« うぁ〜ぁ〜ぁ〜。 | トップページ | 暑いです。 »

香田監督引退。

Yahoo!のトピックスを見て朝からびっくり仰天!!!!!!

なんと、駒苫の香田監督が引退するというのですよ!!!!

◆第89回全国高校野球選手権大会1回戦 駒大苫小牧4-5広陵(11日・甲子園球場) 昨夏準優勝の駒大苫小牧(南北海道)が広陵(広島)に逆転負け。史上初の4年連続決勝進出の夢が絶たれた。また、同校の黄金時代を築いた香田誉士史監督(36)が勇退することがスポーツ報知の取材で分かった。
 北海道に初めての大旗をもたらし、3年連続で夏の甲子園決勝進出を果たすなど、駒大苫小牧を全国屈指の強豪に育て上げた名将・香田監督がチームを去る。小玉章紀校長ら学校関係者の了承もすでに得ており、後任監督には茂木雄介コーチ(26)が昇格する予定となっている。
 香田監督は95年、大学時代の恩師、駒大・太田誠前監督(71)の推薦で、24歳で監督に就任した。初めは服装の乱れ、あいさつ、グラウンド整備と、一からチームづくりに着手。太田監督譲りの手堅い野球をベースに、北海道出身の選手を鍛え上げ、01年、32年ぶりとなる夏の甲子園出場を果たした。
 03年からは5年連続夏の甲子園出場。04年には甲子園初勝利を挙げた勢いに乗って、一気に全国制覇まで駆け上がった。05年は田中将大(現楽天)を擁し、57年ぶりの夏連覇を達成。3連覇を狙った06年、決勝戦で斎藤佑樹(現早大)擁する早実に再試合の末に敗れ、準優勝に終わった。
 しかし、グラウンド外では度重なる不祥事に悩まされた。連覇達成直後の05年8月の部内暴力に始まり、それから1年以内に飲酒、喫煙が立て続けに発覚。06年3月、元部員の飲酒事件が発覚した際にはセンバツ出場辞退に追い込まれ、自らも引責辞任した(その後、復帰)。心労が重なり、胃かいようなど体調を崩すこともあった。今回、香田監督自身が1年次から携わった最後の選手である3年生が引退するタイミングで、身を引く決意を固めた。

 「限りない進化」と「チャレンジャー精神」を掲げた「香田野球」が、北海道の球史を変えたのは間違いない。この精神は、今後も駒大苫小牧にしっかりと受け継がれていくはずだ。

 ◆香田 誉士史(こうだ・よしふみ)1971年4月11日、佐賀県生まれ。36歳。佐賀商時代は外野手として2年夏、3年春、夏と甲子園出場。駒大では2度の大学日本一に貢献。卒業後の94年夏、臨時コーチとして佐賀商の日本一に貢献。翌95年、駒大苫小牧の監督に就任。以来、同校を甲子園に8度(春2、夏6度)導いた。04年夏は甲子園初勝利から一気に北海道勢初の全国制覇、05年も連覇。06年、早実との決勝戦は引き分け再試合の末、準優勝した。家族はひとみ夫人と1男。

なんだそうですよ~。

なんかね、昨日の負け方が負け方だっただけに、ちょっと…いやかなり残念。
昨日なんて9割勝ち試合だったのに、最後の最後であせっちゃってエラーで2点だもの。せっかくの後攻で(駒苫は後攻だと強い)、しかもずーっとリードしてたのに、なんなんだよあれは…と目を覆いたくなる、というかがっくりと肩を落としてしまう試合でしたよ。思えばいきなりデッドボールお見舞いしたりして、どうも落ち着きに欠けてるかな、とは感じたけど。
あまりにもショックで、昨日なんかケータイでため息的な記事をちょこっとアップしただけで終わり。ニュースも見ない。もちろん、大好きな「熱闘甲子園」も見ない。

