« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

気持ちの問題か?

前回あれだけ「ツラい!!!」と騒いでいたつわりですが。

今週の火曜日ぐらいから、その勢いをあっさり弱めております。

そんなにすぐつわり地獄を突破できるはずはないんですが……不思議です。

まぁ、ホントに全快したわけではなくて、相変わらずチョコレートとか温かいご飯とかは受け付けないし、おなかがすくと連動して吐き気が襲ってくるけれども、先週のように動くのもしんどいということはないです。

先週は連休もあったし、水曜日は有休とって病院に行ったりしていたので、実質3日しか出勤していなかったわけで……
今週はフルに5日出勤だったので、「もつのかな?」という不安でいっぱいでした。

で、いざ5日間働いてみたら。
最初の月曜日だけがとにかくしんどかったんですが、火曜日からはいたって元気。
ときどき、そーっとトイレに行ってハワイ状態になることはもちろんあるけど、それでも動けないこともなく、無事に5日間が過ぎました。
火曜日の夜、
「つわりが軽かった = こっこちゃんがいい子にしてた」
という新理論を立ち上げ、朝出かけるときにおなかをさわりつつ、

「今日もいい子にしててね~」

と心の中でなだめてみたのがよかったのかも(笑)

こうなってくると、「つわりなんて気持ちの問題でしょ」発言の先輩にも、
ある程度一理あるのかな~、
なんて寛大な気持ちにもなれるってもんですね。あくまで「ある程度」ですけども。

で、つわりが軽くなってきて最初に気力が出たのが、メイクというか、コスメです。
私らしすぎ~(汗

妊娠が判明して、慣れない不調のまっただ中にいたときは、

「なんとかノーメイクで出社できないものか……」

と真剣に思ってました。キケン。
だって普段はベースメイクをきっちり仕上げて眉毛もきちんと描いて、アイシャドウもちゃんと塗るしアイラインも入れるし、チークだって塗るのに、このしんどい時期はベースに眉毛が限界でしたからね~。
今はシャドウまでちゃんと入れるけど、あえてアイラインは出社してからにしてます。
なぜって、電車の中で毎朝爆睡してるから、ライン入れてると目がパンダになっちゃうんだもんね~(笑)

その上、気持ちが楽になったとたんに、またまたコスメを買う始末。

もしもこっこちゃんが娘だったら、
そして私に似ていたら、
歩けるようになったとたんにコスメとかイタズラされそうだな……ははは。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロハ~

……といっても。
私、ハワイにいるわけではありません。
雪の降る北海道・某市におりまして。

アロハ

ときたら

オェ~

なんです。わかる? この意味。というか私の切実な心境が。

気持ちワルいわけ!!! つわりがっっっっ!!!!

こうやって今日はパソコンに向かってられるだけ体調はいいんです。
普段家にいるときはひたすらベッドに潜り込んで吐き気を忘れるべく眠りこける日々……

ほんと、つわりって摩訶不思議です。あれだけ食べるのが好きだった私が、好きだったもののほとんどを拒絶しちゃうんですから……

チョコレート →  甘すぎて気持ちワルい
あさりのパスタ →  生臭くて気持ちワルい
ブロッコリー → 緑くさくて気持ちワルい

というかまず肉も魚もダメ。あったかいご飯の湯気は凶器だし、おみそ汁の湯気もダメ。
今のところフルーツとヨーグルトとトマトで生き延びていますが……

今まで蓄積してきたものが多いので(笑)なんとかやっております。

基本的にパスタとかパンとかご飯を食べてないので、ちょっとした「炭水化物抜きダイエット」状態なんですけど、やっぱ炭水化物は食べるべきね~。頭がぼーっとしちゃうもんね。

はからずもここでダイエット成功……

本意じゃないけどね(ノд-。)クスン

妊娠すれば体調も以前のようにはいかなくなり、どうしても周囲に迷惑をかけてしまうので、仕事を続けるにあたって何らかの風当たりは覚悟していたんだけど。

今日、その第一弾に見舞われました。

お昼に食堂で冷やご飯のおにぎりをかじっていたところ、別部署の女性の先輩がお昼休みで食堂に上がってきました。
先輩(独身・40代)は、ぐったりしながらおにぎりをかじる私に、

「へぇ~、妊娠わかってそんなにすぐ具合悪くなるのぉ?
 それって、妊娠したってわかったから具合悪いんじゃないのぉ?

 っていうか、気持ちの問題じゃな~い?」

・・・・・・・・・・・・・・

=(´□`)⇒グサッ!!

きたねぇ……「気持ちの問題」。

そりゃあ、ある程度気を張ってたら、つわりだって軽くなるのかもしれないけどさぁ。

けど、お言葉を返すようですが、具合が悪くて妊娠が発覚する場合もあるんですっっ!!
っていうか私は妊娠がわかる前から胃の具合悪かったしごはんもちょっとずつ食べられなくなっていたんですっっ!!

とはいっても、妊娠なんてしょせん私だけのことだし、先輩には別に責任も関係もない話なので、とりあえず、

「私は妊娠がわかる前から具合悪くなるタイプでしたよ~」

とさりげなく言っときました。

微妙なニュアンス…わかります? 
「つわりっていろいろタイプありますよね~」
みたいな。
もっと言えば、
「同じオンナですもん、わかりますよね~♪」
みたいな…

我ながら自分の根性の悪さにゲンナリです(笑)
私のおなかのなかの赤ちゃんが女の子だったら、お願いだからこういう性格だけは似ないで欲しい。

それでもなんとなく、先輩との溝というか、温度差はわからないでもないので、それ以上は何も言いませんでしたけど。

その話を、後輩のEちゃん(21歳・独身)に言ったところ。

「そんなこと言われたんですか~?! 気にしちゃダメですよ!!

どうせ、結婚もできてない人には、先輩みたいに結婚して子供も授かった人の気持ちはわかんないんですから!!」

と、オソロシイ言葉を口にしておりました……

Eちゃん、それ、ゼッタイ本人の前で言ったらダメだからね……

言ったら、ぶっとばすよ……(冷汗

| | コメント (2) | トラックバック (1)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

先日ここで書いていたとおり、本日病院に行ってきました。

なんせもう体調の悪いこと悪いこと・・・食事が全然食べられないし、ちょっと黙ってるとすぐ吐き気に襲われるし・・・

って・・・ンン?? ( ・◇・)?(・◇・ )

で、行ったのはもちろん、産婦人科。

たまたまダンナちゃんと一緒に有休をとってたので、二人揃って病院に行きました。単なる休みだったら、ダンナちゃんのほうは「仕事が忙しくて休めない!!」とか言ってたかもしれないんだけど、さすがに今回は前日21時過ぎまで残業してお休みをとってくれました。

その結果・・・

いましたぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!

私のおなかのなかに、待望のベビーがっっっ!!!!!!!!!!!

先週のうちに市販の検査薬を使って調べていたし、どう考えても体調の変化がつわりっぽかったので、おそらく間違いはないだろうと思ったんだけど、いざ超音波で赤ちゃんが(というか、入ってる袋が)見えたときは思わず「おおお~!!」と言ってしまいました(^▽^;)

実を言えば今年中には子供が欲しかったので、計画通りではあるんですが、子供を授かる前にダイエットを完遂するという私の計画は達成されませんでしたよ(;´д`)トホホ
このままどんどん体が巨大化していくんだろうか・・・

仕事はまだ続けるつもりではいるんですが、なんといっても今現在のつわりがつらい。
ごはんの湯気もダメ、お味噌汁の匂いもダメ、焼き魚の匂いもダメ、食べたら吐いちゃう。テレビで流れる食べ物の映像を見ただけでウッと来るし、会社の食堂のメニュー表を見ただけで胸がムカムカ・・・

先日は帰りの電車で運悪く座ることが出来ず、降りる駅までずーっと立ってました。
それでもまぁ私の場合は朝はなんとか座れるし、帰りは立ってたとしても30分弱で着くので恵まれてるんだけど・・・
いろんな掲示板とか妊婦さんの体験談とか読んでると、やっぱり妊婦さんが立ってても席を譲ってくれる人はいないみたいでちょっと悲しい(T_T)
そういえば職場の先輩が妊娠中にJRに乗ってたとき、優先席に女子高生がどかっと乗っていてまったく譲る気配もなかったけど(しかもけっこうおなかも大きかった)、そばの普通の席にいたヤンキー風の男子高校生が「どうぞ」って譲ってくれたって言ってたなぁ(笑

オバサンは特に譲ってくれないらしい・・・それもなんか寂しい話だよねぇ。

とりあえず今月末に2度目の検診を受けて、そこで予定日が決まるらしいので、楽しみです。
それまでに今の夫婦ふたりのお気楽生活を改めて、ベビーのいる生活にシフトできるようにしなくちゃね☆

| | コメント (7) | トラックバック (1)

体調不良

今月に入って以来、またまたカメさん並みの更新頻度だったのですが。

今回はねぇ、別にサボってたわけじゃないの。

体調が悪かったんですよ。

先週の土曜日なんか、レッスンから帰ってきてずーっと寝てしまい、気がついたらもう「めちゃイケ」始まってましたしね。普段は昼寝をほとんどしないので、これは私にしたらちょっとした異常事態。

しかもずーっと胃の具合が良くない。

三連休もぜんぜん外出せず、ただひたすらに家の中に引きこもってじーっとしてる始末です。
歩数計もつけないなんて、先々週の私に比べたら別人のようです。先々週なんか週に3回ジムに行ってたのにね。

で、このまま引きこもってるわけにもいかないので、水曜日に病院に行くことにしました。

結果によっては、良い知らせかも知れないし、そうでないかも知れないんですけど。

っていうかねぇ、はっきりわかるまでblogでは触れないつもりだったんですけど、
うちのオカンが勝手に書いてるからさぁ(´Д`) =3

ま、とりあえず水曜日にまた更新します。たぶんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

また言っちゃったのね(;´д`)

言っちゃったんだねぇ……柳沢のおじさまは。

柳沢氏はこの日(2/6)午前の閣議後の記者会見で、今後の少子化対策について「若い人たちは結婚したい、子供を2人以上持ちたいという(希望を持つ)極めて健全な状況にいる」と話した。

いやもう、笑うしかないですよね、ここまで来ると。
スポーツ報知の記事の見出しは、「懲りないのか、強気なのか…」だったけど、こりゃもうどっちでもないでしょう。

語彙が乏しいのか、言葉のセンスがないのか(笑)

言葉の揚げ足をとるように、または鬼の首を取ったようにここぞとばかりかみつく女性議員のセンセイ方は、

「じゃ子供が2人以下は健全じゃないのか!!」

とわぁわぁやってますが、今回、私の感じた違和感はそこじゃなかったりするんだねぇ。

そもそも。

少子化問題というものを、ちょっとうすっぺらに考えているんじゃないのかな、という雰囲気が柳沢のおじさまの言動から匂ってくる気がするのよね。

例えば「産む機械」発言にしたって、本人は「物のたとえ」のつもりだったみたいだけど、そこから透けて見えるのは、単純に「出産数が減っている=少子化」という図式な気がするわけ。
けどちょっと考えてみて? 出産数が減ったのは、「女性が産まないから」なの?
理由はそんなに単純なの?

だからこそ「出産できる年齢は限られているのでひとり当たりの出産数を増やしてもらうしかない」という理論になっていくんじゃない?
そんな簡単な話なんだろうかねぇ。疑問。

で、今回の「健全」発言で思ったのは、

何をもって「健全」とするの?
それを判断した基準はどこにあるの?

「子供は二人以上欲しい」という考えが健全なのかどうか、私にはわからないけど、少なくとも子供が何人欲しいかなんてそれこそ個人差のあることで、例えば、「子供はひとりだけにして、大切に手をかけて育てたいんだ」という考えの人がいればその人にとってはそれが健全なわけでしょ? いや、そもそもこういう話題というか問題に「健全」という言葉が適切なのかどうかが疑問だなぁ。

子供が二人いればとりあえず人口的には現状維持だから、そういう発言が出たのかな(笑)
邪推しすぎか、これは。

しかし柳沢のおじさまもちょっと考えればいいのにねぇ。
こういう時期にちょっとでも口滑らせたら、それこそ正義(だと本人は信じてる)をふりかざした女性議員のセンセイ方にそらもうエライ勢いでかみつかれるだろうに。

ここまでマスコミが騒ぎ出すと、意外と国民はクールになって来ちゃってるんだけどね。

いずれにせよ、残念ながら柳沢のおじさまは言葉のセンスが著しく欠落しちゃってるのね。
それを踏まえた上で数々の言動を見ていると、なぜだか苦笑いが出るのが不思議です(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

言っちゃったね……

たまにはダイエットとかコスメとか会社の話以外のネタをひとつ。

最近よくニュースで見かける、柳沢厚労相の

「産む機械」

発言。

いや~びっくりしましたね~。あれ一応「女性」のこと言ってるわけですよね~。
いったいなんでそんな発言になったのかちょっと調べてみたところ、
要は少子化対策の話だったんですね。

