« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

親と子の中間から

室井佑月さんのblog、ずーっと読んでいたけど今回ついに初トラックバック!
緊張しますね~。いつもよりキーを打つ手も慎重です。

この記事の前段に、「息子にはギターを習わせる」という佑月さんの考えに、私思わず笑ってしまいました。
さすがです。佑月さん、考えてますね~。
たしかにギター弾ける男の子ってモテますよ。そしてそーゆうたぐいのオトコとつき合って、痛い目にあったのは私です(はっ、結婚前についカミングアウトしてしまった・・・まぁいいか、もう昔の話だ)。
ま、ギター弾けるうんぬんっていうのはあくまで「ツカミ」であって、つかんだあとはやっぱり息子さんの人間性で勝負ですよ。ギター弾けても性格に難アリではどうしようもないものね。

 『それにしても、あたしは親馬鹿だよね。馬鹿親じゃないよね。その違いは大きいと思う。
 たとえば世の中のルールを、子供の前で破る親とかさ。
 (中略)
  ルール違反が平気な親に育てられた子は、気の毒だ。ルールを知らずに育ってしまうわけだから。世の中に出て、恥をかいてしまうもんね。
 あたしは、できるだけ完成形の大人として、成人した息子を社会に送り出すのが自分の役目だと思っている。』


私はまだ自分の子供がいないから、親でもないし、かといって子供といえるほどの年でもないんだけど。
けどこの佑月さんのことばに、もう、深く深く同意してしまったのです。
そうなの。親バカは罪ないけど、バカ親は罪なの。
この前読んだある本で、日本人を脳科学の面から分析したのがあったんだけど、それによるとやっぱりきちんとした教育を受けていない人間が大きくなると、恥がなんなのかわからないんだそうです。
恥、っていう感覚は人間にしかないものすごく高等な感覚で、だからこそきちんと教育によって植え付けないと芽ばえないのだそうですよ。なんかものすごく、佑月さんのことばに通じますね。
佑月さんはバカ親ではありません。とても賢い親バカなお母様です。女の子にモテるようにとギターを息子さんに習わせつつ、「女の子にルール違反をするな」って言える、そんなバランス感覚がいいなってほんとに感じてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙に行く前にElleを観よう!

いよいよ参院選公示。
これから毎朝、出勤途中にあのやかましい街宣車と遭遇するのかと思ったらちょっとユーウツ。
朝はもっとさわやかに出勤したいのよ。
私の職場の周辺は緑も多くて、今の時期はとっても気持ちいいのです。
池があってカモがすいすい泳いでて、木々の緑がさやさやと葉を揺らし・・・
そこに「みなさまおはようございますッ!!!」なんて優雅さのカケラもない演説は似合いません。
これから仕事に向かおうって歩いてる人たちの心には、もっと別の方法をとったほうが訴えかけると思うけどなぁ。
具体案は思いつきませんけど。

だからといって「アタシ政治には興味ないし~」なんて私は言いません。
選挙ですよ! 投票は国民の権利なのです!
それでなくても勝手にひとの給料から税金引いてく国家なんですから、こういうときにでも意思表示しないでどうする!
私は高卒で就職したので、選挙権を得る20歳までの間はただただ税金だけを払っていました。
そのときに思いましたよ。
「なんで税金払ってちゃんと仕事もしてる私が政治に参加できないの?」
だから私はちゃんと選挙に行って投票しますよ。
自分の意思を確実に表明する手段ですから。

さて、25日に私の大好きな映画「キューティブロンド2」のDVDが発売になりました。
原作を読み、パート1を観てすっかりハマってしまいまして今回は限定のDVDBOXを購入。
パート2ではまさに「政治の世界」が展開されますが、主人公エルの魅力とパワーはその世界でも快進撃を見せます! もうまちがいなく必見!

そのなかでエルは言います。

「Speak up!」

声をあげて。あなたの声を聞かせて、と言うのです。
今の政治に不満があるなら声をあげればいい。自分の意思を表明すればいい。
というわけで私は選挙に行く前に「キューティブロンド2」を観ることをオススメします。
胸がすかっとして気持ちいいですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ボスジャン!

いよいよここまできました! ローカルの星を多数擁する「オフィス・キュー」さんが、なんとなんとあのコーヒーの名物キャンペーンとコラボレート。話題的にちょっと古くてすみません。

北海道ではすでにCMも2本目ですが・・・
どちらにも共通して言えることは、

「おいしいところは社長が持っていく」

セリフはもちろんそのタイミングからなにからすべては社長のその瞬間のためにCMがあるような気さえしてしまいます。
そういえばあの洋ちゃんとのトークショーの中で、
「副社(オフィス・キュー副社長。社長夫人でもある)が自分を売り出さないのが不満だ。自分が社長じゃなかったら事務所を移籍したいくらいだ」
とものすごい発言をしていた社長。常に現役! だけじゃなくて常に自分をいちばんに! っていうちょっと心配になるくらいなポジティブさが、鈴井さんの魅力なのでしょうか。
(洋ちゃんには「アンタもう若いもんにそういう場はゆずりなさいよ」って言われてましたけど)

そのポジティブさがやや暴走しかかってる「水曜どうでしょう」最新作の前・後枠。
ちょっとちょっと・・・大丈夫すか社長!!

で話をボスジャンに戻しますが、なんとかして現物を入手できないかと現在思案中です。
あらゆるツテをたどっていけばどうにかなるんじゃないかと・・・
なんせ、缶コーヒー飲めないもので。 残念っっ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた清原トーク

清原骨折問題(勝手に問題にしてみた)について、トラックバックいただきました。
記事を読んで、ふむふむ・・・と思っちゃいました。
うーん、やっぱり、人それぞれに考えるところがあるのね、って。

正直に言うと、反論すべき言葉がありません、ワタクシ。
言われてみればたしかに清原ってデッドボールよけないな・・・と今さらながら気づいたりして。
よけないのか、よけられないのかどっちか知らないけど、もしよけられないんならそれはそれで清原が心配です(笑

よけないんだとしたら、どうしてよけないのか私も知りたい。

というわけで、反論すべき言葉がない、のであります。

・・・でもなぜか「驕ってる」という表現には、そうですねって言えないのです。
それで冷静に考えてみたんですけど、もう、理屈じゃないんですね、私の場合。
基本的に「清原が好き」だから、驕ってるとは思いたくないってただそれだけだったりするんです。
だから清原がデッドボールよけないよね、なんでだろうねって言われたら、そうだよねなんでだろう、ってなるんですけど、よけないのは驕りだ! って言われるとえーそうかなぁって認めたくなくなる。単なるファン心理のようです。
理屈では納得してるんだけど感情がついていかないというか・・・
私の清原支持理論なんてその程度だったんだなぁと思ってしまいました。

しかしファンであっても(というかあるが故に)今後が心配すぎます。
あれだけの年俸もらっておきながらここで戦線離脱って・・・ヤバい、ヤバいよ清原!!
球団側が今後清原をどうするつもりなのか、それが知りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清原骨折・・・

先日野球中継を見ていたら、清原にデッドボールが。
一瞬、バットのグリップに当たったのかな? と思ったけど、1塁に向かう清原は、しきりに手を気にしていました。
握ったり、開いたり・・・
それを見て、ちょっと不安を覚えてはいたのですが。
不安は的中してしまいました。

こちらのblogで清原が「プロ失格」と酷評されていましたので、ちょっとトラックバックしてみました。

まあ思うところは人それぞれでしょうから、酷評も出て然り。

私個人としては清原は「驕り」とはちょっと違うように思ってます。
むしろ男気あるなと思っています。
驕っている人はファンへの感謝を口にしたりしないでしょう・・・それもかつて、自分が打席に入った瞬間に応援をやめたファンに対して。

清原はきっとこの3ヶ月でまたなにかを得てくれるはずです。
今シーズンがダメでも来シーズンがあるよ! 私は待ってるよ、清原ッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

憧れの教会

日曜日、ブライダルフェアに行ってきました。
11月の挙式ですが早々に式場を押さえたので、目的としては、挙式や披露宴の体験学習とでも言いましょうか。
(でも今回は先着順で映画のタダ券をもらえたし、デザートビュッフェの試食もできたし、体験学習にしてはかなりお得だったかも・・・)

最近ではシビルウエディング(人前式)といって宗教に関係なく、招待客を証人として結婚を宣言するスタイルが出ているようです。
かなり自由にアレンジもきくので、たしかに時代には合ってるかも。
ただこの場合は事前に役所に婚姻届を出して、その受理証明書で結婚を宣言するので、私たちには使えないのです。
彼ママの数少ない条件のひとつが、「式の前に入籍しないでね」ってことだったので・・・。

実はこの日、「@nifty BB Festa 2004」の日でした。
見事優待券を当てていたのですが・・・ブライダルフェアを優先させてしまいました(^^ゞ
札幌には室井佑月さんが来るので、いちど見てみたかったのですが、ついついフェアに浮かれてしまって・・・。

昔からのあこがれ、チャペルウエディング。
予算や招待客の数などで、実際の教会ではなくホテル内のチャペルで挙式になったけど、今回フェアに行ってみるとちょっと雰囲気が変わっていました。
以前はバージンロードの両側にはお花しかなかったのですが、今回からキャンドルがついたんです。

これが、前の教会。お花だけでも素敵ですが・・・old.JPG


キャンドルがつくとこんな雰囲気。new.JPG

炎がゆらゆらする様子がとても素敵で、またまた舞い上がってしまいました。
クリスチャンではないけれど、教会ってなんともいえずいい場所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いま注目! の芸人さん

最近、お笑い番組が増えてきて、お笑い好きの私としては嬉しい限りです。
「エンタの神様」も、スタート当初は歌なんかもやってたのに(美川憲一とか歌ってたっけ)、今じゃーすっかりお笑い芸人オンリーです。
その昔、「8時だよ! 全員集合」から「俺たちひょうきん族」に乗り換え、やがてあの「夢で逢えたら」にハマり、その後「とぶくすり」から「はねるのトびら」と延々おもしろい芸人さんを求めてきたわけですが。
最近、面白い人が多くていいですねぇ~。

私がこのごろ気になっているのは、もうダントツで「インスタントジョンソン」です。
なんかねぇ、芝居がうまいんですよね。コントなんだけどね。
そして「ゆうぞう」さんのセリフ回しが、なんだかわかんないんだけど耳に残って、しまいにマネしてしまうんですね。
「お疲れちゃーん」って、言っちゃうんですよね。

この記事書きたくてGoogleで検索して判明したんだけど、ずいぶんTV出てたんですねぇ、前から。
私は「笑いの金メダル」で初めて見たので、新人かな、それにしちゃずいぶん貫禄が・・・なんて思ってました。新人じゃなかった。
それにしても・・・「ザ・ジャッジ!」って、まさか俳優で出てたのかしら。インスタントジョンソンとしては、出てないような気がするんだけど・・・やっぱりコントが芝居風なわけだよね。納得。

それと、もうかなり有名になっちゃったけど「友近」。
このひと・・・おそろしいほど女を観察してます! すごいです!
クラブのママとかエステの勧誘とか、とにかく「女」をやらせたら(しかも嫌われがちなタイプ)右に出る者はいないのでは?! 本人は「おっさんを見るのが趣味」とか言ってますけどぜったい女も見てます!

・・・間違いない!(もちろんシメは長井秀和でしたっ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいたまねぎ

会社の女性課長から、たまねぎをいただきました。
たまねぎは課長のお姉さんが畑で育てたもので、完全無農薬。
肥料も、市販は使わずに魚のアラなどをくさらせて作る天然素材。
土から作り込んだ畑でとれるたまねぎのお味は・・・

なんと! 甘いのです!!

「水にさらさなくても辛くないよ」と課長に教えていただいたので、
その言葉を信じてほとんどさらさずに生のままサラダで食べたのですが、
辛みがまったくなくてたまねぎのうまみが強いのです。
辛くないたまねぎがこんなにおいしいものだとは・・・びっくり。

課長のお姉さん曰く、
「たまねぎは農薬を使ったぶんだけ辛くなる」のだそうです。
だとしたら、スーパーで売ってるたまねぎには、どれだけの農薬が使われたのか。
からだにいいものは味もいいのね。実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のモブログ投稿!

連休の『緊迫の新米ヨメリポート』以来のモブログです。
現在ワタクシ札幌駅におります!もう、書かずにはいられません!それは何か!
…若者の顔です!

なんかおかしいんですよね。女の子はみんなオシャレをしているけれどもキレイじゃない。男の子もぱりっとした格好だけどカッコよくない。
原因は「顔」みたいです。あ、いっときますけど造作は関係ないですよ。なんつーかみんな意志のない顔です。
力がないような。
そんなことを思うようになった私はもう若者ではないってことなのね…はぁ( ̄(エ) ̄)y-゜゜゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんまりだ。

試験も終わり、先ほどネット上で公開された解答を見て激しく落ち込んでおります。

・・・どうも最近、アタマの働きが鈍っている気がしてなりません。
集中力にも欠けてるし、根気も続かないし。
「好きなことなら延々とやり続ける」のがB型の特徴のはずなのに・・・

好きなことじゃないから続かないだけかな。勉強とか仕事とか(^^ゞ

さて先日、奥田民生氏のライブに行って来ました。
民生氏のライブは彼がソロになって以来ほとんど行っているけれど、
今回、ものすごい事態に出くわしました。

私と友達は「Aブロック52/53」というとってもいい番号のチケット。
民生氏のライブはいつもオールスタンディングなので、入場時にはそのブロック、番号で並んで入るのです。
開場してすぐ場所を取り(民生氏正面約3m)、あと5分で開演! といったそのとき。
なんと私と友達の目の前に、入場時にははるか後方にいたはずのオバサンが割り込んできたのです!!!
もともと怒ると手のつけられない私(自分で言うな)なので当然オバサンに宣戦布告。
でもねぇ・・・

言っていいですか? 
オバサン擁護派の人はここから先読まないでね。前もって忠告。

なんでオバサンってあんなに自己中なの?!
「オールスタンディングなんだから前に行ったもん勝ちだ」という理屈を振りかざして、
私がいくら怒ろうと抗議しようと「なんなのアンタ、うるさいわね!」の一点張り。
私の理屈責めにかなわないと悟ると完全無視の態度。
あんまりひどいのでイベンターさんを連れてきたら、その人にまで食ってかかって言った言葉がコレ。
「こっちだって同じカネ払ってんのよ! 前で見るののどこが悪いの!」

・・・唖然。もぉオバサンだからとかどーだとかそんなレベルじゃない。
人間としてフツーのマナーさえできてないよ。欠陥人間。
どうしてオバサンは「自分がされたらイヤなことでも他人には平気でする」わけ?!
あんたの理屈がまかり通るならオールスタンディングの民生ライブは毎回Aブロックで流血だよ!場所取りで!
オールスタンディングの常識も知らないくせにエラそうなこと言うな!!!!
そうこうしているうちに民生氏がステージ上に出てしまい、結局割り込みオバサンは私たちから離れたものの、それでも私たちより前に出たのです。
私たちから離れたとはいえ、それはただ他の人がまたオバサンに迷惑を被るだけの話でしょ。
ちっくしょ~と思っていたそのとき、私は見ました。

オバサンの後ろにいた誰かが(断じて言いますが知り合いでもなんでもない)、
オバサンの後頭部と背中にパンチを食らわしたのを!!! 見事に2発!
オバサンは私がやったと思いこんですごい顔して私を見てたけどね。
そしてライブが始まると、オバサンの横にいた若い女の子たちが、盛り上がってるふりをしてオバサンに体当たり!
オバサンよろよろ。

まぁライブが終わる頃には私もちょっと後悔してたので、
まわりの人に「ムキになってケンカしてごめんなさい」ってあやまりました。
そしたらまわりの人たちは、「いやいや、あれはエラかったですよ! 正しい行動でした!」って拍手してくれました・・・くすん(/_;) 

「自分さえよければ」って発想があそこまで強烈な人ははじめてです。
まぁ見かけからしてセンス最悪な服着てたし(茄子のようなカッコウだった)、顔にも品性が感じられないし。
あーいう大人が日本をダメにしてるよ。ちょっとは反省してほしいね。

品性といえば。

きのう(水曜日)有休取れたので、久々に母とショッピングにくり出しました。
いろいろと買い物をして、おしゃべりしてのども渇いたので、アフタヌーンティーのカフェでひと休み。
するとそこに、やはり母娘と見られる2人連れが入ってきました。
ケーキと紅茶をたいらげて、そこで娘はある行動に出ました。

歯間ブラシで歯垢をとりはじめたんですよ!

☆●▲☆◎□*&%♀?!

鏡に向かって平然と歯間ブラシを使い、しまいには口の中に指突っ込んでる。
そんな娘をとがめるでもなんでもない母親。
私たちの強烈な非難の目にもまったく気づく様子もなく・・・

あんまりだ。
同じ女性として、情けないのを通り越して言葉もない。
流行を追うようなピラピラしたスカートの娘と、それを真似てるみたいだけどぜんぜん間違ってる母親。
流行を追うとかどうとかって言う前に、ちょっと基本的なこと身につけた方がいいんじゃない?
服だけカワイければそれでいいとでも思ってるんだろうか。

ほんとにひどい。オバサンも若い娘もほんとにひどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結託の可能性

・・・・・・一週間以上の「ココログ放置」。
いけない! こんなことでは! と激しく反省して、本日やっと更新です。

別に、さぼっていたんじゃないんですよ。
毎日パソコンには向かっていたの。ちゃんとパソコン使ってたの。
でもね・・・ネットにつないでいなかったの。

実は今週の日曜日、法務3級の試験があるんです。
どんなことをするかっていえば、まあ、法律の試験です。
民法とか商法に基づいた、銀行業務上の法律知識の検定試験。
その試験のために、小難しいテキストを読みながら、
自分なりの「必殺虎の巻」を作っていたのでした。

法務試験に限らず、銀行業界ってほんとーに資格試験、検定試験が多い。
通信講座だって山ほどある。

とはいえ、会社は「検定試験を受けなさい」とは言わないの。
「自己研鑽に励み、更なるスキルアップを期待する」って言うの。
そのくせ、試験を受けて合格したり、通信講座を受けて修了しないと、
出世しないんですよ~!!!!
もちろん、試験料、受験料は自己負担。
ちなみに私の受ける法務3級は3,150円でした。今日払わされたよ。まったく。

それで、試験とリンクしてるテキストを買ったのですが。
これが2,300円。
で、これはあくまで「テキスト」だから、問題集も・・・って思って本屋に行って
びっくり!!! .。ooO(゚ペ/)/ひゃ~

問題集が3,300円! CD-ROMつき! なんのCDだっつーの!

高いよ! 試験受けるのでも参考書でも全部高いの!
だいたい試験の主催者だけが参考書出してるから価格競争がなくて一社独占状態。
そこにもってきて「試験受けないと出世させないよ」っていう、
銀行みたいなお得意様がいるもんだから、
結局イタイ目に遭うのは、安月給の平社員じゃん!!

文句を言いつつも、収入アップのために手っ取り早いのは出世だから、
試験も受けるし通信講座も受講するし・・・

やつらぜったいグルだな。(注・やつら→銀行&試験主催者)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »