« 復活第一弾! | トップページ | 頑張れパパ。 »

初出産のいろいろ。

退院して4日が過ぎ、

「赤ちゃんに泣かれる」

ことに対してだいぶ慣れてきた新米ママのaiです。

産院にいる間はやっぱりまわりに気を遣ってしまうので、泣かれることにすごく敏感になってたし、 なにより自分が慣れてないこともあって余裕0%だったのですが、今は余裕40%ぐらいにはなってきました(それでもまだ低いけど…)。

結局、私の初めてのお産は陣痛も破水も自然には起こらず(;´д`)
どちらも病院にて人工的に起こして出産に至ったわけですが。

朝から陣痛促進剤を使って、ピークになったのが午後2時くらい。薬を使うと、 過剰陣痛とかいうハイペースの陣痛が来ちゃうこともあるらしく、 そのへんは助産師さんが私の様子を見ながら薬の分量を調節してくれるのですが、過剰陣痛になりかかったので薬をゆるめた結果。。。

寝ちゃった(。-ω-)zzz

しかも寝たのは私だけじゃなくておなかのなかのくーたんも寝てしまいまして、音を立てて胎児を起こす機械を使ってみるものの、 ふつうの子なら2回ぐらいで起きるところがくーたんは4回やっても起きない(笑)
結局また薬を強めて、そこからようやく私自身の陣痛が自然に起きてきて出産に至ったわけでございます。

実際に分娩台に上がってから生まれるまでは1時間程度で、あとから助産師さんに「冷静でしたね」 と言われるぐらい呼吸とかいきみとか上手かったらしい。
今思い返すと、とにかく、

いきみたい → いきむためには2回深呼吸して3回目じゃないといきめない → 陣痛が来るタイミングをムダにしてはならない → とにかく呼吸

というような必死の理論が脳内を支配していた気がします(笑)
いきみたくていきみたくて、そのためには深呼吸しないといきませてもらえない、 みたいな必死の思いだけで私が存在していたといっても過言ではありません。
あばれたりするようなムダなパワーを使うくらいなら、とにかくいきんでお産を終わらせたい、という気持ちもあったような。

なので、くーたんがついにこの世界にどーんと登場したときには、
「生まれた~!!」
というのと、
「お産終わった~!!」
という達成感とで、わたくし、分娩台の上で叫びました。

「やった~!!!!!!!」

と(笑)

ところが問題はその後で……

妊娠中もいたって順調、健康体だった私なのですが、なんとここでトラブル発生。 くーたんが大きく産まれてしまった影響でかなりの出血をしてしまい、分娩台から起きあがれなくなってしまいました。
お産直後って血が騒ぐというかざわざわする感じで眠れない、というのはよく聞く話なのですが、私はくーたん出産直後にいきなり眠くなって、 後産も終わったあとで「すいません、ちょっと寝ていいですか?」と分娩台の上で爆睡してしまったのです。
そのときはとにかく疲れて眠いんだ、って思ってたんだけど途中で助産師さんに「aiさーん!! 意識飛んでませんかー?!」 って確認されたので、今思えば出血がかなりヒドかったから意識がもうろうとしてたんだと思う。
その後、目は覚めたものの起きあがれないので、6人がかりで分娩台からシーツごと別のベッドに移されて、まる一日、 病室に戻れず別室で寝てました。

起きあがれないということはお手洗いにも行けないので管を通されるわけで、点滴もまだ打ちっぱなし。
その日の夕方にようやく病室に戻れたけど、管はとれないし移動も車椅子だし、くーたんに初乳をあげることもできず(;´д`)
思わぬトラブルでした、ほんと。

胎児が大きい、というのはやっぱり母体に負担がかかるんだなぁ、と実感したけど…
でもくーたんの場合、私自身が太ったワケじゃないから、いったいどうやったらくーたんの成長をほどほどで止められたのか。

そのかわりといってはなんですが、大きく産まれたくーたんは非常に扱いやすいです。
ある程度の重みって必要なのね。

けど……ここ数日、私の右手首はじゃっかん痛い。

もしかして、腱鞘炎…? ううう。

 

|

« 復活第一弾! | トップページ | 頑張れパパ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/16897918

この記事へのトラックバック一覧です: 初出産のいろいろ。:

« 復活第一弾! | トップページ | 頑張れパパ。 »