« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

オタクじゃないです。

最初に言っておきますがワタクシ、決してちまたで言われるところの「オタク」 じゃありませんしマニアでもありませんっっっ!!!

とアツく前置きしてなにを語りたいかと言えば、これですよ。

 「新世紀エヴァンゲリオン」 ですよぉぉぉぉ~!!! キャ━━━(≧∀≦)━━━!!

 

9月1日からついにエヴァの映画が公開されるとあって、メディアでも最近話題として取り上げられることが多くなってきましたね。
私もそんな策略に乗ってYahoo!の動画配信でアニメ版見てはまたもエヴァワールドにハマり始めております。

あまり堂々と「マニアです」とか言えない最大の理由は、私が初めてTVでアニメ見たときはたぶん深夜枠の再放送だったから (汗
しかも最初っから見てたわけではなく、たぶん第6話ぐらいからしか見てないの。
だから言ってみれば話の基盤というかベースがあんまりよくわかってないにもかかわらず見始めたのにあっさりハマる、という…… どんだけエヴァが面白いかって話ですよ。

「エヴァ」をよく知らないという方はぜひこの機会にちょっとその世界をのぞいてみて下さい。

冷静に言うとね、すごい暗いの!! 主人公からしてウジウジしっぱなしだし、登場人物がみんな暗い過去背負いすぎ。 一見明るいキャラでも、実は心の傷の裏返しというか自己防衛のための明るさというか……昔のロボットアニメによくあった「勧善懲悪」 では全然ない。
しかもナゾが多すぎ。バックボーンになっているものが深すぎ。だからエヴァの関連本みたいなのも昔すごく出てたっけ。私も買った。けど、 全然理解できなかった(笑)

だけど実はその「わけわかんない」心理がここまでのエヴァ現象を作り出したのかも…と私は思います。
だって10年前(だったかな)に公開された映画版なんかさ、確か「TVアニメ版のナゾが解ける」みたいな感じで公開されて、みんな 「それは見ないと!!」って感じで映画館行ったっていうのも絶対あると思うよ。
ま、私は映画版の「DEATH(TRUE)2」も「Air/まごころを、君に」もひとりで観に行ったけど (なぜって友だちは誰もつき合ってくれなかったから!!)、 ナゾはほとんど解けなかったというかますます増えたけどね(;´д`)
今でも鮮明に覚えているのが、完結編として作られた「Air/まごころを、君に」のほうをひとりで観に行って、帰りに乗ったエレベーター、 箱の真ん中へんにいたんだけど、周囲全員が男だったことと、その全員が「い…意味わかんね…」 みたいな悩ましい顔をしていたこと(笑) みんな、意味はわかってなかったらしい(笑)

今回のエヴァも2本立てで、最初に公開されるのはTVアニメ版の総集編的な色合いが濃いらしい。 ってことはほとんど一度は見たことある映像なんだけど、それでも見たいんだよね~。

あれだけキャラがいて、誰にも感情移入できないのにそれでも見たい、というアニメって他にない。
たぶん今回の映画もダンナちゃんはつき合ってくれないと思うのでひとりで観に行くことになりそうです。エヴァをひとりで観に行く妊婦。 なんかシュール。

TVアニメ版でいちばん好きなのは、地味ですが第13話の「使徒、侵入」。
スーパーコンピュータの「MAGI」に、ナノサイズの使徒が侵入しちゃうというのが話の大筋で、この回ばかりはエヴァが活躍しません。が、 なんつーかお気に入り。エヴァはどうしても戦闘シーンとか不気味だったりしちゃうけど、この回は全然そんなコトないので好きです。 そういう点では、第10話の「マグマダイバー」も好きかも。
で、今書いてて思ったんですがエヴァが活躍しないから好き… ってそういうコト言ってるようじゃエヴァファンとしてどうなんだろう(;´Д`A ``` 矛盾してる気がするな~。。。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新兵器登場。

B500

出産にあたりGETしました新兵器!

コンピュータミシンです!

まずはおむつ縫いからはじめて、ゆくゆくは手作りのお洋服を着せたい!
家庭科の課題(パジャマとか)は持って帰って母親に作ってもらってた不器用な私ですが、今回はなんせおむつですから(o^∀^o)

っていうかミシンがすごい賢いから、不器用でもなんとかなるなぁ、こりゃ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝青龍騒動。

日本相撲協会から出場停止、謹慎などの処分を受けた横綱朝青龍(26)が29日午後5時50分(日本時間同6時50分)過ぎ、 帰国療養のため成田空港発の航空機で当地のチンギスハン国際空港に到着した。
 同空港では待ち受けた報道陣の前に姿を見せず、間もなくVIP用棟に横付けされた車が走り去った。同行した師匠の高砂親方 (元大関朝潮)も報道陣に対応しなかった。

 

なんですってね~。帰ったんですね、朝青龍は。

モンゴルじゃあ「横綱が監禁されている」とかなんとかいろいろ言われていたらしいけど。

私ずーっと不思議だったんですけど、腰とかひじとかのケガっていったいどうなったわけ?

「精神的に不安定に……」ってのはわかるけどさ、腰とかひじとか、そっちのほうはほっといたら治るたぐいのものだったのか、と。
帰国が決まってようやくケガの治療もするとかなんとか言ってるけど……。

だいたい、これ一般的な会社に置き換えて考えたらヘンな話だと思うけどな~。

腰が痛くて地方出張に行けそうもないので会社に「休ませてください」って言っておきながら、休みの間にサッカーしてしまった。
それを会社の人に目撃されてしまい、会社から「君は仕事をなんだと思ってるんだ!! しばらく家で謹慎していなさい!!」 と怒られてしまった。
本人は大ショック。
まわりの目がコワくて会社にも行けなくなり、「地元に帰りたい」と言って帰ってしまった。

こういうコトではないのか。
じゃあさ、悪いのは誰なのさ?
謹慎処分にした会社か?

はっきり言うけど「自業自得」だと思うんですよね~。腰が痛いひじが痛いって言って巡業休んだわけでしょ?  それでモンゴルに帰るってのもなんかヘンだと思うけど(腰痛持ちは飛行機とかツラいはずだし)、 それを相撲協会にも言わず帰っておいてしかもそこで浮かれてサッカーなんかしちゃってさ。
仮にそのときは腰の調子がよかったとしても、自分がどうしてそこにいるのかってことを考えたらうかつなことはできないでしょ。 仮にも横綱なんだし。しかも日本でだけじゃなくてモンゴルでだって超有名人なんでしょ?  自分の立場ってものを甘く考えてるんじゃないかな~。

「謹慎してなさい!!」って怒られたとたんにショックで精神的に不安定、ってどうなのよ?

あのさ~、コドモじゃないんだから、自分のやったことの後始末ぐらい自分でやりなさいよって言いたいよ。あれが横綱かって思うよ。
後始末って言っても大げさなことはいらないから。ただ、「すいませんでした! ケガ早く治して頑張って稽古に励みます!」 って言えばいいじゃん。それで頑張ってればみんな何も言わないよ。
それなのに怒られても謝りもしないで家に閉じこもるって……コドモだろそれじゃ(;´д`)トホホ

横綱だったら考えて欲しいよね。巡業で横綱を見たいと思ってたファンの気持ちとか。 そういうところに思いが至ってないのが朝青龍の根本的な問題。横綱って強けりゃいいわけじゃないんだよ。 相撲ファンの失望とかそういうもの全然考えもせずただ「ショックだ」なんつって家に閉じこもってさ。

はっきり言うけど帰国のために空港に現れた朝青龍……全然やつれてなかったですけど……っていうかなんか薄笑いしてなかった?
それとも私の勘ぐりすぎか?

 


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野球観戦から帰宅。

というわけで……帰ってきました。巨人vsヤクルト戦見物から。

産休に入ってさぞかしぐうたらのんびりしているとお思いでしょ? みなさん。

ところがねぇ、それが全然違うのですよ!!
まぁ最初の土日こそのんびりさせていただいたけれども、月曜日からはずーっと活動し続けなんですよ。病院行ったり、ルタオのカフェ行ったり、 トイレをガッチリ掃除したり、キッチン磨いたり、アウトレットモール行ったり…で、今日は野球観戦で札幌ドームです。

ダンナちゃんがお仕事の関係で頂いたチケット。1塁側ですのでまわりはほぼ巨人ファン。

試合開始は18時だったのですが、ダンナちゃんのお仕事終わりを待って(というか自分の買い物が終わるのを待ってもらって) ドームに向かいました。

これがまた歩くんだな~。札幌駅から地下鉄の駅に行くまでも歩くんだけど、ドームの最寄り駅・ 福住駅からドームまで行くのもけっこう歩く。
そのうえドーム敷地内にやっと入ったと思ったら入場ゲートが遠い。
いい運動になりました。おかげで中に入るやいなや買ってしまったケンタッキー、 ポテトとチキン2ピースをあっという間に完食してしまいました(笑) 家にいるとやっぱり運動量が足りないのか微妙に食欲がないんですけど、 このときばかりは歩いてるときからおなかがすいてた。

まぁ試合経過と結果は各種スポーツニュースで見ていただくとして、とりあえず私が目撃したなかですごいネタをひとつ。

野球とはまったく無関係なんですけど……

地下鉄に乗ったら、向かい側におねーちゃんがひとり座っていたんですけどね。
タイトな黒Tシャツに細身のローライズジーンズはいて、白サンダル履いて、エルメス風バッグを自分の横にどかんと置いて座ってたんですけど、 その人、

開脚角度が70度近い。

まぁ簡単に言うと「大股開き」なんですよね~。ひどい。向かい側に座る身としては非常に困る。 背もたれによりかかるようにだらしな~く座っているのでおなかの肉が若干はみ出てジーンズの上に乗っかってるのまで見える。見せんな。
で、その状態でその人、化粧してたんですよね~!! 
ファンデは塗るわマスカラは塗るわ……
オンナとしての恥とかそーゆーの全部どっかに捨ててきたみたいな人でした。写メ撮れなくてある意味残念。 あれは言葉で表すよりいちど見ていただきたい。スゴイから。
しかも(これはよけいなお世話かも知れないけど)どんだけ塗ったところで大して美人じゃなかった…… 心のありようが表に出てるってことなんでしょうか。スタイルはそんなに悪くもないんだろうけど、なんせ座り姿勢がそんなだし、 やってることがやってることなのでトータルで見てNG。

ちなみにその人、すすきのの駅で降りていきました。

……なんか納得。

私の心の衝撃波がよっぽど強かったのか、そのとき買って持ってた切符、福住駅の自動改札通れませんでした!! 駅員さんに見せたら 「磁気が飛んじゃったみたいですね~」だって。よっぽど私の動揺が大きかったのかしら。
こっこちゃんにはちゃんとそういう基本レベルの「オンナの身だしなみ」を教えて行かなくては!! と強く感じたのでありました。

そう言えば「身だしなみ」とはまた別の話なんですけど……

観戦席がたまたま列の真ん中あたりだったんですけど、そこに行くには4人くらいの前を通してもらわなきゃならないんですよね~。
で、「すみませ~ん」って謝りながら通してもらうわけですけど……

オジサンって意外と妊婦には優しいんですよね。なんかやっぱり「自分には未経験」 っていうところでビビるのか(笑) 街を歩いてればおなか凝視されることはよくあるけど、それぐらいもう慣れたし。
それで前を通してくれるときも、足とか縮めて「どうぞどうぞ」って感じで通りやすくしてくれるんだけど、4人目に座ってたオバサンは、 「ま~……」って人のおなかばっか見て通してやろうって気が全然ないの。というか、「あらあらあら、 そんなおなかでこんなところに来るなんてねぇ、アタシが妊娠してる頃なんかそんなことしなかったわよ!!」というオーラがビシバシ。 通路から足どかそうとかそういうアクションが1ミクロンもない。
ムカッと来たので、身軽な妊婦(私のこと)はそのオバサンの足を軽々とまたいでやりましたよ。フン。

遅刻で行った試合ですが、面白かったのは後半からだったのでラッキー♪
しかも巨人戦はいままでオープン戦しか見たことがなかったので、続々と有名どころが出てくるだけでわあわあ言っちゃう私。 それでもそのへんのおねーちゃんより野球知識はあると思うんだけど… 巨人のキムタクが前に所属してたチームとかもちゃんと知ってるし(笑)
到着したときにはヤクルトが2-1で勝っていて、投げてたのは石井。けっこうイイ感じだな~と思っていたら古田監督に替えられた。 そのあとから試合がばたばたっと動いた感じなので、あのまま石井が投げてたら試合の流れってどうなってたんだろうなぁ…

7回裏で代打で出た清水!! きっちり代打としての仕事ができるってカッコイイ!! ダンナちゃん曰く、 「清水が日ハムに来ればいいのに」だそうです。あれだけ仕事ができるのに、巨人では評価が低すぎる!! というのが理由。そーだなー。 日ハムに来たら大歓迎なのに。

日ハムが北海道に来るまでは、北海道は基本的に巨人ファンの占める土地だったんですが、昨日の試合は空席も目立つ感じ。 日ハムの試合で見る満員状態がなんとなくフツーになってきてたので、意外と席空いてるなぁ…というのが率直な感想。
それでも、巨人側はそれなりに席が埋まってました。外野席なんかオレンジ率高し。 統率のとれた応援は相変わらずお見事(笑) あれはちゃんと巨人軍が認めた応援団なんだろうなぁ… 確かそういう組織があるというのを昔の上司から教えてもらった記憶があります。
ヤクルト側のほうはやっぱりちょっと空席が目立つ感じ… けど鳴り物つき応援団はちゃんといましたよ!! ビニール傘の応援も初めて生で見ました。8回か7回の表で、 鳴り物がばんばん鳴って応援してたんだけど、 ラッパがものすご音を外してて力が抜けました(笑) 最後のいちばんのキメ音をいきなり失敗してみたりとか…… 私が選手だったらちょっと気抜けするかも……(;´д`)

結論としては、「機会があったら野球は生で見よう!!」ということ。 楽しいですよ!! こんなに楽しいんだからメジャーリーグとかだったらもっと楽しいんだろうな~。いっぺん見てみたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合終了!

試合終了!
巨人が勝ちました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわぁぉ!

うわぁぉ!
上原が出て喜んだ瞬間に同点になっちゃった!
こっこちゃんもおなかのなかで大興奮!動きすぎてママ痛いっっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球観戦。

野球観戦
巨人VSヤクルト戦を札幌ドームで観戦中!いただきもののチケットです。石井が投げてます。
一塁側で観てるのに巨人が負けてます。小笠原が出てきたけどブーイングもなかったよ(当たり前か)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

標準<こっこちゃん。

産休初日の本日、病院に健診に行きました。
本当は先週あたり行かなきゃならなかったんだけど、産休直前にわざわざ会社早退させてもらうのもなんかイヤだったので、 ちょっとずらして今日にしてもらいました。

ここ何回か診察時間の終わり頃に駆け込みで行っていたのですが、この時間帯がなかなかいいんだな~。空いてるし。 総合病院なのでフツーに具合悪い人とかも来てて、風邪うつるんじゃないかって心配も最初はあったんだけど、 夕方行くとそういう患者さんもいなくてとても安心。

しかし今日は朝一番の時間しか取れず……行ってみたら、やっぱり、笑っちゃうほど混んでました。

待たされるのは覚悟の上で、文庫本持参で行ったのですが、それでも時間をもてあましました。っていうかね、眠くなっちゃうんだよね。
静かだし、冷房きいてて涼しいし、産婦人科の待合いエリアの椅子って座るのすごく楽だからついついくつろいじゃって。

で、いちばんくつろいだのが、エコーのために寝るベッドの上。
診察室に入ったものの、混んでるせいで先生がなかなか来なくて、待ってる間にうつらうつらしちゃいまして……
先生に名前呼ばれるまで、寝ちゃってました!!! ははは。

さて検診結果ですが……

エコーの前に先生が「何かありますか?」というので、間髪入れず「なんもないっす」と答えた私。
異常もないし、悩んでることも別にないし(というか考えてないだけなのかも)、あんまり質問することもないんだもん。
先生も忙しかったせいかエコーはパパッと終了してしまい、前回のようにこっこちゃんの顔が見えるとかそういうのは全くなし。んー、 しゃあないか。

診察室では相変わらず「順調ですね」って言われるかと思ったら、今回は別のことを言われました。

「赤ちゃんは標準より大きいですね」

なぬぅぅぅ~Σ(゚Д゚||)

母親の体重は全然増えてないんですけど……ナゼ?

前回の健診より体重は200グラム減。妊娠前の体重に比べると9ヶ月目の今でもプラス5キロ弱なんですけどね。
なのにこっこちゃんだけで2500グラムあることが判明したのですよ!!!!
私そんなに食べてないんですけど…っていうか夏バテでむしろ食欲とかなくなってたんですけど… 私が今まで蓄積してきたものがどれだけあったかって話ですかねコレは。

道理でおなかが重たいはずだよ~( ノД`)シクシク…

あんまりこっこちゃんが大きくなるとお産がしんどそうなので、 できればこれぐらいでこっこちゃんには踏みとどまっていただきたいぐらいなのですが(笑)
ダンナちゃん似のこっこちゃんだと、どうしたって大きくなってしまうのかもしれない……うーん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の新色祭。

ひさびさにコスメ記事です。

「こっこちゃんが生まれるまで!!」という言い訳を盾に、いろいろと楽しみを満喫している毎日ですが、そのなかでも満喫しちゃったのが秋の新色ひとりはしごツアーです。

夏は夏でポップな色合いとかたくさん出て楽しいのですが、秋は秋で落ち着いた色合いというかオトナっぽいカラーがたくさん出るので、目移りすることこの上なし。ふだんは物欲を抑えるためになるべく買わずにいたコスメ雑誌も、新色をチェックするために購入しました。ちなみに買ったのは「マキア」。

で、さまざまなブランドの新色を検討した結果、「買うべし!!」と結論が出たのが、ジバンシィジル・スチュアートRMK

基本ジバンシィ信者の私なので、買ったアイテムが一番多いのはジバンシィです。

続きを読む "秋の新色祭。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンナの計算。

というわけで、前記事で言及した「計算高いオンナ」についてのお話です。

別に今日の記事にしなくってもいいんですけど…… なぜかと言えば今日はまたも高校時代の部活メンバーが集まってそりゃあ楽しかったから!! 妊娠してても行きますよ私は!! ラッキーなことに定期券もまだ手元にあるし。 しかも予約していたRMKの新色もゲットしちゃったり、たまたま通りかかったLOFTで、欲しかった「クロックス」 も見つけてゲットしちゃったり。話題はそれなりにあるんですけど。

けどね~、話のインパクトとしてはやっぱりこのオンナが勝つわけ。

このオンナはY美と言いまして、たしか今25歳ぐらいだったと思われる。去年ウチの支店に転勤してきたんだけど、ま、 ひとことで言うと「イマドキの若い子」ですね。雰囲気はエビちゃん。見た目も、どっちかつーとカワイいほう。

このY美ちゃんに、切ない片想いをしちゃったのが、同じくウチの支店のAくんね。

もちろんAくんはY美ちゃんが好きだなんて一言も公言してないんだけど、じゃあなぜわかったのかと言えば、 Aくんの行動があまりにもわかりやすかったらから、なのです。

続きを読む "オンナの計算。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OL生活いったん休止。

平成5年の春から始まった私のOL生活が、金曜日をもっていったん活動休止になりました~!!!

めでたく産休に突入。

就職当初、「銀行」という職種にまったく合わない自分を自覚し、「5年で辞める」と宣言していたはずが……
気づけばなんと15年目です。
その他、「社内結婚なんか絶対しない」「結婚したら仕事なんて辞める」などなど、いろいろ宣言していたのですが、 それらはことごとく覆る結果に(笑)
社内恋愛に社内結婚、その後も会社に居続けて、さらに出産しても産休・育休のあと復帰する予定だっていうんだから、自分でもびっくりです。
ま、こういうのって、自分がどんなにかたく決めてることでも、そのときそのときの流れに任せた方がいいみたいですね。学びました。

そう言えばかたくなに決めてたことのひとつに「転勤することになったら辞める」というのがありました。

これもまたやはり結果として覆ったわけですが(笑)

今になって振り返ってみると、転勤っていいもんです。
何よりも人との出会いがぐーんと増えるし、自分も成長する(と思う)し、いいこと多いです。銀行っていう職場の特性もあって、 自分のまわりもどんどん転勤するから、そのぶん人との出会いは多くなる。
やっぱり、いざやってみないとわからないことって多いですね。
やってみたら意外といいことあったりして……

なので今はとりあえず、「出産と育児」というのにトライです。

それにしても、OLになって以来、9日間以上の連続休暇なんてとったことなかったから今からちょっと戸惑い気味。
1年半もあるんだもん。
まぁ、その1年半の間に、こっこちゃんが生まれて育って、私もママとして悪戦苦闘な日々が続くわけなので、 ただの休暇とはわけが違うんですけどね。それでも、「そんなに長い間大丈夫なのか? 私」と思わずにはいられない。
今の支店に転勤になって5年、毎日毎日札幌に通ってたわけで、オシャレもビューティもグルメも思いのままだったわけですよ。
それがあーた、そんな私がママですよ? 大丈夫なのか? ほんとに。

で、そんな生活に別れを告げるために(というのはウソですが)金曜日、今やすっかりおなじみとなった「ススキノ」へ繰り出しました。
一般企業は給料日、そして週末、というだけあってススキノも華やかににぎわっております。
にぎわってるけど、そんな中を歩く妊婦は私ひとり。当たり前ですね。フツーの妊婦はそんな時間にそんな場所にいないだろうから。
しかし!! そんな視線もおかまいなしで、職場の先輩達と目指したのは「かこいや」というお店です。

店自体はキレイだし、完全個室でまわりも気にならなくてよかったんだけど、 店員さんの呼び出しブザーを鳴らしても全然来ない!!!!(`Д´) キーッ
飲み放題プランだから気にせずガンガン飲みたいのに、呼んでも来ないんじゃ意味ないじゃん!!!
私の場合はソフトドリンクオンリーだから自然とピッチも速いわけで、あんまりにも来ないからいっぺんに2つとか頼んでました。

料理はおいしいのに……「呼んでも来ないイライラ感」で☆-2です。

そこに集まったのは最近転勤した上司や先輩も含め6名。そのなかでは私がいちばんの年下です。

そこで繰り広げられたトークについては、記事をあらためてゼヒお届けしたいと思ってます!!

だってねぇ……すごいんだよ。ドラマのような事実が判明したんだよ。 私はもう週明けから休みなのでその後の動きはわからないわけだけど、もぉ典型的な「女に嫌われる女」 の生態が浮き彫りになってきたんだよ!! 話題としては面白いけど、 実際自分もその女にうまいことあしらわれてたんだと思うとムカつきますねぇ(笑)
系統としては以前このblogでもよく登場していたW女史に近い。
だいたいW女史みたいなのがそんなにいっぱいいるってのがもーイヤなんですけど(笑)

そしてこれまたおきまりの、「女に嫌われる女の計算に男はあっさりだまされる」というパターン。

だまされるんだよねぇ、なんでだか。見破れないのはもちろん。

その席にいた唯一の男性、F次長は、私たちがその女の行動に対して「うっわー、腹黒ーい!!!!」ってのけぞってるのを見て、 「よくそこまで(行動を)深読みするねぇ……」と言ってました。
深読みじゃないんですけどね~。
だから男ってそういう女に手玉にとられるんだよね(笑)

ま、それがいったいどういう女なのかはまた次の機会に。

生活が激変しますので、blogの内容も大幅に変わってくるかと思いますが、みなさま、 今後もおつきあいのほどをよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふてケーキ。

ふてケーキ
明日で私のOL生活もいったん終わり。
なので、今日はダンナちゃんとお食事して帰ろうと思ってたのに、ダンナちゃんは支店の飲み会が急に決まったとか言って私をふった。

というわけで、ふてくされてひとりで『きのとやカフェ』でケーキを食べることにしました。

読みかけの本もぜんぶ読んでやる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期の桜。

もうすぐ産休に入るワタシ。

連日の暑さと仕事疲れ(今までと同じ仕事なのに疲労度合いが全然違うのだ!)で、外食ばかりの日々でございます。
だってさー、日中、閉めきってたせいでモワ~っとしてる部屋の中でだよ、火使って料理なんかできないよ!! 
…と居直ってみたりして。

ええ、要は、いつもの通りの言い訳を盾にしてるわけですね。

で、今回は、ダンナちゃんの同期・N嶋さんとダンナちゃん、私の3人でメキシコ料理のお店に行きました。

N嶋さんはダンナちゃんの同期なんだけど、なんと初めて配属された店が、私が5年前まで所属していた店で、 しかも私はN嶋さんの新人教育係だったのです~。
縁というのは不思議なもんですね~。

で、まだ大学生気分の抜けていなかった(のだろうと今は思う)N嶋さんは、 お酒を飲んだあとで行ったカラオケ店で私の逆鱗に触れたという忘れられない思い出もあったりする人です。

それ以来、私の冷た~い指導に耐えていたN嶋さんですが、なんとその当時、同期であるダンナちゃんに、

「aiちゃんは気分屋でコワくて困る……」

とぼやいていたらしい。

もちろん当時、私はダンナちゃんのことを知らなかったのですが、ダンナちゃんのほうは私のことを知っていて、
「ふーん、そんなに扱いづらい人なのか…」
と思っていたそうです。

それが数年後、結婚しちゃってんだから、縁というのはつくづく不思議なもんです。
そしてね、人と人っていうのはどんなふうにつながっているかわかりませんから、あまりカワイくない態度をとってはいけないな、 ということも学んだワタクシ。
ダンナちゃんが、N嶋さんから聞いたイメージのまんまで私を見てたら、今頃ヨメにはなってないだろうし、 こっこちゃんも存在しなかったであろう。うーん。危機一髪でした。

で、話は戻って、このN嶋さんとダンナちゃんというのは性格が全然似ていないのです。
似ていないのに、なんでだか妙に仲が良く、所属店が違ってもずーっと付き合いが続いており、 仕事上のことでもプライベートのことでもわりとなんでも話しているみたい。

ダンナちゃんの同期は極端に人数が少なくて、 採用になった人数がもともと少ないのにその上転職やらなんやらで辞めちゃった人も結構いて、 もともと同期が同じ店になるってことはあんまりないはずなんだけど……
なぜだか今年の春、N嶋さんがダンナちゃんのいる支店に転勤になってきたのです!!!
以来、すぐ近くの店に勤める私も混ざってよく飲み会に行ってました。

さて今回の飲み会は、いつものようにお二人のグチからスタート(笑)

二人ともそれぞれに出来がイマイチの後輩くんを抱えており、その上自分の仕事も抱えており、 忙しくてやってらんねーよ!! みたいなカンジだったのです。

ダンナちゃんはもともと本部から来てて、わりと仕事に詳しいので頼られることも多くて、自他共に認める「器用貧乏」 も災いして忙しいわけで。
N嶋さんはもともとが面倒見のいい性格なのか(新発見だったけど)、後輩くんのことをものすごく気にかけていて、 かといって自分も暇なわけではなく、どうしようもなく仕事のできない上司の尻ぬぐいという役目まで負わされているわけで。

そりゃあ、まあ、やってらんねーよな、という……

ダンナちゃんがサラダをつつきながらぼやきました。

「あーあ。あと、オレが2人は欲しいなぁ……」

するとN嶋さんは静かな口調でひとこと。

「お前が3人もいたんじゃ、暑苦しいなぁ……」

 

――――ヾ(@>▽<@ )ノぅははははははは!!!!!

 

爆笑しちゃいました。ワタシ。

ダンナちゃん、身長180センチで体重は90キロ以上あるんですよね~。かなりの体格なの。

いいなぁ~、同期!! なんて自然に、なんて的確なコメントなの!!

ちなみに言われたダンナちゃんは、何も言い返すことができず、苦笑いとともに肩を落としておりました……(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

氷枕を作ってもらいました。

う――――――――っっっっ。

暑いよぉぉぉぉぉぉ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。 ━━━━━!!!!

 

と、暑いと言えば言うほど暑苦しくなる夏の夜。
妊婦にとってこの暑さはキビシイ。
その上、先日も書いたように、北海道の一般的な民家にはクーラーってないのよ。
あるのはストーブ。
んなもん、夏の暑さ対策にはなんの役にも立たん!!!

うちわの風はただただぬるく、扇風機の風もただただ熱風をかき回すだけ……

頭はぼーっとしてくるし、元気なのはこっこちゃんぐらいなもので、そのこっこちゃんの元気な胎動でさえ、 暑さにやられた母親にはひたすら辛い……
だって、しずかに横になって体力を温存しようとしても(ライオン戦法)、こっこちゃんが「うわーいっっ」 って声が聞こえそうないきおいでおなかを内側からドカンドカン蹴ってるわけですよ。叩いてるのかもしれないけど。 外から見ててもおなかが変形するのがわかるくらい動くわけですよ。

横になっても暑いことには変わりなく、次第に意識がもうろうとしてきたところに、

「はいっ」

ダンナちゃんが差し出してくれたのは、氷枕でした。

昔ながらの水枕に氷を足したオーソドックスなアイテムですが……

あなどれませんぞ!!!!!

体の右側を下にして横になっていた私は、右腕と顔の間に枕をはさんでみました。これがまた最高に気持ちいい!!! 「頭寒足熱」 とはよく言ったもんです。まぁこんだけ暑かったら「足熱」じゃなくて「足寒」でもいいような気もするが(笑) けど、「頭寒」 は効果テキメンですよ!!!
しかもね、クーラーよりもよっぽどエコですよ。電気使わないし。

このときはさすがに、ダンナちゃんが光り輝いて見えました。後光が差してたよ。

けどウチにある水枕は1つ。私が使えば、ダンナちゃんは使えません。

ダンナちゃん曰く、
「オレのほうが暑さには強いからね~」

大学時代に東京でクーラーなしの夏を2回乗り切った人はちがいますな~、言うことが。
なんでも大学時代、夏の夜に冷蔵庫の水を飲もうとして台所まで行き、あまりの暑さに冷蔵庫前の床で気を失ったことがあるらしい。
ふっと気がついた瞬間、「あれ、なんでオレこんなところで寝てんだ??」って思ったんだそうですが…死ななくてよかったよ、アンタ…

ちなみにダンナちゃんは夜中、寝室よりも少しでも涼しい場所を求めて移動。
居間のとなりの部屋で、ソファに仰向けで寝てました……

ごめんね、ダンナちゃん……

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビュッフェでお食事。

ダンナちゃんが仕事でお付き合いのあるホテルから、ダンナちゃんに、

「サマーブッフェのチケット買ってくださ~い」

というお声がかかりました。

接待ゴルフと同じく、これもお仕事の一環。大蔵大臣(表現古っっ)の私としては、経費として家計から落とすべきものと判断し、お財布開けつつダンナちゃんに訊きました。

「で……おいくら?」

「4000円です」

――って。

高いっっΣ(゚Д゚||)

「それ……お一人様価格だよね?」
「そうです」

じゃあチケット一枚で…というわけにもいきませんので、お二人様2枚購入いたしました。8000円の出費。ま、しょうがないか。
それに、2枚買えばもちろん自分も食べに行けるわけだし。

というわけで、最終日の今日、ダンナちゃんと一緒に行ってまいりました。

もともと「樹林」という喫茶コーナーのような広いスペースだったのが、大リニューアルで「グラスシーズンズ」というブッフェスペースになっていました。中は落ち着いたウッド調の内装。
肝心のお料理はどうだったかというと、

 こんな感じです。

 パスタとかサラダとかおなじみメニューは
 もちろんですが、
 変わりどころでは「冷麺」なんてものまで
 ありました。

 パスタはカルボナーラ一種類だけ
 だったんだけど、
 これがまた超オイシイのですよ!!!!

 お月様をはんぶんにしたような形の
 チーズが、
 どかんと横に置かれてて、
 それを混ぜてるんだけど、香りが最高。

 そしてどんなところでお食事しても必ず食べる
 フライドポテト……

 おいしかったです。

  

 こちらは「海老のカクテル」に

 「イクラ飾り オホーツク産タラバガニの冷製」

 「生寿司」

 カニに関してはすっかり舌が肥えてしまって
 いるのですが。
 なかなか、おいしかったですよ~。
 なんせ普段は紋別直送ノン冷凍カニを
 食べてますから。 

 

 

 

 そしてデザート。
 うっかりおはしを置いたままで
 撮影してしまいましたが、
 この横にちゃんとフォークがあります。

 イチゴのケーキ、チョコレートケーキ、
 バナナカスタード、イチゴムース、
 パウンドケーキ、パンナコッタ。

 この他にもカシスソルベと
 洋梨のシャーベットもあって
 おいしくいただきました~。

 ちなみにこのあと、メロンとスイカと
 グレープフルーツを ぺろりと完食。
 どこが「戻りづわり」なんだ????

 

 

こちらのホテルは、実は私とダンナちゃんの思い出の場所。

結婚式を挙げたホテルなのです。

おかげさまで3年たっても相変わらず仲良くお食事させてもらってますよ~、と、心の中でお礼を言って帰ってきました。
こっこちゃんが飛び出てきたら、しばらくはこんなオシャレなディナーは無理なので、ゆっくり堪能させていただきました。
  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑いです。

北海道なのに…

34度。

暑いっつーの!!!!

 

「銀行勤めならば暑さなんか関係ないのでは」
と思われる皆さま。それはね、設備の整った新しい店舗の話でござんすよ。ウチの店みたいに集合ビルでさ、しかも冷暖房も集中管理でさ、 しかも古かったりすると最悪ですよ。冷房入んないんだもん。
いや、入ってるんだけど、なんの足しにもならないほどしょぼい冷房。
仕事しながら熱中症になるんではないかと思うほどの暑さ。

しかも今の私、こっこちゃんバンド(=腹帯)締めてますからこれがまた暑いのなんのって!!!!!!!!!
腹巻きこそはずしたけど、やっぱ、腹帯だけでも暑い。

最近私がいちばんおいしいと思って食べまくってるものは、です。
ダンナちゃんがどんなに製氷の給水器に水を入れてくれても、おいつかないほど食べてます。
ある意味つわりかも。戻りづわり?

というわけで、今日のblogは単なるグチです。
北海道の民家って、基本的にクーラーないからさ、34度とかになっちゃうと迷惑なわけ。本州のほうが夏場は住みよいかもね~。

……暑い。ううう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

香田監督引退。

Yahoo!のトピックスを見て朝からびっくり仰天!!!!!!

なんと、駒苫の香田監督が引退するというのですよ!!!!

◆第89回全国高校野球選手権大会1回戦 駒大苫小牧4-5広陵(11日・甲子園球場) 昨夏準優勝の駒大苫小牧(南北海道)が広陵(広島)に逆転負け。史上初の4年連続決勝進出の夢が絶たれた。また、同校の黄金時代を築いた香田誉士史監督(36)が勇退することがスポーツ報知の取材で分かった。
 北海道に初めての大旗をもたらし、3年連続で夏の甲子園決勝進出を果たすなど、駒大苫小牧を全国屈指の強豪に育て上げた名将・香田監督がチームを去る。小玉章紀校長ら学校関係者の了承もすでに得ており、後任監督には茂木雄介コーチ(26)が昇格する予定となっている。
 香田監督は95年、大学時代の恩師、駒大・太田誠前監督(71)の推薦で、24歳で監督に就任した。初めは服装の乱れ、あいさつ、グラウンド整備と、一からチームづくりに着手。太田監督譲りの手堅い野球をベースに、北海道出身の選手を鍛え上げ、01年、32年ぶりとなる夏の甲子園出場を果たした。
 03年からは5年連続夏の甲子園出場。04年には甲子園初勝利を挙げた勢いに乗って、一気に全国制覇まで駆け上がった。05年は田中将大(現楽天)を擁し、57年ぶりの夏連覇を達成。3連覇を狙った06年、決勝戦で斎藤佑樹(現早大)擁する早実に再試合の末に敗れ、準優勝に終わった。
 しかし、グラウンド外では度重なる不祥事に悩まされた。連覇達成直後の05年8月の部内暴力に始まり、それから1年以内に飲酒、喫煙が立て続けに発覚。06年3月、元部員の飲酒事件が発覚した際にはセンバツ出場辞退に追い込まれ、自らも引責辞任した(その後、復帰)。心労が重なり、胃かいようなど体調を崩すこともあった。今回、香田監督自身が1年次から携わった最後の選手である3年生が引退するタイミングで、身を引く決意を固めた。

 「限りない進化」と「チャレンジャー精神」を掲げた「香田野球」が、北海道の球史を変えたのは間違いない。この精神は、今後も駒大苫小牧にしっかりと受け継がれていくはずだ。

 ◆香田 誉士史(こうだ・よしふみ)1971年4月11日、佐賀県生まれ。36歳。佐賀商時代は外野手として2年夏、3年春、夏と甲子園出場。駒大では2度の大学日本一に貢献。卒業後の94年夏、臨時コーチとして佐賀商の日本一に貢献。翌95年、駒大苫小牧の監督に就任。以来、同校を甲子園に8度(春2、夏6度)導いた。04年夏は甲子園初勝利から一気に北海道勢初の全国制覇、05年も連覇。06年、早実との決勝戦は引き分け再試合の末、準優勝した。家族はひとみ夫人と1男。

なんだそうですよ~。

なんかね、昨日の負け方が負け方だっただけに、ちょっと…いやかなり残念。
昨日なんて9割勝ち試合だったのに、最後の最後であせっちゃってエラーで2点だもの。せっかくの後攻で(駒苫は後攻だと強い)、しかもずーっとリードしてたのに、なんなんだよあれは…と目を覆いたくなる、というかがっくりと肩を落としてしまう試合でしたよ。思えばいきなりデッドボールお見舞いしたりして、どうも落ち着きに欠けてるかな、とは感じたけど。
あまりにもショックで、昨日なんかケータイでため息的な記事をちょこっとアップしただけで終わり。ニュースも見ない。もちろん、大好きな「熱闘甲子園」も見ない。

しかし…香田監督、このタイミングで辞めちゃうとはね~。
最初から決めてたことなんだろうけど、いち道民としては、かなり残念。せっかくここまで基盤ができてきたのに、こんな負け方をして帰ってこなければならなかったのが監督として最後なんて、ちょっとくやしいし悲しい。たぶん、駒苫のナインも同じ思いだったんじゃないかな。
監督も最後だと思っていたから、「理想のチームに近づいた」ってコメントをマスコミにしゃべっていたのでは…

だけどねぇ、これはあくまで私の勝手な考えなんですけどね、今年のように際だったスター選手がいないチームでも、駒苫というチームは強いんだ、というところを見せてほしかったな。
去年はマー君や本間君がいて、スター選手を擁立したチームの強さ、みたいなものを見せてくれていたけど、でも野球って個人プレーじゃないから、チーム全体としてのスキルが高くないと勝てないわけで、今年はそういう基本的な強さみたいなものを見たかったわけですよ。
そういう強さを、たぶん香田監督も目指していたと思うし、そういうチーム作りをしてきたんじゃないかとも思う。いわば今年が正念場だった、みたいな。

それをこんな負け方して、「勇退」ってのはね~…なんとも。

しかも年齢36歳でしょ? 野球監督ってやっぱり年をとればとるほど選手を育てることにも、選手を見る目にも磨きがかかると思うし、指揮官としての老獪さ、みたいなものも身につくと思うんだけど(楽天のノムさんなんかまさにそうじゃん)、 36歳で退いちゃうなんてもったいなさすぎると思う。駒苫というチームが一過性のものじゃなかったことを証明するためにも、そして香田監督の「監督としての資質」が育っていくのもまだまだこれからだったんじゃないかなぁ。

やっぱ、駒苫がたて続けに起こした不祥事で、香田監督、必要以上にすり減っちゃったのかも知れないけどね。

なんか今年の夏はもう楽しみがないわ~。駒苫ばっか注目してたから、もう、どこが優勝しようとどうでもいいかも。

考えてみれば、駒苫が優勝するまでの道民ってみんなそうだったんだけどね。「どうせ初戦敗退なんだから、早い日程に組んでもらって帰ってきたほうが、お金もかからないからいいんだ」みたいなこと言ってたしさ。
それが駒苫が優勝したとたん、みんな欲が出ちゃって(笑)

今年は道庁での報告会もナシだな~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

うぁ〜ぁ〜ぁ〜。

なんだよ駒苫ぁぁぁ〜。
応援してたのに〜…。

これで夏の楽しみもなくなったなぁ。
試合中はおなかのこっこちゃんもぐいんぐいん動いてたのに、試合終了とともにおとなしくなってしまった。胎教によくない試合だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順調ですね。

木曜日は、いつもの妊婦健診Dayでございました~。
以前は朝一番の早い時間に予約を入れ、仕事には遅刻して行ってたんだけど、上司から「いちばん遅い時間にしてくれ」と言われて夕方に行くことに。

で、午後3時のシャッターが降りる前に早退して、病院の最寄り駅まで電車で帰ってそこからyoshiママにピックアップしてもらって病院へ行きました。
病院の最寄り駅はつまり実家のある街の駅なので、そこからは病院までクルマで5分くらいです。

夕方の病院ってすいてるんですよね~。
朝に行くと群れをなしている(失礼)お年寄り軍団がひとりもいないの。検査棟の待合いスペースなんか朝は人でスゴくて、問診票出してもなかなか呼び出してもらえないのに、夕方に行くとそこには誰もいないのです。内科や外科は1階で、私の目指す産婦人科は2階。同じフロアにある小児科がちょっと人がいるぐらいで、あとは全然人がいない。
診察券箱に診察券を入れたら、いきなり呼ばれてすぐいつもの体重測定と血圧測定。血圧はもともと低血圧なんですけど今回も上が100を切る低血圧ぶりでした。それでもまだ90台だったからよかったかな。いままでの最低記録は上が77で下が40という驚異の低血圧女なワタシ。周囲の人には「死んでるんではないか」という疑いを持たれた経験アリです。生きてるっつーの。
体重は……ヒミツ。でもね、優秀なんですよ。妊娠前の体重に比べたら、もうすぐ9ヶ月になろうかってところで妊娠前体重プラス4㎏ですから。春頃に「8ヶ月の時点でプラス8㎏にとどめるぐらいで頑張りましょうね~」って助産師さんに言われていたので、それを考えたらエライと自分でも思う。

まぁね。
仕事を続けたというのが最大要因だと思います。仕事してて、しかも銀行だから、日中は好き勝手にお菓子とか食べられないし(笑)しんどくてもぐうたらできなかったし。
土日のぐうたらぶりを考えるに、もしあれを平日もやってたら、運動不足とか食べ過ぎで間違いなく太ってたと思う。そうならなかったのは仕事のおかげです。つわりの時期は仕事に行くのも何もかもがしんどかったけど、こうなると仕事続けといてよかったなぁと思います。

それに…正直に言うと、妊娠前がちょっと太ってたから!(汗
結婚当初に比べたらちょっとヤバいなって状態で、スポーツジムで必死になって走ったりしてたぐらいなので、つわりの時期も含めて、そのときに蓄積していた自分自身の「栄養」が、こっこちゃんに流れていったというのもかなりあるような気がする。いや~、妊娠ってうまくしたらダイエットになるんだね、ホントに。

さてさて、今回もおなじみ超音波検査で、おなかにプローブをあてられてこっこちゃんの様子を見ます。
2月の妊娠判明時には「…豆?」と思ってしまうような姿をしていたこっこちゃんですが、今回、なんと顔を見せてくれました!!
「おっ、顔が見えますねぇ。わかりますか?」と産婦人科の先生に言われて気づいたのですが… ホントに顔なの!! 以前は顔に肉がついていなくてガイコツのようで、「東国原知事みたい…」とショックを受けたものですが(笑)今回はね、ちゃんと丸顔になってました!! 顔の両側にグーに握った手を持ってきてて、ちょっと口をもぐもぐ動かしてました。
あまりのうれしさとびっくりに「うわぁぁ~、ほんとだぁぁぁ~!!」と思わず声を上げてしまい、先生に笑われました。恥ずかしい。

それが終わったら診察室に移って先生とのお話タイムなんですが……

「はい、赤ちゃんの発育も順調ですね。ではまた2週間後に」

――――終了。

早っっっΣ(゚Д゚||)

いやまぁ確かに超音波あてられながら、「何か気になることはありましたか?」って訊かれて「いや特に何もないですねぇ…」って答えてたし(事実なにもないんだもん)、こっこちゃんも元気に動き回ってるし、体調が悪いわけでもなく、特に相談すべき事もないんですけどねぇ。
1分足らずで先生とのお話タイムは終わりました。

思えば妊婦検診を受けるようになってから、「順調ですね」以外の言葉をめったに聞いてません。
一度、尿検査で糖が出たことがあって、「ええっ」と私が顔を引きつらせたときでさえ、「あぁでもこの次の血液検査で問題なければ気にすることもないですよ。妊娠のストレスで糖が出ることありますからね~」とサラリと言われました。その後血液検査でも「問題ありませんでしたよ」ってあっさり言われて終わり。以来、どの検査にも引っかかることなく、「順調ですね」の繰り返し……

よく考えたら、ありがたいことなんですよね、かなり。

当たり前のようにこっこちゃんを授かったけど、これだって、欲しいと思ったからすぐ赤ちゃんができるわけじゃないし、その後の妊娠生活だって仕事しながら過ごせるぐらいだし。つわりは確かに苦しかったけど、それも人並み程度で入院するほどじゃなかったし、その後はこっこちゃんがおなかにいるのにあちらこちらと出かけて歩いて楽しんでるし。
「順調ですね」しか言われないってことは、ほんとにありがたいし、恵まれてるなぁと思いました。

恵まれてることに感謝しつつ、yoshiママと帰りに寄り道。

地元にできた『ドレモルタオ』というお菓子屋さんです。

北海道みやげでもすっかり有名になった小樽のお菓子屋さん「ルタオ」が、お菓子はもちろんパンや雑貨のショップ、そしてカフェまでオープンしちゃったんですね~。地元に。
行かないわけにはいかんでしょう!! とばかりに大きなおなかで突撃する妊婦。
場所は川沿いのスペースなんですが、小さい頃ここのそばに祖父母がやってた店があって、その頃の記憶がちょっとよみがえる懐かしい場所でもあります。

夕方でしたがカフェのほうは空いていて、席にはすぐ座れたんですけれど……
やっぱりねぇ、朝から1000人も来てたっていうだけあってケーキのほうは品切れが多かったな(笑)最初食べたいなぁと思ってたケーキは品切れだったので、第2希望のケーキに変更しましたが、これもまたすご~くおいしかった!!

画像はyoshiママのblogにありますので気になる方は見てみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の甲子園。

今年も夏の甲子園の季節がやってきましたね~。
組み合わせ抽選会も無事終わったようで、道産子としてはたいへん気になる駒大苫小牧は、

【第4日】

 16:00 第4試合 駒大苫小牧(南北海道)―広陵(広島)

と、決まりました~。

なんでも今年も決勝戦まで進めば、史上初の4年連続決勝進出ということになるそうで…ま、記録はどうでもいいので、悔いの残らないようなプレーをしてくれたらな、と思います。
なんせ今年の駒苫は、去年の新人戦でいきなりコールド負けというすごいスタートを切っているので(笑)何が起こるかわかりません。
朝日新聞の記者が戦力分析したサイトがあって、そこでまっさきに話題になったのはやはり駒苫。

 A 駒大苫小牧は今年も戦力が整っているらしいね。

 B 昨年の田中(現楽天)や本間(現亜大)のような軸となる選手はいないけれど、全体のレベルは高い。投手は片山、対馬の左右の二枚看板。打線も切れ目がないし、走塁がうまい。

 D 南北海道大会の決勝は二塁打が7本。相手にすきがあれば次の塁をうかがう姿勢が全員に染みついているね。

 C 香田監督も「スピードは昨年より上」と言っていた。

 A 昨年は3連覇こそ逃したけど、今年も決勝まで勝ち進んでいく力はありそうだね。

だそうで~す。むふふ、今年もいいところまで行けそうだわ~。

地元の報道番組で駒苫を取材してたのをたまたま見たんですが、ほんと、今年の駒苫は「足」がすごい。とにかく走る。去年の冬からそういうチーム作りをしてきたらしいんだけど、着実に努力が実ってるなぁと感じました。確かにマー君も本間君もいないけれど、野球はあくまでチームプレイだし、昔の話になるけど星陵高校・松井秀喜、みたいにひとりだけ突出した選手がいてもダメだってこともあるから、全体のレベルが高いってことはすごい戦力じゃん、と思うわけであります。
去年の準優勝だって、ほぼ優勝に等しい戦いだったと思うし…。

ちなみに今年の駒苫の主将は林君。

「ん? 駒苫の林?」

と思ったアナタはかなりの駒苫通なのでは?(笑)
そうです、今年の主将・林君は、おととし夏の連覇を達成したときの主将・林裕也君の弟なのですよ~。

しかし、今年の林君はレギュラー選手ではないのです。そのへんが駒苫の選手層の厚さというか、厳しさだよな~。他のチームだったらきっとレギュラーだったろうに。
けど林君は、
「自分は兄ほどの野球センスはない。兄は兄にしかできない主将を務めた。だから自分は、自分にしかできない主将をやるだけだ」
と言ってました。どーです、この、イマドキの高校生とは思えないしっかり発言!!
だいたい年の近い兄弟が同じスポーツやって、どっちかの才能が秀でていた場合、ヘタしたら劣ってるほうはすねたりひねくれたりしますよ。それが林君兄弟ときたら……なんて素直なんでしょう。
南北海道の準決勝(だったと思う)には、大学に行った林・兄が来ていて、「弟さんの主将っぷりはどうですか?」というTVのインタビューに対し、
「弟はちゃんとやるべきことをわかってる。だから大丈夫」
ときっぱり言ってました。すっ…ステキ!!!!!!! こういう子供に育てたいわ!!!

――と、高校球児と自分の子供を重ねて考えてしまうあたり、私ももう若くないのね~・゚・(ノД`;)・゚・

さて、南北海道代表は駒大苫小牧なんですが、北北海道代表は駒大岩見沢なんです。今年から南北のブロック分けが変更になって、いままで南北海道にいた駒岩が北北海道に変更になったんですね。なんか北海道の野球は駒大しかないのか? とちょっと思う(笑)
今年は私の母校であるとある高校も、地区大会を突破してなんと南北海道大会にまで進出したんです!!! 公立のしがない高校なのにスゲー!! 高校側もちょっと盛り上がっちゃったらしくて、学校の前に「めざせ甲子園!!」なんて看板ドーンと立ててました。
けどさ…南北海道だよ? わかってるの? 甲子園に行くためには、駒苫に勝たないと行けないんだよ?(笑) どー考えても無理じゃん…… (;´д`)
なんせウチの高校の取り柄といえば、北海道の道立高校で最も敷地面積が広いってことぐらいしかないんだから!! 室内練習場だってないしさ、冬なんか広すぎて雪かきとか絶対できないから!! 
どれぐらい広いかっていうと、校舎の横にまず軟式テニスコートが4面。その向こうに陸上トラック。で、その向こうに野球グラウンドとサッカーグラウンドが並んであって、そこで終わりならフツーですがなんとさらに向こう側にグランドホッケーのコートがあるという…… (笑) 高校在学中に一度もそのグランドホッケーのコートまで行ったことがありません。遠いから。

高校野球は8日スタート。野球好きの私は、この期間、どうしても仕事が手につきません(;´Д`A ```
特に地元の高校が試合中だったりするともーダメです。去年はケータイをデスクに持ち込んで30秒おきぐらいでリロードしては試合進行を確認する始末。なんせ銀行なので営業室にテレビもないんだもん(中にはテレビがある支店も存在するらしいけど)。
しかし、最近、うちの支店のロビーに「インフォメーションボード」なるものが設置されたのですよ!! 要は金利情報とかを流す液晶テレビで、数分おきにウチの銀行のCMとか流れるのね。それが昼の12時になると自動的にNHK総合のニュースに切り替わるのです。
ってことはさ、地上波が入るってことでしょ?! だったらNHK教育だって入るじゃん!! 甲子園見れるじゃん!! なんとかして見たい!! 今から上司に熱烈交渉中です。
いいと思うんだけどな~。待ってる客だって退屈しないと思うんだけど。どう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

きぃぃぃ~。

胎教に良くないので、日々、心の安寧を求めるワーキング妊婦の私ですが。
最近、毎日のように「キ――ッッッッ!!!」となっちゃっております。

妊娠してると感情的になるとか、そういう要因もあるのでしょうが、それがあまりにも毎日繰り返されるので、 いよいよもってこっこちゃんへの悪影響が心配。こっこちゃんがヒステリックな性格になっちゃったらどぉしよぉぉぉ~・゚・(ノД`;)・゚・

キーッ、の原因は仕事なんです。もっとはっきり言うと、後輩・Eちゃんが原因。

現在の会社に入社して、今年で早19年目。入社2年目から新人指導を担当し、男女問わずに面倒を見てきた私ですが、 Eちゃんに関しては、もうどうしたらいいのやらわかりません。

Eちゃんは入社2年目。今の担当になって1年弱。
もちろん、2年目の子に、19年目の自分のような働きをしろとは言いませんよ。 そんなコト言ってあっさりできちゃった日にゃ~自分の立場がないからね(笑)
まぁ、それは冗談としても、どうしてもEちゃんの思考回路というか、人間性がわからないわけであります。

① 同じ失敗を繰り返す。しかも、難しいことではなく、毎日やるようなこと。
② 人が何も言わないと、それをいいことに楽しようとする。
③ 質問も、その場しのぎのことしか言わない。

書き上げればまだまだあるんですけど…あんまり言ってもとめどないので3点にとどめます。

失敗するな、とは決して言わないわけですよ。「失敗は成功の母」って言うでしょ。失敗することで、 あぁ自分はここでミスっちゃったからダメなんだな、じゃあ次からはこうやって工夫して失敗しないようにしなくちゃ、と思えるわけですから。 ある程度痛い目に遭ってる人のほうが、失敗してもちゃんと対処できる。痛い目に遭って、そこから学んでるからね。
けどEちゃんの場合、失敗のレベルも低い。100歩譲って失敗レベルを問わないとしても、 同じようなことを繰り返すというのは学んでない証拠でしょ。ちょっと考えればわかりそうなことをホイホイ間違う、 ちょっと気をつけて立ち止まって確認すれば防げるものをあっさりミスる……
最初の何回かは、先輩ですからフォローもしますし事態の収束にも乗り出しますけど、それが何度も繰り返されたら、 さすがに先輩も当然ながら神でも仏でもないんですから、ムッとくるわけで…。

繰り返すと言えば③も似たようなもので、例えば業務端末を操作していて操作方法に「?」ってなったとき。
お客様が待っているとか、急ぎの仕事だったら、そのへんにいる先輩に「これどうするんでしたっけ」って訊いてもいいと思うんですよね。
けど、その仕事が一段落したら、 さっきわかんなくて先輩に訊いたところはマニュアル見て確認しておこうって思ってくれなくちゃ困るわけですよ。というか、 同じ質問しないように覚えとかないと! って発想になってくれなくちゃまずいんです。
そうでなかったら、同じような仕事をまたやることになっても、結局似たようなポイントでわかんなくなるわけでしょ。で、また人に訊く。 繰り返しですよ。
しかも訊かれたほうは自分の仕事を止めてくれてるわけで、そういうところに思いが至らないっていうのも問題なんだけど。
私は新人には必ず「自分独自のマニュアルを作れ!!」って言うことにしてるんだけど、Eちゃんの場合は、作ってるんだけど全然使えない、 という最悪のパターン。なんかいろいろとマニュアルコピーとったりノート書いたりしてるのに、 いざわかんなくなってもそのノートが役に立たない、という…じゃあそのノートはなんのためにあるの? と首をかしげざるを得ない状態。

そんなだから当然、上司もイラッと来ますよね。

ま、客観的に見ればその上司もかなりの短腹だし、口も悪いので、100%上司を支持するつもりはないんですけど。
けど、その上司がいるせいで、Eちゃんはある意味気持ちも引き締まっているんだろうし、悪い意味では萎縮もしてるわけです。
しかし今週、その上司が2日間有給休暇でいなかったんですね。そーするとEちゃんはどうなるか。

②になるわけですよ~。

もともと机の上に書類やらデータやら広げっぱなしで全然片付けられない子なんですけど、 それもなんかおおっぴらに散らかしてる感じだし、仕事やってて詰まったときに、 いつもだったら上司に質問なんてコワイからできないのに今回は「これでいいんですよね~?」って調べもしないでいい加減にやる。 しかもそれ間違ってるの。しかもしかもそれ、ついこの前に課の打ち合わせで申し合わせのあった件なの。しかもしかもしかも、 それは最近本部のほうから取扱の厳格化を指示されてる関係のことなの。
それを「いいんですよね~?」ってアンタ…それで済ますのかよ…
さすがに見過ごせなくて、私から即ダメ出ししましたけど。

どうしたらいいんでしょうね~。
なんかもう、仕事のことで指導していくレベルを超えてる気がするのは私だけでしょうか(;´д`)

コワイ上司にいつもいつも「時間管理をして仕事しろ!!」って言われているにもかかわらず、 退社時間に仕事がびたっと終わったためしがない。
それはまだ2年目でキャリアが浅いからじゃないかと言う方もいるでしょうが…先日、 Eちゃんが1週間の有休でいなかったときに代理で私がその仕事しましたけど、退社時刻17時に対して、 私がその仕事終えたのは16時前ですよ。1時間も早いわけですよ。5日間のピンチヒッターで、うち2日間は他の担当も掛け持ちしてたけど、 それでも16時半には終わりましたよ。
家事のほうはさっぱりな私ですが、OL歴長いだけあって、仕事する上での優先順位とか時間の使い方というのはちゃんとわかってるつもり。 でもってそれをEちゃんにもちゃんと伝授してるつもり。なのにナゼ…ホワーイ(@д@)
私の教え方が悪いのか? それともEちゃんが悪いのか? っていうかそれは「イマドキの若いもんは…」的発想でしかないのか?  そもそも私の求めてることが高度すぎるのか?

って言うかさぁ、そんなことで悩みたくないしキーッともなりたくないわけ。妊婦なんだし。 胎教にも悪いんだし。

以前にもコワイ上司が有給休暇でいなかったとき、あまりにもダラダラと仕事しているEちゃんに対して、 時間管理のことでワタクシ説教したことがありまして…そのとき、Eちゃん、泣いたんですけどね~。あの涙はなんだったのでしょうか… ムナシイなぁ。

余談ですけど、Eちゃん、今日の夕方から開催された職場の先輩の送別会を欠席しました。
「いとこが北海道に来るので迎えに行く」
というのが理由らしい。
送別会の席で、女性上司が、「仕事じゃないから無理にとは言わないけど、お世話になった人の送別会なんだから、 スケジュールを調整する努力はしないとダメだ」みたいなことをEちゃんに言った、って話してたんです。
私さぁ、言えなかったデスよ…Eちゃんが今日、積立定期を解約していったことを。
ここ数日間、ロッカー室ではケータイでお友だちとやたら連絡とっていたことを。

Eちゃん、とある韓国アイドルの大ファンで、コンサートツアーなんか全国の全会場に行くくらいの(っていうか、もうバカがつくほどの) 熱狂的ファンなんですけど。
どうもね、今週末、ファンイベントが横浜であるらしく、それに参加するらしいんですよね。 もちろん本人からそう聞いたわけじゃないんですけど、なんせ本人のblogにそう書いてあったから(;´д`)
で、金曜の夜から出発するのではないかと思われるわけで……

いとこ迎えに行くって言ってるけど、Eちゃん確か運転免許持ってなかったような。
JRで空港まで行くの……? 荷物持ち……?

なんつーか、ウソつくにしても、ツメが甘いんだよねぇ……ま、完璧なウソツキよりかは、扱いやすくていいのかもしれないんですけどね。


 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »