« 聞きまつがい | トップページ | 結託の可能性 »

女の心意気

7th Heavenさんのところで、面白いお話があったので久々TB。

もともとの記事も面白いんですが、そこについているコメントも面白いんです。
そして私も、遭遇したんです。
電車内でメイクする女の人。もちろんベースからですよ。
しかも、21日の金曜日。先日です。

毎月21日はものすごく忙しい日なので、いつもより早い時間の電車に乗りました。
私の乗る駅を6:35に出発します。
その朝、私のとなりに座ったのは黒いスーツを着た女性。
ちょっと見てびっくり。
髪もぼさぼさだし、顔なんてどう見てもすっぴん。
スーツだけはちゃんと着てるけど、他の部分がそうだから、なんか異様。

彼女がまずはじめたのは、髪をアップに結うことでした。
となりでわしわしと髪をとかし、丸めあげてぐさっと髪留めで止めて終了。
もちろんセット剤なんて使ってません。
次におもむろに、前座席の背中についてるテーブルを下ろしました。
飛行機なんかについてるでしょう? 機内食食べるときに下ろす台。あれです。
そこに、バッグの中から取りだした、折りたたみ式の大きい鏡をのせて、
次に化粧ポーチを取りだし・・・
そして、塗り出しましたよ。ベースを。
その後、ファンデーションをばばっと塗って終了。

・・・あぜん。

人前で口紅を塗ることにさえ抵抗感のある私からしたら、
もう、異星人です、はっきりいって。
理解できるポイントがどこにも見あたらない。
TB元のコメントの中には、「すこしでも寝ていたい気持ちはわからないでもない」
というやさしい言葉もあったけど・・・

もうねぇ。ダメなんです。
いくらスーツ着てようと、そんなのOLじゃないですよ。
OLというか・・・うん、「働くオンナ」として、もう救いようがない。
女だったら、寝る時間を削ってでも、家でメイクをしてこい!

私の場合ですけど、化粧って、自分のスイッチを入れる作業なんです。
朝起きて、顔洗って鏡の前に座る。
化粧水、美容液、ベース、ファンデ、眉、アイシャドウ、アイライン、マスカラ、
チーク、リップベース、そして口紅。
私は毎朝コレやって、そうして自分を「戦闘モード」に切り替える。
寝ぼけた顔がちゃんとはっきりしてくると、気持ちも目覚めてくるし。
カラダにも心にもスイッチが入って、仕事のことを考える態勢になれる。
電車の中でやっつけの化粧をしたんでは、とてもスイッチは入らない。
働く女の心意気だと、私は思ってるんですが(笑

たぶん、男の人が毎朝キュッとネクタイしめるときって、
気持ちはお仕事モードにシフトしてるんじゃないかと思うんだけど、
それと同じですよ。

人前で化粧する。しかもベースから。
それって自分のハダカを見られているようなもんじゃないのでしょうか。
女たるもの、男の前で化粧なんかしてはならないのです!
なぜって・・・

「使用前・使用後」をそんなふうに公開してしまったら、
化粧の威力をもってしてオトコをだます! そのワザが使えないでしょ!!!

というのは9割冗談ですが。
母から、「人前で口紅を塗るのは娼婦のサイン」と教え込まれている私には、
口紅どころかベースからメイクする女の人は異星人にしか思えない。
よく恥ずかしくないよなぁ・・・理解不能です。

|

« 聞きまつがい | トップページ | 結託の可能性 »

コメント

たぶん、「こんなところで仕事をしている格好いい自分が好き」の男性と同じように、「私は周りの人の目なんか気にしない自立した女性なの、それにどう、私はこんなに綺麗になるのよ、仕事も負けずにできるし、私って....」みたいな感じなんではないでしょうか(笑)

まあ、想像はともかく(^^ 学生さんでなくって働く女性で電車の中でお化粧する人は、きっと自分の美しさにも自信があるんだと思います。実際にその人はどうだったんでしょう?

または、まったく何も考えていないかどちらかですね(笑)

投稿: 7thHeaven | 2004.05.23 16:28

母からのの補足です。
>母から、「人前で口紅を塗るのは娼婦のサイン」と教え込まれている私には

これは、『ヨーロッパ旅行などで日本人観光客の女性が席についたまま(レストルームにゆかず)口紅を塗る行為はそこの国の方達を驚かせ、またヒンシュクを買っている。それは、娼婦がお客を待っているポーズを思い出させたり、あるいはそのサインだったりするから。』
こんな事を知って、いずれにしても素敵な大人の女性はそんなことしないのだと娘に話したのです。

投稿: yoshi | 2004.05.24 13:55

 はじめまして わくわく日記の惑と言います。外野席で「紋別かぁ、ガンバレー」とやっていたりしてたんですけどね。

 きりりと引き締まるのは大いに結構なのですが、緩むときのほうが問題かもしれません。なんだかとても汚い状態になって、手間隙かけて汚れがとれたと思ったら、さっきまでのキリリもなくなっていて・・、ただ、その顔もすっかり見慣れた顔になってはいますが・・。はじめてパックしている顔見たときは驚いたものです(笑)。まぁそういう顔も見られてしまうのが一緒に暮らすということなのかも知れませんけどね。
 おっと忘れるところでした。X-dayがいつなのか存じませんが、ご婚約、そしてご結婚の運びになる由、おめでとうございます。では失礼します。 

投稿: | 2004.05.30 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16833/638388

この記事へのトラックバック一覧です: 女の心意気:

« 聞きまつがい | トップページ | 結託の可能性 »