« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

妊婦と葉酸。

仕事のグチばかり続いてもなんですので、今回は健康的に、妊婦と栄養素についてのネタを。

つわりが一段落してしばらくたちますが、残念なことに…というかなんというか、食べられる量はそれほど戻っておりません。
「おなかの子の分もたくさん食べなくちゃ!!」といういかにも妊婦な発言が出ることはなく…たぶんつわりの時期に胃が小さくなって、その後なかなか戻っていないんではないかと思うのですが。で、しかもよく聞く「つわりがきっかけで食べられなかったものが食べられるようになりました!!」というコトも私には起こらず… 相変わらずレバーは大の苦手だし…好きだったねぎやにんにくがイマイチおいしいと思えなくなったという変化しかありません。

となるといったいどうやったら必要な栄養素を摂るのだ!!

もともとサプリ好きな私なんですが、あまりサプリに頼るのもよくないなぁと漠然と思っておりましたら、最近はずいぶんといい食品が出てるんですね~。

Yosantamago 葉酸たまご

葉酸ってさ、妊婦には特に重要なんですってね。
いちおうそれだけは知っていた私はヨーグルト味のサプリをこりこりかじっていたのですが、たまごに葉酸が入ってるんだったら、たまごのタンパク質も摂れるし葉酸も摂れるわけで、一石二鳥じゃありませんか!!
しかも葉酸って妊娠初期にいちばん必要な栄養素なんだって。初期と言えば私がつわりでアロハオエ~だった時です。でもそのとき食べていたものと言えば毎日毎日たまごサンドイッチだったんだよね~。この葉酸たまごで作ったたまごサンドだったらよかったのに…。

興味のある方はこちらからどうぞ。私も買ってみようかなぁ…おいしいらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少子化対策の本当の敵とは。

北海道ですが、毎日、暑いです。
そんな暑苦しい日の夕方、ミスドにて、たいへんに暑苦しい光景を目撃してしまいました。

それは……オヤジとオバサンのカップルです。
オヤジのほうは、どうしようもなくみすぼらしい禿げ頭。なんて言うんでしょうか、いさぎよくない禿げ方…とでも申しましょうか、 頭頂部がほぼツルツルなのを隠すように、その周囲の毛をぽやぽやと立たせているありさまで…ひとことで言うと「貧相」なんですなぁ。
言っときますけど私、禿げオヤジが嫌いなんじゃないんです。年相応に頭の薄くなってるオジサマは好きなんですよ。けどね、 今日見たオヤジはなんていうか問題外。なぜかっていうと、連れのオバサンにものすごくべたつくの。ミスドの店内で「なんだよぉ~」 とか言ってオバサンの肩とか抱いちゃってんの。若いカップルでもムカつく光景ですが、これが中年カップルだと生理的に受け付けません。 消えてくれ、って感じ。

その上……連れのオバサンがまたすごい。おかっぱのようなヘアスタイルで前髪だけを金太郎みたいにしばってアップにして、 メガネは黒縁のオバサンメガネ。ピンクの花柄のような服を着てる。
これでちょっとスタイルがいいとか美人だとか言うなら「個性的」でなんとかごまかせるかもしれませんが、 そのどちらでもないんですなぁコレが。ほんとにただの「オバサン」。

そのふたりが、夕方のミスド店内で繰り広げるいちゃいちゃぶり……
よっぽど写メ撮ってやろうかと思いましたが、距離が近すぎてシャッター音が聞こえる可能性があるため断念。
ほんとね、あの暑苦しさはその場に居合わせるか動画で見るかしないと伝わりませんね。絵で描いても伝わらないね。
若いカップルなら「まったく今時の若いもんは……」って苦々しく思いつつバカにして終わりだけど、 ある程度お年の行ったカップルの非常識にぶち当たった場合は対処に困ります。なんででしょうね、 中年のアツアツぶりってどうしようもなく不快になるのは。
しかも私の直感ですけど、ありゃ夫婦じゃないですね。夫婦だったら筋金入りのバカップルだし、夫婦じゃなくてもじゅうぶんバカップル。
仲がよいのはいいことですが、公共の場で周囲をシャットアウトしてアツアツになるのは迷惑です。今度私の前でそれやったら逮捕するから。

さて。
そんなことよりももっと不快……というか、どうしようもなく悔しくて悲しくてやりきれない思いをしまして、私、ひさびさに泣きました。
おかげで今日は目がお岩さんでした。
その原因とは。

 

続きを読む "少子化対策の本当の敵とは。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦手なおばさま。

私のおばあちゃんが亡くなってからはや7年……
そのおばあちゃんは三姉妹で、その末っ子にあたるおばあちゃん(正確には大叔母さん)はいまだ元気。私の実家と同じ市内にお住まいです。
で、yoshiママを通じて伝言が……

「aiちゃ~ん、おなか大きくなったか~い?
おばさんに顔見せにおいで~」

確かに……妊娠して以来体調が良くなかったり週末は忙しかったりで一度も会っていませんでした。
というわけで、土曜日の午後からおばさんのお宅に行ってきました。

ココだけの話ですけど、私ねぇ、実はそのおばさんのこと苦手なんですよぉぉぉ……・゚・(ノД`;)・゚・

理由は定かではありません。どこが苦手なのかも自分ではよくわかっていません。けど苦手。
ただ、私の記憶にないほど小さい頃から苦手だったのは確かなようで、まだyoshiママにだっこされていたぐらいの小さい頃に、 おばさんのお宅に入ろうとしたyoshiママは突然前に進めなくなったことがありまして……何かと思って見てみたら、 だっこされている私が玄関の柱に両手でしがみついて必死に抵抗していたことがあったらしい。
想像していただければ笑える図です。私、わんわん泣きながら両手を柱にひっかけるようにして抵抗して、カラダが真横になってたらしいので。

それくらい小さい頃から、そのおばさんのこと苦手だったわけです。

しかしオトナになった今ではそんなことできませんし……
おばさんだって、こっこちゃんの誕生を楽しみにしててくれてるわけだから、 ここはおばさんに会いに行くのがオトナとしてのあるべき姿!!
と自分に言い聞かせて出かけることにしたのです。

