« オンナの計算。 | トップページ | 標準<こっこちゃん。 »

秋の新色祭。

ひさびさにコスメ記事です。

「こっこちゃんが生まれるまで!!」という言い訳を盾に、いろいろと楽しみを満喫している毎日ですが、そのなかでも満喫しちゃったのが秋の新色ひとりはしごツアーです。

夏は夏でポップな色合いとかたくさん出て楽しいのですが、秋は秋で落ち着いた色合いというかオトナっぽいカラーがたくさん出るので、目移りすることこの上なし。ふだんは物欲を抑えるためになるべく買わずにいたコスメ雑誌も、新色をチェックするために購入しました。ちなみに買ったのは「マキア」。

で、さまざまなブランドの新色を検討した結果、「買うべし!!」と結論が出たのが、ジバンシィジル・スチュアートRMK

基本ジバンシィ信者の私なので、買ったアイテムが一番多いのはジバンシィです。

左から、リップライナー、チーク、パウダーファンデ、ネイル2本、口紅、化粧下地。

そのうち限定なのがチークとファンデとネイルと下地…ってこれがまた大半が限定なんだよね。限定発売って作戦、ズルいな~っていつも思うんだけど、結局その作戦にうまうまとひっかかるちょろい客(私)。

ジバンシィのチークは単色ではなく、4色がひとつのコンパクトにセットになっていて、混ぜ方によってはいろんな色味を出せるので大好きなアイテム。これがまたかなりの人気らしく、秋の新色では、他ブランドでも4色セットになってるチークがやたらと出てました。ジルスチュアートも出してたな。

しかし今回のジバンシィはそんな他ブランドの追随を許さない可愛らしさ!! ブランドロゴのGマークが浮き上がってるのです。使い勝手もベリーグッド。しかもジバンシィのチークってこの下の段にブラシもセットしてあるんだよね。出先での化粧直しにはありがたい心遣い。
けど私はあえてそれを使わず、ジバンシィのチークブラシをポーチに入れて使ってます(笑)

妊娠して以来あまり突拍子もない色とか派手な色は使わないようになりまして。
シャドウはベージュかブラウン系、リップは基本的にピンクベージュ、というごくごく普通のメイクに落ち着いていた私にとって今回のジバンシィはまさにツボなカラーばかりでした。
リップもネイルも「ピンク&ベージュ」の2色展開だったのですよ。
予約に動いたタイミングがちょっと遅くて、ネイルのピンクは予約できなかったのですが、発売当日カウンターに突撃して無事にラスト2コのうち1コをゲット。

ジバンシィのアイテムはどれも相性がいいのですが、今まで使ってきた中で唯一、微妙に相性が合わなかったのが口紅。もともと私は唇の皮ムケがものすごいタイプなのですが、どうもジバンシィの口紅はさらにその乾燥に拍車がかかるのか唇になかなかのらないのです。それでも色合いが好きなので、ボビイのリップバームを下地に使ったりしていろいろと工夫していたのですが。
今回発売になったリップアイテムは、「ルージュ・アンテルディ」というシリーズで、実は私まだ買ったことなかったんです。警戒してて。だけどピンクの色味があまりに可愛かったのと、今までにないうるおい感、というのにひかれて購入しました。
それが大正解!!! ジバンシィの口紅のなかでナンバーワンのお気に入りです。グロスのようにうるうるしてるけど、グロスよりは色味がしっかり出るし。
で、最近見つけたお気に入りアイテム、「キャンメイクのリップコンシーラー」と合わせて使ってます。ピンクにしてもベージュにしても、もともとの唇の色が濃い私にはコンシーラーが必須。しかも普通の肌用コンシーラーって乾燥するんですよね。パウダーファンデで色味を抑える手もあるけど乾燥するのは同じだし。その点このリップコンシーラーは乾燥が抑えられるので私にはぴったりです。
コンシーラーで整えたらリップライナーでラインを引き、口紅を塗ります。今回のジバンシィのリップライナーはかなりヌードなベージュ。昔はリップライナーは口紅より一段濃い色を使ってたような気がするんだけど(かなり昔ね)今は発想が真逆なのね。ジバンシィのBAさんイチオシアイテム。唇がふっくりと立体的に見えるのだそうです。

化粧下地は限定なのが惜しいくらいのアイテム。「ミスターマット」という名のとおり、肌をマットに仕上げてくれる(皮脂テカがおさえられる)下地なんですが、なぜそれを夏場に出さないのか!! と思わずにはいられない。
私はBAさんに教えてもらった「下地混ぜのワザ」を実践中。化粧水・美容液・クリーム、で肌を整えてから使う下地、ジバンシィの「アクティ・マイン」を使ってるのですが、それにこの「ミスターマット」を混ぜ混ぜしちゃうのです。この「アクティ・マイン」、色展開が豊富で、私はベージュに白とブルーを混ぜて使っていますがBAさんが言ってたのはピンクの下地を混ぜる方法。ジバンシィのアーティストが雑誌で披露した技らしい。ちなみにピンクは肌の血色をよく見せるカラーだそうです。ブルーは透明感が出るの。
ほんとこの「ミスターマット」、レギュラー商品として定着させて欲しい。年中通して使いたいもんね。以前にも限定カラーだったプレストパウダーが定番になったこともあったし…

ジルスチュアートでは、アイカラーとネイルを購入。

色味は限定の20番でピンクっぽいベージュ。スフレみたいにぷるぷるしてます。ちょっとキラキラしてるので、つけすぎるといきなりケバくなりますが(笑)
これを使う前にまぶたにルナソルのアイリッドベースを使用。発色が違います。
あと、ネイルも買ったんですが画像撮り損ねました…すみません(汗
ピンクのネイルでラメがキラキラしています。でもそんなに大粒じゃないのでお仕事にも大丈夫。私はベースにジバンシィの新色ピンクを塗って、その上からこのネイルを塗ってます。ボトルもカワイイが塗り心地も上々。お値段も1500円と良心的です。

で…最後に買ったのがRMKなんですが。
実は今回、RMKは最初買わないことにしてたんです。なんせジバンシィで爆発しちゃってるのであまりにも……かなと(笑)
テーマカラーが「ベージュ」だったので、物欲はかなりむずむずしてたのですが。

しかし会社の後輩で同じくコスメ大好きのU子ちゃんが、
「RMKのチークとグロス予約しちゃったんです~!! カワイイですよね今度の新色!!」
って私に報告してくれた時点で運命は決まりました……

その日の帰り、ソッコーでいつもの「大丸札幌店」へ。コスメはたいがいココで買ってます。ジバンシィが札幌ではそこにしかないというのが大きな理由ですが。
しかし、スタートダッシュに出遅れた私にはもう予約は不可……
「予約数はいっぱいになっちゃったんですけど、当日販売数はありますので……」
ってBAさんは言ってくれたんだけど、発売日(8/24)はススキノに行く予定があってとても大丸に寄ってる余裕はない。しかも24日は一般企業の給料日だから、たぶん翌日まではもたないはず。
それでも私はあきらめませんでした。

大丸が札幌に出店するより前…というかRMK自体がまだまだメジャーじゃなかった頃、私はアイテム8割がRMKだった時代がありまして(笑)基礎ラインからメイクアップ、小物系までみんなRMKだったりしたものです。そのときに通い詰めていたのが「札幌西武」のRMKなのです。
そっちに行ってみてもう予約ができなかったら、今回は縁がなかったと思ってあきらめよう…そう思ってカウンターに行ったところ、「まだ予約できますよ~」との嬉しいお言葉が!!! ばんざーい!!!

というわけでゲットしたのがこちら。

おとなしめのベージュに、ブラウンとシルバーのポイントカラーが入ったシャドウと、ベージュとブラウンの中間ぽい色味のネイル。
ネイルは店頭でテスターを合わせてみて一目惚れした色なのですが、肌がキレイに見えるし、落ち着いた色味なのが何よりもスキ。しかもラメ入りなのでムラが目立たない(笑)
お仕事にはピッタシな色です。ま、私の場合は別に超派手でもいいんだけど…あんまりケバい手って好きじゃないので。最近はツメも短く整えて、カワイイ色とかシンプルな色とか塗るのがお気に入りです。前はちょっと長めにとかしてたんですけど、 BAさん達が短くしたツメにネイルを塗ってるのを見て「あ、カワイイ」って思っちゃって、真似することにしました。どっちみちこっこちゃんとつき合うようになればツメなんか伸ばしてられませんし。

これで秋の新色祭は終わり!! あとはもう買わないぞ!! と思っていたのですが……

なんと信奉するジバンシィが9月にまたも新アイテムを出すらしい。しかも私の好きなパウダーを!! 
今、襲い来る物欲と必死に戦ってます。勝てるかどうかは……微妙(;´д`)トホホ

|

« オンナの計算。 | トップページ | 標準<こっこちゃん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/16250643

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の新色祭。:

« オンナの計算。 | トップページ | 標準<こっこちゃん。 »