« 気持ちの問題か? | トップページ | いまだに韓流?? »

東海林く~んっっ!!(ノДT)

どっ……どうなっちゃうんだよぉぉ、東海林主任!!!!!

っていうか……

洋ちゃぁぁぁぁぁ~ん・゚・(ノД`;)・゚・

とまぁ……要はドラマの話なんですけども……

基本的に連ドラをあまり見ない私ですが、今回はもう「ハケンの品格」にはまりまくっています。第一回からぜーんぶ録画してあるんですが……そして全部見てるんですが……消せません(笑)

今回の連ドラの中では、「華麗なる一族」「花より男子」そして「ハケンの品格」で3強らしいですね。
「花より男子」はなんとなく年齢的に合わない気がして見てないんですが(^▽^;)「華麗なる一族」はもう、キャスティングが全然納得いかなくて見る気にもなれませんでした。
原作を読んだときに感じたスケール感というか、迫力が全然出せてないと私は思う。キムタクが悪いわけじゃないけど、あの万俵鉄平という役は、木村くんのようなちょっと都会的な雰囲気の俳優には向かないと思うんだよね~。ま、あくまで私の意見ですけど。
しかも原作は上・中・下巻もあって、そもそも11話程度のドラマにするには無理があるし、あれだけの登場人物がいてその背後にいろいろな感情とか都合とか蠢いているわけで……そういうところが描けて初めて山崎豊子ドラマなワケですよ。

さて「ハケンの品格」ですが。

大泉の洋ちゃん演じる「東海林武」というキャラクターは、最初こそハケン蔑視で上司に媚びまくり、出世街道を驀進していくタイプなんですが、これがまた大泉さんが演じるからこそ人間味の出る役柄なんだよね~。
取引銀行の頭取の娘との縁談はうまくいきそうだし、部長からも目をかけられてるし、仕事は大きな企画を任されてるし、人生まるきり勝ち組なんだけど、ここに来て東海林主任はその「自分の生き方」そのものに疑問を持ちはじめてしまうんですよね~……
エリートらしく、自信に(時々ただ偉そうにもなり)満ちあふれた態度をとりつつも、どこか気の弱そうな(というか基本的に弱々しそうな)ところなんかがすごくよく出てる。この「東海林武」は、洋ちゃんだからこそ厭味にならずに生き生きとしているキャラだと思います。

そしてもうひとつ、意外にやるじゃん!! と感心したのが小泉孝太郎。
洋ちゃんの「東海林武」と同期で、やはり主任ではあるものの明らかに格下扱いの「里中賢介」という役柄を、見てるこっちがキーッとなるほどのおひとよしっぷり全開で演じております。
主人公のスーパーハケン・大前春子に「甘すぎます!!」と何度もののしられているだけあって、そのおひとよしっぷりは筋金入りですが、そこをただのバカに見せずに「おひとよしの不器用」ラインでとどめているあたり、意外に彼は役者なんだなぁと思いました。

つまり……「華麗なる一族」の真逆ですね。
キャスティングがとにかくバチッとはまってる感じが心地良くて、そしてストーリー展開も軽めと重めのバランスがちょうど良くて、すっかりお気に入りです。

今回(2/28)の、東海林くんと里中くんの乱闘シーンは、ひとりで見てて泣いちゃいました。
東海林くんのやるせなさとか、里中くんのはがゆさとか、なんかもう見ててつらくなるようなシーンでした。ま、ああいう展開で乱闘シーンっていうのはある意味安易と言えなくもないけど(笑)
このあと東海林くん、いきなり姿消しちゃうらしいんだけど……どうなってるの?! 洋ちゃ~んっっっ!!!

ちなみにもうひとり、すごくお気に入りのキャラが、嘱託社員の小笠原さん。
演じているのはあの「小松政夫」さん……っていうか、小松の親分なの!! もー大好き!!
第5話では「どーかひとつ!!」とか「長ーい目で!!」とか、持ちギャグ連発で嬉しかったっす(* ̄∇ ̄*)

|

« 気持ちの問題か? | トップページ | いまだに韓流?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/14092872

この記事へのトラックバック一覧です: 東海林く~んっっ!!(ノДT):

« 気持ちの問題か? | トップページ | いまだに韓流?? »