« ビュッフェでお食事。 | トップページ | 同期の桜。 »

氷枕を作ってもらいました。

う――――――――っっっっ。

暑いよぉぉぉぉぉぉ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。 ━━━━━!!!!

 

と、暑いと言えば言うほど暑苦しくなる夏の夜。
妊婦にとってこの暑さはキビシイ。
その上、先日も書いたように、北海道の一般的な民家にはクーラーってないのよ。
あるのはストーブ。
んなもん、夏の暑さ対策にはなんの役にも立たん!!!

うちわの風はただただぬるく、扇風機の風もただただ熱風をかき回すだけ……

頭はぼーっとしてくるし、元気なのはこっこちゃんぐらいなもので、そのこっこちゃんの元気な胎動でさえ、 暑さにやられた母親にはひたすら辛い……
だって、しずかに横になって体力を温存しようとしても(ライオン戦法)、こっこちゃんが「うわーいっっ」 って声が聞こえそうないきおいでおなかを内側からドカンドカン蹴ってるわけですよ。叩いてるのかもしれないけど。 外から見ててもおなかが変形するのがわかるくらい動くわけですよ。

横になっても暑いことには変わりなく、次第に意識がもうろうとしてきたところに、

「はいっ」

ダンナちゃんが差し出してくれたのは、氷枕でした。

昔ながらの水枕に氷を足したオーソドックスなアイテムですが……

あなどれませんぞ!!!!!

体の右側を下にして横になっていた私は、右腕と顔の間に枕をはさんでみました。これがまた最高に気持ちいい!!! 「頭寒足熱」 とはよく言ったもんです。まぁこんだけ暑かったら「足熱」じゃなくて「足寒」でもいいような気もするが(笑) けど、「頭寒」 は効果テキメンですよ!!!
しかもね、クーラーよりもよっぽどエコですよ。電気使わないし。

このときはさすがに、ダンナちゃんが光り輝いて見えました。後光が差してたよ。

けどウチにある水枕は1つ。私が使えば、ダンナちゃんは使えません。

ダンナちゃん曰く、
「オレのほうが暑さには強いからね~」

大学時代に東京でクーラーなしの夏を2回乗り切った人はちがいますな~、言うことが。
なんでも大学時代、夏の夜に冷蔵庫の水を飲もうとして台所まで行き、あまりの暑さに冷蔵庫前の床で気を失ったことがあるらしい。
ふっと気がついた瞬間、「あれ、なんでオレこんなところで寝てんだ??」って思ったんだそうですが…死ななくてよかったよ、アンタ…

ちなみにダンナちゃんは夜中、寝室よりも少しでも涼しい場所を求めて移動。
居間のとなりの部屋で、ソファに仰向けで寝てました……

ごめんね、ダンナちゃん……

 

|

« ビュッフェでお食事。 | トップページ | 同期の桜。 »

コメント

相変わらず優しいのぅ、ダンナちゃん

投稿: クドマキ | 2007.08.17 12:24

ダンナちゃんに伝えておきます、クドマキさんのその言葉(笑)
そして相変わらず、その優しさにどっかり乗っかるダメ妊婦。
ま…いいかヾ(;´▽`A``

投稿: ai | 2007.08.18 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/16139806

この記事へのトラックバック一覧です: 氷枕を作ってもらいました。:

« ビュッフェでお食事。 | トップページ | 同期の桜。 »