しかし…香田監督、このタイミングで辞めちゃうとはね~。
最初から決めてたことなんだろうけど、いち道民としては、かなり残念。せっかくここまで基盤ができてきたのに、こんな負け方をして帰ってこなければならなかったのが監督として最後なんて、ちょっとくやしいし悲しい。たぶん、駒苫のナインも同じ思いだったんじゃないかな。
監督も最後だと思っていたから、「理想のチームに近づいた」ってコメントをマスコミにしゃべっていたのでは…

だけどねぇ、これはあくまで私の勝手な考えなんですけどね、今年のように際だったスター選手がいないチームでも、駒苫というチームは強いんだ、というところを見せてほしかったな。
去年はマー君や本間君がいて、スター選手を擁立したチームの強さ、みたいなものを見せてくれていたけど、でも野球って個人プレーじゃないから、チーム全体としてのスキルが高くないと勝てないわけで、今年はそういう基本的な強さみたいなものを見たかったわけですよ。
そういう強さを、たぶん香田監督も目指していたと思うし、そういうチーム作りをしてきたんじゃないかとも思う。いわば今年が正念場だった、みたいな。

それをこんな負け方して、「勇退」ってのはね~…なんとも。

しかも年齢36歳でしょ? 野球監督ってやっぱり年をとればとるほど選手を育てることにも、選手を見る目にも磨きがかかると思うし、指揮官としての老獪さ、みたいなものも身につくと思うんだけど(楽天のノムさんなんかまさにそうじゃん)、 36歳で退いちゃうなんてもったいなさすぎると思う。駒苫というチームが一過性のものじゃなかったことを証明するためにも、そして香田監督の「監督としての資質」が育っていくのもまだまだこれからだったんじゃないかなぁ。

やっぱ、駒苫がたて続けに起こした不祥事で、香田監督、必要以上にすり減っちゃったのかも知れないけどね。

なんか今年の夏はもう楽しみがないわ~。駒苫ばっか注目してたから、もう、どこが優勝しようとどうでもいいかも。

考えてみれば、駒苫が優勝するまでの道民ってみんなそうだったんだけどね。「どうせ初戦敗退なんだから、早い日程に組んでもらって帰ってきたほうが、お金もかからないからいいんだ」みたいなこと言ってたしさ。
それが駒苫が優勝したとたん、みんな欲が出ちゃって(笑)

今年は道庁での報告会もナシだな~。

|

« うぁ〜ぁ〜ぁ〜。 | トップページ | 暑いです。 »

コメント

以前、体調が悪いことがありましたよね
また調子が良くないのか・・・

日本一にもなったし
プロにも送り出したし
一種の達成感もあるのか・・・

こう言っちゃなんだけど
お行儀の良い学校ではないので
いろいろと気苦労も多かったのかな
疲れちゃったのかな~
終っちゃった感じだねー

あとは・・・ガンバレ!日本ハム!

投稿: yoshi | 2007.08.12 17:23

う~ん。
「疲れた」っていうのが、真実っぽい気がするなぁ。
チーム作るのにまずは服装の乱れとか挨拶とかから入らなきゃならないってのは大変だからね~。

実績あるし、駒苫辞めてもすぐに次のチームからお呼びがかかるんじゃない?

次はそういう基本的な部分ができあがってるチームだと楽ですな。

投稿: ai | 2007.08.13 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/16084921

この記事へのトラックバック一覧です: 香田監督引退。:

» 駒大苫小牧も敗退 [GO! GO! 北海道!]
夏の甲子園4日目。 駒大苫小牧が登場しました。 結果はもうみなさんご存知でしょう。 4−5で負けました。 あまりのショックに、昨日更新するはずだったのですが、1日ずれました。   広  陵 0 0 0 0 1 1 0 0 3  5 駒大苫小牧 0 2 0 0 1 0 0 0 1  4 9回...... [続きを読む]

受信: 2007.08.12 21:15

« うぁ〜ぁ〜ぁ〜。 | トップページ | 暑いです。 »