« 春はお別れの・・・ | トップページ | 支店長必読!! 飲み会時における支店長講座 »

GWのお客様

実家の部屋に、独身時代からの荷物がそのまま放置してあった私。
いよいよ、
 
「GW中に、いらないものだけは必ず捨てに来なさい」
 
という召集令状が出てしまい・・・木曜日に実家に行ってきました。
 
 
で、覚悟を決めて部屋に乗り込んだのですが・・・

  

しっかし私ってどーしてこんなに物持ちなんだ!!!!!! 
と、自分で自分に呆れてしまうほどの荷物の多さ。

特に、バッグ類が呆れるほど多いです。だってさ~、今の家にだって雪崩起きそうなぐらいのバックが積まれているのですよ!! 千手観音じゃあるまいし、いったいいくつバッグがいるんだ!! と自分で自分にツッコミを入れてみたりするも・・・当然ながらバッグは減らず・・・
 
しょーがないので、心をオニにしてバッグ類の処分を開始。
「いるもの」「いらないもの」段ボールを前に、人生の悲哀を感じていた小須田部長が脳裏をよぎります・・・
 
それにしても、捨てないにもほどがあると自分で思ってしまったのが、高校生の時に買ったと思われる布バッグ。私・・・もう31歳なんですよね・・・

いらないもの。
 
次に出てきたのが、「アンタイトル」のエナメルバッグ。
今だったら当然ある、携帯電話用のポケットがなくて、内側にはポケットひとつだけなんですが、形がA4が縦に入っちゃうような、縦長の大きなバッグなのです。
真っ黒でカッコいいんですが・・・底に入ってしまったものが取りにくいとか、ケータイを入れる場所がないとか・・・問題はあるけど・・・
 
いるもの。
 
・・・。
 

って、だから私ものが減らないんじゃん!!!! Σ(゚Д゚||)

そうなんです・・・私、捨てられないんです、モノが。別れた彼氏にもらったものとかも捨てられないタイプです。いまだにいくつか捨てずに活用させてもらってるモノがあったりして。
だってさ~プラダとかグッチとか捨てられないじゃん!! モノに罪はないよ!!
 
さて話を戻して、バッグを何とか処分してしまうと次は靴です。靴もねぇ、これがまた捨てられないんですよね。安い靴ならまぁいっか、って捨ててしまえるけど、それなりのお値段の靴って捨てられない。貧乏性、とも言うけど。
ブーツなんかは今だとヒールのあるのを履いてるけど、前に買ったヒールなしのはそのうち妊娠したり子供生まれたら使えるな・・・なんつってこれがまた靴の処分を邪魔します・゚・(ノД`;)・゚・
結局、いくつかの靴を残してあとは処分。それにしても・・・「いるもの」に分類したあの靴たちを、今の家のどこにしまえばいいと言うのだろう・・・
 
・・・・・・。
 
つーことは、だ。
今の家でも、「いるもの」「いらないもの」を展開せざるを得ないわけで・・・

片付けってエンドレス。
 

 
さて、この作業がなかなか重労働で、とりあえずいらないものをすべて運び出してしまうとそこで私もダウン。休日出勤から帰ってきたダンナちゃんもまじえて、実家で夕食を食べて帰ったのですが・・・
帰宅したところでダンナちゃんから衝撃の発言が!!!!

 
 
 
「明日さ、ウチの両親が札幌まで遊びに来るんだよね」
はい。
「それでさ、札幌まで行っていっしょにご飯食べようと思うんだけどさ」
はいはい。
「札幌まで来てて、ホテルとかに泊まらせるのも何だから、ウチに泊まればいいじゃんって、言いたいんですけど」
はいはいはい・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・
 
って、なに―――(゚Д゚)―――っ!!! 
 
 
お、お父さんとお母さんが来るということは・・・こっちの部屋も片付けておかなくちゃいけないのよね・・・orz

わかってます。普段からちゃんと片付けて掃除してキレイになっていれば、こういうときに何ら動揺することなく「泊まっていけばいいじゃん!!」って言えるってこと。わかってるんですけど、できてません、今、この瞬間に。
 
しかーし!! だからといって「泊められない」とは言えません。ダンナちゃんの両親は私の両親!! 「人が遊びに来てくれるようなおうちにしなさい」とのお母さんの教えにそむくようなことはできません。遠路はるばる遊びに来た両親を、家にも上げずに帰すわけにはいかーん!!
 
というわけで・・・
 
深夜の大掃除、開始。
 
 
とはいえ深夜なので、掃除機などはもちろんかけられません。そのへんにちらばるものを片付け、洗濯物をランドリーバッグに詰め込み、脱いだ服のかごを寝室に隠し、ダンナちゃんはトイレ掃除、洗面台の掃除、キッチンの掃除・・・

その後、ダンナちゃんはベッドで寝ましたが、私は疲れてソファに沈没Zzz・・o(__*)。。oO

翌日は朝から大掃除のつづきです。フローリングワイパーに掃除機、そしてコロコロ(粘着テープ)。
だいたいめどがついたところで、ダンナちゃんが両親に電話して、「泊まっていったら?」と言ったところ・・・

「もうホテル取ったからいいよ~」

と・・・言われました・・・

・・・・・・・・・・・・・・

 
ま、まあ、部屋はキレイになったんだから、それでいいんだよね・・・ハイ。

その後、ダンナちゃんと二人で札幌に行き、お父さんお母さんと合流。ダンナちゃん&お父さんはパチンコ屋へ、私&お母さんはデパート巡り。

最初のうち、お母さんとふたりでいるのは緊張したりしてたのですが、最近はずいぶん慣れまして、札幌の街中を歩くのでもだいぶペースが合ってきました。
なんとなく雰囲気も似始めたのか・・・

お母さんが以前に行ってよかったというフットサロンに一緒に行ったのですが、そこで施術中に、
「お嬢様も足の指が長いんですね~、お母様にやっぱり似てますね」
と言われました・・・(笑)

ははは。

お母さんも同じようなことを言われたらしく、「お嫁さんなんだよ~」とちゃんと教えたそうですが、私はあえて何も言わず笑ってすませました(笑)

で、みんなで食事して帰ってきたのですが・・・

たぶんウチに泊まらないっていったのも、彼の両親の「気遣い」だったんだろーなー、と・・・
たぶん、私がてんてこまいになったりとかするのを見越して、「ホテル取っとこう」みたいな話になったんじゃないかと思います。
そう考えると・・・やっぱり・・・
 
普段から家事をする。
 
 
頑張ります・・・おかーさん・・・・( ノД`)シクシク…

|

« 春はお別れの・・・ | トップページ | 支店長必読!! 飲み会時における支店長講座 »

コメント

お疲れ様でしたね

あなた達の家でも、お父さんとお母さんがのんびりできるように、嫁(主婦)の修行をつんで下さい。
aiの手料理を食べに来たよと言われるくらいにね(^^)v

投稿: yoshi | 2006.05.06 10:38

独身時代などを放置しなかった?


投稿: BlogPetのuchimo | 2006.05.12 09:26

>独身時代などを放置しなかった?

 
したした!!!!!!!!!
独身時代のさまざまなモノが放置されてた(笑)

ってゆーか、
うちもちゃん…コメントが鋭すぎ。
「オーラの泉」の江原さん並みだ……

投稿: ai | 2006.05.12 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/9920379

この記事へのトラックバック一覧です: GWのお客様:

« 春はお別れの・・・ | トップページ | 支店長必読!! 飲み会時における支店長講座 »