を若い女性みんなが知ってしまったらさらに少子化が進むかもしれませんね。

投稿: ai | 2007.10.14 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/16757483

この記事へのトラックバック一覧です: 出産とお金。:

« クライマックスシリーズはじまる。 | トップページ | 居座りに終止符。 »