« 選挙に行く前にElleを観よう! | トップページ | 久々復活 »

親と子の中間から

室井佑月さんのblog、ずーっと読んでいたけど今回ついに初トラックバック!
緊張しますね~。いつもよりキーを打つ手も慎重です。

この記事の前段に、「息子にはギターを習わせる」という佑月さんの考えに、私思わず笑ってしまいました。
さすがです。佑月さん、考えてますね~。
たしかにギター弾ける男の子ってモテますよ。そしてそーゆうたぐいのオトコとつき合って、痛い目にあったのは私です(はっ、結婚前についカミングアウトしてしまった・・・まぁいいか、もう昔の話だ)。
ま、ギター弾けるうんぬんっていうのはあくまで「ツカミ」であって、つかんだあとはやっぱり息子さんの人間性で勝負ですよ。ギター弾けても性格に難アリではどうしようもないものね。

 『それにしても、あたしは親馬鹿だよね。馬鹿親じゃないよね。その違いは大きいと思う。
 たとえば世の中のルールを、子供の前で破る親とかさ。
 (中略)
  ルール違反が平気な親に育てられた子は、気の毒だ。ルールを知らずに育ってしまうわけだから。世の中に出て、恥をかいてしまうもんね。
 あたしは、できるだけ完成形の大人として、成人した息子を社会に送り出すのが自分の役目だと思っている。』


私はまだ自分の子供がいないから、親でもないし、かといって子供といえるほどの年でもないんだけど。
けどこの佑月さんのことばに、もう、深く深く同意してしまったのです。
そうなの。親バカは罪ないけど、バカ親は罪なの。
この前読んだある本で、日本人を脳科学の面から分析したのがあったんだけど、それによるとやっぱりきちんとした教育を受けていない人間が大きくなると、恥がなんなのかわからないんだそうです。
恥、っていう感覚は人間にしかないものすごく高等な感覚で、だからこそきちんと教育によって植え付けないと芽ばえないのだそうですよ。なんかものすごく、佑月さんのことばに通じますね。
佑月さんはバカ親ではありません。とても賢い親バカなお母様です。女の子にモテるようにとギターを息子さんに習わせつつ、「女の子にルール違反をするな」って言える、そんなバランス感覚がいいなってほんとに感じてしまいました。

|

« 選挙に行く前にElleを観よう! | トップページ | 久々復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/855401

この記事へのトラックバック一覧です: 親と子の中間から:

« 選挙に行く前にElleを観よう! | トップページ | 久々復活 »