« オトナの世界 | トップページ | 飛びます、飛びますっ! »

K-1WORLD GP 2005

あの・・・セーム・シュルトって誰ですか・・・?( ゚ ρ ゚ )ボーーーー

 

という一言で、私の格闘技好きの底の浅さが露呈したわけですが、なんなんでしょう、このモヤッと感は。

なんだか今回のK-1、いまいち感情移入のしづらい結果になってしまいました・・・

自分の肩入れしてる選手が次々に消えると、まぁ誰が優勝したってこんな感じなんでしょうけど。セーム・シュルトはあんまり知らなかったの。武蔵もあっさりいなくなっちゃったし・・・準々決勝を勝ち抜いたところで、もう力尽きてた感があったしなぁ。

ジェロム・レ・バンナだってそう。だってずーっと前から大会のたびに「優勝候補の一角!」って言われていたのにいまだ無冠。もうそろそろ勝たせてやってもいい頃ではないでしょうか・・・

ただ唯一感情移入できたのは、第1試合のレミー・ボンヤスキーvsチェ・ホンマン。

相撲であれK-1であれPRIDEであれ、「ただ体がデカイ」という選手が勝つのには、納得できないんです。体の重量だけで、技ナシで勝つというパターンは大嫌い。だから大相撲の横綱だった頃の曙は嫌いでした。技ゼロとは言わないけど、技で勝つというより体重で勝ってたでしょ。ボブ・サップも出始めの頃は、巨体を利用してコーナーに相手をダーッと追いつめ、ただ殴る、みたいなパターンだった。ガードもちゃんと出来てないのに、それだけで勝っちゃってた。

チェ・ホンマンは曙よりずーっと技の数は多い。多いけど、ファイターとしては全然少ないし、動きのキレもない。ボブ・サップと違ってもともと格闘技の出だけど、まだまだ技術的に未熟。

だからこそレミーに勝ってもらいたかったんですよねぇ。

結果として、判定だったけど・・・ホントはKOで仕留めてもらいたかったです。

 

さ、あとは年末の曙vsボビー・オロゴンだな。曙もここまで見せ物にされて可哀想だけど・・・ちょっと楽しみです。

|

« オトナの世界 | トップページ | 飛びます、飛びますっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/7213536

この記事へのトラックバック一覧です: K-1WORLD GP 2005:

» 2005K1GP決勝シュルト優勝 [芸能&スポーツ瓦版]
K1GP決勝を地上波で放送された順番に感想を書くぞ 1.ボヤンスキーVSホンマン・・・ボヤンスキー勝利と 思ってたけどKOで勝って欲しかったが勝ったから良い 2.バンナVSアーツ・・・バンナに勝って欲しかったが アーツの方が優勝の有無の差か分からんけ....... [続きを読む]

受信: 2005.11.20 09:27

« オトナの世界 | トップページ | 飛びます、飛びますっ! »