« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

疲れていると・・・

年度末に向けて、仕事が忙しいです。
先日は、忙しさのあまり、エステの予約してたこともコロッと忘れてました。
電車の中でずーっと起きていられたためしがありません。

忙しくて疲れてくると、なぜだか無性にネイルがしたくなります。
爪切りなんか使わずに、やすりで地道に形を作り、ベース、ネイル、トップコート。
ていねいにやりたくなるんですよねぇ。

時間がないとか忙しいとか思ってると、なぜだか、
「別に今しなくてもいいじゃん」的なことがどーしてもしたくなる。
なぜなのでしょうか。
というわけで今日もネイルです。
昨日キレイに塗り上げたのに、さっき見たら欠けていた左手中指の補修です。

なぜなんだろう・・・早く寝ないとカラダこわすってわかってるんだけどぉ。
忙しすぎてアタマの回線どっか切れたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上司と部下の事情

今月に入ってblogの更新がほとんどできなかった最大の理由は、仕事が忙しかったことです。
忙しかった要因ははっきりしていて、ずーっと続くわけではないんですが、やはり上司としては慢性化した残業が気に入らないらしく、今日こんなお達しが出ました。
「なぜ時間内に仕事が終わらないのか。4月以降は新人も入るので、それを含めた体制の見直しを行うように」
つまり、時間内に仕事が終わらないのは私たちのやり方が悪いからだ、って言いたいわけですよ。ねー。
――( -.-)( _ _)・・・・

っていうか、あなたは何を見てそんなことをおっしゃっているのかしら?Y支店長さんよぉ(←ガラ悪キャラ)

こっちは時々昼ごはんも食べられないで仕事してんの!
常に2つ、多ければ3つか4つの係を掛け持ちしてる私によくもまぁそんな暴言を!
いっぺんしばいたろか?!

とタンカを切れるはずもなく。
結局、現状についての考察と体制見直しについての意見を、上司まであげることになりました。

くだらない・・・上司的発送の極みです。そんなことやってる時間があったら、こっちは山積してる仕事を片づけたいわけ! 家に帰ってまでそんなこと考えたくもないわけ!

しかし命令は命令ですので、意見を出さないわけにはいかない。
というわけで、これから意見書の草案を練り、週末で完成させて週明けには提出する予定です。
たぶんそこまでガッチリやってやろうと思ってるのは私だけだろーなー。草案なんてたぶん他の誰も考えたりしないと思う。

でも・・・どうせ出すならキッチリ出しますよ。現場から離れて浦島太郎と化した支店長のアタマを、文章でかち割ってやりますよ。あ、でも決して熱くなったりしませんよ。あくまで冷静に。そして明確に。

でもまぁ、そんな意見書出したって現状なんか100%変わらないんだな。現場で10年以上やってきてる私が言うんだから確かです。意見書1枚ぺらっと書いていきなり仕事の流れが良くなるんだったら100枚でも1000枚でも書くっつーの。
あーあ。上司と部下なんてどーせ別の世界の住人だもんな。あきらめるしかないんだよなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過ぎ去りし栄光の日々

 気づけば20日近く放置されていた私のblog。すいませんでした。
 いやぁ・・・いろんな事がありすぎて、そして忙しすぎてパソコンさえ触れない日々が続いていたもので。いろいろと思うことはあってもblogに書く暇がない・・・誰か「考えるだけでblogを更新できるソフト」とか作ってくれないでしょうか。

 さて先週末の三連休。
 私は高校時代の部活の仲間とともに、ある演奏会を聴きに出かけました。
 それはまさに、自分たちの後輩の演奏会。「北高吹奏楽部定期演奏会」でございます。20日の夕方から、地元の市民会館でのステージです。
 今回は20回目という事で、OBの諸先輩方で今でも音楽活動を続けている方々に声をかけ、現役生とのジョイントという形で演奏するという形でした。私たちの同期や、一緒に活動した後輩も出るとのことで、約10年ぶりに見に行ったわけですが・・・。

 はじめに言っておきますが。
 ここからは、キツい言葉のオンパレードになります。しかも吹奏楽を知らない方にはさっぱりわからん内容になります。けど書かずにはいられないので書きます。

 いや~・・・ひどかった。本当にひどかった。
 私が現役だった当時も、ものすごく上手い! という程ではなかったけれども、ここまでひどくはなかった。
 音色も、曲としての完成度も、何もかもが低レベルで、あの程度の演奏でお金を取る(チケット代500円)というのはちょっと問題があると思いましたよ。
 吹奏楽を知ってる方ならわかると思うんですが、私がものすごく失望した最たる理由は「音色」。これがもう、言葉に詰まるほどの音でした。私たちが当時使っていた楽器と同じものを使っていると思うのですが、どこをどうやったらあんなうすっぺらな音になるのか、疑問。どう考えても音色に対する認識というか、練習が足りないと思う。
 そして・・・私たちが現役だった当時、北海道大会まで勝ち進んだときの想い出の曲がありまして、それを今回演奏したのですが・・・これについては音色もさることながら曲に対する理解度や表現力の欠如が著しく、とてもとても人様に聴かせられるレベルのものではないと断言できます。
 もともと雰囲気がある曲というか、物語的背景を持った曲なので、そのイメージに合わせて表現しなければまったく面白みのない曲なのです。なのに、その魅力や雰囲気をすべてつぶすかのようなあの演奏・・・。正直、やめてほしかったですよ、あの程度しかできないなら。演奏しないでくれって感じ。
 そしてもっとも信じられなかったのは・・・指揮者がその曲をきちんと指揮できていなかったこと。ありえない・・・指揮者が棒振れない曲をやるなんて。
 確かにその曲は変拍子でリズムをとるのが難しく、当時の私たちもかなり苦心してリズムを体にしみこませたものですが。けど・・・指揮者がリズムをとれてない曲を、演奏者がきちんと演奏できるはずないって!!
 ちなみにその想い出の曲とは「吹奏楽のための神話」といいます。知ってる人は知っている・・・6/8拍子のアレですよ。6/8と4/8が一小節ずつ交互に切り替わるあの曲です。

 実は自分が引退したあとでやはり後輩の演奏会を聴きに行き、そのときに大失望して以来10年近くも演奏会には行っていませんでした。私たちの恩師が転勤し、そのあとに来た顧問の先生とまったく考えが合わなかったため、伝統のようになっていたOB・OGによる裏方の協力さえしていませんでした。
 今回の演奏会でもやはり私たちの頃のような演出はできていませんでした。照明から舞台装置に至るまで先輩方が手伝ってくれることで成り立っていたあの頃の演奏会スタイルはどこにもなく、あったのはただ顧問であり指揮者の先生が浮かれたようにぺらぺらとしゃべるという軽薄な進行の演奏会・・・。
 私たちの頃のような体育会系の吹奏楽部がはやらなくなったのかもしれません。でも・・・名門である千葉・習志野や、大阪・淀川工業は今でもあの頃の私たちのような雰囲気です。
 やはり過ぎ去ったのは北高吹奏楽部の栄光の日々だけなのでしょうか。私たちの時代の部員数の1/3程度になった現在の吹奏楽部を見ると、なんとなくくやしく、腹立たしい思いになってしまうのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防犯カメラ

今日から、職場に設置してある防犯カメラの台数が倍近くになりました。
今まではフィルム式の古いカメラだったのが、今回からリニューアルしてデジタル化。もちろん24時間稼働ですが、職員が帰った後はスタンバイ状態になり、何かが動いたのを感知して撮影を開始するそうで・・・モニターには常にすべてのカメラの映像が数秒単位で切り替わりながら映し出されるというしくみ。
そんなに大きな支店じゃないのにウチにもこんなに設置されるんだなぁ、と感心しながら見ていたのですが、そこであることにはっと気がついた。
新しく設置されたカメラの向き。それらがすべてロビー側ではなく、カウンターの内側を撮っているのです。通用口、ハイカウンター、両替機の裏側・・・
つまり、新しいカメラが映しているのは私たちなのです。職員を撮り続ける防犯カメラ・・・

これって・・・監視カメラじゃないのか?!

思わず脳裏をよぎったのは、「踊る大捜査線 レインボーブリッジを封鎖せよ!」のワンシーン。
町中に設置された監視カメラの映像をじっと見つめる室井管理官。
アレとおなじで、うちの会社のどこかにもそういう監視室みたいなのがあって、職員を常に監視してるのでは・・・

いや、まぁ思い過ごしだろうとは思うけどさ・・・
でも今回の増設カメラはものすごーく感じ悪い。なんていうか、上から信頼されてないんだなぁ・・・って思っちゃうんだよね。もちろん防犯カメラの役割がほとんどなんでしょうが、あれだけすみずみまで撮影されてると勘ぐりたくもなりますわ。ほんとに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼、青春の日々

ぶんぶんさんのところで、試験の話題が出ていまして、それを読んでいたら自分の試験のことを思い出して懐かしくなりました。

わたくし、自慢じゃありませんが完全文系人間。文系と言っても英語はそうでもなく、完全に日本語が得意でした。
今はちゃんと偏差値とか使っているのでしょうが、私の時代は「SS」という単位で評価されておりました。そのSSを出すのに、定期テスト以外に「学力テスト」があり、これで私は何度か学年トップの点を取ったことがあります! ここぞとばかりに自慢してます! ただし中学時代だけですが。
もともと本好きで小さい頃から本を読んでいたので、現国はその延長線上でした。だからテスト前になっても現国の勉強なんぞ一度もしたことがないのです。国語の教科書も好きで、新しい教科書になるとすぐに長編の物語の章なんか読んだりしてました。

しかし世の中というのはバランスがとれているもので、国語が得意なのと同じぐらい、理数が大の苦手でした。特に数学。小学時代に算数でつまづき、中学に入って初めての数学で教科担任にバカにされて以来、生理的に数学を嫌いになってしまったのです。
数学嫌いは高校に入っても治ることなく、受験時には自己採点で1ケタ台得点をマークするありさま。学年順位も下から数えたほうが圧倒的に早く、クラス順位も下から5本の指に・・・という情けない事態にもなってました。
にもかかわらず落第もしなかったのは、ひとえに国語やその他の教科で底上げしたからに他ならないのであります。結局、一科目だけ得意でもトータルで見たら凡人、というわけですね。あはは。

高校時代は勉強は3の次くらい。起きてる時間の大半を部活に費やしていたので、テスト勉強はだいたい3日前くらいから始めていました。部活のメンバー同士で音楽室に居残って勉強するのですが、たいてい途中から話が音楽トークになったりして、結局勉強できなかったりして・・・。
そういうときに頼りになるのが、ノート作りの天才。かならず試験前にはノートを借りて勉強してました。セブンイレブンでコピーとったりもして。涙ぐましい努力。

今考えれば、正しい答えにかならずマルをもらえる学生時代ってすばらしいですよねー!
社会って・・・はぁ・・・(疲れ切ったOL12年目のため息)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸せになってね!

 土曜日、ダンス仲間でもあり私のヘアスタイルをいつも面倒見てくれる(つまり美容師さん)の友だちが、めでたく結婚式を挙げました。
 挙式は人前式。今まで2度ほど出席したことがあったけど・・・今まででいちばん感動的だったかも。
 新郎が、出席者の前で新婦にプロポーズしたのです。
 どんな言葉だったかは、勝手に載せられないのでヒミツ☆ですが、涙もろいのとまだまだ自分の時の感動が残っていた私は、この時点で涙が・・・。ううう。


happy

 それにしても。
 とにかく、カワイくて美しくて、そりゃあもう言葉にならないほどでした。
 もともとすごく魅力的なところがあって、カワイイのに色気があるという非常にうらやましい女の子なので、どうしたってキレイになっちゃうわけですが、なんといっても彼女のセンスの良さに感動してしまいました。
 いや・・・ここだけの話ですけどね。私が自分の衣装を選びに行ったとき、他にも衣装を選びに来ている女性がいまして、その方の着ているドレスを見たとき思ったんですよ。「誰か教えてやれよ!」と。
 私は別にファッションの専門家でもないし服飾の勉強もしていないけど、似合うか似合わないかはわかります。その彼女が着ていたのは、彼女にもっとも似合わないであろうと思われる色でした・・・。違う色だったらもっと似合うのがあるのに! と思いましたが、本人はえらくうれしそうだったので、たぶん周囲も何も言えなかったんでしょうけどね。
 その点友だちは違いました。ドレスもメイクも小物も完璧に彼女の魅力を引き立ててる。ブーケは友だちに作ってもらったのを持っていたんですが、そのブーケも彼女のドレスはもちろん肌の色にまでぴったり! センス最高。
 ちなみに手前でカメラを持っている着物の女はウチの母です。

 そして「花嫁の手紙」。いやぁ・・・泣いた。私の座ってたテーブル全員泣いた。彼女の優しくて素直な性格と、両親に対する愛情があふれた内容だったもので・・・私なんか自分の式でも泣かなかったのに、彼女の式で泣いてしまいました。ちなみにウチの母親も、自分の娘のときより泣いたと言っておりました。オイッ。

 最後に・・・りっちゃん、おめでとう。幸せになってね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実は怒ってます。

 ほんとうは今日、別ネタを書こうと思ってたんだけど・・・思わず内容変えました。
 なぜって私、けっこー怒っているからです。

 うちの部屋は2階建てアパートの1階。それでだいたい察しのつく方もいらっしゃることでしょう。
 そうです。・・・うるさいんですよ、足音というか、物音が!!!!

 実は上の階には3歳の子供がいます。私の友人のそのまた友人のご家庭(私とはつながりないんです)で、最近赤ちゃんが生まれたとのこと。
 足音の大半は子供の足音と思われます。普通に歩いているときはおそらく聞こえないと思うんですが、この子がまたよく走るんですな。たまに助走つけてジャンプとかしてる音も聞こえます。
 私たちは共働きなので、日中騒いでいる分にはたいしたことはありません。休日にも当然騒がれますけど、なんせ相手は子供ですから、しょうがない。そこまで私も目くじらは立てません。
 でも・・・でもね。
 夜の11時をすぎてなお、走る足音が聞こえるって言うのは、どうか。
 ちなみに先ほど12時を回りましたがまだ足音が聞こえます。
 はっきり言って迷惑。こっちは仕事して疲れて帰ってきて、さぁ寝ようかってときに上からバタバタやられたら・・・腹も立つっちゅーもんでしょ?! というか3歳児がいったい何時まで起きてんのよ?! 
 夜中まで起きてても走ってても親は平気なのか? そーいう感覚の人が集合住宅に住むと周りがメイワク。2階の人はもっと気を遣って欲しい。
 休日にバタバタやられても、ガマンしてるんですよ、こっちは。相手が子供ですから。だけど夜に騒ぐ子供については、相手は子供じゃなく親ですからね。
 こーいう時はどうしたらいいんでしょうか。やっぱ大家さん? 訴えるべき?

 それにしても私、一人暮らしをしてたときにも隣近所に大迷惑してました。怒り狂って壁を蹴ったことも・・・今回はそれはしませんけど、あまりにもうるさかったら、私、キレるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の試合総括

 帰ってきました。あーあ、疲れた。
 なぜ突然オープン戦に行くことになったかというと、ダンナちゃんの上司が急に行けなくなり、部下の間でチケット争奪じゃんけんをした結果、勝者となって見事チケット2枚をゲットしたといういきさつがありまして・・・。
 そのため席は他の上司と隣同士、というちょっとキンチョーな配席だったのですが、いざ観戦となればそんなことどーでもよくなってしまうものなのですね。
 日ハムは新庄、小笠原、坪井と有名どころがズラリ。そして巨人も清原、高橋由伸、仁志と一軍選手がズラリ。オープン戦ではあるけれども、自然と応援にも熱が入ります。
 しかしされどオープン戦。主力組はどんどん交替してしまい・・・結局私の知ってる選手は2人くらいとなる始末。まぁ・・・しょうがないか、オープン戦だ。
 結局日ハムは負けちゃったんだけど、敗因は・・・田中でしょう、たぶん。だっていいところで回ってきても全然打てないんだもん!彼がちょっとでも打っていれば試合は簡単にひっくりがえっていたように思うんだけど。
ひじょーにくやしいのでシーズン中の試合も観に行きます。今度は勝ってくれよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

試合結果

4−3で巨人の勝ち。残念。それにしても清原ってデカイ!遠目で見ても大きいひとでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日ハム交替しすぎ!

新庄も小笠原も坪井も交替しちゃって日ハム若干やる気ナシモードか?!
ちなみに画像は高橋由。清原と交替で江藤が四番。シリーズ戦ならありえないかも(;^_^A200503021937000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌ドームで

巨人・日ハムオープン戦を観戦中!日ハムファンだけど清原にはがんばってほしいぞ!200503021851000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花嫁の美

 今週末に挙式する友だちのおうちに遊びに行って、12時をちょっと回ったあたりで帰ってきました。
 こんな時期に、こんな時間までいて申し訳なかった(^^ゞ
 それにしても・・・私の式前ラスト1週間って、もっと殺気立っていた気がするんだけど、友だちはいたって穏やか。準備はもう終わっててする事ないんだぁとか言ってるし。もう新婚旅行のガイドブックなんか見てて、ずいぶん余裕なのよね~。
 まぁ確かに私ってギリギリにならないとやらない性分だから。そのせいで結婚式も新婚旅行も徹夜明けで決行、という暴挙になるわけだけど。ちょっとは友だちを見習わなければねぇ。反省。

 それにしても・・・友だちがすっごくキレイでびっくり。
 もともとカワイイ人なんだけど、なんつーか「華」が加わって、華やかオーラが出てるんだよね。最近とったプリクラとか見ても、明らかにその友だちだけキレイ度が違う。色っぽいし、パッと明るくて、キレイなの。
 自分の時はそんなこと考える間もなかったし、何度も言うようだけど徹夜してたんで、当日は気合いと化粧で乗り切っただけ。きっちり準備してると、キレイ度も格段に違うのね・・・。

 ということは、日々の生活も、あまりギリギリに過ごしてるとそういうオーラが出るってことか。と実感。そして反省。
 でもこの反省もどれだけ続くことやら・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さっくんお兄さんが世界を救う

見つけてしまいました・・・さっくんお兄さんこと、佐久間一行さんのHPを。

「気にしなーい 気にしなーい 気にしないんだよー♪」と、
園児とともに歌い踊るさっくんお兄さん。
あのビミョーにうわずった歌声と、明らかにはずれた音程。
ハマります。
実際に見たらきっとあなたもわかります。
さっくんお兄さんは癒しのキャラです。
ビミョーなのは歌声だけではなく、
繰り出すギャグもまた微妙。
でもね、すーっごくいい人な感じなんですよ。ほんとに。

これからは、どんなにムカつくことがあっても、
「気にしなーい 気にしなーい 気にしないんだよー♪」
と歌ってやりすごそう。

世界中の人がさっくんお兄さんと一緒に歌ったら、
世界からもめ事はなくなるであろう・・・
いやぁ、ヤバい。ほんとーにハマりました。
夢の中でも聞こえてくるあの歌声・・・さっくんお兄さんにLOVEか?!
(死語)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »