« 白戸家の人々。 | トップページ | 巨星墜つ。 »

妊婦の立場で。

先日、奈良県で妊婦さんが救急車で運ばれたもののあちこちたらい回しにされたあげくに死産、という悲しいニュースがありましたが。

他人事じゃないですねぇ。札幌でもあったんだって。今年に入ってから5件ほど。

もちろん、こっちが緊急事態を訴えてるのに、「ウチは手一杯ですから受け入れできません!!」 とか言われて断られたらたまったもんじゃないです。こっちだって耐えるのに手一杯なんだよ!! って話です。 緊急事態だから救急車呼んでるのにさ~。ま、最近は救急車をタクシー代わりに使う不届き者もいるらしいけど。

だけどね、私が微妙に気になってるのは、奈良県もそうだし札幌は全部そうなんだけど、受け入れ拒否された妊婦さん、

「かかりつけ医がいない」

ということらしい。

いや~、それってどうなんだろう? 同じ妊婦としてどうしても納得できないんですけど。

自分の今までを考えたらですよ。
2月のはじめに「これはもしや」と気づいてからすぐ病院に行って、まめに検診受けたりとかしてるでしょ。こっこちゃんがまさしく「豆」 のようだった頃からずーっと病院に行ってるし、体調だって管理してるし。けっこう早い段階で私は気づいて、 これが初めての妊娠だから他の例はわかんないけど、でも、フツー、自分が妊娠したかどうかってわかるでしょ? 
で、もしわかったら、赤ちゃんはもちろん自分の体もだいじにしなくちゃって思うわけで、そしたらやっぱり病院行きませんかね?  病院行くにあたってまずは家の近くに行くべきかとか実家の近くにするべきかとか考えませんかね?
つまり、授かった命を大切にするために、病院ってちゃんと行くもんじゃないか? って思うんです。

それで考えたら、かかりつけ医がいないっていう事態は私にはよく理解できないのですよ。

札幌の件については、地元の新聞にだいぶ前に載ってて、 記憶に間違いがなかったらそのたらい回しされた妊婦さんって16歳だった気がします。
16歳で妊娠っていうのも、なんかちょっとなぁって思うけど、たぶん妊娠したことを親にも言えないで誰にも言えないで、 もちろん病院にも行けないで悩んでるうちにそういう事態になってしまったっていうのはあるのかもな、とは考えられる。 「こうのとりのゆりかご」がある慈恵病院では、電話相談もやってるそうだけど、高校生の妊婦さんが「産まれちゃう!! 助けて!!」 って緊急SOSを電話してきて、駆けつけて入院させたあと親に連絡したら「そんなはずはない」って親が言った、 ってことが実際にあったそうですし。
気づかない親もかなりどうかと思うけど。

なんていうかね。

もちろんというか、当然、たらい回しにならないようなシステムの構築って大事だと思う。今朝、 テレビでもコメンテーターが言ってたけど。
だいたい救急車から電話して「おたくの病院は受け入れ可能ですか?」なんて確認するなんてこのご時世にしちゃずいぶんアナログじゃない?  こんだけネット社会になってるのに。救急車の出動と同時進行で、地元の病院の受け入れ態勢をネット使って確認して、 患者さんをすぐ搬送するようなシステムなんて作ろうと思ったらすぐじゃないのか? って。 むしろそういうシステムじゃなかったことにびっくり。

だけどね、あんまり誰もテレビで言わないけど、私は妊婦さんの「自己防衛」だって必要だと思うよ。
だって自分の命はもちろんだけど、もうひとつの命がかかってるわけでしょ。それもさ、自分のところにやってきてくれた大切な命だよ。 自分に託されたんだよ。それをね、病院にも行かないでかかりつけ医もいないなんて状態にしておいちゃダメだと思う。 誰しもが順調に出産までこぎ着けるとは限らないんだし、赤ちゃんを守るのは自分しかいないんだ!! って気持ちでいないと。
奈良県の妊婦さんは38歳だったんだってね。そしたら妊娠の兆候ぐらい気づいたんでは? なぜかかりつけ医がいなかったのかしら?  個人の事情っていろいろあるだろうから、その人だって病院に行けない事情があったのかも知れないけど、けどなんとなくスッキリはしない。

少子化対策とかさ、安心して産める環境作りとかさ、いろいろ言われてるけど、妊婦さんが、心構えというか、「命の大切さ」 ってものをちゃんと認識してもらいたいと私は思うなぁ。
命を授かるってことがどんだけすごいことなのか、ちゃんとわかってれば、と。
環境作りってものはさすがに行政に任せておくしかないけど、やっぱ母親がもっと自覚持ってしっかりしないとさ。
いちばんカワイソウなのは「赤ちゃん」なんだもの。

|

« 白戸家の人々。 | トップページ | 巨星墜つ。 »

コメント

私はこの話をひと事程度に聞いていて、「あー、またたらい回し事件なんだ、かわいそうになー」ってなくらいだったんです。はしょって聴いてたから詳しい事件内容を知らなかったのですが、かかりつけの医師がいないというのは、ただ単に「物理的に不在」だったんだねと思ってました。いつもの先生が学会で出張していなかったとか、連絡とれなかったとかだったんだなーって思ってた。かかりつけの医師にみてもらってない妊婦なんてこの世にいたんですね。産む資格無しだな。

投稿: クドマキ | 2007.09.08 22:01

かかりつけ医がいない=今までの状況がわからない=リスク大
という図式があるせいかやっぱり受け入れ側も躊躇するらしいです。緊急事態にリスクうんぬんを気にして受け入れないっていう病院側もなんかなぁって思うけど、それよりやっぱり妊娠してるのに病院に行かない妊婦のほうが問題なんではないでしょうか。
経済的理由で病院に行けない、というのも現実問題あるそうですけど、根本的に妊娠は病気ではないので、経済的に無理があるなら回避することもできるはず…
結局いちばんカワイソウなのは子どもです。

投稿: ai | 2007.09.09 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/16357562

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦の立場で。:

« 白戸家の人々。 | トップページ | 巨星墜つ。 »