だけどね~、カラダというのは正直ですな。それとも妊娠してるから特別そうなのか。
朝ご飯を食べてからずーっと胸がむかむかしてたまらず、ほんとに久しぶりに食べたもの戻しちゃいましたよ。いきなり体調不良です。 どんだけおばさん苦手なんだ!! って話ですよ。

ただ……これだけは間違いないんですけど、そのおばさんね、すごいいい人なんですよ。
yoshiママのこともかわいがるし、私のこともいっつもかわいがってくれるし、 結婚してからはダンナちゃんのこともかわいがってくれるしね。イヤな人では全然ないんですよ。
なのになぜか私の中で巻き起こる拒否反応。
yoshiママの説では、そのおばさんって昔からパワーありあまってる強烈タイプで、 小さい頃の私はその強烈な勢いを恐れてるような感じだったから、そのトラウマがいまだに残っているのでは? ってことなんだけど……確かに、 それもあるような。
まぁさすがに今のおばさんにはそれほどの勢いはありませんので、昔に比べればずいぶんとソフトですけどね……

2時間くらいおじゃましてたんだけど、その間、おなかのこっこちゃんはほとんど動きませんでした。
最近、「ちょっとアンタ話聞こえてる?」って言いたいくらい、 私が誰かとこっこちゃんの話をしてるとおなかの中でごにょごにょ動くようになっていたのに、おばさんのお宅にいる間、 ぜんぜん動かなかったの。
途中でちょこっと動いたくらいで……あとはびたっと動きを止めてました。
母親の精神状態がこっこちゃんに伝わっていたとしか思えない……

おばさんちをおいとましてから、こっこちゃんはじょじょに動き出すように。
晩ご飯を食べてるときなんか、ものすごい動いてました。こっちがびっくりするくらい動いてました。
生まれたあとでおばさんに対面したとき、こっこちゃんがどんな顔をするか……今からちょっと不安。私の子供だからなぁ~。 大泣きしそうでコワいわ~。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

給料日の楽しみ。

給料日の楽しみ。
会社の帰りにミスドで一休み!こっこちゃんが生まれるまでのささやかな楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

防犯カメラと仕返し。

月曜、火曜と有給休暇をとり、水曜日から職場復帰しました。

すると、一緒に窓口に出ている後輩のSさんが私に言いました……

「聞いてくださいよぉぉ、M次長ったらひどいんですよっっっ」

なかなかにご立腹の様子……どうしたの? と聞きましたところ、私が休みの間にちょっとした事件があったというのです。
ウチの銀行ではお客様から通帳とか払戻の伝票とかをお預かりしたときにかならず「預り証」を発行しています。 その預り証はちゃんと通番がついていて、番号順に管理できるようになっているのですが、その日の営業が終わったあとで次長が確認したところ、 番号がひとつ飛んでいるのが発覚しました。
もちろん、番号順に使うのが鉄則の「預り証」ですから、原因究明にやっきになるわけで、次長は真っ先にSさんに疑惑の矛先を向けました……

「先日付(預かった日より先の日付を指定してある処理のこと)を預かったときに、預り証出してないんじゃないのか?」

Sさんは身に覚えのないことなので、「私じゃありません!!」と即座に否定。しかし次長は譲らず、 「今日は先日付の預かりも多かったし、絶対に窓口だ!!」と言うのです。
しまいにはSさんを呼びつけて、

「防犯カメラの映像でチェックする!!」

と、その日一日の防犯カメラ映像を見せられたのだそうです……(lll  ゚ д ゚ )

しかしそれでも決定的瞬間を見つけることはできず。
Sさんって基本的に仕事が細かく、多少時間がかかっても処理は丁寧にやる方なので、 預り証を出し忘れるってことはあまり考えられないと私は思うんだけど、次長はそれでも疑いをかけていたらしく、 Sさんのミスを裏付けるべく書類のチェックをしていたそうです。

そのとき!!

次長の声が響く……

「あ!! オレだった……」

――――ええええっ?!Σ(゚Д゚||)

なんと預り証を発行し忘れていたのは次長だったのです!! その日次長が受け付けた相続関係の書類に預り証を出し忘れたのが真相と判明!!
あれだけ他人を疑っておきながら実は自分のミスだったとわかった次長……その事態をどう収拾したのかというと。

笑ってごまかした

そうです……orz

Sさんが腹を立てるのもしょうがないよなぁ~。
「だって私はその防犯カメラ見るのに1時間以上もつき合わされたんですよ!! おかげで仕事は終わらないし、 なのに残業もさせてもらえなくてしまいには『早く帰れ!!』って言われたんですからっっ」
うむむ。次長、よっぽど気まずかったんだろうな~。自分の失敗を他人のせいだと思いこんでたら実は自分が原因で、 そんな理由で残業なんかさせたら支店長から何言われるかわかんなくってそれで追い返したんだろうな~……手に取るようにわかる……

さて木曜日の夕方。
次長が私を呼びました。何かと思ったら、私が預かった金曜日付の伝票がないぞ、というのです。
「えええっ?! イヤ絶対に次長に預けましたって!!」
「ほんとかぁ? だってオレの手元にはないぞぉ???」
「いーえ、預けました!! っていうかちゃんとその検印箱に入れましたから!!」

なぜそんなに記憶がハッキリしているのかというと、その伝票は日付が間違っていて (6月22日と書かなければならないところを8月22日と書いていた)、 取引先の経理のお兄ちゃんに訂正のハンコをわざわざもらっていたからです。「なんで8月やねん!!」 とツッコミを入れたからよーく覚えてる(笑)
で、ハンコをもらったあと、目印にしていた付せん紙をはずして、「訂正印もらいましたからね~」 ってわざわざ言いながら検印箱に入れたのですよ。
その伝票がないと言われても……私知りませんからっっ!!! 次長食べたんじゃないの?
そのとき、そのやりとりを聞いていたSさんが一言。

「次長……防犯ビデオ見ますか?」

一瞬の沈黙のあと、私、大爆笑でした!! Sさん天才!! ナイス仕返し!!!
次長は「なぁに言ってんだ~」と笑ってごまかすより他になにもできず……あまりに的確な仕返しに、私はしばらく笑いが止まりませんでした。
おまけになくなった伝票は、次長が領収書と伝票を分けて保管するときに間違って領収書といっしょにしてしまっていたことが判明。 しかもそれを発見したのもSさん……次長は完敗でした(笑)

「いや~Sさん天才だね!! あれ以上のタイミングないね!!」
私が絶賛すると、Sさんはニヤリと笑って、
「絶対に仕返ししてやろうと思ってたんですよ~」
だって。部下としてはスッとする一件でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

主婦ないちにち。

今日と明日はひさびさの有給休暇です。
ダンナちゃんは「いいなぁぁぁ……」とうらめしそうな声を残して、朝、出かけていきました。

残された私、何をしたかというと、洗濯物を外に干して、ぼーっとテレビ見たり、ネットやったり、昼寝したり……
ちょっと自堕落に過ごしすぎたかも(汗
けど最近けっこう疲れてて、家に帰ってきてから気絶するように寝てたりしてたので、これはこれでのんびりしててよかったです。

反省の意を込めて、夕飯はちゃあんと作りましたよ(当たり前のことではありますが、普段、疲れ果ててなかなかパワーが出ないので)。
しかも冷蔵庫の中の食材だけで。ごはんは試供品で取り寄せてみた「やずやの十六雑穀」を混ぜて炊いてみました。

ダンナちゃんの好みに合わせて和食の煮物にしたのですが、ダンナちゃんの帰りを待っている間に野菜を煮すぎてしまい、鍋の中でだいぶん溶けました……( ノД`)
まぁ、お肉とじゃがいもにはずいぶんと味がしみたことでしょう。
(食べてみたら案の定、じゃがいもめちゃウマ~に味がしみてた!! けど、最後に迷って足したお醤油はいらなかったな……)

お昼のワイドショーも普段は見られないので、ちょっと見てみたけど、これは別に見なくてもよかったかな~。夕方の北海道ローカルの情報番組のほうが面白かったし、全国ニュースなら夜の「報道ステーション」見ればいいことだし。ちなみに今は「TVタックル」見てます。
そしたらあーた、またも出てるじゃないの!! オタッキーなニオイのする大村氏が!! しかも肩書きが「内閣府副大臣」だって~。あんなとっつぁんボーヤみたいなのが副大臣って……
しかもまわりの扱いが明らかに彼をバカにしてる(笑)大竹まことの話のほうがまわりにまじめに聞いてもらってるもんね。ハマコーでさえ大竹まことを褒めてたぞ!! なのに副大臣がバカにされてるってどーなのよ(笑)
もしかして胎教によくないかもしれないなぁと思いつつ、ヘンなオトナの議論を見ています。あとでトムとジェリーでも見て気分転換を図ろうっと。

明日は札幌で映画を見てきます。
TOKIOの国分くんが主演の「しゃべれども しゃべれども」を見ます。原作本を見つけて買ってあるんですが、まずは映画を楽しむつもりです。
金曜日にクドマキさんとKさんとのおしゃべりで、原作本の話になり、「先に原作を読んでいてそれが面白かった場合、ドラマとか映画ではがっかりすることがある」って話をしてたばかりなので。せっかくならば先に映画を見て、そのあと原作を楽しむほうがいいのかなぁ、と。
まぁ私が最近激しくガッカリした「華麗なる一族」ほどの落胆はないだろうと思ってます。楽しみだな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オトナの日曜の朝。

夫婦そろって遅く起きた日曜日の朝。
テレビ朝日の「サンデープロジェクト」を見ております。
ダンナちゃんと結婚して以来、なんとなく見るようになってしまった番組のひとつです。ちなみに他には報道ステーションとかTVタックルとか… …そういうのを見るようになりました。オトナですわ~。

今日の朝のテーマは、旬の「年金問題」。
民主党からは長妻さん、自民党からは大村さん、という議員さんが出てきてますが……
いや~、どうして議員という人種は人の話を聞かないんだろうね(笑) 人の話を聞かないで、自分のしゃべりたいことばっかりしゃべろうとして話を遮る。う~ん、小学校の学級委員会以下ですね。

で、今のところ見てて思うんだけどさ。
年金記録が正しく保管されてないのは事実なワケでしょ? 

けどさぁ、自民党の言ってるのって、

「そりゃ間違ってたけどさぁ、民主党が言うほどたくさん間違ってるワケじゃないし~。 5000万件の名寄せだってさ、ちゃんと1年で補正するって言ってるんだからいいじゃん!!」

っていうのの繰り返しじゃないか……?

「消えた年金っていったい何件あるのさ?」って訊かれても、「いやそういうことがないように1年間で補正するって言ってんじゃん!! いちいちうるさいなぁ」みたいに答えてる感じなんだけど。
それって……なんの解決になるわけ……????

登録してるケータイのとあるサイトで、そのサイトのメンバーが人間関係とか恋愛とかの悩みを書き込んでおくと、他のメンバーからアドバイスが書き込まれるっていうのがあるんだけど、先日そこに社保庁の関係者だっていう人が書き込んでたの。その内容が、

「マスコミの報道はヒステリックでウケ狙い。見ているだけで気分が悪い。事実じゃないことも報道されてる」

っていうものだったんだけど……
案の定、ほかのメンバーからはちょっと怒りの書き込みがあったな(笑) いちばん明快だったのは、「気分が悪いのはこっち。年金の管理がちゃんとされてないらしいってわかって不安になってるのは国民なんだから」っていう内容だった。
同じようなことを民主党の長妻議員も言ってたな~。
「自民党は自分たちを被害者だと思ってる。選挙前なのにこんなことほじくり出された、って被害者意識がある」
って。

ずーっと思ってることがひとつあるんですけどね。

安倍総理がすごいはっきりと、

「5000万件の記録を1年で名寄せする」

って言い放ってるけどさ……

それさ、絶対甘い見通しだと思うよ(″д゛)=3
なぜそんなことが言えるかというと、そりゃもう、経験してるからですよ、「名寄せ」っちゅーもんを。

そもそも「名寄せ」ってなんのことかわからん人も多いと思うんですけど……

続きを読む "オトナの日曜の朝。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

両親教室に行きました。

土曜日、住んでいる市の主催する「両親教室」なるものに、ダンナちゃんとふたりで行ってきました。

出産予定日に合わせてちゃんと市がお知らせのハガキをくれるんですね~。

小学校時代から慣れ親しんだ地元の市ですが、正直、 こんなに子育てについて熱心な市だとは思わなかった!! ホームページなんかで改めて見てみると、子育て支援対策はもちろん、 情報交換センターとかいろいろあるんですねぇ。
送られてきたハガキには、「妊婦さんひとりでの参加も歓迎です」って書いてあったけど、いざ行ってみたら9割が夫婦での出席。 しかもどのダンナさんもなんか嬉しそうなの。「無理矢理連れてこられました感」なんて全然ない。いやそーいうウチもダンナちゃんは 「当然参加!!」って言ってついてきたんだけどね……

まずは30分間、赤ちゃんに関するビデオを見せられたんですが……
NHKスペシャルの番組だったんだけど、いつの時代だよ!!!! っていうくらい古かった。超音波の機械とか見るからに古い。 出てくる人のファッションとかもう古すぎてダサダサ!!! 妊婦さんは前髪までくりくりにパーマかけて三つ編みして、 着てる服と言えば肩パッド入ったようなワンピだし、眉毛は八の字でボサボサ、口紅の色なんかあーた、 紫色ですよ!!! ローズ色とかじゃないよ!!! ムラサキ!!! それが妊婦さんだけじゃなく大学の女性教授まで同じ色。その時代の 『最新の学説』なんて聞かされてもさぁ……「たまごクラブ」で仕入れる情報のほうがよっぽど最新じゃないのか? とつい思っちゃったよ。
赤ちゃんについては別に流行り廃りがないので、そこだけはふむふむと見てたけど……ダンナちゃんは途中で眠りかけてました。

その後、お風呂に入れるのと着替えとおむつ交換のレクチャーを受けました。
ゴム人形相手にやるわけだけど、 なんか人形なだけにイメージわかないというか(笑)むしろ赤ちゃんが出てきてからオカンに習うほうがいいんじゃないかなって思っちゃいました。 だって人形は腕とかぴしっと伸びてるけど、赤ちゃんは伸びてないわけで、 それを再現するために人形の腕をグニっと曲げちゃったりするんですよ。その「グニっ」ていうのにどうしても抵抗があったのです。 だって完全にヘンな腕になっちゃうんだもん。人形だからしょうがないんだけど。
唯一うまくできたことといえばおむつ交換くらいかな。それでもなんか無造作におしり持ち上げちゃったりして…… もちろん足持って上げるようなことはしなかったけど(笑)練習台の赤ちゃん人形は布おむつをしてたので、 こっこちゃんに布おむつを使うつもりの私にはなんとなくイメージがつかめてよかったです。

ちなみに隣にいた夫婦のダンナさん、奥さんが布おむつで練習してるのを見て、「紙おむつの練習すれば? 布なんて面倒なだけじゃん」 と言ってたのでちょっとびっくりしました。さらに、「布おむつはいちいち洗わなくちゃならないから面倒だし、一緒の洗濯機で洗えないじゃん」 とまで言ってました……

そんなこと言ってもね。
いずれ自分の子どもにウンチ風呂に入れられたら、そんな考えもなくなるでしょう。

ちなみにうちのダンナちゃんは、
「布おむつとか肌着とかいろいろ洗濯するものも増えるし、おもちゃも口に入れたりとかするから、新しい洗濯機とか必要かもなぁ」
って言うタイプ。よかった、そういうパパで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神宮祭と、銀行員の誇り。

木曜日から、北海道神宮ではお祭りが始まっております。
うちのダンナちゃんときたら、私を差しおいて木曜日に職場の女の子とお祭りに行ってきやがりました~。
しかも、帰りに飲んで帰ってきたの。珍しく私が夕飯を用意して(; ´д`)待っていたというのにさ。ま、いいけどね。

で、その日の夜のこと。
会社の同僚でもあるクドマキさんから、「神宮祭に行こう!」というお誘いが、ダンナちゃんに入りました。「あなたはどうすんの?  一緒に行く?」とダンナちゃんに言われて、私、ちょっと困ってしまったんですな。
なぜって、金曜日は私の所属する支店で、業務目標(要はノルマだ)達成に向けての『決起大会』なるものが予定されていたからなんです~。 めんどくせ~。
しかも発案者は私の大嫌いな上祐課長。支店長に媚びるための企画でしかないんだな。各課でノルマ達成に向けての心意気を発表すること、 なーんて事前にお達しがあったりしてさ。うんざりですわ。
とはいえ……一応、仕事の一環なんだよな……でも行きたくない……ものすごく行きたくない……

と朝から悶々としていたら、なんか本当にカラダがだる~くなってしまいました(笑)気持ちの持ちようというのは大事です。
そんな気持ちを上向かせるためには、神宮祭に行くしかない!! 話は決まった!! というわけで、上司に「ちょっとめまいがするので……」 とかなんとか理由をつけて決起大会をトンズラ致しました。
なのにダンナちゃんときたら、仕事が終わらないらしい。
なので、私は意気揚々と神宮祭へと出発いたしました。一緒に行ったのはクドマキさんと、ダンナちゃんの支店の先輩・Kさんです。 Kさんは女性なんだけど融資担当で、すごく楽しい人です! さばけたキャラもまた魅力。

