« 枕と睡眠 | トップページ | 嗚呼・・・チェッカーズ »

そこに野球への愛はあるのか?!

プロ野球・・・ついにスト突入してしまいましたね。
昨日のフジテレビ「すぽると!」のテレゴングに私はもちろん参加しましたよ。当然、支持派です。当たり前。
反対なんてするわけがないじゃん。

というわけで今回はすごく真面目に考えて書いてみたいと思います。

私が選手側の決断を支持する理由、それは「誠意があるから」に尽きると思います。古田選手を見ていると、なんかもう心配になってしまいます。試合にも出て交渉にも出て、マスコミに対応し策を練り・・・いったいどれほどの苦悩を背負っているのかと思うと心配でたまらなくなっちゃう。
古田選手を見ていていちばん思うことは、プロ野球と、それを支えるファンに対してとても誠実であるということ。妥協しないというのは誠実であることのひとつのカタチだし、そもそもストという手段を使ってでも自分たちの要求を認めてほしいと言い切れるのは、その要求に信念があるからでしょ。その信念とはつまり野球への愛だし、ファンへの感謝なんだと思うのです。
はっきりいうけどオーナーなんていなくても野球はできるの。野球はね、選手とファンのものなの。ってゆーか、野球はね、野球を愛する人たちのものなの。これがいちばん重要で、そして基本なんじゃないかと思う。
オーナーを見てるとすごくハラが立つ。それはなぜか? 野球を愛している姿勢がまったく見えないから! 選手をバカにしているから! 選手会の要求なんか最初っから聞く気ゼロな態度が見え見えだし、新規参入したいって言ってるライブドアなんかハナでせせら笑ってるもん。そーゆー態度がハラ立つの!
オーナーのあの態度は、選手をバカにしているだけじゃなくてファンをバカにしているのと同じ。野球に対して真の愛情がないから、ファンに対する感謝だって当然あるわけがない。だけどね、あんたたちが私物化しようとしてる球団の支援者は、ほかならぬファンですから! っつーか、お客様ですから! 言ってみれば選手は商品ですよ? そして球団は自社ブランドですよ? その自社のブランド、商品を公然とバカにする経営者ってありえないでしょ。

某検索サイトの掲示板でも盛り上がってるけど、そのなかに、「経営者は野球を愛してる人がなってくれ」という発言があり(私はこの意見を支持するよ)、それに対してコメントが「経営者は資本家が決めること。ファンごときが口を挟む資格はない。ど素人はあなたです」ってついてたのよね。うーん・・・この「ファンごとき」ってなに? これ書いたヒトはもしやどっかの球団のオーナーですか? 
そもそも「資本家」という発想から行くならばファンは最大の資本提供者のはずでしょ。実際に資本金とか提供するヒトだけが資本家と呼ばれるという理屈は視野が狭すぎるでしょ。プロ野球にとって最大の消費者はファンだから。資本家がいくらお金出したってファンにそっぽ向かれたら終わりなワケ。100歩譲って「資本家=経営知識のある人」と解釈したとする。そーゆー知識のある人が選ぶオーナーとは、つまり経営についてのノウハウがある人、知識がある人ってことだよね。・・・それって当たり前じゃん! 
現オーナーが経営者としての手腕があったのかどうかも今となってはアヤシイけどね。合併凍結を1年間待つこともできないくらい、球団経営が悪化してるんだったらそれだって問題でしょ。どーしてそんなことになる前に何らかの手を打たなかったわけ? 打ってたとしてもぜんぜん効果なかったってことでしょ? それってオーナーとしてどうなの?

プロスポーツってサービス業としての側面は大きいと思う。だってファンに気に入ってもらってナンポ、人気を得てナンボ、喜ばせてナンボの世界でしょ。アメリカの野球を見てるとすごくそう思う。なのに日本では「選手ごとき」発言だし、さっきの掲示板にまで「ファンごとき」なんて言葉が飛び出てくる始末だよ。レベル低いなぁ・・・って思うよ。

そういう「老害」なオーナーたちを排除することができないなら、いっそのことみんなで新しいプロ野球を作ってしまえばいいんだ、と私はけっこう単純に考えていたんだけど、実際にそういう動きがあるらしいのね。いいと思うな。どうせ今回のことを妥協案で乗り切ったところでいずれまた行き詰まるんだから、今ここで膿を出し切るか、それでなければまったく新しいものを作り上げるかしないとダメだよ。

基本は「野球への愛」だよ。それは見失っちゃいけないよ。


***追記 1***
日本野球機構のHPに「ファンの皆様へ」なんつー声明がのってた。もしあれを本気で思ってるんなら・・・そもそもここまでこじれなかったんじゃないかなぁ。
「言うまでもなく、プロ野球は、ファンあってのものであり、試合を行わないことは、ファンに対する直接的かつ重大な背信行為であり、このような事態を招き、誠に申し訳なく思っております。」・・・ってさぁ、それって選手に責任転嫁してない? ほんとうの背信行為って、そういうことを表では言いながらウラでファンをバカにしてることを言うんじゃないの?( ̄∀ ̄*)イヒヒ
試合が行われないことをファンは悲しんでいるんじゃないのよ。憂えているのはプロ野球そのものの「未来」なワケ。わっかるかなー。わっかんねーだろーなー、オーナー。

***追記 2***
読売新聞社説を発見。・・・

<選手会は、最後まで近鉄の存続にこだわった。だが、これはそもそも球団の経営事項に関することである。実現が難しいとみると、今度は新規球団の来季からの参入に固執した。
経営側も、そこまでは譲れなかった。新規参入には、きちんとした審査が必要だからだ。
中立的立場にいたコミッショナーが、最終局面で出した調停案も、結果的に選手会に踏みにじられた。コミッショナーは「ストに入れば球団がさらに疲弊し、解散、倒産に至ることもあり得る」と警告していた。
今後、ストの違法性が議論されることになるだろう。試合の中止で経営側は相当の損失を被る。経営側も、当然賠償請求を検討している。>


・・・(゜Д゜)
すごいよ。さすが、ナベツネ読売。なかなか書けないよ、フツーの神経じゃ(笑
しかしあれだね。タイトルがまたすごい。「ファン裏切る″億万長者″のスト」だって。責任転嫁というか話題の矛先をそらすやり口は、ナベツネが自分の引責辞任をひとりの大学生にかこつけてしまったやり口と同じだね。


|

« 枕と睡眠 | トップページ | 嗚呼・・・チェッカーズ »

コメント

これじゃあ
読売新聞の不買運動になっても仕方ないね。

ちょっと前、
あのお三方の件では朝日新聞が
今回のこの件では読売新聞が
新聞てそんなもん?
仮にも全国紙だろ?
ジャーナリズムの信念は?
プライドは?

投稿: yoshi | 2004.09.21 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/1465547

この記事へのトラックバック一覧です: そこに野球への愛はあるのか?!:

« 枕と睡眠 | トップページ | 嗚呼・・・チェッカーズ »