« 来客おもてなし | トップページ | お客さまです »

GWシリーズ① 『Rera』

みなさーん。
GWは楽しかったですか~?

ウチの夫婦は「暦通り」の3連休×2、だったので、
仕事にかえって支障が出る(=やる気が出ない)状態でしたよ。
会社もね、そういうところを考えてさ、
ブリッジで10連休! みたいな太っ腹なところがあってもいいと思うわけ。

有休もね、取れなくはないんですけどね。
職場に戻ったら席がなくなってた、 という事態になりかねないので、
夫婦そろってきまじめに3連休を2ついただきました。

さてその連休で私が行きたかったところのひとつに、
ぬかりなく行ってまいりました。

地元でもあるのでけっこー楽しみにしていた、
千歳アウトレットモール Rera』に、ダンナと一緒に。

アウトレットモール=安い!
という印象があるもんですから、買い物好きにはたまりません。
しかも入るブランドがなかなかステキ。

私の憧れブランド「セオリー」も入るってんだから、
行かないはずがないでしょー!!

で、ダンナの運転で家を出たのが夕方4時頃。

千歳空港方面に走っていくと、明らかに「混んでるよねぇ……」
という車の流れ。
そして空港が近づくにつれ、 今までならありえないようなところから渋滞が始まっているのです!!!
なんで?! もう夕方じゃん!! Σ( ̄Д ̄;) 

動揺のあまりReraに向かう道を間違ってしまった我々であった。

というかまさかそんなところから渋滞してるなんて思わないから、
通り過ぎちゃったんですよね。
結果として道を間違ったおかげで違う入り口のすいてるところに
出たから、よかったんだけど。

駐車場もえらい混雑で、Reraからずいぶん遠いよ? 
ってところにまで車を誘導してる。

私たちは運良く近くの駐車場に停められたので、
そこから歩いてReraに行きました。

中は……人が多すぎてなんかゆっくり見られません! ・゜・(ノД`)・゜・。
まぁオープンしたばっかりの時期に行ったんだから、
当たり前なんですが。

で、お目当ての「セオリー」に行きましたが・・・

安くない

考えてみればもともと高いんだから、
20%程度のOFFじゃ、たいして安くないんだよね。
っていうかまだまだ高いわけ。
アウトレットといえどもブランド品は高い。
そこでセオリーをあきらめて歩いていくと、
大好きな「INDIVI」を発見!!

ここは結構安くしてたんだけど、その分買う人も多くて、
品物の数が少なくて残念。
同じフロアに入っていた「OZOC」で、
パイソン柄のキャミソールを買って終了。

さて。
見たところReraでもっとも混んでいたのが、
「NIKE」と「adidas」の2ブランド。
確かにシューズとかTシャツとか安かった!
思わずダンナにゴルフシャツとロゴ入りTシャツを購入。

それと安さを感じたのがジーンズのショップ。
通常7~8千円程度のジーンズが4千円台ですから!
そしてダンナのための「大きいサイズ」の展開もあり、
思わずジーンズを一本購入。

そこまで見たところで、寒くなったので帰ってきました。

で、感想。

『Rera』って、オープンエリアなんですよね。
ショッピングモールとはいっても、屋根、ないんですよ。
だから店の中にいるときは寒くないけど、
外に出たら寒い。
北海道って雪降るんですけど……
いいんだろうか。冬とか、大丈夫なんだろうか。

それともうひとつ。

たいがい、家族サービスなんかで来ると、
お父さんは運転手でかり出されて、
「じゃお前たち行ってきなさい、お父さんはここで時間つぶしてるから」
てな展開になると思うんですけど。
その、「時間つぶし」の場所が……ナイ。

カフェとかデリとかの店はもちろん入っているんですが、
店舗数が少ない。
だから今回みたいに人出が多かったりすると、
店も混むから入れないという場合もあるわけで。
これで本屋でもあればずいぶん時間つぶせると思うんだけど、
「アウトレットの本屋」なんて聞いたこともないし(笑

夏場で外でも気持ちよく待てるならなんとかなるかもしれない。
けど……やっぱ問題は冬だな。

今度は「混雑も一段落して品数もそろった土曜日の朝イチ」
でReraに行ってみようと思ってます。

|

« 来客おもてなし | トップページ | お客さまです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/4021783

この記事へのトラックバック一覧です: GWシリーズ① 『Rera』:

« 来客おもてなし | トップページ | お客さまです »