« 苦手なおばさま。 | トップページ | 妊婦と葉酸。 »

少子化対策の本当の敵とは。

北海道ですが、毎日、暑いです。
そんな暑苦しい日の夕方、ミスドにて、たいへんに暑苦しい光景を目撃してしまいました。

それは……オヤジとオバサンのカップルです。
オヤジのほうは、どうしようもなくみすぼらしい禿げ頭。なんて言うんでしょうか、いさぎよくない禿げ方…とでも申しましょうか、 頭頂部がほぼツルツルなのを隠すように、その周囲の毛をぽやぽやと立たせているありさまで…ひとことで言うと「貧相」なんですなぁ。
言っときますけど私、禿げオヤジが嫌いなんじゃないんです。年相応に頭の薄くなってるオジサマは好きなんですよ。けどね、 今日見たオヤジはなんていうか問題外。なぜかっていうと、連れのオバサンにものすごくべたつくの。ミスドの店内で「なんだよぉ~」 とか言ってオバサンの肩とか抱いちゃってんの。若いカップルでもムカつく光景ですが、これが中年カップルだと生理的に受け付けません。 消えてくれ、って感じ。

その上……連れのオバサンがまたすごい。おかっぱのようなヘアスタイルで前髪だけを金太郎みたいにしばってアップにして、 メガネは黒縁のオバサンメガネ。ピンクの花柄のような服を着てる。
これでちょっとスタイルがいいとか美人だとか言うなら「個性的」でなんとかごまかせるかもしれませんが、 そのどちらでもないんですなぁコレが。ほんとにただの「オバサン」。

そのふたりが、夕方のミスド店内で繰り広げるいちゃいちゃぶり……
よっぽど写メ撮ってやろうかと思いましたが、距離が近すぎてシャッター音が聞こえる可能性があるため断念。
ほんとね、あの暑苦しさはその場に居合わせるか動画で見るかしないと伝わりませんね。絵で描いても伝わらないね。
若いカップルなら「まったく今時の若いもんは……」って苦々しく思いつつバカにして終わりだけど、 ある程度お年の行ったカップルの非常識にぶち当たった場合は対処に困ります。なんででしょうね、 中年のアツアツぶりってどうしようもなく不快になるのは。
しかも私の直感ですけど、ありゃ夫婦じゃないですね。夫婦だったら筋金入りのバカップルだし、夫婦じゃなくてもじゅうぶんバカップル。
仲がよいのはいいことですが、公共の場で周囲をシャットアウトしてアツアツになるのは迷惑です。今度私の前でそれやったら逮捕するから。

さて。
そんなことよりももっと不快……というか、どうしようもなく悔しくて悲しくてやりきれない思いをしまして、私、ひさびさに泣きました。
おかげで今日は目がお岩さんでした。
その原因とは。

 

職場にS藤さんという女性の先輩がいまして。
このひと、今年の1月に育児休暇を終えて復帰してきたんですな。

私の産休を視野に入れ、配置換えで今の課に4月から配属されてきたのですが、きのう、7月の課内体制の打ち合わせの時に、 私はS藤さんの口から信じられない言葉を聞きました。

それは、私が産休に入る時期の話。
出産予定日から逆算すると、産前6週というのが月末の中途半端な日から始まるため、副支店長が「2日間くらい有給休暇をとって、 週の初めから産休にはいるようにしたらどうか」と言ってくれたのですが……
それに対してS藤さんがこう言ったのです。

「それだとMさん(私のコトね)は上半期に有給休暇を6日間取ることになる。
 みんなは5日間しか取っていないのに不公平だ」

……Σ(゚Д゚||)

予想もしていなかった理屈を堂々とぶちかまされて、私、言葉を失いました。

私の受けたショックのニュアンスがうまく伝わるかどうか……
つまりね、 産休は産前6週って決まってるんだからそれ以外の有給休暇を取るのは他の人より多く休むことになるから不公平だって言いたいわけですね。
そういう理屈をですよ。
自分自身が産休に入るとき有給休暇を取って繰り上げて休んだ人が言うんですよ。

S藤さんの言い分としては、自分はその産休以外に有休は取っていない、と。
「私は産休に入る前まで休みは取ってませんでした!!」
堂々と、そう言ってたけど。

あなたがつわりの時期に、毎週毎週月曜日に休んでたこと、 私ちゃーんと覚えてるんですけど!!!!

S藤さんとはもう3年前ぐらいから一緒に働いていたので、彼女が妊娠したときのことも私は知ってます。つわりがひどいタイプで、 会社に来ても起きあがれずに寝ていたりとか、月曜日は特に休みがちだったりとか。
けどそのときは「病気じゃないし、頑張って乗り越えてもらわなくちゃね」と上司とも話して、 休みの日でも私がその分頑張って仕事してたんですよ。
そういう過去は棚に上げることにしたのか……それとも自分のことは自分のこととしておいといてるのか……

私がつわりの時期、会社を休んだのは3日間だけですよ。吐きながらでも仕事してましたよ。S藤さんよりずっと長い時間電車に乗って、 駅についてすぐおトイレで吐いて……それでも私、会社に来てたのよ。

それなのに、たかだか周囲より1日2日多く有休を取ることが「不公平」って言われたら……
しかも別に遊びたいから休むんじゃないんですよ。カラダをいたわるためにですよ。出産に備えての休暇なのに。
これで無理して働いて、こっこちゃんに何かあったらS藤さんはどうするつもりなんだろうな。どうせ「自分の体調ぐらいちゃんと管理すべきだ」 ぐらい言うんだろうな。こう言っちゃなんだけどもしもこっこちゃんに何かあったら、私、S藤さんを呪いますから。(そう言えば最近、 そんなこと言ってたオバサンが逮捕されたっけな~)。

少し前のことだけど、産休・育休に入るために会社に提出する書類のことでS藤さんに「何を用意したらいいんでしょう?」って訊いたら、

「それ全部人事の規定に載ってるから」

のひとことですまされたことがありまして……

そういういい方ってどうなんだろう。言われた私が言うのもなんですけど。
それ以上話す気もしなくなって、私も人事規定を調べて書類を作ろうとしたんですけど、どうしても規定に載ってる書類が見つからない。
困ってしまって、次長に相談したところ、次長が直接人事部に電話して聞いてくれたんです。そしたら。
「あ、その書類は本部にある書類ですので一式そろえて送ります」
って返答だったんですな。
ってことはS藤さんだってそうやって人事部から書類送ってもらってたんでしょ? それを「自分で調べれば?」 って言わんばかりの態度で返してきて……

そのほかにも、最近ひしひしと感じてたのが、

「あなたが産休に入るから自分が係替えのために頑張ってるのよ」

的なオーラを出されてたこと。
それをね、まさにこないだまで産休育休取ってた人が出してんですよ。

この積み重ねで弱り切っていた私にトドメの「不公平だ」発言。
私はもうどうしたらいいかわかんなくなって泣きました……もちろん、S藤さんがいるところでは意地でも泣かなかったけど、 同僚みんなが帰ったあとで次長にちょっと相談してるうちに泣きました。書類の一件も、 実はS藤さんにこんなこと言われたんですっていうのも打ち明けました。つわりがひどくて私よりずっと会社休んでたことも言いました。

自分は妊娠してるんだ、だから特別扱いは当然なんだ、とは全く思っていないし、 むしろ自分がこういう状態で本来期待されている仕事量をこなせてないことは申し訳ないって思ってるぐらいですけど。
けどねぇ、そこで無理してこっこちゃんに何かあったらと思うと……
ダンナちゃんにも、双方の両親にも顔向けできません。
ダンナちゃんには、

「ママはこっこちゃんを守る役目があるんだから」

って言われて責任を痛感……
しかし職場で体調を重視すれば「あなたのために私が苦労してる」オーラにビシバシ打たれる始末。

どうしらたいいんでしょうね。

こういう思いを一度でもしたママというのは、仕事しながら子供を産み育てることに対して絶対前向きになれないと思う。
だっていちばんの理解者になってくれそうな人からこんなあしらいを受けたら……
しかも相手は先輩ですし。
「女の敵はオンナ」って、前々から思ってきたけど、今回ほどそれを痛感したことはないですね。

身重で働くことに対しては、男性のほうがよほど優しいです。うちの職場の場合。特に奥さんがいる人は、奥さんの苦労を思い出すのか、 ほんとに優しいです。
少子化対策だとかなんとか言ってる人は、男性の意識改革が進んでないとかいろいろ言ってるけど、それはちょっと違う気がする。
自分勝手な女性の存在ほど、さまたげになるものはないですよ。

私もあまり器が大きくないというか、キャパ小さい方なので、今朝からずーっと滅入ったままでした。
S藤さんにはほとんど話しかけもせず、訊かれたことには答えますが(今、彼女は私がやっていた担当を勉強中なので) それ以外ではまったく関わり合いません。この前までは仕事が終わっていないようだったら手伝ったりもしていたけど、今はそれもやめました。 だって手伝ってあげたときでも、終わったと思ったら私より先にとっとと帰っちゃうんだもん。子供のお迎えがあるとかなんとかで。
だったら私は体調のこともあるんだから自分から仕事の負担増やすのはやめようと思いまして。

ちなみにS藤さんの不公平だ発言については、次長はその対応を保留しています。
私としては、次長に訴えたいことは多少打ち明けたし、先輩に対してはそうそう逆らえないということも言ったし(笑)
次長としても、S藤さんの言い分にすぐ同調できないなにかがあるんだろうと信じているのですが。

けどね……もし私がこの後会社を辞めることなく勤め続けて、後輩が妊娠して「仕事は続けたい」って意志を持ってた場合。
少なくともS藤さんのような言動は取りません。

だって、世の中のオンナがみんなS藤さんみたいになったら、それこそ誰も子供を産みたくなくなるよ。

子育てに理解のある職場を作るためには、経験者が先頭に立って当事者の気持ちを尊重し、出来うる限りの協力をし、 体制を整えていくことが大切。
うちの会社も、そういう職場であって欲しいと思う。

だけど今回のことがそれとは反対の方向へ動いちゃったとしたら……

私、仕事続けるのあきらめるかもしれません。
15年続けた仕事だし、できれば辞めたくないけどね。
けど、いちばん大切なのはこっこちゃんの命ですから。

あとは上司がどんな判断を下してくれるか、です。

 

|

« 苦手なおばさま。 | トップページ | 妊婦と葉酸。 »

コメント

読んでて、aiさんの痛々しい気持ちが伝わってきて悲しくなった(T^T) そんな胎教に悪いSの為に気苦労なんかしないで!って言われてできればどんなに楽でしょう。私はSを八つ裂きにしてやりたくなりました! 次長は多分保留のままだと思います。でも話を聞いてくれる上司がまだいたのがせめてもの救いですね。上祐みたいな奴ばかりじゃないんですね。
でも体に無理してまでこの仕事を続けなくても、仕事はこれだけじゃないし、aiさんがこっこちゃんを育てながら楽しく取り組める充実した仕事なら、銀行じゃなくてもいいと思いますよ。Sなんか空気だと思ってシカトしちゃえ

投稿: クドマキ | 2007.06.29 22:33

クドマキさん、優しいお言葉ありがとう( ノД`)
パートさんにも妊娠当初言われたことだけど、やっぱりうちの職場は妊婦さんに限らず子育てする母親にはきびしい職場です。パートさんとしてはやっぱり辞めた方がいいんじゃない?って意見だったしね。
仕事も子育ても…って思ったらやっぱS藤さんくらい図々しい神経じゃないとやっていけないのかも。けど私はああはなりたくないので…
休暇については週明けに上司と相談し、らちがあかなければさらに上と話して最終的には退職も辞さない考えです。ダンナちゃんも必要であればウチの店まで来る覚悟。
ちなみに先日、コンノ副支店長とわっしーとダンナちゃんとで「鳥茶屋」行ったときにその話をしたら、わっしーは「そんなのもうやめちまえ!!」って言ってたそうです(笑)確かにわっしーは私が妊娠する前から「子供が出来たら退職した方がいい」って明言してたからね。
で、鳥茶屋にはなんと偶然にもT調査役がいたそうで、ダンナちゃんの話を聞いて「そりゃ職懇だろう!!」とおっしゃったらしい。やっぱりねぇ、S藤の(呼び捨てだ、もう)理論って疑問100%なんだね、フツーの人には。

投稿: ai | 2007.06.30 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/15588614

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策の本当の敵とは。:

« 苦手なおばさま。 | トップページ | 妊婦と葉酸。 »