「女性は十五―五十歳が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」

というくだりだったそうなんですけど……

うーん。

あくまで私個人の気持ちというか、感じたことなんですけど。
少子化問題ってそもそも、何が問題で起きてるのか? っつーところに、
このお方は根本的な認識の違いがあるような気がするのね。

少子化問題に対する対策だなんつって、
政府のお偉方とかがさ、いろいろとああしますこうしますなんてプラン掲げてるけど、
そんな付け焼き刃でごまかされて、
「じゃあ産んじゃうか!!」
ってなるわけないじゃんと私は言いたい。

だいたいね、子どもって産んで終わりじゃないわけ。
本当に少子化問題が解決されるっていうのは、
子供を産んで、育てて、その子供が大きくなって親になってまた子どもが生まれる……
っていうことでしょ。

それを踏まえた上で、柳沢厚労相の発言。

「装置の数が決まったとなるとあとは1人頭で頑張ってもらうしかない」

どう考えても、頭数の問題だとしかとらえてないじゃんか。

ちょっとひねくれた受け止め方をすると。

・女性は産む機械である
・世の中にはその装置が正常に起動されると思われる機械は台数が限られている
・そのため一台当たりの生産数をあげていくことが問題解決につながる

というわけで、逆を言うと、

・女性は産む機械であるからその装置が起動しない機械は価値がない

と受け止められても文句は言えないわけです。

少なくとも私は厚労相という立場の人が口走るにしてはあまりにもセンスがなかったと思う。
本人が「そんなつもりで言ったのではなかった」とあとからいくら謝罪したところで、
口から出た言葉をあとから追っかけてってつかまえられるわけでなし。

そもそも「講演会」という、自らの考えや主張を述べる場で発言することに対して、
自覚というか責任感がなかったんじゃないでしょうかね??

「大変失礼なのでその場で取り消した」って……

いったん口から出た言葉をそんな簡単に取り消せたら、
世の中、苦労はないよ。

そして、いったん失った信頼を回復させるっていうのも、
そんなことがホイホイできたら、苦労しないでしょ。

少子化問題に加担している私(32歳で子どもナシ)から言わせていただくと、
子どもは欲しいけど、
産んだあと、育てていく環境がちゃんとあるのかが心配。
これだけ子育てに資金が必要だってわかっている時代だからこそ、
正社員として働いていたいけど、
ウチの職種のように転勤がひんぱんにある会社では必ずしも
保育所とかがきちんとしている地域に転勤できるとは限らないし、
共働きで子どもに何かあったとき身動きが取れないんじゃないかとか。

不安要素はいろいろある。

さらに言えば、仕事もそれなりに責任ある立場になってきて、
面白味みたいなのがわかってきてる人には、
仕事と家事と子育てと……って、
そんなに自分は両立してやっていけるのかって思うでしょ……

けど少子化対策としてとられる方策って、やれ出産時の費用援助しますだのなんだってお金の話ばっかりでガッカリよ。わかってないなーとホント思う。

そもそも柳沢厚労相の発言には、
「少子化問題=女性が子どもを産まない」
ってとらえてるような節も感じられるなぁ。

そういう感覚というか、センスのなさが露呈してしまった人が厚労相だったというのが決定的ですね。

あんまり……向いてないんじゃないの? そのポスト。

「発言が不適切だから辞任すべき」

って他人から言われて辞職なんではなくて、

「見識が甘かったので出直します」

って自分から言って勉強し直すほうがよっぽどいいと思う。

けどそれ以上に不快なことがあってね。

まずこの発言問題に対して、

「夏の総選挙に悪影響を及ぼすから辞めていただいた方がいい」

と言った自民党の議員さん。

問題の本質を何一つわかってもいない発言にがっかりです。

それと、鬼の首を取ったみたいに「徹底抗戦する」と言って何するのかと思ったら、
審議拒否とかいって結局ただコドモの反抗期みたいなことしてるだけの野党。

本当に国民がやって欲しいこと、望んでいることは、

徹底的に厚労相の認識を追及し、実効性ある少子化対策を議論すること。

っていうかさ、それが国会議員としての当然の姿じゃないの?

ああいう人たちが作ろうとしてる「美しい国」って、なんなんだろうと思うね。

そんな国に、子供産んで育てることに不安を抱かない親なんかいないっつーの(;´д`)トホホ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »