« いま4ヶ月。 | トップページ | 私だけ…… »

N響アワーで吹奏楽。

日曜日の「N響アワー」見ましたか?
今回はなんと私のこよなく愛する「吹奏楽特集」だったんですよ~。

中学・高校と吹奏楽一色の青春を送ってきた私にとって、吹奏楽は今でも心躍る音楽。

初めて楽器に触れたのは…はや20年近く昔のことになりますが(;´д`)
しかしよくもまぁ6年間飽きずに続けたもんだと思います。
高校に入ってからの部活動なんて、休みは定期テスト前の3日間と年末年始の1週間ぐらい。あとはずーっと休みナシなんですから、 いったいどこからあの熱意というか体力が湧いて出ていたのか不思議です。
そしてね、よーく考えると、制服、汚すぎですっっΣ(゚Д゚||)
だって休みがないんだもの、洗えない。
ウチの高校はセーラー服だったので、夏場は衿部分だけはずして洗えたけど、冬服なんか替えられないですからね~。

さて今回のN響アワー、 春から吹奏楽部に入ったりして初めて吹奏楽に触れる人にその魅力を伝えよう!! というコンセプトだったらしく、まずはマーチ、 それから吹奏楽やってた人なら知らない人はいない!! と言い切れる作曲家アルフレッド・リードの曲、 続いて吹奏楽独自の楽器がオーケストラでフィーチャーされてる曲、最後に吹奏楽でもよくアレンジされてるレスピーギの曲、 というラインナップ。

A・リードは残念ながらおととしに亡くなってしまったのだけど、私も彼の書く曲は大好きでした。
その中でも高校時代に演奏して今でも大好きなのが「アルメニアンダンス パート1」という曲。
そして今回、N響アワーでもこの曲が取り上げられてました!! 嬉しいっっ。
譜面は忘れちゃったんだけど、曲を聴いていると、主旋律ではなくてあくまで自分の演奏していた旋律を思い浮かべてしまいます。これね、 本当にいい曲なんですよ。
今回の演奏も素晴らしかったんだけど、私としては、佐渡裕氏が指揮をしているシエナ・ウインド・オーケストラ版をオススメしたい。

これがねぇ、ホントに素晴らしいんですよ。Amazonのリスナーレビューではいろいろと賛否両論ですけれど、 私としては単純に吹奏楽の楽しさというかダイナミックなところが出てていいなぁと思います。指揮の佐渡氏自身が音楽を楽しむ人だから、 その気持ちがストレートに出ているのかも。

 

さて吹奏楽独自の楽器と言えば、オーケストラでは見かけないサックスなんかがまず挙げられるわけですが、今回のN響アワーはさすが 「この春から吹奏楽部に入った人に」的なつくりをしていただけあって、とりあげてましたね、あの楽器を。

ユーフォニアム。こんな楽器です。

そして何を隠そう、私が中・高6年間ずーっと担当し続けた楽器が、このユーフォニアムなんですな~♪

司会(というかコメンテーター?)の池辺晋一郎がユーフォのことをベタ褒めしていたけれども、ほんとね、 もっと褒めて宣伝してやって欲しい。
ユーフォ吹きというのはどうも楽器がマイナーなだけに肩身が狭いんだなぁ。
「へー吹奏楽部なんだ、なんの楽器やってんの?」と訊かれて、
「ユーフォニアムやってるよ」
と答えたところで、まず誰も知らないからね…( ノД`)

今回はサックスとユーフォを同時にフューチャーするために、ムソルグスキーの「展覧会の絵」を演奏してたけど、 私としてはサックスなんかもう十分メジャーなんだからぜひユーフォのためにホルストの「惑星」やってほしかったなー。 近年いきなりメジャーになった「木星」(つまりジュピターね。平原綾香が歌ったやつ。そっちは好きじゃないけど) はユーフォ活躍してるんだから曲としてはバッチリだと思うんだけど。
けど今ウィキペディアで調べてみたら、厳密には「木星」で指定されているのは「テナーテューバ」らしい。
うーん。
歴史の浅い楽器ってのはまだまだ解釈にずれがあるなぁ。

レスピーギの曲は「ローマの松」でした。
私もレスピーギのローマ三部作(ローマの松・ローマの噴水・ローマの祭)は大好きです。
今回は、もともとクラシックで書かれた曲でも最近では吹奏楽向けにどんどんアレンジされて演奏されていること、 特に色彩感豊かな曲が吹奏楽に向いているという点でレスピーギだったみたい。
だとしたら!!
「ローマの松」じゃなくて「ローマの祭」のほうが色彩感は豊かなんじゃないか?! と思わずムキになる私(笑)
またまたウィキペディアで調べたところ、

ローマ三部作(『ローマの噴水』 、『ローマの松』 、および本作)の最後を飾る作品。『ローマの松』は圧倒的な音量の作品であったが、この「ローマの祭」 は通俗性を取り入れている。

作品としては、前述の通俗性が強く表れている点から「噴水」「松」に比べてやや評価が劣るが、 オーケストレーションはさらに色彩的で最もあざやかである。

ってなってるので、色彩感という点ではいちばん向いてると思うんだけどなー。
この曲のCDも持ってるんだけど、あまりにも音的に派手なので(笑)体力のない時に聴くと疲れます。モーツァルトとは対極だね。 体力ある時とか朝の通勤電車で聴くと戦闘モードになれるけどね。

ちなみに高校時代のコンクールでこの「ローマの祭」をむちゃくちゃうまく演奏してた高校があって、 ぜひ自分も一度演奏してみたいと思ってたんだけど、ウィキペディアを見ていたら、

なお、吹奏楽にも編曲され、 吹奏楽界の最大のイベントである全日本吹奏楽コンクールにおいては過去の自由曲ランキングにおいて最も多くの団体が自由曲として取り上げているほどの人気曲となっている。
ただし、演奏には超絶技巧を要する。

って書いてました……

無理だな、それじゃ(;´д`)

 

|

« いま4ヶ月。 | トップページ | 私だけ…… »

コメント

たしか、アメリカ人はユーフォニアムのことを「バリトンテューバ」と言たってたっけ・・・

わたくし、部活少女の6年間を影で支え続けた母でございますが・・・何か?
ほんとに、おかげで家のこと何にもしなかったもんね!再び、何か?!(;^_^A

重たい楽器なので、体が歪むのではないかといつも心配してました。
でも、買ってとねだられずにすんだのは助かりましたけどね(^∇^;)

投稿: yoshi | 2007.04.16 08:58

バリトンテューバは、マーチングバンドなんかでよく見かけるタイプの楽器でしょうな。
ユーフォを普通に持って歩くのはかなりしんどいから。

ほんとに、おかげさまで家のこと何もしないで青春が過ぎました。
ありがとうございました。
なんたって制服とパジャマしか着ない毎日だったもんね~。

ユーフォね、実は欲しかったんだけど、高くて言えなかった(笑)
今になって思えば買ったところでデカくて邪魔になるだけだったけどね。
ヤマハのユーフォ、先輩が買っててすごくうらやましかったけど、
今だったら同じお金があったらハワイに行くかバリに行くかします(笑)

投稿: ai | 2007.04.16 22:31

こんにちわ。初カキコです。漂流を続け、やっと愛の島「ailand cafe」に漂着しました。これからもおじゃましつづけますんでよろしくお願いします

投稿: クドマキ | 2007.04.18 13:13

ああっっっΣ(゚Д゚||)
なぜ! なぜわかったのですかココが!! クドマキさんっっ!!

同じ支店の後輩はいくらさまよってもたどり着かなかったと言っていたのに…
いろいろと内輪ネタも書いているので同じ支店の人には見られちゃヤバイのよね(^▽^;)けどクドマキさんは大歓迎です。今後ともひとつよろしくお願いいたします。夫婦共々。

投稿: ai | 2007.04.18 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/14696153

この記事へのトラックバック一覧です: N響アワーで吹奏楽。:

« いま4ヶ月。 | トップページ | 私だけ…… »