« ご近所の話 | トップページ | 今度こそ本気で!! »

若きサムライは読みましょう。

小さな頃から本好きで、暗いところで本読みすぎて視力を1年間で1.0から0.1に落とした私。
最近は、通勤途中に読むためにいつも文庫本ばかり買っておりました。
ハードカバーで買った本といえば「東京タワー」ぐらいです。しかもあれは通勤途中で読むのを断念しました。だって電車の中で号泣はできないでしょ……。

さてそんな私が最近買った文庫本以外の本。

コレです。

Samurai

 

 若きサムライ、その声を聞け 
  Life Work -RESPECT-

                                                               

  

 

文庫本なら2冊は買えそうなお値段ですが……

なぜ買ったのか?

それは、この本の制作にウチの弟がちょびっとかんでいるらしいからでございます(笑)
姉バカ?

まぁ厳密に言うと本そのものに参加したわけではなくて、映像制作とかポスター制作とかで参加したようなのですが、確かに本の最後のところに名前がクレジットされているので、多少は関係があるようです……(笑)

内容ですが、面白いです。文体も若い人になじみやすい感じだし、出てる人もプロボクサーの徳山昌守とかカリスマホストの西城とかで意外なラインナップ。
で……思ったのは、人の数だけ人の生き方というものがあって、端で見ているだけでは何もわかりゃしないんだな……ということ。たとえば今目の前ですごい成功をつかんでる人がいたとして、なんかどう見ても単なる運だけでその成功つかんでるじゃん! とか思っても、実はその人は人に見えないところでものすごく苦労とか努力とかしてるかもしれないんだなってこと。
こう書いてしまうとものすごく月並みな話で、そんなコト当然じゃん! って気がするんだけど、意外と自分はそういう当然のことを忘れていたなぁとこの本を読んで実感しましたね~。

つまり、人は、人の生き方というものに敬意を払わなければいけないってコトね。

生き方に敬意を払うということは、その人個人に敬意を払うのと同じコトだからね!

っつーわけで!! ぜひ皆さまご一読を……。

注・別に弟の差し金で宣伝してるわけじゃないです(笑)

|

« ご近所の話 | トップページ | 今度こそ本気で!! »

コメント

はじめまして、本を執筆しました北里洋平です。
本の紹介、ありがとうございます!
弟さまにはいつもお世話になってばかりです。
お母さまのブログにも投稿させて頂いたのですが、
実はこの本が出版が出来ることになったのも、幻冬舎ルネッサンスの米原社長が「君たちの一年後のビジョンを聞かせてくれ。それで決める」といってくれたときに、弟さんが幻冬舎の社長向けのプレゼン用プロモーション映像を作ってくれたのがキーになりました。
イベントでも徹夜で特大ポスターをつくってくれたりと、足を向けては寝れません。
最近、私が電話すると何か頼まれるのではないかという警戒オーラがプンプンでてるので、
注意しておいてください~。(笑)

投稿: ようへい | 2006.07.24 16:48

おおおっ!!!
北里さん(ってなれなれしくて申し訳ない)ご本人様の登場ですね!!!
ありがとうございます!!!

そうですか、あの弟でも人様のお役に立っていたのですね。姉としてちょっと安心です。
彼に頼み事をするときは「ねぇ~お願い!頼りにしてるから!ねっ、頼むよ!」って拝みつつ粘るとたいがいのことはやってもらえます(笑)
今まで私はその調子でずーっといろんなことをやってもらってきたような気がしてます(^ー^)y

ご本、本当に面白かったです。
刺激になりました。
これからも、「おおっ!」と思っちゃうような刺激的な「思いつき」を、どんどん形にしていってください。
楽しみにしています♪

投稿: ai | 2006.07.24 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/10974800

この記事へのトラックバック一覧です: 若きサムライは読みましょう。:

« ご近所の話 | トップページ | 今度こそ本気で!! »