« うがーっっヽ(TдT)ノ | トップページ | 吹奏楽熱が再燃? »

長野から8年の思い

トリノ五輪もほぼ終わりになってきたところで、やっと獲得した女子フィギュア・荒川静香の金メダル!! 素晴らしいの一言でしたね~。ちょうどいつもの出勤準備の時間帯だったので、化粧したり着替えたりしながら見てました。

ちゃんとね、安藤から見たんですよ。5時20分頃に。しかもシャワー浴びてから。前の晩、早い時間帯に突然沈没するように寝てしまった甲斐がありました。

荒川のフリーの曲「トゥーランドット」は私も以前からスキで、ケータイの着メロにしてました。ちょうどアリアの部分が目覚ましになるようにセットとかしてました。

だからね・・・NHKの刈屋アナウンサーがちょうどアリアのメロディに入るところで、「さあ、ここからの2分15秒が荒川静香、長野から8年の思い」なんつうことを言っちゃうもんだから、最近なぜか涙腺が弱くなってる私はピンポイントでやられてしまいましたよ・゚・(ノД`;)・゚・

化粧したんだから・・・泣かすなって!!

だいたい「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」って曲のメロディはただでさえ私ヨワいんですから・・・しかもトリノ五輪開幕前に女子フィギュア3選手の特集をNHKで見ちゃってて、荒川が長野以来苦悩とか苦労とかけっこうしてたんだってことを知ってましたから・・・なんかこう、勝手な思い入れみたいなものがぶぁーっと出てしまったんですねー。

トリノ五輪前の付け焼き刃な私に比べて、この刈屋アナはフィギュア実況のスペシャリストで、長野直前に荒川と出会い、そしてずっと見守ってきたというからその思い入れも計り知れないものがあると思うんですが・・・それにつられるようにしてあっさり涙ぐむ私も相変わらず単純('-'*)エヘ

さて今回の女子フィギュアは、とにかくいろいろ思うところがありましたね・・・

もともと私は今回の3選手の中では村主章枝選手派。なんつーかあの華奢さがスキなんですよね~。あと動きがバレエっぽくてきれいだしね。

だけど・・・村主のフリーの衣装、あれはナシだと私は思ったぞ!!

今回すごく思ったんだけど、フィギュアってスポーツでありながら限りなく総合芸術なんですよね。曲と、振付と、衣装と、すべてが融合してひとつの作品として完成するところはほんとそう。

だからフィギュアの衣装は、選手の個性(良さ)を生かすもの、同時に曲とも融和するものであるべき。だけど村主のフリーの衣装は、ちょっと村主の良さが出てなかったように思います。

村主って華奢だし、顔立ちもちょっと泣き顔というかはかなげな印象があるから、今回の衣装だとそれがマイナスになっちゃって迫力が出なかった。衣装にもうちょっとボリュームがあるとか、ヘアスタイルで動きを出すとかした方が、村主のはかなさがかえって華になったと思う。今回のじゃ、首からデコルテ部分があっさりしすぎてるし色味もちょっと地味で、なんか練習着みたいだったもんね。

それでも・・・安藤美姫の衣装に比べたらまだいいんですけど。

安藤のショートプログラムの衣装見てびっくり!! なんであんな重たげな衣装着てるんだ?! 一瞬「鎧」でもイメージしたのかと思ったけど・・・曲が「戦場のメリークリスマス」だったから、戦国時代ではないということだけはわかりました。

そしてフリー・・・あのすさまじいエメラルドグリーン・・・言葉が出ませんでした・・・なぜ? なぜその色なの? ワカラナイ・・・そしておそらく合わせたのであろう・・・緑がかったブルーのアイシャドウを見た瞬間・・・「あらららら・・・」ちょっと絶句しました・・・はあぁ・・・

はっきり言うけどあの色は安藤には似合わないと思う!! だいたいエメラルドグリーンとかブルーのシャドウとか、日本人の黄みがかった肌にはなかなか難しいんだから。よけいに黄色味を強調するか、もしくは肌をくすませてみせるだけ。よっぽど肌が白いとか、ものすごい美肌だっていうなら多少は違うだろうけど・・・安藤って、どう見てもそうじゃないしね。

安藤美姫の衣装はワダエミが作ったって言う話だけど、少なくとも今回の衣装は安藤の良さを引き立ててはいなかったと思います。衣装だけを見たら素晴らしいのかも知れないけど、着るべき人が着たのに魅力が半減するようじゃ・・・ねぇ?

今回の衣装でよかったと思うのは、イタリアのカロリナ・コストナーと、アメリカのサーシャ・コーエン。コストナーのは、曲がヴィヴァルディの「四季」の中の「冬」だったので、黒とグレーのグラデーションにキラキラと雪の結晶のように光る刺繍がしてあったやつで、コーエンのは曲の「ロミオとジュリエット」に合わせたような、その当時のお嬢様が着ていそうな雰囲気の衣装。濃いえんじのツヤ消しベルベットに、金で刺繍をしてあるんだけど、もう雰囲気がぴったり!! 袖も可愛らしい形と大きさで、本人にもすごくよく似合ってました。

まぁ二人とも曲も衣装も良かったけど、コケちゃったからね。。。次の大会では間違いなく、メダル争いに名を連ねてくることでしょう。

そう言えばアイスダンスだったかペアだったかで、日本人の選手ですさまじく田舎っぽい衣装を着てた組があったな・・・日本人全体のの美的センスを疑われるんではないかと危惧してしまいそうなほどひどかった。女性のほうなんか・・・オバチャンみたいだったもん・・・がーん…llllll(-_-;)llllll

|

« うがーっっヽ(TдT)ノ | トップページ | 吹奏楽熱が再燃? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/8836248

この記事へのトラックバック一覧です: 長野から8年の思い:

« うがーっっヽ(TдT)ノ | トップページ | 吹奏楽熱が再燃? »