« 妊婦と葉酸。 | トップページ | のれん横町に行きました。 »

映画を観てきました。

木曜、金曜と有給休暇がとれましたので、木曜日はyoshiママと映画に出かけました。
木曜日ってレディースデーで映画が1,000円なんですよね。混んでるかと思って行ったんだけど、全然だった… あれだけしか入らなくて映画館として持続できるのか心配になるほど入ってなかった(;´д`)トホホ
ちなみにそこは市内のシネコンなんですが、金曜日の夜には「舞妓Haaaaan!!」の舞台挨拶があるらしくて、 阿部サダオとか来ちゃうらしい。いいのかね。前日まで前売りチケット売りまくってたけど。

で、何を観たかと言いますと、ずーっっっと観たかった「憑神」です。
原作はだいぶ前に文庫本で読んでいて、ほんとに面白かったので、「これを映画化してつまらなくなったらイヤだなぁ」 と最初は思っていたのですが、キャストを知ってそんな心配も消え去りました。誰がキャスティングしたのかわかりませんが、 これがまた素晴らしい!! 

これから観る人がいたらネタバレになってしまうので、ストーリーについてはくわしく書きませんが…

主人公のバカがつくほどのマジメッぷりも、妻夫木クンが演じればぜんぜんイヤミじゃないし、西田敏行の「神様」ぶりも、 なんというかさすがの一言に尽きます。
けどね~。
いちばんスゴかったのは、主人公の兄を演じた佐々木蔵之介。原作では意外と思慮のあるところが見える兄なのに、 映画ではそこまで深く踏み込むことなく(たぶん時間が足りないんだと思う…)とことん救いようのない享楽野郎になっちゃってて、 それをまた徹底的に演じてる。観ていて「こいつはほんっっとにどうしようもないな!!」と思っちゃうほどです。ま、 そう思ったのは私だけではないようでしたけど…。

ストーリーの大筋としては当然のことながら原作から逸脱してはいないものの、やっぱり映画というと時間の制限もあるわけで、 原作にあるような細かな部分ははしょられてることも多々ありました。ラストに至る部分は原作とちょっと変えてあったかな。けど、 私としてはラストシーンだけはいただけなかった…その直前の妻夫木くんのすがすがしい表情があまりに良すぎただけに、 ちょっと興ざめな感じでした。これもやっぱり、映画化するにあたっての難しさってところなのかなぁ。
映画を観て「面白かった!!」と思えた方は、ぜひ原作の「憑神」 を読むことをオススメします。時代背景とかがもっと細かくわかると、物語の面白味も倍増しますしね。

それともうひとつ、こちらはちょっと前に観てきた映画なんですけど、「しゃべれどもしゃべれども」。
実を言うと昔から落語好きな私にはかなり気になる映画でした。しかもTVの「笑点」で、誰だったか忘れたけれど、 「国分くんの落語がすばらしい、一聴の価値有りです」みたいなコトを言っていたのでさらに気になってました。
こちらは「憑神」と違って原作を読む前に映画を観たパターン。原作が良すぎて映画化されてガッカリ、というのを避けたかったのが原因です。
けどそんな心配はいらなかったかも~。映画も良かったし原作もすごく良かった。

こちらもネタバレを避けるためにストーリーについては割愛します。

国分くんはほんとにいい演技でした。しかも立ち居振る舞いが意外と(失礼)キレイ。日舞を踊るシーンとかあったけど、 背筋がピンと伸びてるし、凛々しい感じがとてもよかった。思いのほかよかったのが香里奈ですね。なんでこの人が…? っていう疑問が正直あったんだけど、実際に映画観てみたら違和感なかったし、原作を読んでみてもそれほど印象が違う感じもしませんでした。 原作では「黒猫」って呼ばれてたけど、確かに香里奈は猫系な感じがします。

ただ…ちょっと残念というか、「ごまかしきれてないなぁ」と思ったのが、元野球選手を演じた松重豊。たぶん彼、 野球経験ないんじゃないのかな? 小学生にバッティングを教えるシーンがあるんだけど、お手本でバット振るところで「……」。 映像はスローモーションにしてあるし全景を撮ってるわけでもないんだけど…わかっちゃうんだよなぁ(;´д`) そのあと小学生に 「腰だよ腰!!」って教えてたけど、イヤイヤあんたの腰も全然決まってませんでしたからっっ!! みたいな(笑) けど、 原作の印象ともそんなに離れてないし、口べたって性格設定も彼にはぴったり合ってたかも。ま、バッティングのシーンはご愛敬ってことかなぁ。
こちらの映画もラストシーンでちょっと気が抜けた感はあったんだけど、原作読んだらそのラストシーンは原作通りだったことが判明。まぁ… いいのかなぁ、あれはあれで。

どちらの映画も「日本映画の良さ」を満喫できて、いい映画でした。ハリウッド超大作とかよりも、 こういう地味なののほうが今の私には合ってるのかも。 爆発したりなんだりっていう派手な音響の映画はちょっと苦手かなぁ(笑) ストーリーは別として、 予告編で映画館中に鳴り響くようなドカーン!! って音がコワいんですよね~。その点、このふたつの映画は安心して観ていられましたよ。 息抜きをしたい方にはオススメです。

 

|

« 妊婦と葉酸。 | トップページ | のれん横町に行きました。 »

コメント

こんにちは。

お身体の調子いかがですか?安産、お祈りしてますね。

しゃべれども・・、かなり原作気に入ったのですが、映画もよかったのですね~。

>憑神
こちらも、ぜひ原作読んで見ますね^^

投稿: 桜桃 | 2007.07.10 16:57

桜桃さん、おはようございます。

おかげさまで体調はいいカンジです♪
おなかのなかではこっこちゃんが日々大暴れです。

憑神は、原作のほうがどちらかというとニュアンスがあっていいですよ。
ぜひぜひ、読んでみてください!!

投稿: ai | 2007.07.13 05:58

最近、日本映画頑張ってますよねー^^

「しゃべれどもしゃべれども」の原作はつい読みおえたばかり。良かったですね。

「憑神」もおすすめなのですね。私も読んでみます。

ところで、本日お母様にお会いしてきましたっ!この後ブログにアップします。
ばっちし、写真も撮ってきましたが、太く見えるからと弟さんに撮り直しまでさせてしまいました(爆)
すっかり打ち解けて、親戚のような気分になってしまいましたわ。

aiさん、今日はずいぶんくしゃみが出たことと思います^^

投稿: ぶんぶん | 2007.07.15 19:28

ぶんぶんさん、こんばんは~。

>ところで、本日お母様にお会いしてきましたっ!

ああっ、会っちゃいましたか、ウチのオカン・yoshiに!!
yoshiママがよけいなことをしゃべらなかったかが心配です。
その上、弟までくっついてっちゃったみたいで…ずーずーしくてスミマセン。

>aiさん、今日はずいぶんくしゃみが出たことと思います^^

出ました……ほんとに出ました。
鼻がむずむずしてました。うーん、原因はそちらだったのか……

投稿: ai | 2007.07.15 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/15668124

この記事へのトラックバック一覧です: 映画を観てきました。:

» 娘と映画 [jikka * day by day]
すでに娘が書いていますが・・・娘と二人映画に行きました。 お一人様というのもいいかもしれませんが、や [続きを読む]

受信: 2007.07.12 08:43

« 妊婦と葉酸。 | トップページ | のれん横町に行きました。 »