« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

花火大会とケータリング。

いきなりの余談ですが、朝方からものすごい雷で目が覚めました……
最近は眠りが浅いのか、朝までぐっすり眠れたことがありません。別にトイレに行きたくて目が覚めるとか、 仰向けになっちゃっておなかの重みで目が覚めるとかではないんだけど。

昨日、ダンナちゃんと遅く帰ってきたら、家の中は昼間の熱気がこもってまるで温室(; ″д゛)
あわてて窓を開けて風を入れ、そのまま眠ってしまったのですが……
朝方になってまず目覚めたのが、ざぁぁぁぁぁぁ――――っ、という激しい雨音。アパートなので屋根を叩く音というのは聞こえないんですが、 窓を開けていたせいで外の雨音が直に聞こえちゃったんですね。
で、ぼーっとしてる頭で「すごい雨だなぁ……」と思っていたら、突然、

バリバリドカーン!!!

落雷でした。キャ━━━(@д@)━━━!!

いやほんとすごい雷でした。もともとそんなに雷がコワイわけではないんだけど。昔、yoshiママと弟二人と一緒に、 玄関先から見える雷の稲光を見物して盛り上がってたことがあります。青いイナズマってのは本当ですね。
今回は眠かったのもあってわざわざ玄関先まで行く気力はなかったんですが……ひさびさに迫力ある音でした。

 

さて本題。

金曜日の夜から、札幌市では「豊平川花火大会」なるものが行われます。去年までは3回開催されていたのが、今年は2回に減りました。 減った1回は、北海道新聞主催の花火大会で、夕張開催になったらしい。なんか、「がんばれ夕張!!」 っていうのがちょっとしたブームのようになってる気がしないでもない。
札幌に転勤してきて早5年目。金曜日は平日なので、帰りにちょっと寄って見ていこう、というのも不可能じゃないんだけども、 今まで一度も行ったことがありません。
なぜってもちろん、すごい人混みだからです!!!

人混みがイヤだといいつつ、北海道神宮のお祭りには行ってしまいましたが(笑)でもね~、花火大会はまた別だからね~。
お祭りはある程度人も流れるし、目線の高さで夜店があるわけだけど、花火大会となるとそうはいかないでしょ?  豊平川の河川敷なんかすごい人出で、仕事帰りに行ったとしても結局はぞろぞろと歩きながら花火見物させられるのが関の山。 しかも花火はほぼ頭上で開くわけで、それを見ながら歩くって、妊婦じゃなくてもかなりのキケンを伴うのではないかと……

それなのにナゼゆえ、今回花火大会を見たのか?

 

続きを読む "花火大会とケータリング。"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

のれん横町に行きました。

一週間以上も更新さぼって何やってたんだ、というカンジですが、不良妊婦はあちこち遊び歩いておりました(笑)
つわりもなくなったしおなかも妊婦らしく大きくなってきて楽しいし、わーい!! ってな気持ちでいるにもかかわらず、あと1、 2ヶ月もすればさらにおなかがせり出しちゃって運が悪けりゃ「戻りづわり」に見舞われるわけですからね~。
というわけで、不良妊婦は今を楽しむためにあちらこちらとふらふら歩き回っていたわけで…お買いものも当然したわけで…(コラッ)
そのご報告は、おいおいに。

で、この一週間で2度も足を運んでしまったお店があるんですな。
今までの私の徘徊エリアはもっぱら札幌駅周辺だったのですが、今回はちょっとそこから離れまして、「札幌二条市場周辺」でございます。
最近はこのへんがアツい!! らしく、タウン雑誌や北海道のテレビ番組なんかでもよく取り上げられてるのを見かけます。実際は二条市場よりもうちょっと東寄りエリアらしいんですが(^_^;)
まぁ、今までだったらたぶん行かなかったエリアです。
場所的には大通やすすきのに近いのですが、どっちかというと飲食店はすすきのに集中しているため、あんまりこっちまで来る理由がなかったんですな。

そんな私が2度も行っちゃったのが、「buddha-bar 280」(ブッダバー ニーハオ)という中華のお店です。

道路沿いに「のれん横町」というお店の集合体のような長屋のような建物があって、「ブッダバー」はそのいちばん奥。

なぜそんなところに行ったのかというと、実はこのお店の料理長が、高校時代の部活の同期なんです~!!! パチパチパチ。

まぁ料理長と言ってもレストランのようなお店ではなく、あくまで「バー」なんで、お子様連れとかそういうニーズには合わないんだけれども(^_^;)でもねぇ、身内びいきのようですが、料理はものすごぉぉぉぉぉ~くおいしいです!!!! 
同期のNくんは実は本格四川の料理人。今までもそういうお店の厨房で活躍してきた人なので、味はホントに保証付きなのです。同期の中では「早く自分の店を持て!!」という声が絶えない32歳。あ、私の年までバレたな。ま、いいか。
先日、東京でバリバリのキャリアウーマンとして活躍している私の親友が夏休みを利用して帰省したので、高校時代の部活同期で集まってワイワイ盛り上がったのですが、その会場がこのお店だったのです。
それにしても、高校卒業してもう15年くらいたつのに、いまだに当時と同じノリで友だちが集まるというのはスゴいことだと思う私。だってね、今回だってみんな1年くらいはずーっと会っていないのに、いざ顔を合わせたら「おぅ」てなカンジで、先週も会ったよね、ってぐらいのノリなのですよ。「久しぶり~!!」とか全然ナシ。ちなみにひとつ下の学年になるとそういう集まりはまったくないらしく、「先輩たちはおかしいです」と言い切られるぐらいの仲の良さ。
今回会ったときも、「ここまでフツーに続いてきたんだから、これは今後もそーとー続くだろう」という話になり、「今はみんな自分の子供の話だけど、それが孫自慢に変わる日もそう遠くないのではないか」という結論で全員が納得しました。
で、そのうち、やれあっちが痛いのこっちが痛いのと自分のカラダの話題に移行していくんだろうな~。そのときまでにはNくんが自分の店を持っててくれるといいんだけどな。年寄りが延々と居座ってもいいように。

さて今週2度目となる訪問は、メンバーががらりと変わってダンナちゃんとその職場の同僚ふたり。一度は自宅の最寄り駅まで帰ったにもかかわらず、ダンナちゃんの電話で「飲みに行くから、まだ札幌にいるなら誘おうと思ったのに」と言われて「じゃあこれからまた札幌に戻る」と即答してしまった無茶する妊婦…

しかし、行ってよかった。やっぱりお料理おいしいし、前回食べられなかったあんかけ焼きそばなども食べちゃったしね。

その上びっくりしたのが、お店の前までタクシーで乗り付けたところ、店の前の屋台スペースにいた見知らぬお姉さんが「!!」って顔で私とダンナちゃん(というかたぶんダンナちゃん…)を見ていたこと。明らかに私たちを知ってるまなざしなのに、当の私たちは全然だれだかワカラナイ!!!!! 
しかしその後「ブッダバー」にて再会。なんとその方、私とダンナちゃんの結婚式でペーパーアイテムを依頼した広告代理店を紹介してくれたり、式場のお花をプロデュースしてくれた花屋さんの社長さんだったのです!! そ… そう言われればそうだ!!! なんという偶然!!! しかも社長さんがもう3年近くたつのに私たちのことを (というかたぶんダンナちゃん…の風貌のせいだなぁ、インパクトあるし) 覚えててくれたことが感激!!! 
そう言えば結婚式のお花に関しては私がすごくこまごまと希望を言ったし、お花の打ち合わせなのにダンナちゃんまで熱心に同席したりしたせいで、そのとき「お嫁さんがひとりで一生懸命準備してるのはよく見るけど、こんなに新郎さんが熱心に関わるのは初めて見た」と言われたんだった(笑) そのせいかも。。。

お店の雰囲気のせいなのか、知らない同士のお客さんがなんとなく交流しちゃってるのも楽しいです。別の席で誕生日パーティーしてたんだけど、知らない人なのに私たちも「ハッピーバースディトゥーユー」と歌ってしまいました。アットホームな雰囲気は店員さんの作り出してるものなのかしら。
お料理はほんとにおいしいです!!! 札幌駅からタクシーに乗って「二条市場ののれん横町まで」って言ったらちゃんと連れてってくれますよ。運が良ければワンメーターだけど、運が悪くても千円札でおつりが来ます。地下鉄がわかる方は「バスセンター前」の1番出口から出て、創成川沿いに国道36号線に向かって歩いていけばのれん横町に出くわします。お店はその横町の1階、ほそぉぉぉ~い通路をまっすぐ進んで突き当たり。ぜひぜひ一度、行ってみてください!!!
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画を観てきました。

木曜、金曜と有給休暇がとれましたので、木曜日はyoshiママと映画に出かけました。
木曜日ってレディースデーで映画が1,000円なんですよね。混んでるかと思って行ったんだけど、全然だった… あれだけしか入らなくて映画館として持続できるのか心配になるほど入ってなかった(;´д`)トホホ
ちなみにそこは市内のシネコンなんですが、金曜日の夜には「舞妓Haaaaan!!」の舞台挨拶があるらしくて、 阿部サダオとか来ちゃうらしい。いいのかね。前日まで前売りチケット売りまくってたけど。

で、何を観たかと言いますと、ずーっっっと観たかった「憑神」です。
原作はだいぶ前に文庫本で読んでいて、ほんとに面白かったので、「これを映画化してつまらなくなったらイヤだなぁ」 と最初は思っていたのですが、キャストを知ってそんな心配も消え去りました。誰がキャスティングしたのかわかりませんが、 これがまた素晴らしい!! 

これから観る人がいたらネタバレになってしまうので、ストーリーについてはくわしく書きませんが…

主人公のバカがつくほどのマジメッぷりも、妻夫木クンが演じればぜんぜんイヤミじゃないし、西田敏行の「神様」ぶりも、 なんというかさすがの一言に尽きます。
けどね~。
いちばんスゴかったのは、主人公の兄を演じた佐々木蔵之介。原作では意外と思慮のあるところが見える兄なのに、 映画ではそこまで深く踏み込むことなく(たぶん時間が足りないんだと思う…)とことん救いようのない享楽野郎になっちゃってて、 それをまた徹底的に演じてる。観ていて「こいつはほんっっとにどうしようもないな!!」と思っちゃうほどです。ま、 そう思ったのは私だけではないようでしたけど…。

ストーリーの大筋としては当然のことながら原作から逸脱してはいないものの、やっぱり映画というと時間の制限もあるわけで、 原作にあるような細かな部分ははしょられてることも多々ありました。ラストに至る部分は原作とちょっと変えてあったかな。けど、 私としてはラストシーンだけはいただけなかった…その直前の妻夫木くんのすがすがしい表情があまりに良すぎただけに、 ちょっと興ざめな感じでした。これもやっぱり、映画化するにあたっての難しさってところなのかなぁ。
映画を観て「面白かった!!」と思えた方は、ぜひ原作の「憑神」 を読むことをオススメします。時代背景とかがもっと細かくわかると、物語の面白味も倍増しますしね。

それともうひとつ、こちらはちょっと前に観てきた映画なんですけど、「しゃべれどもしゃべれども」。
実を言うと昔から落語好きな私にはかなり気になる映画でした。しかもTVの「笑点」で、誰だったか忘れたけれど、 「国分くんの落語がすばらしい、一聴の価値有りです」みたいなコトを言っていたのでさらに気になってました。
こちらは「憑神」と違って原作を読む前に映画を観たパターン。原作が良すぎて映画化されてガッカリ、というのを避けたかったのが原因です。
けどそんな心配はいらなかったかも~。映画も良かったし原作もすごく良かった。

こちらもネタバレを避けるためにストーリーについては割愛します。

国分くんはほんとにいい演技でした。しかも立ち居振る舞いが意外と(失礼)キレイ。日舞を踊るシーンとかあったけど、 背筋がピンと伸びてるし、凛々しい感じがとてもよかった。思いのほかよかったのが香里奈ですね。なんでこの人が…? っていう疑問が正直あったんだけど、実際に映画観てみたら違和感なかったし、原作を読んでみてもそれほど印象が違う感じもしませんでした。 原作では「黒猫」って呼ばれてたけど、確かに香里奈は猫系な感じがします。

ただ…ちょっと残念というか、「ごまかしきれてないなぁ」と思ったのが、元野球選手を演じた松重豊。たぶん彼、 野球経験ないんじゃないのかな? 小学生にバッティングを教えるシーンがあるんだけど、お手本でバット振るところで「……」。 映像はスローモーションにしてあるし全景を撮ってるわけでもないんだけど…わかっちゃうんだよなぁ(;´д`) そのあと小学生に 「腰だよ腰!!」って教えてたけど、イヤイヤあんたの腰も全然決まってませんでしたからっっ!! みたいな(笑) けど、 原作の印象ともそんなに離れてないし、口べたって性格設定も彼にはぴったり合ってたかも。ま、バッティングのシーンはご愛敬ってことかなぁ。
こちらの映画もラストシーンでちょっと気が抜けた感はあったんだけど、原作読んだらそのラストシーンは原作通りだったことが判明。まぁ… いいのかなぁ、あれはあれで。

どちらの映画も「日本映画の良さ」を満喫できて、いい映画でした。ハリウッド超大作とかよりも、 こういう地味なののほうが今の私には合ってるのかも。 爆発したりなんだりっていう派手な音響の映画はちょっと苦手かなぁ(笑) ストーリーは別として、 予告編で映画館中に鳴り響くようなドカーン!! って音がコワいんですよね~。その点、このふたつの映画は安心して観ていられましたよ。 息抜きをしたい方にはオススメです。

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »