« 生きてます | トップページ | 父の門出 »

納得できないこともある

酔っぱらいキャラだと思われないように、

今日は真面目に仕事の話なんかしてみようと思います。

今日、課でCS会議がありまして、

うちの課ではCS対策の一環として、営業室内の環境美化を推進することになりました。

それで、営業時間内にロビーの環境整理をしたり、ATMコーナーの環境整理をしたりする担当を明確にしようという話になり、いろいろと提案があったので、私もちょっと提案したりしてみたんですけど、それがある理由で却下になったんです。

却下……というか、私があえて言い返さなかっただけなんですけどね。

私が提案した内容は、今までのような担当の細分化ではなくて、大きく分けた方がいいんじゃないかって話だったんですねぇ。似たような仕事をわざわざ複数の人員でしなくても、誰かひとりがまとめてやったほうが管理もしやすいし続けやすいんじゃないか、と。

それも当番制なので、誰かひとりに負担が重くなるというわけでもないし。

しかーし。それに対してある先輩が言いました。

「でも今まではそういうやり方してなかった」

と。

( ̄△ ̄;)エッ・・? ソレドウユウコト?

つまり、先輩は今までずっとその「細分化」のやり方でやってきた、ということが言いたいらしいんですよね。

けどさ……

それって「反対の根拠」になりうる理由ですか?

例えば「今までやってきたやり方がベストであり、細分化をやめるとすればこういう支障が出る。だからその案は受け入れられない」っていうんだったら、私だって別に子供じゃないですから、じゃあ提案は下げますって言いますよ。

けどね、「今までやってきたやり方と違うから受け入れられない」っていうのは理由でもなんでもないし、そもそもそういう考え方のもとに仕事してること自体おかしいのでは? って私は思ったわけですよ。

だいたいね。今まで今までっていうけれども、以前と現在とでは課の人員構成が大きく違っているんです。だから私も以前は担当していなかった仕事も請け負ってる。なぜって一人の同僚の負担がどう見ても大きかったからです。

そういうところにはまったく触れないで、まぁ言ってみれば先輩の仕事もちょっと増えるような提案をしたら、いきなりそれです。

「今までそうやってきた」という考え方で仕事をしている限り、進展も改善もないと思うんですけどね~。

会議ではそこまで言わなかった(というか言う気もしなかった)ので、議題はそれ以上論議されませんでしたけど、私としてはものすごく悶々としてしまいました。

で、私が先述の同僚から引き継いだ仕事をしていると、その先輩はとっとと帰ってしまったんですよねぇ……。

別にいいんですけどね。( ̄Θ ̄;)

で、残業したこともあってまたダンナと外食して帰ったんですが、そのときにこの話をしたら、「そりゃ理由にならないわ」と言ってもらえてスッキリしました。

よかった~! 私だけが納得できなかった訳じゃなかった。

|

« 生きてます | トップページ | 父の門出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/4347179

この記事へのトラックバック一覧です: 納得できないこともある:

« 生きてます | トップページ | 父の門出 »