北海道神宮の最寄り駅で地下鉄を降りた瞬間、ものすごい人波にのみこまれて動揺する私。こりゃすごい…… っていうかSMAPのコンサートがある日の福住駅よりすごい。性別も年代もおかまいなしであふれかえる人ってある意味恐怖です。 とにかく足もとだけには注意しつつ、そして防犯のためにバッグをしっかり抱えつつ階段を上って駅の外へ。
出てすぐに夜店が建ち並ぶところはもう「まさにフェスティバル!!」 な感じで心もおどります!! そして人波はあっさり渋滞!! けど進まないのもまたお祭り!! バッグでおなかをガードしつつ、 そしてクドマキさんとKさんに前後を固めていただきつつ渋滞の中を突き進みます。
地元のお祭りと違ってやっぱり夜店の数は多かったです。いろんな食べ物のお店が建ち並んでいましたが、 なんか見てるだけでおなかがいっぱいになって結局なにも食べなかった~(-ω-)昔はたこ焼きとかお好み焼きとかクレープとか食べたんだけどね~。 ま、それ以外にもお祭りに行く前に食べたワッフルがおなかの中で幅をきかせてたという要因は大きいですが。
フライドポテトくらい食べようかなと思ったんだけど、一瞬、 昔近所の居酒屋で食べたポテトフライの油に当たってヒドい目にあったことを思い出し断念。妊娠して以降、食べ物の好みも変化してるし、 意外なところでカラダが反応してしまうこともあるので、雰囲気だけを満喫しておくことにしました。途中で「フルーツ飴」の夜店に「トマト飴」 が並んでいるのを発見したときには心が揺れたけどね……
クドマキさんとKさんは串焼きのお店で米沢牛の串焼きというのを買ってました。 すごい大きいのでどう見ても私には食べ切れそうにない(笑)店先から立ちのぼる煙のにおいで満足しちゃいました。 なんつーか雰囲気がお祭りっぽいのがいいんだよな~。
その串焼きを食べる間、店の裏側のスペースに逃れて休憩していたのですが、そこがあの「オートバイサーカス」のやぐらの真裏だったのね。

これは昼間の写真。

小さい頃からずーっとこのオートバイサーカスってお祭りに来てるんだけど、子供ながらに「あんなの見る人いるのかなぁ?」 って思ってたのね。
でも、下から見上げたやぐらの見物席、満席というか人でいっぱいだったのよ~。
しかもなんか盛り上がってる感じだし!!
そんなに面白いのかなぁ…中でいったい何が行われているんだろう……と思っていたら、バイクの爆音が聞こえてでもいるのか、 おなかのなかでこっこちゃんも盛り上がってバタバタしている様子(笑)
「ちょっとぉ、何やってるのかママ確かめてきてよ!!」
みたいなところでしょうか。

ちなみに「お化け屋敷」も盛況だったみたい。
高校生のときとかは、遊園地のお化け屋敷とか平気で行けたんですが、 今はこっこちゃんのためにもそういう危険なニオイのする場所には行きません(笑)

で、お祭りエリアを抜けて地下鉄駅近辺に出たところでダンナちゃんに電話。
「もうすぐ仕事切り上げるから、駅近辺で飲みましょう」
ということになり、私たちは人であふれる神宮をあとにしたのでした~。次に目指すは、残業を終えたダンナちゃんと、 以前いっしょにご飯を食べつつ融資のレクチャーを受けていたSクンと合流しての二次会です。

 

 

続きを読む "神宮祭と、銀行員の誇り。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釈然としなくても。

今回は仕事ネタ。銀行業務の話……っつーかグチなので、わからない方はすっとばしてくださいな。

こっこちゃんがおなかに入って早6ヶ月目。いや~最近はおなかがおっきくなっちゃって!! マギー史郎じゃなかった……マギー審司?  手品のようです。
妊婦の定めとして寝てる間に足がつったりとか(もともと足とか全然つらない方だったのでマジ痛い!!)、 階段上り下りがやたらしんどくなってきたりとか、まぁ世間一般の妊婦ライフを問答無用で満喫しているわけなんですけれど、 最近ちょっとした問題が出てまいりました。

仕事のことなんですけどね。

私が担当している係の仕事、 産休に入るまでに誰か後継者を育てなきゃイカン!! ということで先輩であるSさんが後継者に決定したワケなんですけれど。
なんせうちの課、人数が圧倒的に少ないんです。もともと出張所扱いの小さな課なので、女性社員が4名、パートさんが4名しかおらず、 しかもパートさんは毎日出勤してくるわけではないので、その日その日で手薄な係ができちゃう。で、 そこをフォローするのはもちろん社員の仕事。

後継者を育てるのと、手薄な係をフォローするのと、両方を成立させなければならなくなったウチの課が出した結論。
それは、あたくしが窓口に出る!! というものでした。

銀行に行ったことある人ならなんとなくわかると思うんですけど……窓口嬢ってけっこうハードワークなんですわ。 ずっと座ってりゃいいように思ってる人がいたら大間違い。立ったり座ったり、一日中ずーっと動き回ってるのが現実。そのポジションにさ、 最近とみにおなかの大きくなった私が入るという結論が出されちゃったのね。

正直言って……すごいイヤだったんですよね……
立ったり座ったりしなくちゃならないし、おまけにうちの課は空間的に余裕のない狭い作り。窓口嬢が自分の席に座ってたら、 その後ろはちょっと通りにくいんですけど!! ってぐらい狭い。その上窓口だからけっこう拘束されるわけで、 この頃トイレも近くなってきたんだけど行きたいときにトイレ行けない……ううう。
課内会議で決定されちゃったので、「イヤです!!」とも言えず、それに従うより他になかったんだけど……なんとなく釈然としなかったのは、 その会議での話の進行っぷりでした。なんつーか、一方的に要求を突きつけるタイプの人っているでしょ? そういう人がいましてね、 自分の担当がどれだけ大変かとか、自分が応援を必要としているときに誰にも助けを求められない体制が問題だとか、 けっこう言ってくるわけです。
私としては反論する気もなかったし、そもそも妊娠ってのは私の勝手な都合なので(仕事じゃないからね)、 その私の都合で後継者を育てたりとかしなくちゃならなくなったわけだから、 あんまり不満も言っちゃいけないんだろうな~と黙っていたのですが。
結局、私が窓口に出ることに決定し、その要求突きつけタイプの人とコンビを組まざるを得なくなったわけです。仮名、Xさんでお願いします。

パートさんが窓口に出てくれてるときはまだよかったんだけど…… パートさんがお休みの日は私とXさんだけで窓口をこなしていかなくちゃならないわけで……
そんな状況の中、私は一日中釈然としない思いでおりました。

昨日なんですけど、窓口は私とXさんの二人しかいないというのに、 Xさんが全然窓口の仕事をしないの!!! 受付順番でお客様を呼ぶ機械があるのをアイキューっていうんですけど、 そのアイキューの呼び出しボタン全然押さないの!! 私ひとりがボタンを押してはお客様を呼んで受付をし、処理をし、 お返ししてまたつぎのお客様を呼ぶ……の繰り返し。
様子からしてXさんは上司に提出を命じられた伝票をあちこち探していたようなんですけど、それさぁ、 お客様の処理より優先しないとならないの? 一日中ずーっと探さなくちゃならないの? 確かに上司に命じられたことも大切だけどさ…… 待ち人数が5人とか6人になってもずーっと下向いて伝票めくりつづけてるってどうよ? 
なんかもう途中でどーでもよくなっちゃった私は、ただただひたすらに笑顔でもってお客様を呼び続け、処理し続けていましたよ。 だってもともとが「要求突きつけタイプ」なのに、そんな人にこっちから要求突きつけたらどんなことになるか考えたくもありません。 それならひとりでひたすら仕事してる方がまし!!!!

けどさぁ……ひとつだけどうしても納得いかないことがあるのね。
後継者の育成と同時進行で、その係のマニュアルを今月中に作れ!! という指示が上司から私に課せられておりまして、 それをなんとか作りたいと思っているのですがここで問題。
ウチの銀行、パソコンが課に2台しか配備されてないの!! いや他の課はひとり1台もらってるんだけど、 なぜか営業課はひとり1台くれないの。使いたいときはパソコンのあるデスクに移動しないと使えない。
ということは、私が窓口でお客様を呼び続けている間はパソコンが使えないというわけで、パソコン使えなかったらマニュアルも作れないわけで (手書きでいいじゃないかとか言わないように!!)、どうなるかっつーと

残業

になるんですなぁ。
しかもさ、いちおう社の決まりとして「残業するときはあらかじめ上司に内容を報告して許可を受けてからしなさい」っていうのがあって、 んなもんテキトーにやらせてほしいところなんだけどウチの課の上司はそのへん厳しいんだなぁ。ちゃんと報告して 「**時まで残業させてください」って申告しておかないとダメ。しかも申告通り認められるとは限らない。30分くらい減らされることもある。
メンドクサイよ~(=д=)=3

それで結局パソコンの前に座れたのは16時半。退社時刻の30分前。 30分でなんかマニュアル作り終わるわけないじゃん!!! というわけでおそるおそる上司に申告……
「あのぉ……18時までパソコン使いたいんですけど……」
「おう、いいぞ」
さすがに私の動きを見ていたせいか、残業については無事認められたので一安心。
そんな私を尻目に、Xさんは早々にお帰りになりました……

いや、もうね、いいんですよ。何も言うつもりないですよアナタには。

けどさぁ、仕事ってそういうもんかねぇ? 自分の要求だけ突きつけといて自分の仕事終わったらとっとと帰るって、 そういう仕事の仕方してるとそのうち誰も助けてくれなくなるような気がするんだけどね。
私なんか一日ずーっと窓口で仕事してさ、実はおなかけっこう張ってたけどだましだまし仕事してさ、その上残業までしてさ。 昨日なんか帰ってから何もする気にならず家事はもちろんメイクも落とさずにベッドに倒れ込んで気絶ですよ。気づいたら朝だったもん。 たぶん夜の10時前にはもう意識なかったね。次に意識を取り戻したのは朝6時でした。基本的に体力落ちてるなぁと実感。 運動とかなんにもしてないのにカラダばかりが重たくなっちゃってるし。 こっこちゃんにパワー送ってるぶん母が弱るのも多少は仕方のないことだし。

窓口で黙々と働いてる母に、こっこちゃんはおなかを蹴ることで(もしくは叩いてるのかも)エールを送ってくれてます。 すっごい動いてます。私にしかわかんない励ましのサインです。
こっこちゃんよ、ありがとう。母は働くよ。そしてこっこちゃんのために稼いでおくから安心して生まれてきたまえ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問題をすりかえちゃいかん。

去年の8月、福岡県の「海の中道大橋」で飲酒運転のクルマに追突されたRV車が海に転落、 一家5人のうち子供3人が亡くなってしまった事件を覚えているでしょうか。

今日、その事件の初公判が行われたそうなのですが……

被告の主張を聞いて、あたくし、唖然といたしました。
あのね~、厚顔無恥というか、バカはどうしたって治らないというか、言うべき言葉もないって感じですよ。
だってさ。

「飲酒運転は間違いないが、正常な運転が困難になるほど飲酒していない」

って、どーゆーことよ???(゜Д゜)

起訴状などによると今林被告は昨年8月25日、自宅のほか2軒の飲食店で飲酒し、正常な運転が困難な状態で乗用車を運転。 午後10時50分ごろ、海の中道大橋で大上哲央(あきお)さん(34)一家5人の乗ったRV(レジャー用多目的車) に時速約100キロで追突、博多湾に転落させ幼児3人を水死させた。さらに現場から約300メートル逃走。 身代わりを頼んだ知人に水の持参を依頼し、水を飲んで出頭した。検察側の冒頭陳述によると、被告は事故直前、交差点を大回りして左折し、 時速100キロまで急に加速。不安になった同乗者が「いつもこんなに飛ばすんですか」と尋ねると、「いいや、飛ばさん」と答えた。 飲酒検知では複数回に分けて呼気を吹き込んでいたほか、職業を尋ねた警察官に歌うような節を付けて「サーラリーマン」と答えた。

ってさぁ…
これのどこが「正常な運転」なワケ? どう考えたって普通じゃないでしょう? 身代わりを頼むって発想も究極のおバカ発想だけど、 しまいに何を言うかと思ったら、

「申し訳ないが、(被害車両が)海に落ちたことにまったく気が付かなかった」

自分の古傷なのであまり言いたくないですが……私、過去に2度ほど衝突事故を経験しております。 1度目は右折しかけたときに対向車とぶつかって、2度目は凍結路面にスリップして停まりきれずに前のクルマにぶつかりました。ええ、 もちろんどちらのときも飲酒運転ではございません。1度目はダンスのレッスンの帰りで、2度目は出勤途中でした。
その経験から言うんですけど、もし本当にシラフだったら、 自分がぶつかったクルマがどんなふうになったかというのは必要以上に鮮明に覚えているはずなんです!!!!! そりゃもうスローモーションのようですよ。 記憶のフィルムがコマ送りにでもなったかのように、その光景というのは目に焼き付くもんなんです。
それが、よりによって自分が追突したクルマが橋の欄干つきやぶって海に落っこちたことに気づかないなんて…… こりゃもう絶対にありえない!!!!

いいかげん酔っぱらってワケわかんなくなってたとしたらあり得る話かも知れないけどね……(; -∀-)

事前の飲酒が今林被告の運転に及ぼした影響が最大の争点。公判は今後週1回のペースで、事故前後の関係者の証言や、 車両の鑑定結果などが審理される見通し。

だそうですけど、問題ってそんなにややこしいことだろうか。

事件当時はもうすでにあちこちで飲酒運転が原因の事故が起きていて、世間の風潮が以前よりずーっと厳しくなっていたはず。
もちろん、風潮に関係なく飲酒運転は法律違反なので悪いことには変わりないけど、けど昔のような「酔っぱらいに優しい国」 では絶対になかったのですよ。
にもかかわらず、この被告は「飲酒運転はしてました」と認めちゃってるんです。認めた上で、「けどそんなに酔っぱらってなかったもん!!」 と言ってるわけです。

ぐでんぐでんに酔っぱらってたかどうかは問題じゃないでしょ?
飲酒運転は悪いことなんです!! そこは当然有罪だし、本人だって飲酒運転が悪いことだとわかっててクルマ運転してるんだから「過失」 じゃないでしょ!! 酒飲んで運転して事故って人を死なせた=危険運転致死傷罪、 ってことでしょう!! なんでそういう恥知らずな論理を展開できるのか理解に苦しむのは私だけなのかしら。
あくまでベースは危険運転致死傷罪。そこに持ってきてこの被告はぶつかっておきながら逃げ出すし、知人に身代わり出頭を頼むし、 飲酒をごまかすために水一気飲みするし、悪質すぎ。そのへんで量刑を判断すべきじゃないの? 

ついでに言えば、被告は、

「いかに愚かで許されない行為だったか悔やんでも悔やみきれない。 一生かけても足りないが、できる償いを誠心誠意やりたい」

と謝罪文を読んでいたそうですけど、この謝罪文がやけに達筆なの。すごい書き慣れた感じの。 人柄ってその人の字に出ると私は思うんですけど、あのにいちゃんが書けるような字ではなかったな~。 弁護士さんにでも書いてもらったんでしょうけど、人に書いてもらった文章読んで「謝罪」って言われてもね……なんか、釈然としないのよね、 私は。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOSAKOIに燃えた札幌。

ついに今年も「YOSAKOIソーラン」が終わりました~。

結果は今年も「新琴似 天舞龍神」が大賞を取り、結果四連覇ということになったわけですが。

な~んかね~。(-д-)=3
あまりにも「やっぱりねぇ~」的な結果で、つまんなかったデス。

結果はこちらのページで見ることができますので、 興味のある方は一度ごらんください。

「天舞龍神」は確かにスゴいと思ったけど、私としてはどーしても100%好きになれないんだよね~。大賞取ってはいるけど。
なぜかといえば、なんか「天舞龍神」の踊りってソーラン節じゃない気がするんだな。
ソーラン節ってのをウィキペディアで調べてみたら、

ソーラン節(そおらんぶし)は北海道渡島半島の民謡。 ニシン漁の歌として有名。「船こぎ音頭」・「つなお越し音頭」・「子たたき音頭」等の中にある「沖揚げ音頭」の別称。 板子1枚隔てた下は、冬の荒海。眠気や疲労を吹き飛ばすために「ソーラン、ソーラン」と掛け声をかけ、励まし合って作業をした。

となってる。
けど「天舞龍神」って、なんかやけにエレガントな着物のおねーさんとかいるじゃん? 去年だかおととしだったか、 大奥みたいな着物着て踊ってたけど、それってどう考えてもソーラン節の世界とはかけ離れているような。
もちろん、他のチームでも、新撰組の羽織みたいの着てたりとか、ネズミのカッコしてたりとか、 なんかもうソーラン節とか全然関係ない状態になってるところもあったけど~。
私としては、やっぱりこういうのが「ソーラン節」だと思うわけですよ。

 こちら、私の大好きな「平岸天神」の舞台です。

このblogにちょいちょいコメントをくれるクドマキさんが以前所属していたそうで、 いろいろとこのチームの内情を教えてくれたのですが、いや~、すごいね。
並みの体力と精神力ではこのチームで踊れません。
だって本番の朝も6時から朝練やってるって言うんだもん。それでさらに本番でしょ?  高校時代に吹奏楽部の合宿とかホール練とかやってたけど、さすがに本番当日は朝練しませんでした。
あ。でもそう言えば高校吹奏楽の雄・大阪淀工は本番の朝でもガリガリ練習してたっけな~。 うまいチームってのはやはりそのぶん練習量が違うってことですかね。

なぜ「平岸天神」が好きなのかというと、私としてはこれが「ソーラン節」を踏まえたYOSAKOIだと思っているからです。
やっぱねぇ、天神の力強さってのはいいですよ。それで今年は「平岸太鼓」って、太鼓かついで叩いてたでしょ? 迫力ありましたよね~。 あれがソーラン節の世界ですよ。きれいな着物着てヒラヒラ踊ってるのはソーラン節じゃないと思うよ私は。
ま、確かに「天舞龍神」はまとまってたしキレイだったけどね。好き嫌いで言うなら……好きじゃないな。関係者の方々ゴメンね。

それにしても今年すごいなぁと思ったのは「VOGUE038」というチーム。
ネオジャパネスク、というテーマだったらしいけど、衣装のバランスとかすごく好きでした。ここのチームも太鼓を使ってたんだけど、 ステージバージョンで舞台奥にどーんと置かれてた太鼓のセンスもよかった!! もしかしたら番狂わせで「VOGUE038」 が大賞になっちゃうんじゃないかと思ったけど、 そこまでにはならなかった(笑) あとで録画しておいたファイナルコンテストの舞台を見てみたけど、 確かに細かいところまでまとまってるのは天舞龍神だったなぁ。よく見ると袖のはためき方もそろってた。どんだけ練習したんだろう……

さて、ファイナルを見ていた私、思いついたんですけど、何年かつづけて大賞取ったら翌年は「招待演舞」 扱いにするっていうのどうでしょう?
またまた吹奏楽の話で申し訳ないけど、吹奏楽コンクールって全国大会で5年続けて金賞取ったら翌年は招待団体扱いになって、 全国大会の舞台で演奏するけど賞の評価対象からははずれるんですよね。
それをYOSAKOIにも導入して、 たとえば3年連続で大賞取ったら次の年はファイナルの舞台で踊ってもらうけどあくまでも招待演舞ってことにしたら、 ひとつのチームだけが何年も大賞とり続けることはないでしょ? だいたいそういう「常勝チーム」 が不在の時に面白いサプライズは起きるものなので、マンネリを打破するためにもぜひやってみていただきたいと思うのでした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こっこちゃんは王子なのか、姫なのか。

ひっさびさの更新です。

しばらくblogさぼっている間に、季節はすっかり初夏な感じ。
なんたって昨日から、札幌の街中では踊り子さんたちをやたらと見かけます。

そうなんです。今年もやってきました、「YOSAKOIソーラン」が。

数年前に企業のバックアップが認可されてから、年々衣装は派手になり、そして踊りのレベルも上がり、 いったいどこがソーラン節なのか首をかしげたくなる団体も出没し始め(っていうか今じゃそっちのほうが多いかも…)、 なんかもうリオのカーニバルのような感じです。ま、楽しいのでいいんですが。
私は腰に爆弾を抱えているので(無理すると椎間板ヘルニアになる)、YOSAKOIのようなハードな踊りはできませんが、 見ているぶんにはやっぱり楽しい。さっきまでNHKでやっていた「YOSAKOIソーランナイト」では、 有名どころの団体をさくっと見れたので、なんか今年はもう堪能したような気がしております。
以前はわざわざ札幌まで出向き、現地で見物していたのですが、ここしばらくはもっぱらTVで見物です。もうね、 人が多くて多くて出歩けないの。去年は確かすすきの会場でYOSAKOIやってるときに、ダンナちゃんとお食事ですすきの歩いてたんだけど、 フツーに歩くことが不可能なの。2、3歩進むと人にぶつかる感じ。身軽なときでさえそれだけタイヘンだったわけですから、 今の私にはとてもじゃないけど行けません。

けど見るのは好き。
なのでさっきまでNHK見てたんですが、そのあいだじゅう、おなかのこっこちゃんが大盛り上がりで動いておりました。
あまりにもはっきりと動くので、これは外から触ってもわかるのでは…と思い、「ちょっとちょっと」 とダンナちゃんを呼びつけてそーっとおなかに手を当ててもらいました。
すると、こっこちゃん、さっきまであんなに動いていたのに、一発「トン!」と動いたっきり黙り込んじゃった…(;´д`)
私はいつもこっこちゃんと一緒にいて、胎動も感じ放題なんだけど、ダンナちゃんはこの摩訶不思議な感覚を知らないわけで(当たり前ですが)、 だから触って実感して欲しかったのに~。
こっこちゃん…照れているのだろうか…

さて木曜日、6ヶ月目の健診に行ってまいりました。
もう6ヶ月目!! あと4ヶ月たったら、このおなかからちびすけが出てきちゃうんだからスゴイ話です。 そういうスゴいことがはるか昔からずーっと繰り返されて来てるんだよなぁ…と最近思ったりするワタシ。人間の体ってスゴイですね。神秘です。 なんか表現が陳腐ですけど。
で、いつものように血圧を測り、体重を量り、むくみのチェックもしました。血圧は相変わらずの低空飛行。もともと低血圧で、昔 「上 77 下 40」という数値をたたき出したことがあるのですが、今回はそこまでではないものの最近ではいちばん低かったです。 ついに上が100切っちゃってたからなぁ。
体重は、つわりがなくなっていろんなものを食べてるせいか2㎏増。それでも妊娠前よりはマイナスです。ただし結婚当初に比べれば大幅増。 毎回思うんだけど妊婦健診で体重量っても衣服の分って差し引いてくれないんだよね~…会社の健康診断ではちゃんと差し引いてくれるのにぃ。 ま、そうはいっても衣服差し引いたところで結婚当初の体重にはならないわけですが(;´Д`A ```

超音波でこっこちゃんの様子を見るのですが、やはり今回も目立ったのは頭蓋骨。 ダンナちゃんゆずりのしっかりした頭蓋骨の持ち主なのでしょうか。願わくば中身も(つまり脳みそも) ダンナちゃんゆずりのしっかりした中身であってほしいものです。
で、今回先生にどーしても聞きたかったことがありました。

「先生、性別ってもうわかりますか?」

こっこちゃんが王子様なのかお姫様なのか、生まれてくるまでのお楽しみにしておくか。
それとも、先に訊くか。

ウチはもう早い段階で「そりゃ訊いちゃうでしょう!!!」と夫婦の意見は一致しておりました。だって早いうちに確認しとけば、 名前だって絞り込んで考えられるし、なんたって一人目だからグッズもいろいろそろえられるし、 何よりもこっこちゃんがどっちなのかわかったほうが楽しみも増える!!!
ですので今回、私は訊きました。「性別はもうわかりますか?」と。

その結果……

 

続きを読む "こっこちゃんは王子なのか、姫なのか。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »