« 2004年8月 | トップページ | 2004年11月 »

青天の霹靂

銀行員にとっての宿命『転勤』。

それは・・・ある日突然辞令を受け、1週間程度で引っ越しを済ませて次の任地へ旅立つこと。拒否権ナシ。そして・・・サイクルとしては2年から3年で、次の任地へ移らなければならないのであります。
もちろん私だってその宿命から逃れられるはずがなく・・・それで去年、現在の支店に転勤になったわけですが。逃れられないのは彼氏も同じなのです・・・当然ながら・・・。

そして先日金曜日。10月1日付(これを私たちは「じゅうがついっぴ」と読むんですがコレって銀行用語??)で、いつものように支店長宛社内メールで異動の内示が・・・とりあえず支店長が見終わったあとで、コピーを頂いて先頭から目を通す私。
あー・・・私が新人教育期間で担当した男性が管理職になってるな~・・・なーんて思いながら見ていたんですが、いちばんの目的は「彼氏は異動になっていないか」を確認するためなのでした! たぶんまだ転勤はないはず・・・だってまだ現支店に2年8ヶ月しかいないもん・・・彼氏より現支店長い人が他にいるし・・それに結婚まであと1ヶ月ですもん・・・。

そのとき。
私の視野に飛び込んできた、見なれた名前・・・。

「・・・動いてるっ!」

結婚式まであと1ヶ月。招待客のリストアップもすませて招待状も送り出しているというのに、転勤!!

Σ( ̄Д ̄)ガーン(=Д=;)マジー(=_=;)シュン・・・

彼氏の新任地によっては私の現支店勤務にも影響が出る。こないだの上司との面接で「もしご主人が遠くに転勤することになって、あなたもついていくために退職するって言っても、すぐにはムリだから3ヶ月ぐらいは別居でガマンしてね。3ヶ月で後任を育ててもらって退職だからね」って言われてた私。いやだぁぁ~新婚からいきなり別居状態なんていやだよぉぉ~・・・o(iДi)o

と思ったら。

転勤先は「本部機構」。つまり本店・・・札幌・大通なのでした! 私の現支店は札幌駅付近! 近いじゃん! とりあえず北海道のはずれに旅立つという事態は回避。そして新婚早々別居という事態も回避。
しかし・・・結婚式を目前にして転勤。またまた招待客が増加・・・そして彼の新しい所属部署は激務(らしい)。選手みずから結婚式準備、新婚生活準備の戦力外通告をオーナーに申告してくる始末! オーナーとしてはこういう展開を契約書に盛り込んでないから困惑です。
でも・・・あわてて彼の支店に電話をした私の耳に届いたのは、私以上に動揺している彼の声でした。「いちおう、希望していた部署だけどさぁ・・・この時期っていうのは予想してなかった・・・」その声を聞いて、私は思いました。「ヤバいぞ・・・ここで私まで動揺してたんでは結婚式の準備も新生活の準備も進まん! ここは私がハラをくくらなければ!」

そして2夜明けて、今ではなんとか落ち着きを取り戻した彼ですが、はからずもこの一件で「意外と肝っ玉が弱い」ことが露呈してしまいました(笑
そして私ははからずも「ハラをくくるのが早い」ことも露呈。根が楽天家のB型ですから! どうにかなるさ的な発想は得意なのよね!
おたがい札幌中心部の勤務。そして大通のとなりには・・・あのススキノがあるんですよ! よーし、ふたりで一杯飲みに行こう!! 一杯で済むかどうかはこの際おいといて!(笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プリザーブドフラワーに挑戦!

rose.jpg


結婚式で使うブーケって・・・なんであんなに高いの?! 
最近の結婚式相場をご存じの方ならわかってくれると思いますが、ブライダルブーケって高いんですよ! 安くても2万5千円とか。ちょっと凝ったら3万円なんてすぐ飛んでいっちゃうから! 
私の場合はウエディングドレスとカクテルドレスにそれぞれ合わせて作るから2つでしょ。最低でも5万円。ちょっと凝ったら7万円か。7万円あったら・・・違う演出に使うよ(実は今、7万円でできる「ある演出」に心惹かれているのです。これはまた別の話題で)。
すこしでも安くあげたい私と母は(彼ママもそうだけど)、自分たちでブーケを作ろうと思い立ちました。そしてある日、クーポンマガジン「ホットペッパー」のおけいこページで、プリザーブドフラワーの体験教室があるのを発見したのです! 参加費3千円! 行くしかないでしょ!
というわけで本日、そのお教室に行ってまいりました。できあがったミニブーケが、この写真です。

プリザーブドフラワーってご存じですか? これね、半永久的に枯れないんですよ。しかも生花では存在しない色の花が楽しめるの! 
その理由は、プリザーブドフラワーって、専用のお薬を使ってまず色を抜いちゃうんです。そこにまた別のお薬を使って好きな色をつける。だから好きな色ができるワケなの。私は青いカクテルドレスに青いバラなんかいいんじゃないかと思ってます。
で、はじめてプリザーブドフラワーに触れてみると・・・もっっっっっのすごく、モロいんです! ドライフラワーとかって、手触りカサカサしてるでしょ? プリザーブドフラワーも、外側の付け根のあたりは超モロい。アレンジに使う葉っぱなんか、ちょっとヘンに力入れて触るとすぐ折れる。
そんな繊細なモノを、不器用大王の私がうまく扱えるはずがない! 案の定作業は遅れ放題、花びらとれ放題。見かねたセンセイが、ブーケのパラ3本のうち2本もきちんと台に固定してくれたりして・・・ラッキー♪
それにしてもつくづく私にはこういう美的センスとか技術が欠けてることを実感。こんなんでほんとに当日の自分用ブーケを作れるんだろうか・・・不安が増幅した一日でした(x_x) 
ふたつのブーケのうち右側が私の作品。左の母の作品と比べれば、どーもバランスの悪いことが一目瞭然でございます。自分のブーケも作るけど、ブーケトス用、ブーケプルズ用にも作らなくちゃならないんだった・・・果たして私の手作りブーケを受け取っちゃった人に、幸せは訪れるんだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いよいよ本格始動!!

letter.JPG


いよいよ、結婚式の招待状発送作業に入りました!
中身を詰めてみて彼氏と思わずつぶやく・・・「おい、これってもしかして入れすぎじゃないか?」と。
右から、招待状と返信用ハガキ。これは普通です。その次が、会場であるホテルの周辺案内図。これも普通です。
その次が、親戚用の当日タイムスケジュール。そして左端のピンクのカードが、当日披露宴で行う余興「新郎体重予想」のご案内カード・・・。
入れすぎです。あきらかに入れすぎです!!

でも親戚のタイムスケジュールは、必需品じゃないかと思うの。当日のダンドリをいちばん知っている私たちは、親戚のみなさんを引率することはできないし。だからそれを渡しておけば、ある程度自分たちで動いてもらえるでしょ?
そして・・・今回のお楽しみ。新郎主催による余興「体重当てゲーム」!!
当日、衣装を着た新郎の体重を披露宴会場で測定し、正解者にはプレゼントという趣旨でございます。何が面白いのかって? そりゃーあなた、ウチの新郎だから面白いんでございますよ。
180㎝を越す身長に、若干(ということにしておく)出ているおなか・・・果たして人はそれをどう見るか。遠慮もなく重い数値を突きつけてくるか、もしくは遠慮してどう考えても軽すぎるような数値にするか。これは性格が出ますよ。って、ゲストを試してどうするんだって話もありますが(笑
ちなみに私の主催する余興は「ブーケプルズ」。ブーケにたくさんのリボンをつけて、独身女性にそれぞれ選んでもらい、せーので引っ張ると・・・ひとりだけにブーケが当たるって仕組みです。でも新郎のみずからを犠牲にする余興に比べると、ちょっと見劣りするかもね。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

タロット占い師

その昔、「マイバースデイ」なんて雑誌に没頭していたあたくし。あれは中学生の頃だったか・・・今思えば「ええっ?!」と引いてしまうようなおまじないでも本気でやっておりました(ちなみに効き目については記憶がない)。
まぁ基本的にはおまじないとか占いとか好きなので、その後自分でも占いをやってみようと思い立ち、選んだのがタロットカードでありました。
タロットカードって、けっこう面白いんですよコレが。カードの意味とか深読みすればするほど面白い。
そのうち私のタロットカードが当たるという評判が広まって、高校時代にはほかのクラスから女子が「占ってぇ~」とやってくるほどになりました。高校生だから占う内容なんて99%恋愛だったけど・・・ときどき「マジで?!」って仰天するような恋愛模様を知ってしまうこともあって楽しかったです。もちろん秘密厳守したけどね。私ったらその頃から顧客情報の漏洩には気を遣ってたのね。そして会社に入ってもタロット占いの評判は続き、数年前の慰安旅行では支店全員を占うハメに! いやぁ~タイヘンでした。声もかれました。けど・・・高校時代とは比較にならないような衝撃の秘密を知ってしまった! 慰安旅行でお酒も入って、みんなガードがゆるんでたんだと思うけど・・・不倫とかね、そんな内容の占いをしましたよ。さすがに私もオトナだからいまだに秘密は厳守。っていうか言えないから! 生々しすぎて。
さて今週の室井さんblogでは占いがテーマでありました。うーん・・・今回は室井さんにすり寄りたい私。
私もいちおう「依頼を受けて占う」という点だけで見れば占い師(ということにしておいて!)。高校時代からずーっとひとつだけ気をつけてることがあるの。それは・・・「否定しない」ということ。
だって占いはあくまでも「占い」。占い手が変われば結果だって変わるし、そもそもヒトの運気なんて刻一刻と変わっているんだから、今がダメでもいつひっくり返ってよくなるかわかんないんだから。
それに。


そうそう、あたしは例の人気番組の出演も断った。
滅多に仕事を断らないあたしだけどさ。占いの暴力を受けたときのことを考えると、そのダメージは出演料に変えられない気がするんだもん。


私はあの人気番組、キライだから見てないの。何がキライって、いったいあの人にどんな権限があって「アンタを地獄に落とすよ!」って言えるの?地獄に落とすかどうか決めるのは閻魔大王だ! 
私の性格としてそーゆーことを軽々しく口にするヒトはキライなので、当然あの大先生もキライ。だから私、あの人の占いで自分が何になるのかも知らない。仮にあの人に「こうやったらアンタは幸せになれるんだ!」って言われたとしても従うかどうかはわかんない。たぶん従わないな。だって「幸せ」って人それぞれだし、相手の基準で考えて幸せでも私にとって幸せかどうかはわかんないじゃん。
じゃあどうして私は占いが好きなのか? それは、「日々の生活にちょっとしたエッセンスになるから」です。ゲン担ぎとか、ジンクスとか、そーゆーのをちょっと守ってみるのって面白いし。朝の『めざましテレビ』の占いだってそうですよ。ハッピーって言われりゃうれしいし、アンラッキーと言われればちょっとしたおまじないでもしてみたりして。占いなんてその程度です。だから私は頼まれて占いをするときでも、「こんな風に出てるけど、でもまぁとらえ方って人それぞれだからねー」ってぼかしてる。だって依頼人はそれなりに悩んでるわけでしょ? そこにもってきて「占いではこう出てるからこうしたほうがいい」なんて言えないって。そんな責任重大なこと私にゃーできません。
そういう責任を負う覚悟をしたヒトが、プロの占い師になるんだろーな。やっぱ私には無理だぁぁ。
それにさ。「占い」っていう前提があれば何言ってもいいのか? っていう気もするわけですよ。たぶん室井さんもそういうこと言ってるんじゃないかと思うのね。物書きサンは自分の書いた言葉に責任持つよね。けど占い師って、「だって占いではこう出てたんだからしょうがないじゃん!」ってともすればなりがち。みんながみんなそうではないと思うけど。だから私は二者択一系の占いを頼まれたときなんかは必ずこういう。「占いではこういう結果になってるけど、決めるのは自分だからね」って。占いって、迷ってるときの決断材料にはなっても根拠にはならないからね。


自分でなにか物事を決め動いた結果、最悪の事態になったりしても、
「そういうこともあるさ」
 と諦めがつく。けど、他人のアドバイスによって、結果が最悪になったりしてみ。厭じゃないの。どーせ、失敗の尻ぬぐいをするのは自分。なら、自分の思い通りに生きなくてどうする?


こういう人がいるからさ(当の私もそうだから)。占いは日々のエッセンス。その程度にしないと、人間としての決断力というか、道を切り開くパワーが弱まるような気がするのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お嬢さんをください!

きょうテレビで見かけてふと思ったんですが・・・彼氏が彼女の家に行って、両親に「お嬢さんを僕にください!」っていうアレ、実際にやったヒトってどれぐらいいるんでしょう?
「ゼクシィ」とか見ると、初めて相手の実家を訪問するときはこうしろああしろってマニュアルが事細かに書かれてるのよね。読んでるだけで緊張しちゃうようなしきたりのオンパレード。これホントにやんなきゃダメなの? なんて私は思うんですが。

私の家に彼氏が来て挨拶をした日・・・父はジャージ姿でした! そして彼氏も「結婚することにふたりで決めましたので今後ともよろしく」ってもう事後報告! 母親なんか普段着でエプロン。そして父親は「はいはいこちろこそよろしく、じゃーひとつ飲みますか!」ってソッコーでビールつぎ出す始末。うーん・・・いいの? こんなんで?
確かにそれより2ヶ月ほど前、彼氏が実家に私を連れて行くときに、結婚を前提にして連れて行きたいのですがって言ってはいたけどね。だから突然の申込じゃなかったんだけどね。けど・・・なんかものすごくあっさりしてて拍子抜け。もうちょっとなんかあってもよくない?
なんてね。「娘はやれん!」なんて言われても、それはそれで困るんですけどね。っていうかたぶんうちの父には「今やらないと今後もらい手が現れないかもしれない! それなら彼氏の気が変わる前に・・・」っていう心理が働いたような気がする。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼・・・チェッカーズ

切ない・・・切ないよ、チェッカーズ。どうしてこんな状態になっちゃってるんでしょーか。

今でも覚えているのは、私が小学4年生の頃。放送委員だったので、お昼の放送を終えたあとで放送室で先輩と一緒にお弁当を食べていました。
そんなとき、誰かが「ねぇねぇ、チェッカーズってどう思う? 『ギザギザハートの子守歌』いいよねぇ」って言い出したのです。実はそのとき私はチェッカーズを知らず、「うーん、私はそうでもないです」みたいなことを適当に言っておりました。
しかーし。『涙のリクエスト』であっさりファンになってしまい、それから『神様ヘルプ!』か『NANA』くらいまでファンでした。だってNANAとかちょっとコドモには難解・・・っつーか意味深すぎてねぇ。
それまではかなり熱烈ファンでした。『TAN TAN たぬき』とか2回くらい映画館に観に行ったもん。今考えればものすごい芝居ヘタだけどね! ごめんね! でもそこがまたいいんですよ(中途半端にフォロー)。映画の本とか買って、ページが本の背を縫ってる糸からとれるくらい熟読してました。
それに私、ナオちゃん(藤井尚之さん)ファンだったから、中学入ったらぜったいサックスやるんだ! って意気込んでたの。まーそういう意気込みの女子は当然私以外にもわんさといて、超競争率高し。で、結局サックスとは結ばれずに終わりましたよ。

解散したときにはそれほど熱烈ファンってわけでもなかったので、「あー解散しちゃうのか・・・私の青春・・・」くらいにしか思ってなかったの。しかも友達とチェッカーズの話をしては最後までメンバーのユウジを思い出せない始末。
けどね。それでも私にとってチェッカーズは「永遠のアイドル」なんですよ! なのに・・・どうしてこんなことになってるの?! しかもクロベエの遺影を前にしてモメるなんて・・・やめてくれ・・・。
フミヤとタカモクの不仲が本当のことであったとしても、ファンとしてはモクさんにそれを本にして欲しくはなかったし(事実、私は過去の想い出を大切にしたいので読んでもいないし触れてもいない)、フミヤにはせめて「送る会」の発起人にはモクさんもマサハルも入れて欲しかった。クロベエだってきっとそう思ってたろうに・・・。

それにしてもクロベエが解散後、収入がなくて大型トラックの運転手やってたってのはかなーりショック。遺影の写真もずいぶん頬がこけてたし・・・なんかなぁ。ファンとしては見たくないもののオンパレードな気がするよ。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

そこに野球への愛はあるのか?!

プロ野球・・・ついにスト突入してしまいましたね。
昨日のフジテレビ「すぽると!」のテレゴングに私はもちろん参加しましたよ。当然、支持派です。当たり前。
反対なんてするわけがないじゃん。

というわけで今回はすごく真面目に考えて書いてみたいと思います。

私が選手側の決断を支持する理由、それは「誠意があるから」に尽きると思います。古田選手を見ていると、なんかもう心配になってしまいます。試合にも出て交渉にも出て、マスコミに対応し策を練り・・・いったいどれほどの苦悩を背負っているのかと思うと心配でたまらなくなっちゃう。
古田選手を見ていていちばん思うことは、プロ野球と、それを支えるファンに対してとても誠実であるということ。妥協しないというのは誠実であることのひとつのカタチだし、そもそもストという手段を使ってでも自分たちの要求を認めてほしいと言い切れるのは、その要求に信念があるからでしょ。その信念とはつまり野球への愛だし、ファンへの感謝なんだと思うのです。
はっきりいうけどオーナーなんていなくても野球はできるの。野球はね、選手とファンのものなの。ってゆーか、野球はね、野球を愛する人たちのものなの。これがいちばん重要で、そして基本なんじゃないかと思う。
オーナーを見てるとすごくハラが立つ。それはなぜか? 野球を愛している姿勢がまったく見えないから! 選手をバカにしているから! 選手会の要求なんか最初っから聞く気ゼロな態度が見え見えだし、新規参入したいって言ってるライブドアなんかハナでせせら笑ってるもん。そーゆー態度がハラ立つの!
オーナーのあの態度は、選手をバカにしているだけじゃなくてファンをバカにしているのと同じ。野球に対して真の愛情がないから、ファンに対する感謝だって当然あるわけがない。だけどね、あんたたちが私物化しようとしてる球団の支援者は、ほかならぬファンですから! っつーか、お客様ですから! 言ってみれば選手は商品ですよ? そして球団は自社ブランドですよ? その自社のブランド、商品を公然とバカにする経営者ってありえないでしょ。

某検索サイトの掲示板でも盛り上がってるけど、そのなかに、「経営者は野球を愛してる人がなってくれ」という発言があり(私はこの意見を支持するよ)、それに対してコメントが「経営者は資本家が決めること。ファンごときが口を挟む資格はない。ど素人はあなたです」ってついてたのよね。うーん・・・この「ファンごとき」ってなに? これ書いたヒトはもしやどっかの球団のオーナーですか? 
そもそも「資本家」という発想から行くならばファンは最大の資本提供者のはずでしょ。実際に資本金とか提供するヒトだけが資本家と呼ばれるという理屈は視野が狭すぎるでしょ。プロ野球にとって最大の消費者はファンだから。資本家がいくらお金出したってファンにそっぽ向かれたら終わりなワケ。100歩譲って「資本家=経営知識のある人」と解釈したとする。そーゆー知識のある人が選ぶオーナーとは、つまり経営についてのノウハウがある人、知識がある人ってことだよね。・・・それって当たり前じゃん! 
現オーナーが経営者としての手腕があったのかどうかも今となってはアヤシイけどね。合併凍結を1年間待つこともできないくらい、球団経営が悪化してるんだったらそれだって問題でしょ。どーしてそんなことになる前に何らかの手を打たなかったわけ? 打ってたとしてもぜんぜん効果なかったってことでしょ? それってオーナーとしてどうなの?

プロスポーツってサービス業としての側面は大きいと思う。だってファンに気に入ってもらってナンポ、人気を得てナンボ、喜ばせてナンボの世界でしょ。アメリカの野球を見てるとすごくそう思う。なのに日本では「選手ごとき」発言だし、さっきの掲示板にまで「ファンごとき」なんて言葉が飛び出てくる始末だよ。レベル低いなぁ・・・って思うよ。

そういう「老害」なオーナーたちを排除することができないなら、いっそのことみんなで新しいプロ野球を作ってしまえばいいんだ、と私はけっこう単純に考えていたんだけど、実際にそういう動きがあるらしいのね。いいと思うな。どうせ今回のことを妥協案で乗り切ったところでいずれまた行き詰まるんだから、今ここで膿を出し切るか、それでなければまったく新しいものを作り上げるかしないとダメだよ。

基本は「野球への愛」だよ。それは見失っちゃいけないよ。


***追記 1***
日本野球機構のHPに「ファンの皆様へ」なんつー声明がのってた。もしあれを本気で思ってるんなら・・・そもそもここまでこじれなかったんじゃないかなぁ。
「言うまでもなく、プロ野球は、ファンあってのものであり、試合を行わないことは、ファンに対する直接的かつ重大な背信行為であり、このような事態を招き、誠に申し訳なく思っております。」・・・ってさぁ、それって選手に責任転嫁してない? ほんとうの背信行為って、そういうことを表では言いながらウラでファンをバカにしてることを言うんじゃないの?( ̄∀ ̄*)イヒヒ
試合が行われないことをファンは悲しんでいるんじゃないのよ。憂えているのはプロ野球そのものの「未来」なワケ。わっかるかなー。わっかんねーだろーなー、オーナー。

***追記 2***
読売新聞社説を発見。・・・

<選手会は、最後まで近鉄の存続にこだわった。だが、これはそもそも球団の経営事項に関することである。実現が難しいとみると、今度は新規球団の来季からの参入に固執した。
経営側も、そこまでは譲れなかった。新規参入には、きちんとした審査が必要だからだ。
中立的立場にいたコミッショナーが、最終局面で出した調停案も、結果的に選手会に踏みにじられた。コミッショナーは「ストに入れば球団がさらに疲弊し、解散、倒産に至ることもあり得る」と警告していた。
今後、ストの違法性が議論されることになるだろう。試合の中止で経営側は相当の損失を被る。経営側も、当然賠償請求を検討している。>


・・・(゜Д゜)
すごいよ。さすが、ナベツネ読売。なかなか書けないよ、フツーの神経じゃ(笑
しかしあれだね。タイトルがまたすごい。「ファン裏切る″億万長者″のスト」だって。責任転嫁というか話題の矛先をそらすやり口は、ナベツネが自分の引責辞任をひとりの大学生にかこつけてしまったやり口と同じだね。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

枕と睡眠

blogに「音」をのせられないのがたいへん残念です。
えー。今、私の横から、「ふがーっ」というようないびきが聞こえております。私のいびきじゃありませんよ。当然ですけど。
いびきの元は彼氏です。結婚式の招待客リスト作りのため、ここのところ私の実家にちょくちょく来ているのですが、仕事の疲れもあってかごはんを食べるとすぐ寝てしまうのです。
しかも、床の上で。
よく「枕が変わると眠れない」って言いますが、このひとの場合は「枕がなくても眠れちゃう」ってところですね。
かく言う私も人のことは言えないの。私も、睡眠に枕は必ずしも必要じゃない派の人間です。しかも寝転がらなくても寝るの。ざぶとん一枚のスペースがあれば眠れます。正座した姿勢のまま、猫みたいに背中を丸めて寝るの。つまり座ったままで寝るの。これで熟睡できるんです。もはや特技といってもいいかも・・・。
高校の修学旅行で、寝台列車で東京から帰ってきたんですが、その電車の中でひとり爆睡した私。しかもへそを出して寝ていたらしく、友人に「へそ出てるって!」と心配された過去を持つ私。
人間その気になれば、どこでも寝られます。
こんなふたりの新婚家庭。なんか、ご飯食べたあとでふたりとも床の上で寝てしまいそうだ・・・

彼氏は体勢を変えてまだ寝ています。床の上です。
こんなblogやってる前に、早く布団に入れてやれって? ( ̄∀ ̄*)イヒッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花ヨメ、必死の抵抗

ballet.jpg


誰なんでしょーか。結婚式前にはかならずやせるって言い出した人は。
なぜだか知らないけどみんな言うのよね。「大丈夫。式が近くなればやせるって!」と。

・・・式が近くなったら、って、いつ頃なんでしょうか。

はい。太ってます。っていうか、やせません! ちっとも! どーすんのってくらい体重が動きません。制服のスカートのホックも、いっこうに動く気配なし。うーん。
数年前、ダンスイベントに出演するために週5日レッスンしてたときはやせてました。体が締まってたのね。背筋なんかキレーについてたし、おしりもきゅっと上向き。
ところが。
去年ぐらいから舞台に出なくなると、体ってみごとにゆるみました。むくむくと太りだして・・・いやもちろんものすごくデブってことじゃないけど・・・でも、式のためにはこのままではいけないのです! 決して!
というわけで必死の抵抗。「見栄えのするカラダ」を作るにはバレエしかない!

8秒、っていうけどつまりは8カウント。レッスンを受け慣れている私には非常になじみやすいカウントです。
DVDに合わせて、やってみる。
・・・き、きつい。。。。(/||| ̄▽)/
カラダがゆるんでる。なまけてた罪がずっしりと両肩に・・・

これは必死でがんばるしかない・・・うぅぅ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

契約にあたり・・・

母のblogからTBです。

ウチの両親は結婚にあたり、「とりあえず1年契約で」って言ってたようですが、私と彼氏のところは違います。
はい、こちらはもちろん終身契約です! FA権は認めません! 認めないかわりに戦力外通告もナシ。選手を他球団へ放出なんてことはいたしません。

そして最大の違いは・・・

選手は彼氏だけです。私は「オーナー」なのであります! オーナーだったら戦力なくても解雇されないし、立場も強いもんね。なんといわれようと私はオーナーになるの。通称「オカツネ」。それは私の名字の一文字「岡」からとりました。
あれーっ、今気づいたんだけど、オーナーって選手に年俸払うんだよね? 私にそんな力ないよ~。ということは権力だけをふりかざしたオーナーってことなのね。うーん、スト権行使されたら負けそうだなぁ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

将来の夢

昨日、母と一緒に札幌の街に買い物に出かけました。
大通近辺を歩いていて、信号待ちをしていると、頭がピンクと黄色と水色の三色(色あせてたけどね)になっていて、アルバローザの薄手のパンツ(色あせてたけどね)をはき、ヴィトンの小さいバッグを手にした若いお兄ちゃんが、なにやらチラシを配っておりました。
こういうファッションした人、実際に見たのは初めて。「モリオ」とか言うんでしょ? テレビでしか見たことなかったけど、いるんだね札幌にも。(私なんか「モリオ」って聞いたら吉本芸人の「モリマン」の人かと思ってしまう)

で、モリオの兄ちゃんは若い女の子にチラシを配りながら、言いました。

「今度、モリオのイベントやるから来てね」

と。

モリオのイベント・・・会場中モリオだらけ・・・想像しただけでめまいが・・・
女の子は笑顔でチラシを受け取っていました。
そこで信号は青に変わり、私たち母娘も若い女の子も信号を渡りました。
渡り終えてすぐに、若い女の子の発した言葉が聞こえ、私たちは思わず大笑いしてしまったのです。
女の子たちは言いました・・・

「なに目ざしてんだろうね」

す、すごい。ひとことで斬っちゃった。
身もフタもないですよお嬢さん・・・ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

それにしても、モリオが目ざすもの・・・うーん・・・なんだろう・・・志茂田景樹? って古いか、アタシ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室井佑月vs ai! B型気質について

室井さん、あなたやっぱりB型だったんですね!
・・・って、室井さんちで盛り上がってるオフ会の話題には触れないワタシ。
だってさぁ、オフ会はどうせ東京でやるんでしょ? 道産子の私には無理だもん。参加できないもん。参加できない者にとってオフ会がどーのこーのなんて話題としてはつまんないのですよ。というわけで私が食いついたのは「室井佑月はB型である」というところです。

私もB型。世間から迷惑がられる血液型のナンバーワン。聞いたことあるでしょ?「B型はマイペースだ」「B型はワガママだ」etc....... 
いや、聞いたことあるだけでなくあなた言ったことあるでしょ? 特にあなたがA型だった場合。A型ってほんと、B型を嫌うからね~。以前所属してた支店の先輩に、「血液型なに?」って訊かれて「Bです」って言ったら、「あぁゴメン、わたしB型ってダメなんだよね~」って言われました。・・・その支店に配属になって1ヶ月もたってないの。っていうかね、その先輩とはほとんど初顔合わせくらいなときに言われたの。ゴメンって言われた私はどーすりゃいいワケ? いやそれ以前にどういう意味なんですかそれは。ちなみにこの先輩はA型ですよ。そして私は転勤することになり・・・最後までその先輩とは親しくなれなかったですよ。

で、室井さんが言うには。

  [だって、あたしったらむちゃくちゃB型気質の女。根っからの子分気質。
  威張っていうことではないが、三十四年間生きてきて
  リーダーになったことは一度もない。
  ズボラだしさ。学生時代、小、中、高、の十二年間を、
  遅刻・欠席・早退ナンバー1で過ごした女であった。
  夏休みと冬休みの宿題は一度もしていったことがない。]

ってことなんですけどね。・・・子分気質? B型がぁ?
それって違いませんか室井さん。B型って子分じゃないって。これはもうぜったい自信持って言える。私もBだから。
B型って基本的にね、「人に言われてなにかをする」っていうのは好きじゃないの。それがたとえ自分がやろうと思っていたことでも。誰かに「これやってよ」って命令されると、自分がやろうとしてたことでもいきなりやりたくなくなる。それがB型。
だから子分気質なんて無理なんですよ。命令されるの嫌いなんだから。ほっといてくれるのがいちばんいいの。好きにやらしといてくれれば問題ないの。
そして群れるのが嫌い。だからリーダーになる機会がないの。室井さんがリーダーにならなかったのは子分気質だからじゃなくてグループってものに向いてなかったからなの。
子分気質だったら遅刻とか欠席とかしないじゃん。センセイの命令ちゃんと聞くわけだし。
B型ってつまり「自由人」なの。だから子分気質とB型気質は別ですよ。そもそも子分気質のひとが「銀座のホステス」とか「レースクイーン」とかなる? なんないって! 
室井さんが子分気質だと自分を表現するのはね、幹事だとかマネージメントだとか、そういうことが得手じゃないから。っていうか、やりたくないから。自分の興味のあること(=やりたいこと)を、細かくサポートしてくれる(=やりたくないこと)ひとがいたら、うまくそれにのっかっちゃおう! って思ってるのを隠すため! 
井上さんがいなきゃなんにもできない・・・ってそれは子分じゃなくて親分気質です! 自分はいちばんラクしてるじゃないですか! メルビンさんもおっしゃってますけど、女王様ですよ、ほんとに。

今回ははじめて室井さんにvsなんつって記事を書いてみたけど・・・でもね、好きですから。それだけは言っとかないとね。
(・・・って最後の最後で気が小さくなるのもB型かも)

おまけ。

    [みなさんに依存がなければ、井上っちに一端、
    話を振ってみようと思いますが、いかがなもんでしょうか。]

・・・別にアタクシ、井上さんいなくても平気だし・・・依存してないし・・・
ってさあ、これって「異存」でしょ? 室井さん。ヤバいって。作家なのに。。。( ̄ー+ ̄)ニヤリ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

風が見えた日(台風18号)

惑さんのblogでは写真入りで見ることができますが、先日の台風18号・・・ひどかった・・・そして怖かった!!!

ちょうど10時頃だったでしょうか・・・外から聞こえてくる、聞いたことのないような音。
バリバリともメキメキとも違うような、なんとも表現しがたい音でした。なんの音だか私にはそのときわからなかったのですが、外を見ていた上司が一言「木が折れた・・・」ええっ! 木が折れた音なの?!

私のオフィスは道庁内にありまして、背後はすべてガラス張りです。
ガラスごしにいつも赤レンガ(旧・北海道庁)が見える場所なのですが、そこから窓の外を見ていますと・・・風が見えるんですよ! コレ本当!
道庁の中庭、ちょうど先日駒苫が優勝報告をしたあのあたりでは、風が竜巻のように渦を巻いていたのです。その渦巻きのなかで、木々がまったくありえない方向に曲がっていくのです。見上げればビルの7、8階の高さに、太い木の枝(もちろん折れたやつ)が舞っているの。重力はどうなってるの? おかしいって!

そんなときとなりの部署が騒がしい。なにが起きたのかと思ったら、飛来物でとなりの部署のガラスが割れてしまったとのこと! ひぇぇぇ~。

上司と「いやすごい風ですね、こんな風なんていままで体験したことないですよね」って話していたまさにそのとき!
向かい合っていた上司の背後、私の目の前のガラスに!

どこかから飛ばされてきた看板(長さ1メートルはあったし木の厚みも5センチくらいあった。クギごとはがれて飛んできて、ついでにトタンもくっついたまま)が激突!!

・・・あのねぇ。ほんとにビックリしたときって声が出ないね。キャーともウワッとも言えなかった。息が詰まって、その後しばらく心臓が痛かった。
運良くガラスは割れなかったけど・・・あれで割れてたらシャレになんないよ。破片直撃、しかも真っ正面からだもん。
顔に傷でもついたら・・・うーん、危機一髪だったなぁ。

お昼過ぎにはその強風も落ち着き、外に出てみたら・・・
惑さんのところでも見られますけど、街路樹折れ放題、クルマ下敷きで放置状態。・・・ここはどこ? わたしはだれ?
って一瞬すべてがふっとぶ衝撃。あとで聞いたら、花を植えてるプランターも飛んでたって話。土がつまってるあのプランターが飛ぶんだから普通じゃないですよ、ほんと。
道庁の玄関にも、飛ばされた木の枝やら葉っぱが吹き込んで目も当てられない。しまいには折れた木まで風に吹き飛ばされて入り込んじゃって、外なんだか屋内なんだかわかんなくなっちゃってた。

私も写真、撮ろうかなって思ったんだけど・・・できませんでした。
なんかねぇ、痛々しくて切なくなってしまうのです。あんなふうに折れてる木・・・さぞかし痛かったろうなぁ・・・なんて思っちゃって、撮れなかったの。
あとから聞いたら最大瞬間風速50mだったんだって! 危なすぎ。
当然のことながらJRは不通。覚悟はしてたけど札幌駅に行ってみた。・・・うーん、来るだけムダだった(_ _。)
それで札幌ドーム付近まで彼氏に迎えにきてもらい、クルマで無事に帰りました。

道庁付近の木々は、どんどん切り倒されて運ばれていってます。なんか・・・カナシイ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ラーメン大好き

Yahoo!のトップページに、「あなたが選ぶ! うまいラーメン店」ってリンクがあったので、ラーメン好きの私としては当然ながら、そこに飛んでみました。
で、「うまい店には投票しよう!」ってリンクがあったので、またまた当然ながらそっちをのぞいてみました。

なんせ私、小樽の「小樽運河食堂 ラーメン工房」なんか全店制覇してますから! しかも、ちょっと前の、店の数が多かったときに!
そして札幌でも旭川でも、おいしいラーメン屋さんと聞けばバシッと行ってますから!

ということで、投票しようと店の名前を見てたんですけど・・・。

私の好きなお店、ないんですけど。


Σ(゚д゚lll)ガーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


なぜなんでしょうか。私の好みが普通じゃないからなのか? もしや私、ラーメンの好みがマニアック?
まあね、強いて言うなら「」とか「八海」とかは好きですけどねぇ。
けどね、私がもっともおいしいと思ったお店。いまのところ、4ッ星獲得のラーメン屋さん、「五丈原」がないのよね。このお店のオススメは「とん塩」です。そして「チャーシューおにぎり」も必ず食べなければなりません(基本です)。
それとね、旭川なんだけど「春夏冬」も行っていただきたい。以前、紋別にドキドキ☆結婚報告に行ったとき寄ったんだけど、いつ食べてもオイシイの。そして、ここの「四川みそ」は、他のお店では食べたことのない味なの。
そして旭川といえば「つるや」。ここはね、おいしいけど並ばないと食べられません。間違いなく並びます。でもね、並ぶだけの価値は絶対アリ!! 味噌ラーメン好きの方は絶対行って! みそ野菜ラーメンを食べてください!

ちなみに個人的には、札幌のラーメン横町にはまったく行きません。
もう20年くらい前になると思うんですけど、一度入った店が恐ろしくキタナかったの。食べてる間も壁とかをムシが這ってたりとかしたの。その印象が強烈すぎて、もうあのエリアで食事しようとは1ミクロンも思えない。

ラーメン・・・書いてたら食べたくなってきた。うーん、山岡家にでも行っちゃおうか・・・いやいや、花ヨメにはこんな時間のラーメンは許されないわ! でも食べたい・・・くすん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大泉さん、結婚か?!

未確認情報ではありますが。

北海道のキラ星。ローカルの星。あの大泉洋さんが、12月に結婚するらしいです!

友達からの目撃情報ですが、某サイトのBBSにそのような書き込みがあったそうです。
書き込みした当人は、大泉さんとはつながりのない人みたいですが、「大泉さんの結婚式に呼ばれる人から聞いたから間違いない」って書いてたんだって・・・。

本当だったら、これほどめでたいことはないですッ!!
オフィス・キューさんに、お祝いの品物でも送ろうかしら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことしのおみくじは

先日、地元のお祭りに彼とふたりで行ってきました。
小さい頃から行っているお祭りですが、やっぱり年々規模が小さくなっているような・・・
昔は、オートバイサーカスとか、見せ物小屋とかあったんだけど、今はお化け屋敷しかありません。(ちなみに、お化け屋敷に入ってみようと彼を誘ったところ拒絶されました。ビビり屋らしい)

まずは神社に行って神様にごあいさつ。
ここ数年(だいぶ前からかも・・・)、お参りのたびに「どうか神様、今年こそ良縁を! お願いしますっっ!!」と悲壮感さえただようお願いをしていた私ですが、今年はついにせっぱつまったお参りではなく、「神様ありがとう! やっとヨメに行けます!!」という報告をすることができました。
それから、おみくじをひいてみました。お祭りの第一目的は「おみくじ」なんですよ、私。
おみくじの内容は・・・と開いて、読み出した私。思わず、境内で爆笑でした。

[小吉]
   このクジ運の人は 
   長い間の苦労をよく耐えこられたが
   やっと報いられる日が近づいた
   幸運は寝て待っても来るが
   油断は禁物

・・・なんですか? こりゃ・・・。私の中では次のような読解になりました。

[小吉]
   長い間、独身の苦労によく耐えてきたが
   (たとえば、親戚のオバチャンの「まだ結婚しないのォ?」攻撃)
   やっと報いられ結婚できる日が近づいた
   結婚式の日は寝て待っても来るが
   まだ「婚約破棄」というリスクは残っているから油断は禁物

・・・ありがとう神様。油断せずに結婚式まで頑張るよ。。。。
そのあとはふたりでお祭りの夜店を見て歩きましたが、結局なにも買わずに帰ってきました。
おみくじ・・・けっこう、あなどれないものが・・・。ううむ・・・・。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年11月 »